627号(2017-02-06、4549部)

ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG)の627号(2017-02-06、4549部)を発行しました。

主な記事は、

○各地のプロジェクトから

○連載:広報担当のARGな日々(鎌倉幸子)
 -宮城県富谷市で事前打ち合わせ
 -仙台のカフェやホテルで仕事三昧
                                 など

○【PR】「新共著『未来の図書館、はじめませんか』発売中」
 -47都道府県ツアーの予定を更新中!
 -二刷も在庫僅少

○イベントカレンダー

○活動の予定と報告

○編集日誌
 -地域情報化アドバイザーとして津山市でメタデータのレクチャー
 -念願の西粟倉を訪問
 -まちの新しい図書館「西ノ島みんなの家」ワークショップ第1回を実施
                              など、7日分

○奥付

http://archives.mag2.com/0000005669/20170206201419000.html

1998-07-11創刊                     ISSN 1881-381X
-----------------------------------
      ◆◇◆ ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG) ◆◇◆
-----------------------------------
         Science, Internet, Computer and …

       2017-02-06発行   ‡No.627‡   4549部発行

     -LRG第18号、総理大臣資料特集!総力で調査・編集中-

 “Ask not what the net can do for you
                 -ask what you can do for the net.”

-----------------------------------  ◇ 目次 ◇
-----------------------------------

○各地のプロジェクトから

○連載:広報担当のARGな日々(鎌倉幸子)
 -宮城県富谷市で事前打ち合わせ
 -仙台のカフェやホテルで仕事三昧
                                 など

○【PR】「新共著『未来の図書館、はじめませんか』発売中」
 -47都道府県ツアーの予定を更新中!
 -二刷も在庫僅少

○イベントカレンダー

○活動の予定と報告

○編集日誌
 -地域情報化アドバイザーとして津山市でメタデータのレクチャー
 -念願の西粟倉を訪問
 -まちの新しい図書館「西ノ島みんなの家」ワークショップ第1回を実施
                              など、7日分

○奥付

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

           本誌編集長・岡本真の新刊!

         『未来の図書館、はじめませんか。』
           (青弓社、2014年、2160円)

   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200534/arg-22/

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

          本誌編集長・岡本真の2冊目の単著!

         『ウェブでの<伝わる>文章の書き方』
          (講談社現代新書、2012年、777円)

   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/406288187X/arg-22/

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

===================================
 ◆ 各地のプロジェクトから ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

アカデミック・リソース・ガイド株式会社は日本各地で公共・民間施設の計画
・整備に関する事業に携わっています。

現在、関係している事業のうち、情報公開が可能なプロジェクトについて、日
本各地での現状を随時お知らせしていきます。

【気仙沼市】
気仙沼図書館災害復旧事業及び(仮称)気仙沼児童センター整備事業設計業務

企業に雑誌を買ってもらう代わりに広告を掲載する雑誌スポンサー制度。気仙
沼図書館ではその制度をさらに一歩進めて、スポンサー企業と協同した「まち
の産業(なりわい)を知る」イベントをスタートさせるそうです!第1弾は、株
式会社ミヤカンと気仙沼ほてい株式会社の協力をいただいて、それぞれの商品
を食材にした料理教室と、商品ができるまでを見られる工場見学が体験できる
とか。美味しそうな料理の写真にヨダレが止まりません!(野原)

・【「まちの産業(なりわい)を知る」の料理メニューが決まりました】
(気仙沼図書館Facebookページ)
https://www.facebook.com/kesennuma.toshokan/posts/1842034482751771
・気仙沼図書館災害復旧事業及び〔仮称〕気仙沼児童センター建設事業につい
て[PDF](気仙沼市)
http://www.kesennuma.miyagi.jp/sec/s048/010/010/020/2702/kennsetuzigyou.pdf

【富谷市】
富谷市次世代型図書館づくりに向けた市民参加ワークショップ事業

2017年1月29日(日)に第2回市民参加ワークショップとシンポジウムが終了し
ました。シンポジウムには200人近くの参加者が集まり、「次世代型図書館」に
ついて考えるきっかけとなりました。今、提出する報告書を書いています。ワ
ークショップを通じて参加者のみなさんからいただいたたくさんの声をきちん
と報告書に反映させていきます。(鎌倉)

