第2回まちから考える図書館・美術館づくりワークショップ【広報担当のARGな日々】2016-12-18(日)

本日は「第2回まちから考える図書館・美術館づくりワークショップ」の日。第2回目のてテーマは「まちと歴史・芸術・文化と美術館(博物館)」です。

https://www.facebook.com/events/1514689598548167/

別府市は天気もよく、まち歩き日和でした。

日曜日の午後にもかかわらず前回の参加者に加え、新しいメンバーの参加もありました。

ARGはこのワークショップのデザイン・ファシリテーションをしています。

オリエンテーションの後に、4グループに分かれた参加者、グループごとにまちを歩きます。

私が担当したグループDは大学生から70代まで、幅広い年齢層でチームになりました。また別府市出身者もいれば、引っ越てきた方がいました。

まちを歩くと様々なものが見えてきます。

地元の人が知っているものもあれば、そうではない方だからこそ目につくものがあります。

一つ一つがまちの宝物です。

それをどう残していくのか、伝えていくのか。その場所としての美術館(博物館)のあり方をグループで話し合いながら、歩きました。

CIMG5653

目に見えるもの、目に見えていなかったものが、言葉になると現実味を帯びてきます。

こうやって一つ一つ丁寧に編んでいった先に、施設の形が見えてくるのでしょう。

第3回のワークショップ、自分でいうのもなんですが楽しみです。