第30回山梨県図書館大会でした【広報担当のARGな日々】2016-11-30

今日は第30回山梨県図書館大会の当日です。

私は13:40からの分科会「災害と図書館」の講師でしたが、開会式から参加させていただきました。

開会式では県や市町村が進めている政策など貴重な情報を知ることができます。

山梨県は人口100万人当たりの図書館数が日本一というお話もでました。

http://www.pref.yamanashi.jp/toukei/nippon_ichi.html

だからこそ大切なのは「図書館同士のつながり」と山梨県立図書館の副館長がお話をされていました。

IMG_20161130_095613

また山梨県立図書館の阿刀田高館長の「図書館ルネッサンス」と題した講演も聞きたかったのです。

大切な順から「人」、「資料」、「施設」とおっしゃっていました。まずは「人」だと。

IMG_20161130_103846

直木賞作家である阿刀田さんと控室も一緒でした、とても緊張をしたのですが、当日全員にお配りさせていただいたライブラリー・リソース・ガイド別冊3号を空き時間に読んでくれたらしく、「予算はかかるが、このような図書館があるとよいね」とおっしゃってくれました。

その他にも小説を英訳する時の注意点、言葉の力、教育のあり方などたくさんお話を伺うことができました。

このご縁に感謝です。

また私が講師を務めた分科会にもたくさんの方にご参加いただきました。

備えあれば憂いなし。

ぜひこれを機会に、災害は起こるものだと思って、備えて欲しいです。

▽災害と図書館【広報担当のARGな日々】2016-11-26
http://www.arg.ne.jp/node/8681