プロポーザル審査用の書類の送付をしてもらいました【広報担当のARGな日々】2016-11-22

ARG広報の鎌倉です。

父の手術のため青森県弘前市に来ています。青森に来ても動いている仕事はあるわけで、その一つが公募型プロポーザルへ書類一式の用意と送付でした。

書類は私が用意して、岡本さんの確認を取りました。

ただ青森に行くことになっていたので、発送は李と岡崎に任せることに。また小谷田にも来てもらい捺印を押す作業を願いしました。

昨日11月21日に郵便局から送ったという連絡を受けました。

11月24日に必着の公募型プロポーザルの書類一式でした。余裕をもって送ることができてよかった。

ARGは一つのプロジェクトに複数のパートナースタッフが加わりチームを作って進めています。このように支え、支え合い動いていくプロジェクトはワクワクもしますし、自分がしくじってしまったら玉突きになるので責任も感じます。

発送を終えた連絡を受けた時、チームっていいなとしみじみ思いました。

後は来週のプロポーザル審査、がんばろう。

プロポーザル審査できちんと質問にも答えられるように岡本の著書『未来の図書館、はじめませんか?』を法事の合間に読んでいる私。

青森にいても、やるべきことは、やろう。

received_10210991669658567