620号(2016-12-19、4560部)

ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG)の620号(2016-12-19、4560部)を発行しました。

主な記事は、

○お知らせ
 -開催案内:さくらWORKS<関内>5周年記念会&オープンナイトvol.51

○連載:広報担当のARGな日々(鎌倉幸子)
 -境港市関係者と打ち合わせ
 -市民の日々の生活から施設が持つべき役割や機能を考える
 -第2回まちから考える図書館・美術館づくりワークショップ
                                 など

○【PR】「新共著『未来の図書館、はじめませんか』発売中」
 -47都道府県ツアーの予定を更新中!
 -二刷も在庫僅少

○イベントカレンダー

○活動の予定と報告

○編集日誌
 -境港市民交流センター(仮称)整備事業のワークショップにオブザーバー
  参加
 -福智町で会議
 -別府市で2回目のワークショップを実施
                              など、7日分

○奥付

http://archives.mag2.com/0000005669/20161219181606000.html

1998-07-11創刊                     ISSN 1881-381X
-----------------------------------
      ◆◇◆ ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG) ◆◇◆
-----------------------------------
         Science, Internet, Computer and …

       2016-12-19発行   ‡No.620‡   4560部発行

-開催案内12/23(金)「公『民』連携の観点からのさくらWORKS<関内>
                    -計画段階からを振り返って」-

 “Ask not what the net can do for you
                 -ask what you can do for the net.”

-----------------------------------  ◇ 目次 ◇
-----------------------------------

○お知らせ
 -開催案内:さくらWORKS<関内>5周年記念会&オープンナイトvol.51

○連載:広報担当のARGな日々(鎌倉幸子)
 -境港市関係者と打ち合わせ
 -市民の日々の生活から施設が持つべき役割や機能を考える
 -第2回まちから考える図書館・美術館づくりワークショップ
                                 など

○【PR】「新共著『未来の図書館、はじめませんか』発売中」
 -47都道府県ツアーの予定を更新中!
 -二刷も在庫僅少

○イベントカレンダー

○活動の予定と報告

○編集日誌
 -境港市民交流センター(仮称)整備事業のワークショップにオブザーバー
  参加
 -福智町で会議
 -別府市で2回目のワークショップを実施
                              など、7日分

○奥付

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

           本誌編集長・岡本真の新刊!

         『未来の図書館、はじめませんか。』
           (青弓社、2014年、2160円)

   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200534/arg-22/

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

          本誌編集長・岡本真の2冊目の単著!

         『ウェブでの<伝わる>文章の書き方』
          (講談社現代新書、2012年、777円)

   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/406288187X/arg-22/

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

===================================
 ◆ お知らせ ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

            12月23日(金)開催!
     さくらWORKS<関内>5周年記念会&オープンナイトvol.51
    「公『民』連携の観点からのさくらWORKS<関内>
                 -計画段階からを振り返って」

5周年を迎えていたさくらWORKS<関内>。そこで、ギリギリ5周年イヤー滑り込
みでお祝いをします!

さくらWORKS<関内>をつくってこられた方々のトークを通じて、さくらWORKS
<関内>のこれまでを知り、そしてこれからを考える、メモリアルなオープン
ナイトです!

第1部(18時開始)
トーク「公『民』連携の観点からのさくらWORKS<関内>-計画段階からを振り
返って」(岡本真)

第2部(19時30分開始)
オープンナイト「さくらWORKS<関内>5周年お祝いver」
参加者の皆さんの活動を紹介するライトニングトーク、イベントや商品・サー
ビスを紹介するブース出展も盛りだくさん。

開催概要
日時:12月23日(金)18:00~21:00
会場:さくらWORKS<関内>(横浜市中区相生町3-61 泰生ビル2F)
会費:2,000円(学生1,000円)(飲み放題、フード付)
申込:Facebookイベントページで「参加する」 あるいは
メール info@yokohamalab.jp まで、件名「オープンナイト参加希望」としてお
送りください
https://www.facebook.com/events/288407494850795/

===================================
 ◆ 連載 ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

