弘前市立図書館が指定管理へ【広報担当のARGな日々】2016-11-21

ARG広報の鎌倉です。法事と父の手術のために実家の青森県弘前市に帰っています。

実家では母が11月19日(土)の東奥日報の記事の切り抜きを渡してくれました。

そこには弘前市立図書館が指定管理になることが決まったお知らせでした。

3社での共同事業体で進めるそうです。

2017年4月1日から2022年3月31日まで図書館流通センター(TRC)とアップルウェーブと弘前ペンクラブの共同事業体で指定管理らしい。

アップルウェーブってラジオ局じゃん。FMアップルウェーブいつも車を運転しながら聞いています。

弘前ペンクラブって同人誌とかむちゃくちゃ書いている文筆家の集まりじゃん。

情報の保存と発信のメンバーで共同事業体になるようです。

ARG別冊3号にもありますように、ARGが考える図書館の像の中に「編集室」があります。図書館だからこそできる情報の収集や確認。それに発信する機能がつけば、より生き生きとした施設になると信じています。

図書館とラジオとライティング。

これがどう折り重なりながら図書館が動いていくのか、楽しみでもあります。

市の重要項目として

・市民意見の反映
・市民の参画促進
・情報発信の強化

に取り組むそうです。

ARG、そこは得意なので、何かお手伝いできることがあればお仕事ください(笑)

15194464_10210995259828319_2379531694195959899_o
こちらは旧弘前市立図書館の建物です。図書館の敷地の中にあります。