・【要別申込・拡散用】豊かな田園都市にある図書館の未来像-新生・富谷市
の図書館を考える(Facebookイベントページ・ディスカッションに写真あり)
https://www.facebook.com/events/1397017240317747/
・Togetter-富谷市の図書館を考えるシンポジウム「豊かな田園都市にある図
書館の未来像-新生・富谷市の図書館を考える」
https://togetter.com/li/1075583

【名取市】
新名取市図書館施設整備事業

先日開催された富谷市でのシンポジウム(上記参照)には名取市の方々もお越
しくださいました。宮城県では名取市・富谷市以外にも気仙沼市、大崎市、南
三陸町、利府町で新図書館整備が進んでいます。こうやって県内の図書館関係
者同士がお互いに刺激しあい、県内全域での図書館向上につながっていくのだ
なと痛感しました。(岡本)

・名取市図書館-新図書館関連(名取市)
http://www.city.natori.miyagi.jp/tosyokan/sintosyokan/

【須賀川市】
須賀川市市民交流センター管理運営等支援業務

須賀川市市民交流センターのロゴをはじめとしたサイン計画は、日本のグラフ
ィックデザインを牽引してきた日本デザインセンター(NDC※みなさんの大好き
なNDCとは違いますよ)の色部義昭さんのアートディレクションのもとデザイン
を進めています。先日、愛称tette(テッテ)のロゴデザインの提案があり複数
案ご提示いただいたのですが、いずれも素晴らしいデザインで、関係者一同逆
に悩んでしまっています。まさに嬉しい悲鳴……。施設のコンセプトやtetteと
いう愛称に込められた思い等、様々な観点から、今後検討を進めていきます。
乞うご期待!(李)

・(仮称)市民交流センター整備事業(須賀川市)
http://www.city.sukagawa.fukushima.jp/5125.htm
・声のパレット~(仮称)須賀川市市民交流センターのプレサイト~
http://sukagawaodeko.jp/

【境港市】
境港市民交流センター(仮称)新築工事基本設計業務

境港市で観光客が訪れるゲゲゲストリートから少し入った路地で、喫茶店「ク
ロ」を発見しました。中に入るとジャズがかかっています。そこに漁師さんた
ちがきて、濃いコーヒーを飲みながら今日の漁の話はもちろん、音楽の話、文
学の話に盛り上がっていました。そんな話に耳を傾けながらいただくおススメ
のランチはナポリタンです。(鎌倉)

・喫茶店「クロ」
https://tabelog.com/tottori/A3103/A310301/31001694/
・境港市民交流センター(仮称)整備について(境港市)
http://www.city.sakaiminato.lg.jp/index.php?view=107362

【西ノ島】
西ノ島町コミュニティ図書館基本計画・基本設計・実施設計業務

2017年2月5日(日)、まちの新しい図書館「西ノ島みんなの家」ワークショッ
プ・第1回が開催されました。「西ノ島町の人づくり」をテーマに、地域住民の
皆さん総勢12名とまち歩き&地図づくりを行いました。地元の隠岐島前高校の
生徒も5名が参加しました。図書館が新しいデートスポットになるといい!など
男子学生ならではの意見も飛び出て、和気あいあいとしたワークショップとな
りました。(下吹越)

・第1回ワークショップの様子
https://www.facebook.com/oki.nishinoshima/posts/1333313806711475

【別府市】
別府市図書館・美術館整備基本構想策定等業務

な、なんと、別府にタモリさんがやってきました。NHK「ブラタモリ」で、タモ
リさんが日本一の温泉地、別府の謎に迫ります!前編は2017年2月4日にすでに
放送済みですが、後編はまだ間に合いますよ!2月11日(土)19時30分~20時15
分、お見逃しなく。そして、2月10日(金)20時50分~23時15分には、同じく
NHKのドキュメント72時間「別府 百年の温泉で」で竹瓦温泉のドキュメンタリ
ーが放映されます。2月のNHKは別府づくしですね!(野原)

