調査で見つけるその町の歴史【広報担当のARGな日々】2016-10-04

ARG広報の鎌倉です。

ARGは「港区芝五丁目コンサルティング業務」を行っております。私はプロジェクトチームのメンバーではないのですが、調査案件の手伝いをすることになりました。

このようにARGでは、プロジェクトチームを組みながらも、必要に応じて他のメンバーが手伝う体制となっています。

私に調査の経験をさせたかったということもあったようです。ありがたい限り。

港区の三田駅は日本橋から5キロなのですね。

ちなみに東海道53次の走行距離は495.5kmだそうです。
http://ponyo.jp/walking/course.php?c=1

1475641845948

芝5丁目には港区立三田図書館があります。

1475641845891

図書館の建物の隣にあるタツノ式ガソリン計量機。

こちら日本初のガソリン計量器で、1911年に総合したタツノ(当時の龍野製作所)が1919年に作ったものだそうです。日本は車社会に入っていく中で、生まれ、発展していったとか。

「株式会社タツノ」のサイトに詳しく書かれています。
http://www.tatsuno.co.jp/history/

1475641845326

港区はおしゃれなイメージがあります。それと同時に、やはり歴史のある地域なんですね。

歩いていて歴史的な建造物がいたる場所にありました。

調査をすると、アンテナが立っていいですね。この感覚を持ち続けることを大切にしよう。