本番!! 宮城県富谷市第2回市民参加ワークショップとシンポジウム【広報担当のARGな日々】2017-01-29(日)

企画・運営を担当するイベントは緊張するものです。

実は小心者なので、イベントの数日前から緊張して夜、何度も目を覚ましてしまいます。

そのたびにTo Doリストを確認して、「大丈夫、やることはやっている」と気持ちを落ち着かせています。

1月29日(日)は10:00~富谷市次世代型図書館づくりに向けた市民参加ワークショップが行われました。

事務局は8:00から設営のため集合しました。

ARGのスタッフと教育委員会、会場となる公民館職員のみなさんで作業をしたので、1時間でセッティング終了。

参加者のみなさんをお迎えします。

DSC04816

ワークショップは中学生から上は70代まで幅広い年齢層のみなさんにご参加いただきました。

今回は「こんな人に、こんな風に図書館を使ってもらいたいな」と考え、ストーリーにしていく作業を行いました。

どの発表を聞いても、まるで自分が新しくできた図書館の中にいて、そのシーンを目の当たりにしているような気持ちになりました。

DSC04863

そして14:00から同じ公民館を会場に「富谷市の図書館を考えるシンポジウム」を開催しました。

こちら富谷市のFacebookでも紹介されました。
https://www.facebook.com/tomiya.seikatu/posts/753855574777483

2日前の打ち合わせでは120人くらいということでしたが、当日参加もあり170人の参加があったようです。

こちらプログラムです。

■プログラム(案):
13:30~14:00(30分) 開場、受付
14:00~14:05(05分) 司会より開会のアナウンス
14:05~14:15(10分) ご挨拶と富谷市の文化・教育の方針(若生裕俊氏)
14:15~14:35(20分) 「市民とつながる図書館」(猪谷千香氏)
14:30~14:50(20分) 「瀬戸内市民図書館ができるまで、できてから」(嶋田学氏)
14:50~15:10(20分) 「田園都市と文化施設」(風見正三氏)
15:10~15:20(10分) 休憩(会場セッティング変更)
15:20~15:55(35分) パネルディスカッション(若生氏、猪谷氏、嶋田氏、風見氏)
15:55~16:00(05分) 閉会挨拶(菅原義一教育長)

ご登壇いただいた岡山県瀬戸内市民図書館長の嶋田学さんは、始発の電車で駆けつけてきてくれました。

『つながる図書館』の猪谷千香さん、宮城大学の風見先生にも感謝です。

CIMG6120

ワークショップ、シンポジウムなど活動についてはすべて終了しました。

後は報告書作成のみ。

集中して、作業をします。