ARGの広報担当リレーションズ・ストラテジストの鎌倉幸子の連載タイトル一覧
をお届けします。

◆株式会社図書館流通センター(TRC)で「アメリカの図書館の事例から見る広
報について」と題した講演をしました
 【広報担当のARGな日々】2016-12-12 http://www.arg.ne.jp/node/8712

◆市民自治の図書館モデル志向
 【広報担当のARGな日々】2016-12-13 http://www.arg.ne.jp/node/8714

◆境港市関係者と打ち合わせ
 【広報担当のARGな日々】2016-12-14 http://www.arg.ne.jp/node/8715

◆市民の日々の生活から施設が持つべき役割や機能を考える
 【広報担当のARGな日々】2016-12-15 http://www.arg.ne.jp/node/8717

◆睡眠が大切
 【広報担当のARGな日々】2016-12-16 http://www.arg.ne.jp/node/8718

◆同時にこなす
 【広報担当のARGな日々】2016-12-17 http://www.arg.ne.jp/node/8719

◆第2回まちから考える図書館・美術館づくりワークショップ
 【広報担当のARGな日々】2016-12-18 http://www.arg.ne.jp/node/8720

これまでの記事はこちらからまとめてご覧いただけます。
http://www.arg.ne.jp/blog/12

===================================
 ◆ PR ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

      「新共著『未来の図書館、はじめませんか』発売中」

            岡本真、森旭彦著
     『未来の図書館、はじめませんか』(青弓社、2014年)
    http://www.seikyusha.co.jp/wp/books/isbn978-4-7872-0053-2
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200534/arg-22/


          <直近の著者イベント情報>

各都道府県の講演会、読書会等の開催予定です。本書に関するセミナーの開催
等、随時承っています。本書の販売機会を設けていただける場合は、謝金は不
要です(旅費別途相談)。お気軽にご相談ください。

最新の情報は下記ページにて更新しています。ぜひご覧ください。
http://www.arg.ne.jp/node/7659

目次
まえがき-図書館は知の番人だ

第1章 図面から生まれる図書館は正しいのか
 1 市民に盲目な、「図面から生まれる図書館」
 2 図書館デザインの行方
 3 消えた“図書館職人”の時代
 4 図面から生まれる“効率図書館”の実情
 5 出来合いの公共施設には、“しなやかさ”が宿らない
 6 市民から生まれる図書館
 7 信じることからはじめよう、市民のちから
 8 本当の、市民の声の聞き方

第2章 図書館の“周辺”にある、進化のチャンス
 1 ゲーム機がある図書館
 2 メディア利用から見る「静かな図書館」
 3 市民利用に見る騒がしい「シェアオフィス」のニーズ
 4 図書館ウェブサイトは本当に公共性があるのか
 5 日本の公共空間の捉え方

第3章 図書館の原風景を見つめる
 1 ひとつとして同じ図書館はない
 2 多様な歴史から生まれた図書館の原風景
 3 輸入された原風景「無料図書館」
 4 二冊目の『市民の図書館』を探して

第4章 「足で見る」図書館
 1 いろいろな図書館を知ることが“ライブラリーリテラシー”を上げる
 2 質は量から生まれる
 3 すべてがすばらしい図書館なんて存在しない
 4 「アポなし訪問」の壁と図書館の閉鎖性

第5章 「まち」から生まれる図書館、図書館から生まれる「まち」
 1 「まち」から生まれる図書館
 2 都市総合計画は、図書館のあり方を考えるうえでの必須資料
 3 土地を知り、まちを立体的に理解する
 4 まちの課題はフィールドワークでしか見えてこない
 5 図書館から生まれる「まち」

第6章 さあ、図書館をつくろう
 1 新設だけが「図書館づくり」ではない
 2 ビジョンがない「基本構想」への違和感
 3 図書館のためのビジョン・メイキング
 4 フィールドワークを経たうえで基本構想をまとめる
 5 基本構想は未来から見た未来を、いまからつくること
 6 図書館を形に-「基本計画」「整備計画」
 7 ハード面とソフト面は切り分けて外注すべき

