大分県での運転は怖いこともある【広報担当のARGな日々】2016-10-30

ARG広報の鎌倉です。運転好きです。ARGでレンタカーを借りて色々回るときは、大抵運転手をします。

さて別府市図書館・美術館整備基本構想作りのお手伝いをARGでしておりますが、別府市も広いのでやはり車で移動が便利。

別府市は空襲を免れた町なので、道路も昔の儘のところが多く、細い路地を通らなければいけません。

またウインカーを出さずに車線変更したり、スピードを出す車も他のところよりは多い気がするのは私だけでしょうか。

別府市で仕事をしていた現在東京在住の友人は「確かに運転は荒いかも」といっていました。

別府市の街角で、こんな道を発見。

30 - 1

電柱が道の脇に、不思議な形で置かれています。左側の電柱、歩道ではなく道にはみでていますよね。

これはスピードを出せないようにわざと置いているそうです。

こんな細い道でスピードも出せないかと思いますが……。

別府プロジェクトを通じて、私の運転技術は格段の向上していると感じる日々です。