温泉だけを見るのではなく、温泉の周りにあるコト・モノをみる【広報担当のARGな日々】2016-10-18

ARG広報の鎌倉です。引き続き、こちらの仕事で大分県別府市に来ています。

別府市図書館・美術館整備基本構想策定等業務委託を受託
http://arg-corp.jp/2016/09/21/beppu/

別府市は温泉の町という事は知られていますが、竹細工の町でもあります。

CIMG4970

江戸時代に入ると、日本一の温泉地別府の名が全国に広がり、各地から別府へ湯治客が集まる様になったそうです。湯治客が滞在中に使用する飯籠、米あげざるといった竹製の生活用品が売られるようになりました。

生活用品としてはもちろんですが、芸術の域まで上り詰めた作品もあります。

お豆腐を入れるための竹細工の手提げなどもあります。エコライフですね。

「温泉」だけを見ると、視野が狭まりますが

温泉に関係するコト・モノと考えると、広がっていくものです

別府市、楽しい。

CIMG4967

別府市竹細工伝統産業会館
https://www.city.beppu.oita.jp/06sisetu/takezaiku/takezaiku.html