629号(2017-02-20、4550部)

ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG)の629号(2017-02-20、4550部)を発行しました。

主な記事は、

○お知らせ
 -「ウィキペディアタウンサミット 2017 京都」満員御礼!
  -各地のWikipedia Townに参加してみませんか?

○各地のプロジェクトから

○【PR】「新共著『未来の図書館、はじめませんか』発売中」
 -47都道府県ツアーの予定を更新中!
 -二刷も在庫僅少

○イベントカレンダー

○活動の予定と報告

○編集日誌
 -名取市図書館で「図書館100連発」研修会
 -富谷市で報告会
 -総理大臣資料の論考を書き上げる
                              など、7日分

○奥付

http://archives.mag2.com/0000005669/20170220130121000.html

1998-07-11創刊                     ISSN 1881-381X
-----------------------------------
      ◆◇◆ ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG) ◆◇◆
-----------------------------------
         Science, Internet, Computer and …

       2017-02-20発行   ‡No.629‡   4550部発行

     -各地のウィキペディアタウンに参加してみませんか?-

 “Ask not what the net can do for you
                 -ask what you can do for the net.”

-----------------------------------  ◇ 目次 ◇
-----------------------------------

○お知らせ
 -「ウィキペディアタウンサミット 2017 京都」満員御礼!
  -各地のWikipedia Townに参加してみませんか?

○各地のプロジェクトから

○【PR】「新共著『未来の図書館、はじめませんか』発売中」
 -47都道府県ツアーの予定を更新中!
 -二刷も在庫僅少

○イベントカレンダー

○活動の予定と報告

○編集日誌
 -名取市図書館で「図書館100連発」研修会
 -富谷市で報告会
 -総理大臣資料の論考を書き上げる
                              など、7日分

○奥付

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

           本誌編集長・岡本真の新刊!

         『未来の図書館、はじめませんか。』
           (青弓社、2014年、2160円)

   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200534/arg-22/

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

          本誌編集長・岡本真の2冊目の単著!

         『ウェブでの<伝わる>文章の書き方』
          (講談社現代新書、2012年、777円)

   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/406288187X/arg-22/

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

===================================
 ◆ お知らせ ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

     「ウィキペディアタウンサミット 2017 京都」満員御礼!
      各地のウィキペディアタウンに参加してみませんか?

前号でお知らせした「ウィキペディアタウンサミット 2017 京都」はおかげさ
まで満員となりました。ウィキペディアタウンは誰でも気軽に参加できるウィ
キペディアのオフラインイベントです。全国各地で開催されるウィキペディア
タウンを紹介します。興味のある方はぜひご参加ください。

◇2017-02-18(Sat):
オープンデータソンin和歌山市(マッピングパーティ&ウィキペディアタウン)
(於・和歌山県/和歌山市民図書館)
http://wida.jp/2017/01/15/odtinwakayama/

◇2017-02-25(Sat):
ウィキペディアタウンin瀬戸内市 第2弾
(於・岡山県/瀬戸内市民図書館)
https://www.facebook.com/libsetouchi/posts/881097228659934

◇2017-03-04(Sat):
インターナショナルオープンデータディ2017 in 京都
京都オープンデータソン2016 vol.3(酒ペディア&酒マップ)
(於・京都府/割烹 松長(まつちょう))
https://opendatakyoto.connpass.com/event/51423/

◇2017-03-06(Mon):
みんなでつくる“まちの事典”~ウィキペディア・タウン in 尾道
(第26回情報科学研究会)
(於・広島県/尾道市立大学)
http://www.onomichi-u.ac.jp/attributes/topics2014.html/2017011300010/

◇2017-03-19(Sun):
ウィキペディアタウン大原
(於・京都府/里山ギャラリーレモンハウス)
https://www.facebook.com/events/1836675399915326/

◇2017-03-20(Mon):
WikipediaLIB@信州
(於・長野県/県立長野図書館)
http://www.library.pref.nagano.jp/wikilib_170320

