632号(2017-03-13、4553部)

ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG)の632号(2017-03-13、4553部)を発行しました。

主な記事は、

○羅針盤「県立長野図書館『WikipediaLIB@信州』の概要と開催の目論見」
                             (平賀研也)

○各地のプロジェクトから

○【PR】「新共著『未来の図書館、はじめませんか』発売中」
 -47都道府県ツアーの予定を更新中!
 -二刷も在庫僅少

○イベントカレンダー

○活動の予定と報告

○編集日誌
 -「京丹波町に図書館できたらいいな-これからの時代の「まち」の図書館
  づくりを考えよう」で講演
 -DEIM2017にて日本データベース学会若手功績賞を受賞
 -田中克己先生の最終講義へ
                              など、7日分

○奥付

http://archives.mag2.com/0000005669/20170313133147000.html

1998-07-11創刊                     ISSN 1881-381X
-----------------------------------
      ◆◇◆ ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG) ◆◇◆
-----------------------------------
         Science, Internet, Computer and …

       2017-03-13発行   ‡No.632‡   4553部発行

   -県立長野図書館「WikipediaLIB@信州」の概要と開催の目論見-

 “Ask not what the net can do for you
                 -ask what you can do for the net.”

-----------------------------------  ◇ 目次 ◇
-----------------------------------

○羅針盤「県立長野図書館『WikipediaLIB@信州』の概要と開催の目論見」
                             (平賀研也)

○各地のプロジェクトから

○【PR】「新共著『未来の図書館、はじめませんか』発売中」
 -47都道府県ツアーの予定を更新中!
 -二刷も在庫僅少

○イベントカレンダー

○活動の予定と報告

○編集日誌
 -「京丹波町に図書館できたらいいな-これからの時代の「まち」の図書館
  づくりを考えよう」で講演
 -DEIM2017にて日本データベース学会若手功績賞を受賞
 -田中克己先生の最終講義へ
                              など、7日分

○奥付

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

           本誌編集長・岡本真の新刊!

         『未来の図書館、はじめませんか。』
           (青弓社、2014年、2160円)

   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200534/arg-22/

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

          本誌編集長・岡本真の2冊目の単著!

         『ウェブでの<伝わる>文章の書き方』
          (講談社現代新書、2012年、777円)

   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/406288187X/arg-22/

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

===================================
 ◆ 羅針盤 ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

  「県立長野図書館『WikipediaLIB@信州』の概要と開催の目論見」
                    平賀研也(県立長野図書館館長)

1.「WikipediaLIB@信州#01」(3月20日)の概要

県立長野図書館は「信州の図書館」を素材にしたウィキペディア編集プログラ
ム「Wikipedia LIB@信州」を開催します。

これは、誰でも自由に編集参加できるインターネット百科事典「ウィキペディ
ア」を活用して、「地域」を入口に、何かを知り、調べ、編集し、発信するイ
ベントとして各地で開催されている「ウィキペディアタウン」を、「信州の図
書館」をテーマとして行うものです。

ウィキペディアにある信州の図書館に関する記事を編集したり、新たに作成す
ることを通じ、「調べること」「知ること」「表現すること」「伝えること」
の楽しさを体験していただきます。
まったくの初心者の方でも成果が感じられるとともに、自分のまちでウィキペ
ディアタウンを開催したいという図書館員や地域の方々にはそのノウハウを獲
得していただけるような機会にしたいと考えております。

県立長野図書館は、県内の図書館や博物館・美術館・大学・学校・地域などの
みなさんが、地域情報資産を活用編集し、知のコモンズ(共有地)を創造する
「共知・共創」の場づくりをするための支援プログラムとして、本プログラム
を継続的に展開する予定です(企画趣旨は「2. WikipediaLIB@信州の目論見」
参照)。

【想定している参加者】
*郷土資料の活用、デジタルアーカイブ化、オープンデータ化、デジタル情報
の活用方策、地域との協働等を考えている図書館員(公共・大学・専門・学校)
*収蔵物や生涯学習活動について上記同様の方策を考えている博物館・美術館・
公民館・ギャラリー等の職員
*アクティブラーニング、探求型学習等のモデル手法を模索している教職員
*オープンガバメントやオープンデータに関心のある行政職員
*地域の人々の情報リテラシー(情報の探索・選択・編集・表現・発信力)を
向上させる役割を担う方
*地域に関するウィキペディア記事を執筆・充実させたい方 等

【プログラム】(予定)
10:00~10:15 オリエンテーション(県立図書館スタッフ)
10:15~10:45 書庫ツアー(県立図書館スタッフ)
10:45~12:00 【講義】ウィキペディアについて理解を深める(※)
12:00~13:00 昼休み
13:00~16:00 【ワークショップ】グループに分かれて資料を探し、
       記事を執筆し、実際にウィキペディアを編集してみる
       (県立図書館スタッフほか)
16:00~16:30 発表・まとめ
(※)講師:Cantabrio Asturio氏(ウィキペディアン)、
   らっこ 海獺氏(ウィキペディアン)ほか

