2018-03-11(Sun): 3月の取締役会と全大会、そして事業者の矜持としての説明責任

恒例の会議2本。今日も長い一日でした。取締役会では重要な議決を数本。このへんの詳細は4月以降に発表します。

今日の議論の一コマから考えたことを一つ紹介しておきましょう。

このACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)の編集日誌や各プロジェクト報告の意味の一つは、アカデミック・リソース・ガイド株式会社という法人がどのような契約関係に基づいて仕事をしているかを明らかにすることだと思っています。

民間案件はともかく、弊社のような立場で公共事業に関わるうえでは、どこからお金が出ているのか、そこを明示することは欠かせないと考えています。逆にときとして、この関係性を明示しない・あるいはできない他の事業者を見かけます。同業者ですから、そこで働いている「からくり」は容易に察しがつくのですが、決して好ましいことではなく、法的には黒でなくとも、事業者倫理としては許されないことです。

そんなことを考えた一日でもありました。いずれにせよ、私たちはこれまでもそうでしたし、これからも公的な事業に関わるに際して、自分たちはなぜそこにいるのか、経済的な背景も含めて明確な説明責任を果たしていきたいと思います。

★アカデミック・リソース・ガイド株式会社の新たなコーポレートサイト誕生★
-私たちが考える未来の図書館とは?“OUR LIFE LIBRARY“を体感しよう
http://arg-corp.jp/

★-図書館の未来がわかる、新しいライブラリーマガジン!
・[総特集]「図書館のデザイン、公共のデザイン」(李明喜)
 ・「本のデザインと図書館のデザイン」(佐藤直樹(Asyl)✕原田祐馬(UMA / design farm))
 ・「図書館建築における新しいデザイン」(古谷誠章(NASCA)✕柳澤潤(CONTEMPORARIES))
 ・「図書館法のリーガルデザイン」(水野祐)

・[司書名鑑]宮澤優子(飯田市立川路小学校・三穂小学校 司書)

・[連載]「かたつむりは電子図書館の夢をみるか LRG編
      -あなたはどのタイプ?図書館利用者の7つの類型」(佐藤翔)
・[連載]「猪谷千香の図書館エスノグラフィ
      -九州南端の町・指宿市に 市民の夢を乗せて走る移動図書館車
                    「ブックカフェ」」(猪谷千香)
・[連載]「島ではじめる未来の図書館-西ノ島・新図書館建設プロジェクト
       -なぜ、いま西ノ島に図書館を?」(田中輝美)

-販売ページ: http://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/
-公式Facebook: https://www.facebook.com/LRGjp

1490955_p