◇2017-03-26(Sun):
第2回ウィキペディアタウン in 東久留米
(於・東京都/東久留米市立中央図書館)
https://www.lib.city.higashikurume.lg.jp/clib/wtown/wtown.html

上記イベント情報は以下の参照元の2017年2月19日時点のものです。
最新情報は下記URLをご覧ください。
参照元
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82…

===================================
 ◆ 各地のプロジェクトから ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

アカデミック・リソース・ガイド株式会社は日本各地で公共・民間施設の計画
・整備に関する事業に携わっています。

現在、関係している事業のうち、情報公開が可能なプロジェクトについて、日
本各地での現状を随時お知らせしていきます。

【気仙沼市】
気仙沼図書館災害復旧事業及び(仮称)気仙沼児童センター整備事業設計業務

「ホヤぼーや」をご存じですか?気仙沼市の観光PRをする、ゆるキャラです。
頭は「ホヤ」で、剣はサンマでベルトはホタテ。どれも気仙沼の特産品です。
ゆるキャラグランプリでも上位に食い込む人気キャラで、LINEスタンプもある
ようですよ。気仙沼図書館長に教えていただいたのですが、ホヤぼーやのツノ
のようなところ、なんだかわかります?実はこれ、ホヤの「入水孔」と「出水
孔」。実物のホヤも、水を吸い込むほうは「+」、吐き出すほうは「-」のか
たちをしているのだとか!(野原)

・海の子 ホヤぼーや(気仙沼市)
http://www.kesennuma.miyagi.jp/li/shisei/010/100/
・海の子 ホヤぼーや(LINE STORE)
https://store.line.me/stickershop/product/1174631/ja
・気仙沼図書館災害復旧事業及び〔仮称〕気仙沼児童センター建設事業につい
て[PDF](気仙沼市)
http://www.kesennuma.miyagi.jp/sec/s048/010/010/020/2702/kennsetuzigyou.pdf

【富谷市】
富谷市次世代型図書館づくりに向けた市民参加ワークショップ事業

2017年2月14日(火)に「富谷市次世代型図書館づくりに向けた市民参加ワーク
ショップ事業」の庁舎内報告会を富谷市役場で行いました。当日配布した資料
は、ワークショップの結果だけではなくプロセスもきちんと記録として残るも
のになることを意識してつくりました。(鎌倉)

・ワークショップの写真が見られます(富谷市Facebookページ)
https://www.facebook.com/tomiya.seikatu/

【名取市】
新名取市図書館施設整備事業
2017年1月29日、待ちに待った日が来ました。新図書館を含む市街地再開発事業
の安全祈願祭が行われ、本格着工しました。震災から間もなく6年。2018年9月の
竣工をめざす日々が始まっています。(岡本)
「名取駅前地区再開発(宮城県名取市)/7年越しの事業が本格始動/18年9月
完成へ」(日刊建設工業新聞、2017-01-30)
http://www.decn.co.jp/?p=84106

・名取市図書館-新図書館関連(名取市)
http://www.city.natori.miyagi.jp/tosyokan/sintosyokan/

【須賀川市】
須賀川市市民交流センター管理運営等支援業務

2月14日から16日まで、図書館分科会、円谷英二ミュージアム(仮称)分科会等
の会議のため須賀川に行ってきました。3年前も同時期に滞在したのですが、そ
の時須賀川は数十年ぶりの大雪に見舞われ、3日間閉じ込められてしまったので
した。
この一件があり、私は須賀川のみなさんやARGのスタッフから、いまだに「雪男」
と呼ばれているのです……(李)

・(仮称)市民交流センター整備事業(須賀川市)
http://www.city.sukagawa.fukushima.jp/5125.htm
・声のパレット~(仮称)須賀川市市民交流センターのプレサイト~
http://sukagawaodeko.jp/