第7章 「発信型図書館」のためのアイデアのつくり方
 1 ワークショップの罠
 2 図書館で見つけるアイデア「百連発」
 3 アイデア+マラソン=「アイデアソン」
 4 書くブレインストーミング「ブレインライティング」
 5 「聞きたいこと」と「発表したいこと」を最大にする会議
   「アンカンファレンス」そして「ライブラリーキャンプ」
 6 図書館を発信-「メディアリレーションとロビイング」
 7 見せるから伝わる-「アドボカシー」
 8 自分の“財布”をもつ強み「ファンドレイジング」

第8章 図書館の拡張
 1 「図書館で起業」は可能か?-「産業支援」
 2 図書館の役割は知の総合コンサルタント-「議会支援」と「行政支援」
 3 図書館のサードプレイス、どう生かす?-「市民活動支援」と「市民協働」
   のあり方
 4 魅力再発見は図書館の「観光支援」で
 5 新しいことが起こり続ける「デジタルアーカイブ」
 6 図書館は「オープンデータ」の守護神になるのか?
 7 「MOOC」で学習の地域間格差を、ゼロに

図書館をつくるための本棚

図書館系業務実績一覧

あとがき

===================================
 ◆ イベントカレンダー ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

<凡例>
◆編集者独断によるオススメ
◇通常掲載

◇2016-12-19(Mon):
JSTリンクト・データ(大規模文献情報・シソーラス)を使い倒そう!
-LODC2016×J-GLOBAL knowledge連携イベント
(於・東京都/JST東京本部 サイエンスプラザ)
http://lodc2016-jst.peatix.com/

◇2016-12-23(Fri):
さくらWORKS<関内>5周年記念会&オープンナイト VOL.52
さくらWORKS<関内>をつくったレジェンドたちのトークショー
「公『民』連携の観点からのさくらWORKS<関内>-計画段階からを振り返って」
(岡本真)
(於・神奈川県/さくらWORKS<関内>)
https://www.facebook.com/events/288407494850795/

◇2016-12-24(Sat):
日本図書館研究会 情報組織化研究グループ2016年12月月例研究会
「日本目録規則改訂素案(新NCR)の検討」(松井純子)
(於・大阪府/弁天町ORC200生涯学習センター)
http://josoken.digick.jp/meeting/news.html#201612

◇2017-01-19(Thu)~2017-01-20(Fri):
平成28年度 全国公共図書館研究集会(サービス部門 総合・経営部門)
「図書館がもっと輝くためにできること」
基調講演「住民を輝かせる図書館を創ろう!」(花井裕一郎)
(於・福岡県/北九州市立商工貿易会館 シティプラザ)
http://www.jla.or.jp/jlaevent/tabid/93/Default.aspx

◇2017-01-20(Fri):
平成28年度東日本大震災アーカイブシンポジウム
-震災から6年経過した震災アーカイブの進化と深化
(於・宮城県/東北大学 災害科学国際研究所)
http://kn.ndl.go.jp/static/2016/11/22

◇2017-01-22(Sun):
情報知識学会 第21回情報知識学フォーラム
「IoT時代の先にあるものは?-情報知識学の新たな展開」
(於・東京都/東京工業大学)
http://www.jsik.jp/?forum2016

◇2017-01-22(Sun):
日本図書館研究会 第326回研究例会
「ウェブスケールディスカバリーの運用とその展開可能性」(飯野勝則)
(於・大阪府/大阪市立生涯学習センター 難波市民学習センター)
http://www.nal-lib.jp/events/reikai/2016/326invit.html

◇2017-01-31(Tue):
国立情報学研究所 「情報学最前線」平成28年度 市民講座
第5回「サイバー攻撃に耐性を有する情報ネットワーク
-システム全体を俯瞰したダメージコントロールの実現」
(高倉弘喜)
(於・東京都/国立情報学研究所)
http://www.nii.ac.jp/event/shimin/

これ以前のバックナンバーやご登録はこちらからどうぞ。
http://archive.mag2.com/0001260410/

===================================
 ◆ 活動の予定と報告 ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