・ブラタモリ(NHK)
http://www.nhk.or.jp/buratamori/
・ドキュメント72時間(NHK)
http://www4.nhk.or.jp/72hours/
・別府市図書館・美術館整備基本構想策定への取り組み(別府市)
https://www.city.beppu.oita.jp/sisei/kakusyukeikaku/library_museum.html
・図書館・美術館整備基本構想(別府市役所 生涯学習課)Faecbookページ
https://www.facebook.com/library.museum.city.beppu.oita/

なお、上記以外にもこれまで計画・整備に関わった施設のアフターケアや、こ
れから計画・整備を予定している自治体等のご相談に対応しています。ご関心
のある方は、下記までお気軽にご連絡ください。

info@arg-corp.jp

また、主に図書館についての私たちの考えは下記サイトをご覧ください。

http://arg-corp.jp/

===================================
 ◆ 連載 ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

ARGの広報担当リレーションズ・ストラテジストの鎌倉幸子の連載タイトル一覧
をお届けします。

◆宮城県富谷市で事前打ち合わせ
 【広報担当のARGな日々】2017-01-27 http://www.arg.ne.jp/node/8798

◆仙台のカフェやホテルで仕事三昧
 【広報担当のARGな日々】2017-01-28 http://www.arg.ne.jp/node/8799

◆本番!!宮城県富谷市第2回市民参加ワークショップとシンポジウム
【広報担当のARGな日々】2017-01-29 http://www.arg.ne.jp/node/8800

これまでの記事はこちらからまとめてご覧いただけます。
http://www.arg.ne.jp/blog/12

===================================
 ◆ PR ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

      「新共著『未来の図書館、はじめませんか』発売中」

            岡本真、森旭彦著
     『未来の図書館、はじめませんか』(青弓社、2014年)
    http://www.seikyusha.co.jp/wp/books/isbn978-4-7872-0053-2
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200534/arg-22/

目次
まえがき-図書館は知の番人だ

第1章 図面から生まれる図書館は正しいのか
 1 市民に盲目な、「図面から生まれる図書館」
 2 図書館デザインの行方
 3 消えた“図書館職人”の時代
 4 図面から生まれる“効率図書館”の実情
 5 出来合いの公共施設には、“しなやかさ”が宿らない
 6 市民から生まれる図書館
 7 信じることからはじめよう、市民のちから
 8 本当の、市民の声の聞き方

第2章 図書館の“周辺”にある、進化のチャンス
 1 ゲーム機がある図書館
 2 メディア利用から見る「静かな図書館」
 3 市民利用に見る騒がしい「シェアオフィス」のニーズ
 4 図書館ウェブサイトは本当に公共性があるのか
 5 日本の公共空間の捉え方

第3章 図書館の原風景を見つめる
 1 ひとつとして同じ図書館はない
 2 多様な歴史から生まれた図書館の原風景
 3 輸入された原風景「無料図書館」
 4 二冊目の『市民の図書館』を探して

第4章 「足で見る」図書館
 1 いろいろな図書館を知ることが“ライブラリーリテラシー”を上げる
 2 質は量から生まれる
 3 すべてがすばらしい図書館なんて存在しない
 4 「アポなし訪問」の壁と図書館の閉鎖性

第5章 「まち」から生まれる図書館、図書館から生まれる「まち」
 1 「まち」から生まれる図書館
 2 都市総合計画は、図書館のあり方を考えるうえでの必須資料
 3 土地を知り、まちを立体的に理解する
 4 まちの課題はフィールドワークでしか見えてこない
 5 図書館から生まれる「まち」

第6章 さあ、図書館をつくろう
 1 新設だけが「図書館づくり」ではない
 2 ビジョンがない「基本構想」への違和感
 3 図書館のためのビジョン・メイキング
 4 フィールドワークを経たうえで基本構想をまとめる
 5 基本構想は未来から見た未来を、いまからつくること
 6 図書館を形に-「基本計画」「整備計画」
 7 ハード面とソフト面は切り分けて外注すべき

