2005-10-17(Mon):

研究者に限らず、個人発信の学術サイトに注目してきたが、自分のなかで抜け落ちている感じがするのが、学芸員という存在だ。これは私が関心を持ってこなかったということではないように思う。そうではなく、学芸員が個人の立場で発信しているサイトがあまりないのではないか。大阪市立自然史博物館や徳島県立博物館の方々のような例もあるが、それはごく一部に過ぎない。また、学芸員によると思われるサイトもあるが、実名を明かしていないケースが目立つ。なぜだろう? 理由も知りたいが、まずは学芸員の個人サイトをよく知りたい。自薦他薦を問わないので、知っているサイトがあれば教えてほしい。

・学芸員の紹介(大阪市立自然史博物館)

http://www.mus-nh.city.osaka.jp/2about/member.html

・学芸員の部屋(徳島県立博物館)

http://www.museum.comet.go.jp/gakugei.htm