【開催日時・場所】
日時:2017年3月20日(月・祝)10:00~16:30
主催・会場:県立長野図書館(〒380-0928 長野県長野市若里1-1-4)
定員:40名程度
イベント詳細:
*県立長野図書館Webページ「図書館からのお知らせ」
http://www.library.pref.nagano.jp/wikilib_170320
*WikipediaLIB@信州#01(フェイスブックイベントページ)
フェイスブックページ「信州発・これからの図書館フォーラム」イベント
https://www.facebook.com/events/197413184068529/
(参加申込は締め切りましたが、参観希望などについてはご相談ください)

2.WikipediaLIB@信州の目論見

(1)契機

2013年2月に横浜において日本で初めてのウィキペディアタウン[1]が開催さ
れ、その後2015年以降、これを開催する団体・地域が急増しています[2][3]。

長野県においても2015年1月に伊那市立図書館がオーナーとなって市民参画の委
員会形式で継続されてきた高遠ぶらりプロジェクト[4]からのスピンアウト・
プロジェクトとしてWikipediaTOWN Ina Valley[5]が立ち上げられ、これまで
の2年間に10回のウィキペディアタウン(WikipediaTOWN x 高遠ぶらり)が開催
され、また高等学校の授業の一環としてのWikipediaTOWN in Schoolも実施され
てきました。

県立長野図書館も高遠でのウィキペディアタウンや、先日、京都で開催された
ウィキペディアタウンサミット2017京都(OpenGLAM JAPAN主催)[6]に参加し、
地域における知的資源の活用・創成に関する多様な可能性を実感いたしました。

また、昨年来ウィキペディアンのCantabrio Asturio氏らが図書館に関する好記
事を連続して作成したことで[7]、図書館を題材にした調査、表現の可能性を
感じるとともに、ウィキペディアの項目として整備されていない図書館に関す
る事項が多くあることに気付きました。

[1]ウィキペディアタウン(Wikipedia)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%82%AD%E3%83%9A%E3%83…
[2]ウィキペディアタウン(Wikipediaプロジェクト:アウトリーチ/ウィキペ
ディアタウン/アーカイブ)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82…
[3]ウィキペディアタウン(Wikipediaプロジェクト:アウトリーチ/ウィキペ
ディアタウン/開催情報)
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%82…
[4]高遠ぶらりプロジェクト
http://takato-burari.info/
https://www.facebook.com/takatoburari/
[5]WikipediaTOWN Ina Valley
https://www.facebook.com/WikipediaTownINAVally/
[6]ウィキペディアタウンサミット 2017 京都
https://ja.wikipedia.org/wiki/Wikipedia:%E3%82%AA%E3%83%95%E3%83%A9%E3%8…
[7]AyCの日記2016-11-07「2016年に作成された図書館記事」
http://ayc.hatenablog.com/entry/2016/11/07/163629

(2)ウィキペディアタウンが”見える化”する知のプロセス

ウィキペディアタウンでは、まち歩きをして再発見したヒト・モノ・コトを、
参加した人々とコミュニケーションしながら、図書館で調べ、事項記事として
執筆、編集します。そのプロセスは、その場にいる人々すべての知的創造力を
触発するものとなります。

老若男女、さまざまな能力や暮らし方をしている多様な参加者が、リアルなコ
ミュニケーション行為を通じてそれぞれの能力を補い合う「共知・共創」のプ
ロセスがそこにあります。人間の価値創造、共有、継承の本質的な姿が”見え
る化”され実感することができます。

たとえば、普段活用されているとは言いがたい図書館の郷土資料が、たちまち
のうちに山積みにされ、司書に対する活発なレファレンスや蔵書の所在問い合
わせが行き交うさまは、図書館員が夢想する資料活用の姿を遥かに超えるもの
です。かたや図書館で資料調査を経験したことのない多くの人にとっては、全
く新しい情報探訪の世界、探す楽しさと情報リテラシー・エンパワーメントの
機会であり、図書館司書はこれを支援することができます。

たとえば、後継者が減り続けている70代以上の郷土研究者たちは、図書館の書
誌検索だけでは見つけることはむずかしい「○○○○年の△△雑誌の特集に確
か記述があったはずだ」という類の情報の蓄積で周りを驚かせます。そしてそ
の情報が学生やデザイナーの若者の手によりPCで即座にまとめられていくスピ
ードと発信力に彼らもまた感銘するのです。

たとえば、講演に呼ばれた国会図書館や公共図書館のベテラン司書と高校生が
記事や参考文献について対等に議論する姿は、究極の本物の学びの姿をみるよ
うです。

また、事項記事がウェブで公開されるや否や、ネット上の顔の見えないボラン
タリーな編集者(ウィキペディアン)たちが反応して記事が補充され、書き改
められ、整理され、深められていくスピードには誰もが感激し、ウェブでつな
がる顔の見えない誰かが、にわかに共感できる人格として感じられもします。

ウィキペディアタウンの取り組みが生み出すこうした時間や空間のありさまは、
このプログラムを主催する者も参加する者も共通して体感するものと言えそう
です。[8][9][10]