第7章 「発信型図書館」のためのアイデアのつくり方
 1 ワークショップの罠
 2 図書館で見つけるアイデア「百連発」
 3 アイデア+マラソン=「アイデアソン」
 4 書くブレインストーミング「ブレインライティング」
 5 「聞きたいこと」と「発表したいこと」を最大にする会議
   「アンカンファレンス」そして「ライブラリーキャンプ」
 6 図書館を発信-「メディアリレーションとロビイング」
 7 見せるから伝わる-「アドボカシー」
 8 自分の“財布”をもつ強み「ファンドレイジング」

第8章 図書館の拡張
 1 「図書館で起業」は可能か?-「産業支援」
 2 図書館の役割は知の総合コンサルタント-「議会支援」と「行政支援」
 3 図書館のサードプレイス、どう生かす?-「市民活動支援」と「市民協働」
   のあり方
 4 魅力再発見は図書館の「観光支援」で
 5 新しいことが起こり続ける「デジタルアーカイブ」
 6 図書館は「オープンデータ」の守護神になるのか?
 7 「MOOC」で学習の地域間格差を、ゼロに

図書館をつくるための本棚

図書館系業務実績一覧

あとがき

===================================
 ◆ イベントカレンダー ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

<凡例>
◆編集者独断によるオススメ
◇通常掲載

◇2017-02-08(Wed):
日本写真家協会 page2017オープンイベント「日本写真保存センター」セミナー
「時代を記録した写真原板に光を!
-眠っていた写真原板を目覚めさせ、活用しよう」
(於・東京都/池袋サンシャイン文化会館)
http://www.jps.gr.jp/page-2017/

◇2017-02-10(Fri):
筑波大学 知的コミュニティ基盤研究センター シンポジウム
「図書館情報専門職養成史の再検討:組織記憶を構築する試み」
(於・茨城県/筑波大学 筑波キャンパス春日エリア 情報メディアユニオン)
http://www.kc.tsukuba.ac.jp/lecture/symposium/20170210.html

◇2017-02-11(Sat):
日本デジタル・アーキビスト資格認定機構
デジタルアーカイブ in 岐阜
(於・岐阜県/岐阜女子大学 文化情報研究センター)
http://www.gijodai.ac.jp/dagifu/

◇2017-02-12(Sun):
大学図書館問題研究会 大図研大阪地域グループ 2月例会
「図書館における障がい者サービスに関連するガイドラインを読む」
(於・大阪府/大阪大学 生命科学図書館)
http://d.hatena.ne.jp/dtkosaka2010/20170131/1485855608

◇2017-02-13(Mon):
連続セミナー「ローカルメディアで〈地域〉を変える」(第3回/最終回)
「メディア+場」が地域を変える-瀬戸内、近江八幡、鎌倉の事例から
(於・東京都/devcafe@INFOCITY 青山オーバルビル)
https://www.facebook.com/events/216469962094715/

◇2017-02-14(Tue):
国際学術情報流通基盤整備事業 第3回 SPARC Japan セミナー2016
「科学的知識創成の新たな標準基盤へ向けて-オープンサイエンス再考」
(於・東京都/国立情報学研究所)
http://www.nii.ac.jp/sparc/event/2016/20170214.html

◆2017-02-17(Fri):
第13回 レファレンス協同データベース事業フォーラム
「レファ協にデジタル情報資源を活用しよう-ローカルからグローバルまで」
(於・京都府/国立国会図書館関西館)
http://crd.ndl.go.jp/jp/library/forum_13.html

◇2017-02-18(Sat):
人文系データベース協議会 第22回公開シンポジウム
「人文科学とデータベース」
(於・奈良県/奈良女子大学コラボレーションセンター)
http://www.jinbun-db.com/news/4

◇2017-02-18(Sat)~2017-02-19(Sun)
日本図書館研究会第58回(2016年度)研究大会
シンポジウム「図書館の連携サービスの可能性と課題」
(於・大阪府/大阪学院大学)
http://www.nal-lib.jp/events/taikai/2016/invit.html