<凡例>
◆新規、もしくは更新あり
◇既掲載、変更なし

◇2016-12-23(Fri):
さくらWORKS<関内>5周年記念会&オープンナイト VOL.52
さくらWORKS<関内>をつくったレジェンドたちのトークショー
「公『民』連携の観点からのさくらWORKS<関内>-計画段階からを振り返って」
(岡本真)
(於・神奈川県/さくらWORKS<関内>)
https://www.facebook.com/events/288407494850795/

◇2017-02-19(日):
『困ったときには図書館へ』連続講演会 第6回「図書館の未来」
神代浩×水越克彦(岡崎市立中央図書館館長)×岡本真
http://www.libra-sc.jp/project/2016040410074058.html

講義・講演のご依頼をお考えの方、お気軽にご相談ください。

弊社の場合、1)早い者勝ち、2)地方優先だけがルールです。

なお、弊社代表の岡本真は総務省の委嘱を受け、地域情報化アドバイザーを
務めています。
http://www.applic.or.jp/prom/chiiki_adviser/
本制度の利用を申請する場合、申請元に経済的負担がかかりません。
ご活用ください。
なお、今年度はすでに6自治体からのご依頼を受けており、本業との兼ね合い上、
私自身へのご依頼は原則的に終了としました。なお、どうしてもという場合は
ご相談ください。

[参考]基本プロフィール
     http://arg-corp.jp/employees/makoto-okamoto/

法人としての活動は、

https://www.facebook.com/ARGjp

をご参照ください。業務発注、歓迎です。各種ご相談に対応いたします。

◇最近の主要業務:
 1.公共施設・商業施設の新設・リニューアル・運営等の計画策定支援
 2.ウェブ技術を中心とした産官学連携のコーディネート
 3.共同オフィス・シェアハウス等のコミュニティー空間の創造
 4.ウェブコンサルティングや専門的調査の実施代行
 5.ワークショップ等によるアイデア発想・知識創造の支援

また、当面の間、

             岡本真、森旭彦著
     『未来の図書館、はじめませんか』(青弓社、2014年)
    http://www.seikyusha.co.jp/wp/books/isbn978-4-7872-0053-2
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200534/arg-22/

の販促にかなう限りは、講演謝金不要で講演依頼を受け付けます。お気軽にご
相談ください。

~<弊社編集誌>~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    ~図書館の未来がわかる、新しいライブラリーマガジン~
      ライブラリー・リソース・ガイド(編集・発行:ARG)
       http://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/
          https://www.facebook.com/LRGjp
           https://twitter.com/LRGjp

   ~曲がり角を迎えている図書館における今後の学習環境を考える~    ラーコモラボ通信(編集・発行:ラーニングコモンズラボラトリ)
        http://archive.mag2.com/0001260410/

       ~デジタルヒューマニティーズのいまを探る~
      人文情報学月報(編集:人文情報学研究所&ARG)
        http://archive.mag2.com/0001316391/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~<弊社編集誌>~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 配信の解除・送信先の変更は、
           http://www.arg.ne.jp/registration
                          でお願いします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~<ご協力ください>~~

===================================
 ◆ 編集日誌 ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

◆2016-12-12(Mon): 西ノ島へ

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/8721

松江を出て航路で隠岐へ向かいました。まずは海士町で、

・隠岐國学習センター
http://www.oki-learningcenter.jp/

でヒアリングを行いました。その後は西ノ島へ。明日は重要な会議です。

◆2016-12-13(Tue): 境港で一泊

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/8722

西ノ島での半日を超す会議を終えて本土に戻りました。

明日は境港市のワークショップにオブザーバー的な立場で参加するので、今日
は私一人で境港泊です。同行者はそれぞれ横浜と岡山に帰りました。明日は別
のスタッフ2名と合流です。

