刃を研ぎに「PR基礎講座 地域PRコース」を受講しました【広報担当のARGな日々】2016-09-14

ARG広報の鎌倉です。

「刃を研ぐ」ことを怠らないこと

を常に心掛けています。

そのために昨日(9月13日)に受講してきました株式会社宣伝会議が主催の「PR基礎講座 地域PRコース」

▽「PR基礎講座 地域PRコース」のパンフレットがこちらからご覧いただけます。
http://www.sendenkaigi.com/upload/save_image/06131108_575e1584c6958.pdf

大分県から戻ってきた次の日だったのですが、学ばねばいかんという気合を振り絞り、雨の中、表参道へ向かいました。

14344243_10210320962731313_7681838257483127176_n

「刃を研ぐ」というのは、能力や技術を向上させることです。またメンテナンスをすることも含まれています。

錆びたのこぎりを使って木を切ろうとしても時間がかかってしまいます。でもそうやって木を切っている人はこう言うかもしれません。

「のこぎりを研いでいる時間が無駄だよ。それよりも手を動かした方がいいに決まっている」と。

でも実際にはちょっと立ち止まってのこぎりをきちんと研いだ方が、早くその木を切ることができるかもしれません。

理想は常に切れ味のよい状態にしておくことです。

私自身、東京以外の自治体とのプロジェクトチームに入ることが予想される中で、そこに入った時にすぐに仕事に取りかかれる状態にありたいです。

だから「刃を研ぎに」今回、研修に参加しました。

**
「PR基礎講座 地域PRコース」

10:00-12:00
講義テーマ:地場にあるものを生かす地域PRコンテンツ
講師:山本 聖氏(一般社団法人地球MD)

13:00-14:00
講義テーマ:地域PRにおける情報発信戦略
講師:山本 聖氏(一般社団法人地球MD)

14:20-17:20
講義テーマ:企業事例に学ぶ地域PRの実践ノウハウ
講師:名和 佳夫氏(オズマピーアール)

**

実際、山本聖さんからは地域資源の見つけ方、思考をまとめるワークシートをいただきました。

名和佳夫さんからは鳥取県の「蟹取県」、大分県の「シンフロ」など実際話題となった取り組みの制作のお話をいただきました。

もちろん制作だけではなく、そのプロモーションも。地方自治体がなぜ動画に力を入れているのかについてもお話しいただきました。

▽蟹取県ウェルカニキャンペーン【鳥取県】
https://www.kanitoriken.jp/

▽おんせん県おおいた 新フロジェクト「シンフロ」
http://onsenkenoita.com/

このように業界の情報を踏まえた上で、自分の妄想を語るではなく、地に足の着いた(でもぶっとんだ)提案をしていく広報・PRのコンサルタントになりたいです。