◆2017-02-19(Sun):
『困ったときには図書館へ』連続講演会 第6回「図書館の未来」
神代浩×水越克彦(岡崎市立中央図書館館長)×岡本真
(於・愛知県/図書館交流プラザ りぶら)
http://www.libra-sc.jp/project/2016040410074058.html

◇2017-02-20(Mon):
情報・システム研究機構シンポジウム
「データを超えたデータサイエンスの広がり-自然科学から人文社会科学まで」
(於・東京都/東京大学 伊藤国際学術研究センター)
http://www.rois.ac.jp/sympo/2016/

◇2017-02-22(Wed):
国立情報学研究所 「情報学最前線」平成28年度 市民講座
第6回「人間の声?それともコンピュータ?
-音声情報処理におけるディープラーニング最前線」(高木信二)
(於・東京都/国立情報学研究所)
http://www.nii.ac.jp/event/shimin/

◇2017-03-02(Thu)~2017-03-04(Sat):
情報処理学会 インタラクション2017
(於・東京都/明治大学 中野キャンパス)
http://www.interaction-ipsj.org/2017/

◇2017-03-03(Fri):
情報科学技術協会 INFOSTA「インフォプロのための著作権セミナー」
大阪会場
(於・大阪府/大阪市中央公会堂)
http://www.infosta.or.jp/seminars/semi20170303/

◇2017-03-03(Fri):
講演会「借りるだけではもったいない!『もっと』使える!図書館」シリーズ
第2弾「未来の図書館、はじめませんか?」(岡本真)
(於・大阪府/大阪市立中央図書館)
http://www.oml.city.osaka.lg.jp/index.php?key=joqg6jggv-510

◇2017-03-04(Fri):
大学図書館問題研究会 関西3地域グループ合同例会
「海外と日本の動向から見直す
-オープンアクセス・オープンサイエンスと私の関係」
(於・大阪府/関西学院大学 大阪梅田キャンパス)
http://kokucheese.com/event/index/451004/

これ以前のバックナンバーやご登録はこちらからどうぞ。
http://archive.mag2.com/0001260410/

===================================
 ◆ 活動の予定と報告 ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

<凡例>
◆新規、もしくは更新あり
◇既掲載、変更なし

◇2017-02-08(Wed):
松戸市おはなしボランティア養成講座(初級)
「すべての子どもたちに本を!人生すべてによりそうOUR LIFE LIBRARY」
(鎌倉幸子)
(於・千葉県/松戸市子ども読書推進センター)
http://www.city.matsudo.chiba.jp/shisei/matsudo_kouhou/kouhou/kouhou2016…

◇2017-02-10(Fri):
愛知県博物館等職員研修会「博物館におけるSNSの活用について」(岡本真)
(於・愛知県/愛知芸術文化センター)
http://www.aichi-museum.jp/

◇2017-02-17(Fri):
平成28年度 群馬県公共図書館協議会 市町村立図書館・公民館図書室運営研究
部会 研修「未来の図書館、はじめませんか~図書館の可能性を求めて」(仮)
(岡本真、野原海明)
(於・群馬県/群馬県立図書館)

◇2017-02-19(Sun):
『困ったときには図書館へ』連続講演会 第6回「図書館の未来」
神代浩×水越克彦(岡崎市立中央図書館館長)×岡本真
(於・愛知県/岡崎市立中央図書館)
http://www.libra-sc.jp/project/2016040410074058.html

◆2017-03-03(Fri):
講演会「借りるだけではもったいない!『もっと』使える!図書館」シリーズ
第2弾「未来の図書館、はじめませんか?」(岡本真)
(於・大阪府/大阪市立中央図書館)
http://www.libra-sc.jp/project/2016040410074058.html

◆2017-03-07(Tue):
京丹波町に図書館できたらいいな
-これからの時代の「まち」の図書館づくりを考えよう(岡本真)
(於・京都府/絵本ちゃん 旧質美小学校)
https://www.facebook.com/events/376030489419670/