【境港市】
境港市民交流センター(仮称)新築工事基本設計業務

境港市といえばゲゲゲの鬼太郎の作者である水木しげる先生の出身地です。
2017年3月8日(水)から東京の銀座にある松屋銀座で、「追悼水木しげるゲゲ
ゲの人生展」が開催されます。境港の境は「この世と黄泉の境」という意味が
あるそうです。水木しげる先生の世界観を境港市だけではなく、東京でも感じ
てください。(鎌倉)

・境港市民交流センター(仮称)整備について(境港市)
http://www.city.sakaiminato.lg.jp/index.php?view=107362
・松屋銀座「追悼水木しげるゲゲゲの人生展」
http://www.matsuya.com/m_ginza/exhib_gal/details/20170308_mizukishigeru_…

【西ノ島】
西ノ島町コミュニティ図書館基本計画・基本設計・実施設計業務

ワークショップが終わり、いよいよ基本計画・基本設計をまとめるステージに
突入しました。町民の皆さんとふれあいのなかから、新しい図書館につながる
ヒントが隠れていないか頭を悩ませています……。(下吹越)

・隠岐・西ノ島いいね!(西ノ島町Facebookグループ)
https://www.facebook.com/oki.nishinoshima/

【別府市】
別府市図書館・美術館整備基本構想策定等業務

別府市の宣伝部長は、ウサギの「べっぴょん」。長い耳と前髪と、まんまるい
顔が温泉マークをイメージさせます。そして尻尾は、なんと湯の花。先週ご紹
介した「湯~園地計画」のクラウドファンディングでも、リターンの一つに、
べっぴょんのぬいぐるみに鉄輪温泉の香りを染み込ませた「蒸しべっぴょん」
があります……!クラウドファンディング、達成まで残り50%というところ
までやってきました!引き続き応援をよろしくお願いいたします。(野原)

・べっぴょんの部屋(別府市観光課)
http://beppyon.gokuraku-jigoku-beppu.com/
・どうせやるならやりすぎたい!温泉×遊園地=前代未聞の”湯~園地”を別
府に実現!!(CAMPFIRE)
https://camp-fire.jp/updates/view/24550
・別府市図書館・美術館整備基本構想策定への取り組み(別府市)
https://www.city.beppu.oita.jp/sisei/kakusyukeikaku/library_museum.html
・図書館・美術館整備基本構想(別府市役所 生涯学習課)Faecbookページ
https://www.facebook.com/library.museum.city.beppu.oita/

なお、上記以外にもこれまで計画・整備に関わった施設のアフターケアや、こ
れから計画・整備を予定している自治体等のご相談に対応しています。ご関心
のある方は、下記までお気軽にご連絡ください。

info@arg-corp.jp

また、主に図書館についての私たちの考えは下記サイトをご覧ください。

http://arg-corp.jp/

===================================
 ◆ PR ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

      「新共著『未来の図書館、はじめませんか』発売中」

            岡本真、森旭彦著
     『未来の図書館、はじめませんか』(青弓社、2014年)
    http://www.seikyusha.co.jp/wp/books/isbn978-4-7872-0053-2
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200534/arg-22/

目次
まえがき-図書館は知の番人だ

第1章 図面から生まれる図書館は正しいのか
 1 市民に盲目な、「図面から生まれる図書館」
 2 図書館デザインの行方
 3 消えた“図書館職人”の時代
 4 図面から生まれる“効率図書館”の実情
 5 出来合いの公共施設には、“しなやかさ”が宿らない
 6 市民から生まれる図書館
 7 信じることからはじめよう、市民のちから
 8 本当の、市民の声の聞き方

第2章 図書館の“周辺”にある、進化のチャンス
 1 ゲーム機がある図書館
 2 メディア利用から見る「静かな図書館」
 3 市民利用に見る騒がしい「シェアオフィス」のニーズ
 4 図書館ウェブサイトは本当に公共性があるのか
 5 日本の公共空間の捉え方

第3章 図書館の原風景を見つめる
 1 ひとつとして同じ図書館はない
 2 多様な歴史から生まれた図書館の原風景
 3 輸入された原風景「無料図書館」
 4 二冊目の『市民の図書館』を探して