ウィキペディアタウンは、人々が共に知り、共に知的創造を行うプロセスを“
見える化”してくれる場であり時間といえるでしょう。

[8]はじめてのウィキペディアタウンに参加しての感想(平賀)
「★ 共知共創:Wikipedia Town Ina Valley x 高遠ぶらり Day2 その5/5」
https://www.facebook.com/kenya.hiraga/media_set?set=a.786687831409925.10…
[9]カレントアウェアネスNo.324(2015年6月20日)CA1847
「ライブラリアンによるWikipedia Townへの支援」是住久美子(京都府立図書
館)
http://current.ndl.go.jp/ca1847
[10] ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG)628号(2017-02-13)
「ウィキペディアタウンというプロジェクトについて」藤井慶子(東久留米市
立中央図書館 図書館専門員)
http://www.arg.ne.jp/node/8817

(3)ウィキペディアタウンをプログラム化する

前記のように、知的探究と創造の機会にあふれているウィキペディアタウンの
取り組みを、より多くの人々が体験し、日常的な学びや楽しみの機会となった
ならば、どんなに素晴らしいでしょうか。地域社会の人々が自分たちの身近な
地域の情報を探索し、理解・選択、編集して発信する力をエンパワーできたな
らば、と思います。

そのために、ウィキペディア編集の面白さを体験し、これを続けたいと思う個
人や団体、ウィキペディアタウンを企画し実施する図書館などの生涯学習拠点
を増やすことはできないだろうかというのが、県立長野図書館が
「WikipediaLIB@信州」を継続的なプログラムとして展開したいと思う理由のひ
とつです。地域の情報を蓄積している図書館は、ウィキペディアタウンを主催
する主体がだれであれ、このプログラムに最適な舞台といえます。

ところで、現在行われているウィキペディアタウンの取り組みの多くは、日常
的にウィキペディアの記事執筆を行っているウィキペディアンの指導や協力に
よって実現しています。

彼らはまた、普通の利用者(閲覧者)は見ることもない(誰でも見ることはで
きるのですが)ウィキペディア内の「ページ」や各記事の「ノート」で、ウィ
キペディアの「中の人」として、個別の記事の中立性、検証可能性、独自研究
であるか否か等を議論し、百科事典としてのウィキペディアの信頼性向上を追
求しています。

しかし、単なるウィキペディアの利用者に留まることなく、編集者として参画
するウィキペディアンの数は伸び悩んでいるようであり[10][11]、また、
その全ての人がウィキペディアタウン開催の際のファシリテーションや講師を
務めるわけではありません。

各地でのウィキペディアタウンの開催数が急速に増加する中、ごく一握りの、
アウトリーチにも長けたウィキペディアンがその活動を支えているといえるで
しょう。

こうした状況をみると、今後何らかの工夫をしなければ、折角の学びの機会を
広めることは難しいと言わざるを得ません。定期的なプログラムとして開催す
るために講師を招聘する予算すらままならないのが、特に地方の生涯学習拠点
の現状であるということもあります。

経験の浅いウィキペディアンや、場合によっては日常的には積極的な編集者で
はなくとも、ウィキペディアの考え方や仕組みについて一定の知識と技能を持
っていれば、ウィキペディアタウンを企画・運営することができるツールや方
法論を仕込んだ定型のプログラム(ワークショップ)をデザインすることはで
きないでしょうか。

ウィキペディアが確立してきた記事の信頼性を損なわないだけの質的な担保が
求められることはもちろんです。確実な指導やサポートを受けた後で、活動を
持続する段階で役に立つプログラムというようなことも考えられます。

そこで、そうしたプログラム(ワークショップ)のデザインに向けて、少しず
つチャレンジしてみようというのが「WikipediaLIB@信州」でもあります。

ウィキペディアタウンで必要とされる能力は何もウィキペディア編集について
の技術的な知識・技能だけではありません。以下のような能力を皆で補い合い
ながら進めることが必要になります。

*地域の図書館の資料を探す、調べる、評価する
*ウェブ上の情報を探す、調べる、評価する
*記事を書く際に検証可能性、独自研究との峻別等を意識的に行う
*グループで上記のプロセスを進めるコミュニケーション力
*イベントの準備・広報・運営をする企画力
*デジタル情報を扱ったりアーカイブする力 など

すなわち、知識基盤社会において求められる情報リテラシーが必要なのです。

このためにデザインすべきプログラムの要素は以下のようなことが考えられます:
1「まち歩き・資料探索ツアー」
2「百科辞典・オープンデータ・ウィキペディアとは」(総論)
3「ウィキペディアを編集する際の留意点」(総論)
4「ウィキペディアタウンとは」(進め方)
5「ウィキペディアの編集方法」(技術論)
6「グループで記事を書く際の進め方: 項目の選定・調査・記事構成・記述と校
閲を共同作業する際の役割と進め方」(ワークシートやツール・ファシリテー
ションの方法)