講義・講演のご依頼をお考えの方、お気軽にご相談ください。

弊社の場合、1)早い者勝ち、2)地方優先だけがルールです。

なお、弊社代表の岡本真は総務省の委嘱を受け、地域情報化アドバイザーを
務めています。
http://www.applic.or.jp/prom/chiiki_adviser/
本制度の利用を申請する場合、申請元に経済的負担がかかりません。
ご活用ください。
なお、今年度はすでに7自治体からのご依頼を受けており、本業との兼ね合い上、
私自身へのご依頼は原則的に終了としました。
※本事業の枠外でのご相談は随時対応しますので、ご連絡ください。

[参考]基本プロフィール
     http://arg-corp.jp/employees/makoto-okamoto/

法人としての活動は、

http://arg-corp.jp/
https://www.facebook.com/ARGjp

をご参照ください。業務発注、歓迎です。各種ご相談に対応いたします。

◇最近の主要業務:
 1.公共施設・商業施設の新設・リニューアル・運営等の計画策定支援
 2.ウェブ技術を中心とした産官学連携のコーディネート
 3.共同オフィス・シェアハウス等のコミュニティー空間の創造
 4.ウェブコンサルティングや専門的調査の実施代行
 5.ワークショップ等によるアイデア発想・知識創造の支援

また、当面の間、

             岡本真、森旭彦著
     『未来の図書館、はじめませんか』(青弓社、2014年)
    http://www.seikyusha.co.jp/wp/books/isbn978-4-7872-0053-2
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200534/arg-22/

の販促にかなう限りは、講演謝金不要で講演依頼を受け付けます。お気軽にご
相談ください。

~<弊社編集誌>~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    ~図書館の未来がわかる、新しいライブラリーマガジン~
      ライブラリー・リソース・ガイド(編集・発行:ARG)
       http://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/
          https://www.facebook.com/LRGjp
           https://twitter.com/LRGjp

   ~曲がり角を迎えている図書館における今後の学習環境を考える~    ラーコモラボ通信(編集・発行:ラーニングコモンズラボラトリ)
        http://archive.mag2.com/0001260410/

       ~デジタルヒューマニティーズのいまを探る~
      人文情報学月報(編集:人文情報学研究所&ARG)
        http://archive.mag2.com/0001316391/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~<弊社編集誌>~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 配信の解除・送信先の変更は、
           http://www.arg.ne.jp/registration
                          でお願いします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~<ご協力ください>~~

===================================
 ◆ 編集日誌 ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

◆2017-01-30(Mon): 地域情報化アドバイザー会議へ

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/8802

総務省より委嘱を受けている

・地域情報化アドバイザー
http://www.applic.or.jp/prom/chiiki_adviser/

が年に1回全国から集まるアドバイザー会議の日です。朝に仙台を出て、都内で
の会議を数本こなしてから参加しました。

今回はおそらくは委嘱を受けているアドバイザーで本日の出席者のなかではも
っとも今年度の派遣回数が多かったからだと思いますが、交流会の中締め挨拶
を担当させていただきました。年齢的にはまだこのなかでは若輩なのですが、
かねてからふれておきたかったこと2点も挨拶に交えることができてなによりで
した。

◆2017-01-31(Tue): 地域情報化アドバイザーとして津山市でメタデータの
         レクチャー

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/8803

本年度3回目となりますが、地域情報化アドバイザーとして岡山県の津山市に赴
きました。前回までの内容を踏まえて、今回はこれから構築していくデジタル
アーカイブにおけるメタデータのあり方について話しました。

会議の前には

・Flickr-知新館
https://www.flickr.com/photos/argeditor/sets/72157677699824282/

を訪問。ここは旧平沼騏一郎別邸です。現在進めている総理大臣資料に関する
よい現地調査の機会ともなりました。

◆2017-02-01(Wed): 念願の西粟倉を訪問

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/8804

朝に津山を発ち、道すがらに

・Flickr-津山市立勝北図書館
https://www.flickr.com/photos/argeditor/sets/72157678294704240/
・Flickr-津山市立加茂町図書館
https://www.flickr.com/photos/argeditor/sets/72157679730095826/
・津山市立図書館
https://tsuyamalib.tvt.ne.jp/

と津山市の2つの分館を見学した後、岡山県で数少ない未踏自治体である西粟倉
村にうかがいました。

・Flickr-西粟倉町あわくら会館こども図書館
https://www.flickr.com/photos/argeditor/sets/72157676245289253/

この日は兵庫の相生市まで出て一泊。

◆2017-02-02(Thu): 大阪市立中央図書館での会議に出席

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/8805

先月に続き、地域情報化アドバイザーとして招聘いただいている大阪市立中央
図書館での会議に出席しました。

・大阪市立図書館
http://www.oml.city.osaka.lg.jp/

みなさんの熱意とその熱意から生み出される成果がすばらしく、こちらもテン
ション高く向き合える仕事です。

なお、その前に

・相生市立図書館
http://www.aioi-city-lib.com/
・Flickr-相生市立図書館
https://www.flickr.com/photos/argeditor/sets/72157678085827651/

を見学。

夜は大阪の友人たちとの楽しいひととき。

◆2017-02-03(Fri): 大阪からのエクストリーム出勤

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/8806

明日から再び中国地方への出張なのですが、午後に重要な会議や施設の見学が
あるので、伊丹から羽田へ。

都内での会議は新たな展開が期待できそうで、これからが楽しみです。また、
夕方はいま準備中のある計画のための物件の下見でした。これも楽しそうな予
感がしています。

◆2017-02-04(Sat): 西ノ島へ

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/8807

今回は4泊5日の旅です。西ノ島町コミュニティ図書館の基本計画・基本設計・
実施設計を受託している隠岐島前の西ノ島町へと向かいます。

本日は事実上の移動日ですが、明日からはワークショップが始まります。

◆2017-02-05(Sun): まちの新しい図書館「西ノ島みんなの家」ワークショップ
         第1回を実施

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/8808

「西ノ島町の暮らしを支えるコミュニティ図書館を考えよう」と銘打ったまち
の新しい図書館「西ノ島みんなの家」ワークショップの第1回を実施しました。

日曜日の午後という島のみなさんにとってはそれぞれご都合がある時間帯にも
関わらず、12名の方々がご参加くださり、しかもうち5名は高校生という盛況ぶ
りでした。

あいにくの雨の中でのまち歩きでしたが、結果的には非常によいワークショッ
プになったように思います。と同時にまだまだ明後日に2回ワークショップ実施
を残しています。そして、そもそもワークショップの成功は、そこで得られた
まなびをおいしいところのつまみ食いにせず、きちんと計画に反映できて初め
て達成されるものでもあります。

そのことをあらためて肝に銘じて、明後日の第2回、第3回に臨みます。

             岡本真:ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)編集長

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)[ARG-627]2017年02月06日(週刊)
【発行者】アカデミック・リソース・ガイド株式会社
【編集者】岡本 真:ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)編集部
【発行地】〒231-0012 横浜市中区相生町3-61泰生ビル さくらWORKS<関内>408
ISSN 】1881-381X
【E-Mail】info [&] arg-corp.jp [&] を@に置き換えてください。
【サイト】http://www.arg.ne.jp/ (メルマガ)
     http://arg-corp.jp/(コーポレート)
【Facebook】https://www.facebook.com/arg.ne.jp/(メルマガ)
      https://www.facebook.com/ARGjp/(コーポレート)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本誌掲載記事の取り扱いは、著作権法に則って行ってください。本誌の許可を
得ていない記事の転載は違法です。引用は著作権法の範囲内で。記事を情報源
として二次的に利用する際には、情報源としての本誌の存在を明記してくださ
るようお願いします。悪質な例に対しては、法的手段を含め相応の対応をしま
す。なおメーリングリストなど、複数による閲覧が可能なアドレスでの登録は
ご遠慮ください。

Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

メールマガジンの配信登録(無料)をしていただくと、定期的にまとめて記事がお手許に届きます。
下の空欄にメールアドレスを入力し、右の[配信登録(無料)]を押してください。

メールアドレス: