防災拠点について語れるようになるために【広報担当のARGな日々】2017-01-13(金)

東日本大震災をうけて、新しい施設には「防災拠点の機能」を持たせるところ増えている気がします。

そこが避難所や災害対策本部になったり、震災が起きる前は減災のために市民へ情報を伝える場となったりと、市民の命や安心・安全を守るために防災拠点は大切な役割を果たします。

IMG_20170110_230234

東日本大震災の被災地に2年半駐在していたので、現場で起こったことを話すことはできるのですが、もっと体系的に防災について学ぼうと考えました。

災害は地震だけではありません。土砂崩れ、火山の爆発など多岐にわたります。

そこで防災士の資格を取ることにしました。明日から2日間の研修が始まります。

今度、このパートナーノートに、防災について役立つ情報をお伝えしていきますね。