[10]ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)531号(2015-04-06)
「ウィキペディアタウン-ウィキペディアを通じてわがまちを知る」小林巌生
http://archives.mag2.com/0000005669/20150406141650000.html
[11]ウィキペディア多言語統計
https://stats.wikimedia.org/JA/TablesWikipediansNew.htm

(4)知のコモンズ(共有地)を整え、「共知・共創」の社会を実現する

県立長野図書館は、“ごく一部の人のためのレファレンスライブラリー
(Library1.0アカデミズムの館)”、“読書の館(Library2.0市民の図書館)
”から「社会に不可欠な情報基盤(Library3.0)」への変革を目指し、昨年来
「信州発・これからの図書館フォーラム」と題した連続の対話と問題提起と学
びの機会を設け、県内の図書館やMLA、大学、学校、そして一般市民のみなさん
と「これからの図書館像」を求めて試行錯誤しようとしています。

長野県の図書館の変革は、これまで培われてきた、自然環境と暮らしに根ざし
た実践的な学び、信州の学びの本質を今の情報社会に照らして新たにする試み
であるとも考えています:
*図書館が情報を用意するだけではなく、それを活用し内発的な学びを愉しむ
ことができる人をはぐくむ機会を地域や学校に提供したい。
*ICT/デジタル情報が加わった今、人の知るプロセスが変わりつつある。共に
知る、共に創ること「共知・共創」がこれからの学びのプロセスにとって重要
な要素である
*デジタル世界での情報基盤(アーカイブなど)とリアルな空間・機会において
このプロセスを構築し、持続的有機的な活動として根付くようサポートしたい
*市町村の公共図書館が地域の情報のハブとして、学びのハブとしてその担い
手になることを期待し、支援したい

こうしたことを通じて、信州の地域の人々の情報リテラシー(情報を探索する、
選択する、理解する、編集する、表現する、発信する)向上を支援し、地域の
人々が内発的に知ることを愉しみ、地域の人々と活き活きと交流しながら明日
の地域社会を豊かに暮らしていく一助となりたいと考えています。

こう考えるとき、ウィキペディアタウンが見せてくれる以下のことは、なにも
ウィキペディアに限ったことではないことに気付きます。

*オープンで二次利用可能な知の基盤である(創造的な個人や社会のインフラ)
*情報リテラシー向上のための要素のすべて(情報の探索・選択・編集・表現・
発信)がちりばめられている
*「共知・共創」のプロセス、個人では到達できない多様な主体がもたらすシ
ナジーが体験できる
*出版物やデジタル情報(本など出版物以外の情報)を扱うトレーニング機会
ともなる

こうした要素は、ことばだけでなく地図やインフォグラフィックスの表現・デ
ザインや、地域メディアの発行や地域アーカイブ・データベースの構築など、
情報を獲得し、編集し、表現し伝え、共有し、再びこれを蓄積して継いで行く
ということの根本なのではないかと思うのです。

[筆者の横顔]
平賀研也(ひらが・けんや)1959年仙台生まれ東京育ち。法務・経営企画マネ
ージャーとして企業に勤務。その間、米国イリノイ州にくらし、経営学を学ぶ。
2002年伊那に移住。公共政策シンクタンクの研究広報誌編集主幹を経て、07年4
月公募により伊那市立伊那図書館長就任(~2015年3月)。2015年4月より現職。
実感ある知の獲得と世界の再発見、情報リテラシー向上に寄り添える地域情報
のハブとしての図書館を目指す。
http://www.facebook.com/kenya.hiraga

Copyright © HIRAGA, Kenya 2017 All Rights Reserved.
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

===================================
 ◆ 各地のプロジェクトから ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

アカデミック・リソース・ガイド株式会社は日本各地で公共・民間施設の計画
・整備に関する事業に携わっています。

現在、関係している事業のうち、情報公開が可能なプロジェクトについて、日
本各地での現状を随時お知らせしていきます。

【気仙沼市】
気仙沼図書館災害復旧事業及び(仮称)気仙沼児童センター整備事業設計業務

気仙沼市本吉図書館の館長である千田基嗣さんが執筆された記事が、Yahoo!ニ
ュースとして掲載されました!これは、日本ジャーナリスト教育センター
(JCEJ)の「東北ローカルジャーナリスト育成プロジェクト」を受講されて書
かれたものです。(野原)

・気仙沼市南町ヴァンガードでコーヒーを(Yahoo!ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170308-00010001-yjnewsv-l04
・東北ローカルジャーナリスト育成(JCEJ)
http://jcej.info/tohoku/
・気仙沼図書館災害復旧事業及び〔仮称〕気仙沼児童センター建設事業につい
て[PDF](気仙沼市)
http://www.kesennuma.miyagi.jp/sec/s048/010/010/020/2702/kennsetuzigyou.pdf

【富谷市】
富谷市次世代型図書館づくりに向けた市民参加ワークショップ事業

完了届、納品書、報告書など一式を富谷市役所に送りました。納品が終わりほ
っとした半面、寂しい気持ちになります。またぜひお手伝いさせていただきた
いという気持ちでいっぱいです。(鎌倉)