第4章 「足で見る」図書館
 1 いろいろな図書館を知ることが“ライブラリーリテラシー”を上げる
 2 質は量から生まれる
 3 すべてがすばらしい図書館なんて存在しない
 4 「アポなし訪問」の壁と図書館の閉鎖性

第5章 「まち」から生まれる図書館、図書館から生まれる「まち」
 1 「まち」から生まれる図書館
 2 都市総合計画は、図書館のあり方を考えるうえでの必須資料
 3 土地を知り、まちを立体的に理解する
 4 まちの課題はフィールドワークでしか見えてこない
 5 図書館から生まれる「まち」

第6章 さあ、図書館をつくろう
 1 新設だけが「図書館づくり」ではない
 2 ビジョンがない「基本構想」への違和感
 3 図書館のためのビジョン・メイキング
 4 フィールドワークを経たうえで基本構想をまとめる
 5 基本構想は未来から見た未来を、いまからつくること
 6 図書館を形に-「基本計画」「整備計画」
 7 ハード面とソフト面は切り分けて外注すべき

第7章 「発信型図書館」のためのアイデアのつくり方
 1 ワークショップの罠
 2 図書館で見つけるアイデア「百連発」
 3 アイデア+マラソン=「アイデアソン」
 4 書くブレインストーミング「ブレインライティング」
 5 「聞きたいこと」と「発表したいこと」を最大にする会議
   「アンカンファレンス」そして「ライブラリーキャンプ」
 6 図書館を発信-「メディアリレーションとロビイング」
 7 見せるから伝わる-「アドボカシー」
 8 自分の“財布”をもつ強み「ファンドレイジング」

第8章 図書館の拡張
 1 「図書館で起業」は可能か?-「産業支援」
 2 図書館の役割は知の総合コンサルタント-「議会支援」と「行政支援」
 3 図書館のサードプレイス、どう生かす?-「市民活動支援」と「市民協働」
   のあり方
 4 魅力再発見は図書館の「観光支援」で
 5 新しいことが起こり続ける「デジタルアーカイブ」
 6 図書館は「オープンデータ」の守護神になるのか?
 7 「MOOC」で学習の地域間格差を、ゼロに

図書館をつくるための本棚

図書館系業務実績一覧

あとがき

===================================
 ◆ イベントカレンダー ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

<凡例>
◆編集者独断によるオススメ
◇通常掲載

◇2017-02-20(Mon):
情報・システム研究機構シンポジウム
「データを超えたデータサイエンスの広がり-自然科学から人文社会科学まで」
(於・東京都/東京大学 伊藤国際学術研究センター)
http://www.rois.ac.jp/sympo/2016/

◇2017-02-22(Wed):
国立情報学研究所 「情報学最前線」平成28年度 市民講座
第6回「人間の声?それともコンピュータ?
-音声情報処理におけるディープラーニング最前線」(高木信二)
(於・東京都/国立情報学研究所)
http://www.nii.ac.jp/event/shimin/

◇2017-02-25(Sat):
ウィキペディアタウンin瀬戸内市 第2弾
(於・岡山県/瀬戸内市民図書館)
https://www.facebook.com/libsetouchi/posts/881097228659934

◇2017-03-02(Thu)~2017-03-04(Sat):
情報処理学会 インタラクション2017
(於・東京都/明治大学 中野キャンパス)
http://www.interaction-ipsj.org/2017/

◇2017-03-03(Fri):
情報科学技術協会 INFOSTA「インフォプロのための著作権セミナー」
大阪会場
(於・大阪府/大阪市中央公会堂)
http://www.infosta.or.jp/seminars/semi20170303/

◆2017-03-03(Fri):
講演会「借りるだけではもったいない!『もっと』使える!図書館」シリーズ
第2弾「未来の図書館、はじめませんか?」(岡本真)
(於・大阪府/大阪市立中央図書館)
http://www.oml.city.osaka.lg.jp/index.php?key=joqg6jggv-510

◇2017-03-04(Fri):
大学図書館問題研究会 関西3地域グループ合同例会
「海外と日本の動向から見直す
-オープンアクセス・オープンサイエンスと私の関係」
(於・大阪府/関西学院大学 大阪梅田キャンパス)
http://kokucheese.com/event/index/451004/

◇2017-03-05(Sat):
日本図書館研究会第327回研究例会
「日本目録規則(NCR)2018年版」(仮称)関西検討集会
(於・大阪府/大阪市立中央図書館)
http://www.nal-lib.jp/events/reikai/2016/327invit.html

◆2017-03-05(Sat):
OpenGLAM JAPAN「ウィキペディアタウンサミット 2017 京都」
(於・京都府/京都府立図書館)
https://www.facebook.com/events/616236095232840/

◇2017-03-06(Sun):
「映像・映画のオープンイノベーションシンポジウム」
(於・京都府/東映京都撮影所)
http://www.pref.kyoto.jp/sangyo-sien/news/picture-movie-sympo.html

◇2017-03-06(Sun):
電子図書館・電子書籍貸出サービスセミナー
「電子図書館サービスのいまとこれから-公共図書館・学校図書館での電子書
籍貸出サービスの取り組み、提供されているコンテンツとその利用を中心に」
(於・東京都/日本図書館協会会館)
http://aebs.or.jp/seminar20170306.html

◆2017-03-07(Tue):
京丹波町に図書館できたらいいな
-これからの時代の「まち」の図書館づくりを考えよう(岡本真)
(於・京都府/絵本ちゃん 旧質美小学校)
https://www.facebook.com/events/376030489419670/

◇2017-03-07(Tue)~2017-03-08(Wed):
国立国語研究所コーパス開発センター 言語資源活用ワークショップ2016
(於・東京都/国立国語研究所)
http://pj.ninjal.ac.jp/corpus_center/lrw2016.html

◇2017-03-10(Fri):
平成28年度 国立大学図書館協会地区協会助成事業 九州地区講演会
「2020年の目録システムは?」
(於・福岡県/九州大学附属図書館中央図書館)
https://www.lib.kyushu-u.ac.jp/ja/events/20170310_mokuroku

これ以前のバックナンバーやご登録はこちらからどうぞ。
http://archive.mag2.com/0001260410/

===================================
 ◆ 活動の予定と報告 ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

<凡例>
◆新規、もしくは更新あり
◇既掲載、変更なし

◆2017-02-25(Sat):
ウィキペディアタウンin瀬戸内市 第2弾(岡本真)
(於・岡山県/瀬戸内市民図書館)
https://www.facebook.com/libsetouchi/posts/881097228659934

◇2017-03-03(Fri):
講演会「借りるだけではもったいない!『もっと』使える!図書館」シリーズ
第2弾「未来の図書館、はじめませんか?」(岡本真)
(於・大阪府/大阪市立中央図書館)
http://www.libra-sc.jp/project/2016040410074058.html

◇2017-03-07(Tue):
京丹波町に図書館できたらいいな
-これからの時代の「まち」の図書館づくりを考えよう(岡本真)
(於・京都府/絵本ちゃん 旧質美小学校)
https://www.facebook.com/events/376030489419670/

講義・講演のご依頼をお考えの方、お気軽にご相談ください。

弊社の場合、1)早い者勝ち、2)地方優先だけがルールです。

なお、弊社代表の岡本真は総務省の委嘱を受け、地域情報化アドバイザーを
務めています。
http://www.applic.or.jp/prom/chiiki_adviser/
本制度の利用を申請する場合、申請元に経済的負担がかかりません。
ご活用ください。
なお、今年度はすでに7自治体からのご依頼を受けており、本業との兼ね合い上、
私自身へのご依頼は原則的に終了としました。
※本事業の枠外でのご相談は随時対応しますので、ご連絡ください。

[参考]基本プロフィール
     http://arg-corp.jp/employees/makoto-okamoto/

法人としての活動は、

http://arg-corp.jp/
https://www.facebook.com/ARGjp

をご参照ください。業務発注、歓迎です。各種ご相談に対応いたします。

◇最近の主要業務:
 1.公共施設・商業施設の新設・リニューアル・運営等の計画策定支援
 2.ウェブ技術を中心とした産官学連携のコーディネート
 3.共同オフィス・シェアハウス等のコミュニティー空間の創造
 4.ウェブコンサルティングや専門的調査の実施代行
 5.ワークショップ等によるアイデア発想・知識創造の支援

また、当面の間、

             岡本真、森旭彦著
     『未来の図書館、はじめませんか』(青弓社、2014年)
    http://www.seikyusha.co.jp/wp/books/isbn978-4-7872-0053-2
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200534/arg-22/

の販促にかなう限りは、講演謝金不要で講演依頼を受け付けます。お気軽にご
相談ください。

~<弊社編集誌>~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    ~図書館の未来がわかる、新しいライブラリーマガジン~
      ライブラリー・リソース・ガイド(編集・発行:ARG)
       http://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/
          https://www.facebook.com/LRGjp
           https://twitter.com/LRGjp

   ~曲がり角を迎えている図書館における今後の学習環境を考える~    ラーコモラボ通信(編集・発行:ラーニングコモンズラボラトリ)
        http://archive.mag2.com/0001260410/

       ~デジタルヒューマニティーズのいまを探る~
      人文情報学月報(編集:人文情報学研究所&ARG)
        http://archive.mag2.com/0001316391/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~<弊社編集誌>~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 配信の解除・送信先の変更は、
           http://www.arg.ne.jp/registration
                          でお願いします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~<ご協力ください>~~

===================================
 ◆ 編集日誌 ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

◆2017-02-13(Mon): 名取市図書館で「図書館100連発」研修会

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/8818

新図書館建設のアドバイザーを務める名取市図書館で開館に向けての研修会の
講師を担当しました。

今回は「図書館100連発」の講演とワークショップです。学校図書館の司書の方
々も多数ご参加いただきました。

図書館整備は公共と学校が一体的に進めなくてはいけないと考えていますので、
今日の共同研修は嬉しいものでした。

・名取市図書館-新図書館関連
http://www.city.natori.miyagi.jp/tosyokan/sintosyokan/

◆2017-02-14(Tue): 富谷市で報告会

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/8819

今年度受託している富谷市次世代型図書館づくりに向けた市民参加ワークショ
ップ事業の市役所向け報告会を富谷市役所で実施しました。

次の展開につながっていけばと思います。

終了後は急ぎ横浜に戻り、遅い時間からで恐縮なのですが、これからのPPPにつ
いての意見交換を行いました。充実の一日。

◆2017-02-15(Wed): 総理大臣資料の論考に取り組む一日

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/8820

新年早々に調査に取り組んでいた総理大臣資料について、

・ライブラリー・リソース・ガイド
http://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/
https://www.facebook.com/LRGjp

の第18号に掲載するための原稿を一気に書き始めました。

今日一日で終えたいところでしたが、もう少し時間がかかりそうです。

◆2017-02-16(Thu): 総理大臣資料の論考を書き上げる

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/8821

昨日から取り組んでいる総理大臣資料の論考だが、本日で書き上げ切りました。
いやあ、いささか修羅場でした。

あとは附録のリストを整形するだけです。

夜は今度友人が立ち上がる防災・減災の一般社団法人についての会合からの会
食でした。明日は群馬へ出張です。

◆2017-02-17(Fri): 群馬県公共図書館協議会市町村立図書館・公民館図書室
         運営研究部会で講演

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/8822

スタッフの野原海明と共に群馬県の前橋市へ。群馬県公共図書館協議会市町村
立図書館・公民館図書室運営研究部会にお招きいただき、午前と午後に「未来
の図書館、はじめませんか?-図書館の可能性を求めて」と題しての講演です。

午前は野原が理論編を午後は私が実践編をという分担で講演し、討論という流
れでした。

・Flickr-群馬県立図書館
https://www.flickr.com/photos/argeditor/sets/72157676996418683/

◆2017-02-18(Sat): 群馬県内の図書館を見学

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/8823

昨日は前橋市泊まりにしたので、群馬県内の図書館をめぐって帰ります。とい
うことで、

・伊勢崎市図書館
http://www.library.isesaki.gunma.jp/
・Flickr-伊勢崎市図書館
https://www.flickr.com/photos/argeditor/sets/72157680396544866/
・館林市立図書館
http://www.city.tatebayashi.gunma.jp/library/
・Flickr-館林市立図書館
https://www.flickr.com/photos/argeditor/sets/72157678898740820/
・大泉町立図書館
http://www.library.oizumi.gunma.jp/
・Flickr-大泉町立図書館
https://www.flickr.com/photos/argeditor/sets/72157680396878516/

と3つの図書館を訪問。群馬の皆さま、ありがとうございました。

◆2017-02-19(Sun): 「『困ったときには図書館へ』連続講演会
         「6.図書館の未来」に参加

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/8824

一年間続けてきた

・『困ったときには図書館へ』連続講演会
http://www.libra-sc.jp/project/2016040410074058.html

の最終回でした。

・「『困ったときには図書館へ』連続講演会「1.りぶらの未来」で講演と鼎談」
(編集日誌、2016-05-28)
http://www.arg.ne.jp/node/8376
・「『困ったときには図書館へ』連続講演会「2.仕事と図書館」で対談」(編
集日誌、2016-10-02)
http://www.arg.ne.jp/node/8424
「『困ったときには図書館へ』連続講演会「4.市民活動と図書館」に登壇」
(編集日誌、2016-10-02)
http://www.arg.ne.jp/node/8561

今回は神代浩さん(文部科学省科学技術・学術総括官兼政策課長)、戸松恵美
さん(りぶらサポータークラブ副代表)という第1回の顔ぶれに、水越克彦さん
(岡崎市立中央図書館館長)を迎えて「6.図書館の未来」を語り合いました。

・岡崎市立中央図書館
http://www.library.okazaki.aichi.jp/
・岡崎市図書館交流プラザ りぶら
http://www.city.okazaki.lg.jp/libra/

も今秋で開館10年を迎えます。その活動に敬意を表します。トークのなかでは、
あれこれと申し上げましたが、複合施設としての成功からさらなる一歩を進ん
で、協働を軸とした融合的な施設としてのさらなる発展を願っています。

ともあれ、一年間の連続講演会が終わりました。声をかけてくださった神代さ
ん、この企画を生み出した戸松さんはじめ

・りぶらサポータークラブ
http://www.libra-sc.jp/

のみなさまに心から感謝します。

             岡本真:ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)編集長

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)[ARG-629]2017年02月20日(週刊)
【発行者】アカデミック・リソース・ガイド株式会社
【編集者】岡本 真:ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)編集部
【発行地】〒231-0012 横浜市中区相生町3-61泰生ビル さくらWORKS<関内>408
ISSN 】1881-381X
【E-Mail】info [&] arg-corp.jp [&] を@に置き換えてください。
【サイト】http://www.arg.ne.jp/ (メルマガ)
     http://arg-corp.jp/(コーポレート)
【Facebook】https://www.facebook.com/arg.ne.jp/(メルマガ)
      https://www.facebook.com/ARGjp/(コーポレート)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本誌掲載記事の取り扱いは、著作権法に則って行ってください。本誌の許可を
得ていない記事の転載は違法です。引用は著作権法の範囲内で。記事を情報源
として二次的に利用する際には、情報源としての本誌の存在を明記してくださ
るようお願いします。悪質な例に対しては、法的手段を含め相応の対応をしま
す。なおメーリングリストなど、複数による閲覧が可能なアドレスでの登録は
ご遠慮ください。

Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

メールマガジンの配信登録(無料)をしていただくと、定期的にまとめて記事がお手許に届きます。
下の空欄にメールアドレスを入力し、右の[配信登録(無料)]を押してください。

メールアドレス: