駅前から図書館に向かう道で見つけた「星座」【広報担当のARGな日々】2016-09-07

ARG広報の鎌倉です。

町を歩くのが好きです。

ふとテレビ番組表を見ると、観光地にがっつりいくものもあれば、ぶらぶら地下鉄や、在来線や、バスや、ただ歩いたりしながら道で見つけた店に入っていったり、高低差を楽しんだりするプログラムが見られます。

そんな私も、がっつり観光地も大好きですが、町にある道をふらふら歩くのが大好きです。「発祥の地」とか「歴史的なイベントがあった土地」とか「歴史的な有名人の墓があるお寺」とか、歩いていて見つけた時に「へえーー」と思うものです。

さて、千葉県松戸市で行われたシンポジウムに参加しました。

松戸市の駅から図書館(実際の会場は、図書館の手前にある松戸市民劇場でした)に向かう道沿を歩いていたら「ん、しし座?」

その看板を見ながら数歩歩くとおとめ座の看板。

私は一番最初の牡羊座なので、思わず駅の方まで戻ってしまいました。

こちらが牡羊座の看板!
IMG_20160907_174443

図書館に行って「星座占いが道沿いに表示されているんですね」と聞いたら、

「松戸市は、宇宙飛行士・山崎直子さんの出身地ですから」と!

なんと、松戸市は宇宙とつながっていたのですね。

町を歩くだけでも発見があります。そして話を聞くこと、町について調べようと一歩踏み出すと「その街の持つ宝」を知ることができます。

市役所で「なんで星座占いですか?」とか聞きずらいですが、図書館なら町の資料を見たりして、取り組みを知ることができます。

IMG_20160907_203831

松戸市で行われた懇親会に参加させていただき、見上げる街並みは「星座記号」のネオンでした。

松戸市には昼間しか来たことがなかった。「夜はこうなるのか」としみじみ。

ほろ酔いで、家に帰ります!

駅前から図書館に向かう道で見つけた星座には、松戸市民が宇宙に行った記録だった!!