・ワークショップの写真が見られます(富谷市Facebookページ)
https://www.facebook.com/tomiya.seikatu/

【名取市】
新名取市図書館施設整備事業

今年も3.11を迎えました。震災支援を通して名取市図書館とご縁ができ、2012
年にオープンした「どんぐり子ども図書室」、2013年にオープンした「どんぐ
り・アンみんなの図書室」の開館支援に関わってきました。その経緯から現在
は新図書館の建設アドバイザーを拝命しています。関わるようになった経緯を
常に心にとどめながら仕事に向き合っていきます。(岡本)

・名取市図書館-新図書館関連(名取市)
http://www.city.natori.miyagi.jp/tosyokan/sintosyokan/

【須賀川市】
須賀川市市民交流センター管理運営等支援業務

新しい図書館では、従来の日本十進分類法(NDC)を拡張し、これまで図書館に
あまり馴染みがなかった方にも関心を持ってもらえるような独自分類を構築し
ています。須賀川ならではの分類を表記し、利用者にもスタッフにもわかりや
すく、なおかつセンター全体のサインデザインと連動する請求記号ラベルが誕
生しました!(野原)

・声のパレット~(仮称)須賀川市市民交流センターのプレサイト~
http://sukagawaodeko.jp/

【境港市】
境港市民交流センター(仮称)新築工事基本設計業務

境港市は「ゲゲゲの鬼太郎」の生みの親・水木しげるさんの故郷です。水木さ
んの東京の住まいであった調布市にも水木さんのコレクションの棚があります。
将来の境港市の蔵書計画を考えるために、調布市中央図書館に行ってまいりま
した!本はもちろん、鬼太郎のブックトラックがあったりと展示コーナーは妖
怪たちで賑やかでした。「境港市とも一緒に何かできたら」と調布のみなさん
が一言。図書館同士が連携しながら盛り上げていきたいですね。(鎌倉)

・調布市立図書館
https://www.lib.city.chofu.tokyo.jp/
・境港市民交流センター(仮称)整備について(境港市)
http://www.city.sakaiminato.lg.jp/index.php?view=107362

【西ノ島】
西ノ島町コミュニティ図書館基本計画・基本設計・実施設計業務

西ノ島町の皆さんと図書館についてゆるーくお話しする縁側カフェを開催しま
す。これからできる図書館の大縁側を使うイメージを、いまの段階から持って
いただけるように、これから月一回のペースで開催していきます!ワークショ
ップとはまた少し違って、膝を突き合わせてお話しできることがいまから楽し
みです。(下吹越)

・縁側カフェのお知らせ(隠岐・西ノ島いいね!)
https://www.facebook.com/oki.nishinoshima/photos/1365904940119028/

【別府市】
別府市図書館・美術館整備基本構想策定等業務

今年度最後の会議のために別府市を訪れています。市役所近くの珈琲店で社長
を除く3人がパソコンを開き、毎度のごとく喫茶店のテーブルをARG支社化して
しまっています。この喫茶店もそうですが、別府市には魅力的な珈琲店がたく
さんあります。会議やワークショップの間をぬってさまざまなカフェを利用し
ていますが、老舗の純喫茶やジャズ喫茶からサードウェーブ系のコーヒースタ
ンドまで多様な珈琲店があり、それらを巡るのも別府出張の楽しみの1つとなっ
ています。みなさんも別府市を訪れた際には温泉だけでなく珈琲店もぜひお楽
しみくださいー。(李)

・別府市図書館・美術館整備基本構想策定への取り組み(別府市)
https://www.city.beppu.oita.jp/sisei/kakusyukeikaku/library_museum.html
・図書館・美術館整備基本構想(別府市役所 生涯学習課)Faecbookページ
https://www.facebook.com/library.museum.city.beppu.oita/

なお、上記以外にもこれまで計画・整備に関わった施設のアフターケアや、こ
れから計画・整備を予定している自治体等のご相談に対応しています。ご関心
のある方は、下記までお気軽にご連絡ください。

info@arg-corp.jp

また、主に図書館についての私たちの考えは下記サイトをご覧ください。

http://arg-corp.jp/

===================================
 ◆ PR ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

      「新共著『未来の図書館、はじめませんか』発売中」

            岡本真、森旭彦著
     『未来の図書館、はじめませんか』(青弓社、2014年)
    http://www.seikyusha.co.jp/wp/books/isbn978-4-7872-0053-2
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200534/arg-22/

目次
まえがき-図書館は知の番人だ

第1章 図面から生まれる図書館は正しいのか
 1 市民に盲目な、「図面から生まれる図書館」
 2 図書館デザインの行方
 3 消えた“図書館職人”の時代
 4 図面から生まれる“効率図書館”の実情
 5 出来合いの公共施設には、“しなやかさ”が宿らない
 6 市民から生まれる図書館
 7 信じることからはじめよう、市民のちから
 8 本当の、市民の声の聞き方

第2章 図書館の“周辺”にある、進化のチャンス
 1 ゲーム機がある図書館
 2 メディア利用から見る「静かな図書館」
 3 市民利用に見る騒がしい「シェアオフィス」のニーズ
 4 図書館ウェブサイトは本当に公共性があるのか
 5 日本の公共空間の捉え方

第3章 図書館の原風景を見つめる
 1 ひとつとして同じ図書館はない
 2 多様な歴史から生まれた図書館の原風景
 3 輸入された原風景「無料図書館」
 4 二冊目の『市民の図書館』を探して

第4章 「足で見る」図書館
 1 いろいろな図書館を知ることが“ライブラリーリテラシー”を上げる
 2 質は量から生まれる
 3 すべてがすばらしい図書館なんて存在しない
 4 「アポなし訪問」の壁と図書館の閉鎖性

第5章 「まち」から生まれる図書館、図書館から生まれる「まち」
 1 「まち」から生まれる図書館
 2 都市総合計画は、図書館のあり方を考えるうえでの必須資料
 3 土地を知り、まちを立体的に理解する
 4 まちの課題はフィールドワークでしか見えてこない
 5 図書館から生まれる「まち」

第6章 さあ、図書館をつくろう
 1 新設だけが「図書館づくり」ではない
 2 ビジョンがない「基本構想」への違和感
 3 図書館のためのビジョン・メイキング
 4 フィールドワークを経たうえで基本構想をまとめる
 5 基本構想は未来から見た未来を、いまからつくること
 6 図書館を形に-「基本計画」「整備計画」
 7 ハード面とソフト面は切り分けて外注すべき

第7章 「発信型図書館」のためのアイデアのつくり方
 1 ワークショップの罠
 2 図書館で見つけるアイデア「百連発」
 3 アイデア+マラソン=「アイデアソン」
 4 書くブレインストーミング「ブレインライティング」
 5 「聞きたいこと」と「発表したいこと」を最大にする会議
   「アンカンファレンス」そして「ライブラリーキャンプ」
 6 図書館を発信-「メディアリレーションとロビイング」
 7 見せるから伝わる-「アドボカシー」
 8 自分の“財布”をもつ強み「ファンドレイジング」

第8章 図書館の拡張
 1 「図書館で起業」は可能か?-「産業支援」
 2 図書館の役割は知の総合コンサルタント-「議会支援」と「行政支援」
 3 図書館のサードプレイス、どう生かす?-「市民活動支援」と「市民協働」
   のあり方
 4 魅力再発見は図書館の「観光支援」で
 5 新しいことが起こり続ける「デジタルアーカイブ」
 6 図書館は「オープンデータ」の守護神になるのか?
 7 「MOOC」で学習の地域間格差を、ゼロに

図書館をつくるための本棚

図書館系業務実績一覧

あとがき

===================================
 ◆ イベントカレンダー ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

<凡例>
◆編集者独断によるオススメ
◇通常掲載

◇2017-03-13(Mon):
情報科学技術協会 INFOSTA「インフォプロのための著作権セミナー」
東京会場
(於・東京都/連合会館)
http://www.infosta.or.jp/seminars/semi20170303/

◇2017-03-13(Mon)~2017-03-17(Fri):
言語処理学会 第23回年次大会 NLP2017
(於・茨城県/筑波大学 筑波キャンパス 春日エリア)
http://www.anlp.jp/nlp2017/

◇2017-03-15(Wed):
JEPA30周年記念講演(著作権委員会)
『Google Books裁判の総括と日本のナショナルアーカイブ戦略』
(於・東京都/森・濱田松本法律事務所 丸の内パークビルディング)
http://kokucheese.com/event/index/448743/

◇2017-03-25(Sat):
シンポジウム「にいがたMALUI連携」による地域・統合型データベースの可能性
(於・新潟県/新潟県立図書館)
http://www.human.niigata-u.ac.jp/ciap/

◇2017-04-15(Sat):
デジタルアーカイブ学会設立総会
(於・東京都/東京大学 本郷キャンパス)
http://dnp-da.jp/events-and-news/

これ以前のバックナンバーやご登録はこちらからどうぞ。
http://archive.mag2.com/0001260410/

===================================
 ◆ 活動の予定と報告 ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

<凡例>
◆新規、もしくは更新あり
◇既掲載、変更なし

◆2017-03-23(Thu):
和光市図書館市民図書館講座
「これからの図書館の在り方-和光市から考える未来の図書館」
(於・埼玉県/和光市図書館)
http://www.wakolib.jp/index.php?action=pages_view_main&active_action=jou…

◆2017-03-25(Sat):
シンポジウム「にいがたMALUI連携」による地域・統合型データベースの可能性
「これからのデジタルアーカイブに向けて より広範な文化資源とその活かし方」
(岡本真)
(於・新潟県/新潟県立図書館)
http://www.human.niigata-u.ac.jp/ciap/

