腹がへっては会議ができぬ【広報担当のARGな日々】2016-10-17

ARG広報の鎌倉です。

こちらの仕事で大分県別府市に来ています。

別府市図書館・美術館整備基本構想策定等業務委託を受託
http://arg-corp.jp/2016/09/21/beppu/

今日の13:30から別府市役所で会議でした。

その前に何を食べようかと考えた時に、せっかくなのでご当地のグルメをいただきたいもの。砂蒸しの方から情報を収集し、行ってまいりました!!

レストラン とり天職人
http://r.gnavi.co.jp/32mprj3s0000/

20161017_とり天職人(大分県別府市) (5)

とり天は大分県の郷土料理です。家庭料理でもあります。

とり天職人は歴史のあるレストラン。カレーライスも有名なのか……。お昼だからカレーライスも食べたい。とり天も捨てがたい。

20161017_とり天職人(大分県別府市) (6)

お通しも豪華。お母さんの手作りの味。

20161017_とり天職人(大分県別府市) (1)

お味噌汁は具がたくさんです。そしてこちらも名物のカボスが入っています。適度な酸味が、食欲を刺激します。

20161017_とり天職人(大分県別府市) (2)

欲望をかなえてみたらこの形になりました。

とり天カレー!!

とり天、かなり大きいです。そしてジューシー。衣はサクサクしていておいしい。

カレーは粉から丁寧にいぶって作られています。ルーがしっかりしています。ちなみにカレーにビーフも入っています。とり天とビーフのコラボは贅沢。

20161017_とり天職人(大分県別府市) (3)

ここでお腹いっぱい。ここに飲み物とデザートがつきます。

私はウーロン茶とごまプリンを選択。デザートもプチデザートではなく、普通サイズでした。

20161017_とり天職人(大分県別府市) (4)

これでいて1280円。

みんな、満足で市役所に向かいました。

折角なので、地元のフードをたくさんいただこう!!