・境港市民交流センター(仮称)整備事業
https://www.city.sakaiminato.lg.jp/?view=107360

◆2016-12-14(Wed): 境港市民交流センター(仮称)整備事業のワークショップ
         にオブザーバー参加

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/8723

弊社も協力事務所として受託している

・境港市民交流センター(仮称)整備事業
https://www.city.sakaiminato.lg.jp/?view=107360

の基本設計業務の一環として、本日2回開催された基本設計に向けての市民ワー
クショップにオブザーバーとして参加しました。

ワークショップの意義を多方面から考える機会となりました。いい施設をつく
っていきたいと思います。

設計事務所の後は、この案件の獲得に尽力した弊社パートナーの鎌倉幸子さん
と差し飲み二次会。鎌倉さん、本当にGood Jobでした。引き続き頑張りましょ
う。

◆016-12-15(Thu): 福智町で会議

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/8724

今日は福岡へ。出張5連戦も終盤です。米子・岡山・小倉・行橋と乗り継ぎ、

・福智町立図書館・歴史資料館「ふくちのち」
http://fukuchinochi.com/

の開館準備が佳境になってきた福智町を訪れました。開館に向けての盛り上げ
方について、あれこれと議論。夜は北九州市に移動して一泊。

◆2016-12-16(Fri): メカニックデザイナー 大河原邦男展を鑑賞

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/8725

北九州市のエリアリノベーションの現場をあれこれと見て回りました。このま
なびの成果は、

・さくらWORKS<関内>5周年記念会&オープンナイトvol.51
https://www.facebook.com/events/288407494850795/

で行う講演「公『民』連携の観点からのさくらWORKS<関内>-計画段階からを
振り返って」に反映します。

さて、その後は、

・北九州市漫画ミュージアム
http://www.ktqmm.jp/
・Flickr-北九州市漫画ミュージアム
https://www.flickr.com/photos/argeditor/sets/72157677829193916/

で、

・メカニックデザイナー 大河原邦男展
http://www.okawara-ten.com/

を鑑賞しました。ガンダム世代としては感嘆する時間でした。

ということで松江、出雲、海士、西ノ島、境港、福智、北九州と続いた出張も
終わりです。

◆2016-12-17(Sat): 横浜でデスクワークの一日

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/8726

出張5連戦でしたから、当然あれこれと仕事が溜まります。私自身が担当してい
る仕事も多少はそうなのですが、最大の課題は分散してほうぼうを担当してる
スタッフとの打ち合わせが積み残ります。

ということで今日はほぼ終日、そのための会議等。

しかし、経営者としては大事な時間です。

◆2016-12-18(Sun): 別府市で2回目のワークショップを実施

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/8727

現在受託している大分県は別府市の

・図書館・美術館整備基本構想(別府市役所 生涯学習課)
https://www.facebook.com/library.museum.city.beppu.oita/
https://www.city.beppu.oita.jp/sisei/kakusyukeikaku/library_museum.html

の策定の一環として行っているワークショップの2回目でした。

・第2回まちから考える図書館・美術館づくりワークショップ
https://www.facebook.com/events/1514689598548167/

今日は前回とは打って変わって天候にも恵まれ、よく歩きました。基本構想に
向けて非常にいいステップで進んでいるように感じています。

             岡本真:ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)編集長

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)[ARG-620]2016年12月19日(週刊)
【発行者】アカデミック・リソース・ガイド株式会社
【編集者】岡本 真:ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)編集部
【発行地】〒231-0012 横浜市中区相生町3-61泰生ビル さくらWORKS<関内>408
ISSN 】1881-381X
【E-Mail】info [&] arg-corp.jp [&] を@に置き換えてください。
【サイト】http://www.arg.ne.jp/ (メルマガ)
     http://arg-corp.jp/ (コーポレート)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本誌掲載記事の取り扱いは、著作権法に則って行ってください。本誌の許可を
得ていない記事の転載は違法です。引用は著作権法の範囲内で。記事を情報源
として二次的に利用する際には、情報源としての本誌の存在を明記してくださ
るようお願いします。悪質な例に対しては、法的手段を含め相応の対応をしま
す。なおメーリングリストなど、複数による閲覧が可能なアドレスでの登録は
ご遠慮ください。

Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

メールマガジンの配信登録(無料)をしていただくと、定期的にまとめて記事がお手許に届きます。
下の空欄にメールアドレスを入力し、右の[配信登録(無料)]を押してください。

メールアドレス: