2016-12-30(Fri): これからの公共プロポーザルを考えようグループ(仮称)勉強会を開催

2016年、弊社の仕事納めは本日です。

午前中は一気に大掃除をしました。これに伴い大量に本の廃棄を行いました。業者への廃棄は1月中旬になると思うので、気になる方は1月早い段階で弊社にお越しください。複本のため廃棄するものも含めて、おおむね過去5年以内に刊行されたウェブ系・図書館系・情報系・コミュニティ系の本が多数あります。

さて、合間に数本の会議をはさんで、14時から19時半までみっちりと、おつきあいのある設計事務所や企画会社の方々と2016年の仕事をふりかえる勉強会を行いました。

会の名前はこれからの公共プロポーザルを考えようグループ(仮称)。基本的には2016年とその少し前までの段階での公共施設の計画・設計プロポーザルの勝敗実績のなかから、最大2本を共有し批評しあうという試みです。

幸い、以下の9社の参画を得て、実に盛況な催しとなりました。

1.アカデミック・リソース・ガイド
http://arg-corp.jp/
2.畝森泰行建築設計事務所
http://unemori-archi.com/
3.オンデザインパートナーズ
http://www.ondesign.co.jp/
4.トーン&マター
http://www.toneandmatter.com/
5.丹羽建築設計事務所
http://www.niwa-archi.com/
6.numabooks
http://numabooks.com/
7.MARU。architecture
http://maruarchi.com/
8.弥田俊男設計建築事務所
https://twitter.com/tosioyada
9.ユニティデザイン
http://unitydesign.jp/

懇親会も大いに盛り上がり、また次回もやろう!という機運になりましたので、今後も継続していきたいと思います。会の名称はちょっと実態と異なるのでよりふさわしいものに落ち着けたいと思っています。

ご関心のある方はお知らせください。ただし、

1.すでになんらかの実績がある
2.その内容を開示可能である
3.施設の計画・整備にかかわる
4.企画・設計の法人(個人事務所可)である
5.以上を踏まえて当方がOKを出せる

ことが条件です。

ともあれ、私自身に新しい出会いもあり、ご参加のみなさんの間でも同様であったいい一日でした。

★アカデミック・リソース・ガイド株式会社の新たなコーポレートサイト誕生★
-私たちが考える未来の図書館とは?“OUR LIFE LIBRARY“を体感しよう
http://arg-corp.jp/

★-図書館の未来がわかる、新しいライブラリーマガジン!
・[総特集]都道府県立図書館サミット(岡本真+LRG編集部)
・     都道府県立図書館白書(岡本真)
・[新連載]「猪谷千香の図書館エスノグラフィ
       -災害に強い図書館とは?復興する宮城県の名取市図書館」(猪谷千香)
・[連載]「図書館資料の選び方・私論 ~その4」(最終回)
      -蔵書づくりのあれこれ」(嶋田学)
・[司書名鑑]No.13 小林隆志(鳥取県立図書館支援協力課長)
・[特別寄稿]ニューヨーク公共図書館&ブルックリン公共図書館見学記(高橋真太郎)
-販売ページ: http://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/
-公式Facebook: https://www.facebook.com/LRGjp

LRG