講義・講演のご依頼をお考えの方、お気軽にご相談ください。

弊社の場合、1)早い者勝ち、2)地方優先だけがルールです。

なお、弊社代表の岡本真は総務省の委嘱を受け、地域情報化アドバイザーを
務めています。
http://www.applic.or.jp/prom/chiiki_adviser/
本制度の利用を申請する場合、申請元に経済的負担がかかりません。
ご活用ください。
なお、今年度はすでに7自治体からのご依頼を受けており、本業との兼ね合い上、
私自身へのご依頼は原則的に終了としました。
※本事業の枠外でのご相談は随時対応しますので、ご連絡ください。

[参考]基本プロフィール
     http://arg-corp.jp/employees/makoto-okamoto/

法人としての活動は、

http://arg-corp.jp/
https://www.facebook.com/ARGjp

をご参照ください。業務発注、歓迎です。各種ご相談に対応いたします。

◇最近の主要業務:
 1.公共施設・商業施設の新設・リニューアル・運営等の計画策定支援
 2.ウェブ技術を中心とした産官学連携のコーディネート
 3.共同オフィス・シェアハウス等のコミュニティー空間の創造
 4.ウェブコンサルティングや専門的調査の実施代行
 5.ワークショップ等によるアイデア発想・知識創造の支援

また、当面の間、

             岡本真、森旭彦著
     『未来の図書館、はじめませんか』(青弓社、2014年)
    http://www.seikyusha.co.jp/wp/books/isbn978-4-7872-0053-2
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200534/arg-22/

の販促にかなう限りは、講演謝金不要で講演依頼を受け付けます。お気軽にご
相談ください。

~<弊社編集誌>~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    ~図書館の未来がわかる、新しいライブラリーマガジン~
      ライブラリー・リソース・ガイド(編集・発行:ARG)
       http://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/
          https://www.facebook.com/LRGjp
           https://twitter.com/LRGjp

   ~曲がり角を迎えている図書館における今後の学習環境を考える~    ラーコモラボ通信(編集・発行:ラーニングコモンズラボラトリ)
        http://archive.mag2.com/0001260410/

       ~デジタルヒューマニティーズのいまを探る~
      人文情報学月報(編集:人文情報学研究所&ARG)
        http://archive.mag2.com/0001316391/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~<弊社編集誌>~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 配信の解除・送信先の変更は、
           http://www.arg.ne.jp/registration
                          でお願いします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~<ご協力ください>~~

===================================
 ◆ 編集日誌 ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

◆2017-03-06(Mon): 一回帰京し会議2本

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/8842

朝に京都を出て東京と横浜でそれぞれ大事な会議を一本ずつ。

いずれも楽しみな展開になりそうですし、そうしていきます。

明日からまた出張です。次は10泊11日という日ごろから出張漬けの私としても
長期ロードです。

◆2017-03-07(Tue): 「京丹波町に図書館できたらいいな-これからの時代の
         「まち」の図書館づくりを考えよう」で講演

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/8843

本日から10泊11日の出張です。京都、高山、富山、福井、小浜、京都、福智、
別府、西ノ島とまわります。

初日は京都府の京丹波町で開催された

・京丹波町に図書館できたらいいな-これからの時代の「まち」の図書館づく
りを考えよう
https://www.facebook.com/events/376030489419670/

にお招きいただき、「未来の図書館、はじめませんか?-図書館がないまちで
図書館をはじめる」と題して講演しました。

京丹波町にはまだ図書館がありません。その状況に対して「陳情・嘆願・悲嘆
型民主主義からの卒業」を意識しながら、市民もまなびながら、行政と連携し
て「公民連携」を実現できるはずだという趣旨で話してみました。

今日の一石が将来の京丹波町の図書館につながればと思います。

明日は高山に行くので岐阜まで移動し一泊。

◆2017-03-08(Wed): DEIM2017にて日本データベース学会若手功績賞を受賞

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/8844

朝に岐阜を出て高山市で開催されている

・第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2017)
http://db-event.jpn.org/deim2017/

に参加しました。とはいっても研究発表のプログラムはほとんど終了していた
のですが、最後のプログラムである「DBSJアワー」で日本データベース学会若
手功績賞を授与していただきました。

・日本データベース学会若手功績賞
http://dbsj.org/overview/award/#award_03

アカデミシャンではない私が受賞するのはなんとも申し訳ないようにも思うの
ですが、DB/Webの業界でのアカデミアとビジネスをつなぐ産学連携の取り組み
全体が評価されたと思えばうれしいことは確かです。ご推薦くださった方々に
心から感謝申し上げます。

また、まったく専門外の私をこの世界に導いてくださった諸先生方、特に今年
度で京都大学を退任される田中克己先生には心から感謝申し上げます。

学会終了後は、

・飛騨市図書館
http://hida-lib.jp/
・Flickr – 飛騨市図書館
https://www.flickr.com/photos/argeditor/sets/72157681219083935/

を見学し、そこから富山へ。同行の研究者を

・Flickr – TOYAMAキラリ
https://www.flickr.com/photos/argeditor/sets/72157677809837293/
・富山市立図書館
https://www.library.toyama.toyama.jp/
・富山市ガラス美術館
http://toyama-glass-art-museum.jp/

にご案内し、夜は富山で一献。

◆2017-03-09(Thu): 福井へ

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/8845

打ち合わせで富山から福井へ移動しました。打ち合わせは上々の首尾で終わり、
せっかく来たので、まず、

・福井市立図書館
http://www.city.fukui.lg.jp/kyoiku/library/guide/p016230.html
・Flickr-福井市立図書館
https://www.flickr.com/photos/argeditor/sets/72157679562434400/
・福井市立桜木図書館
http://www.city.fukui.lg.jp/kyoiku/library/guide/sakuragi_l.html
・Flickr-福井市立桜木図書館
https://www.flickr.com/photos/argeditor/sets/72157681234024015/

を久しぶりに訪ねました。いずれも何年か前に訪ねていますが、機会があれば
繰り返し同じ施設であっても訪問しています。図書館は常に変化・進化してい
ますから。

その後、本日の宿泊地である小浜市に移動し、まだ閉館まで余裕があったので、

・小浜市立図書館
http://www1.city.obama.fukui.jp/obm/tosyokan/
・Flickr – 小浜市立図書館
https://www.flickr.com/photos/argeditor/sets/72157677737140094/

も見学しました。福井県内の図書館はまだまだ回れていないので、今後も機会
をつくって訪ね歩いていきます。

◆2017-03-10(Fri): 田中克己先生の最終講義へ

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/8846

・福井県立若狭図書学習センター
http://www.library-archives.pref.fukui.jp/?page_id=161
・Flickr – 福井県立若狭図書学習センター
https://www.flickr.com/photos/argeditor/sets/72157679334712681/

を見学してから舞鶴経由で京都へ。

・京都大学-田中克己先生 最終講義のご案内
http://www.dl.kuis.kyoto-u.ac.jp/last-lecture/

に参加しました。

・田中克己教授
http://www.dl.kuis.kyoto-u.ac.jp/~tanaka/index_j.html

私はヤフー在職中からその後の起業してからの数年まで、京都大学大学院情報
学研究科田中研究室の非常勤研究員を務めていました。田中先生との出会いは、
2004年度に開催された総務省デジタル資産活用戦略会議ウェブ情報利活用ワー
キンググループです。以来12年以上にわたってお世話になってきました。

田中先生、本当に長年、ありがとうございました。そして、引き続きよろしく
お願いします。

◆2017-03-11(Sat): 福智へ

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/8847

引き続き出張中です。

今日は伊丹から福岡に飛び、福智町へ。月末に開催する

・図書館総合展2017 フォーラム in 福智町
https://www.libraryfair.jp/news/5517

の最後の事前打ち合わせです。

その後は別府市へ移動。明後日に新図書館・美術館に向けた年度内最後の委員
会があります。この移動中に3.11のその時間を迎えました。

できることをできる限り続けていきます。

◆2017-03-12(Sun): 大分県内の公共図書館をほぼ踏破

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/8848

別府で後発組と合流し、

・豊後大野市図書館
http://www.bungo-ohno.jp/categories/shisetsu/tosyokan/
・Flickr – 豊後大野市図書館
https://www.flickr.com/photos/argeditor/sets/72157677838147874/
・豊後大野市歴史民俗資料館
http://www.bungo-ohno.jp/categories/shisetsu/shiryoukan/
・Flickr – 豊後大野市歴史民俗資料館
https://www.flickr.com/photos/argeditor/sets/72157679397588671/
・Flickr – 新竹田市立図書館(建設中)
https://www.flickr.com/photos/argeditor/sets/72157681220333696/

を見て回りました。私自身はこれで大分県内の公共図書館をほぼ踏破です。

             岡本真:ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)編集長

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)[ARG-632]2017年03月13日(週刊)
【発行者】アカデミック・リソース・ガイド株式会社
【編集者】岡本 真:ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)編集部
【発行地】〒231-0012 横浜市中区相生町3-61泰生ビル さくらWORKS<関内>408
ISSN 】1881-381X
【E-Mail】info [&] arg-corp.jp [&] を@に置き換えてください。
【サイト】http://www.arg.ne.jp/ (メルマガ)
     http://arg-corp.jp/(コーポレート)
【Facebook】https://www.facebook.com/arg.ne.jp/(メルマガ)
      https://www.facebook.com/ARGjp/(コーポレート)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本誌掲載記事の取り扱いは、著作権法に則って行ってください。本誌の許可を
得ていない記事の転載は違法です。引用は著作権法の範囲内で。記事を情報源
として二次的に利用する際には、情報源としての本誌の存在を明記してくださ
るようお願いします。悪質な例に対しては、法的手段を含め相応の対応をしま
す。なおメーリングリストなど、複数による閲覧が可能なアドレスでの登録は
ご遠慮ください。

Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

メールマガジンの配信登録(無料)をしていただくと、定期的にまとめて記事がお手許に届きます。
下の空欄にメールアドレスを入力し、右の[配信登録(無料)]を押してください。

メールアドレス: