2018-04-17(Tue): 日芸で「図書館・書店・文化施設企画プロデュース演習」の非常勤講師

数年ぶりの通期の非常勤講師を拝命しました。この5年ほどは大学での講義は単発のもののみに限り、通期での非常勤講師委嘱はお断りしていたのですが、今回は内容が非常に刺激的であったのです。

ということで、本日はその初回で、日本大学芸術学部文芸学科の「文芸特殊講義VII-図書館・書店・文化施設企画プロデュース演習」で講師を務めました。

この講義は主担当である小野永貴さんが構想を進めてきたもので、小野さんと私、そしてnumabooksの内沼晋太郎さんの3名で分担しています。

・numabooks
http://numabooks.com/

「図書館・書店・文化施設企画プロデュース演習」とあるように、実際にプロデュースする演習です。秋口に開催される

・第20回図書館総合展
https://www.libraryfair.jp/

に実際に出展することまでを視野に入れています。ご期待ください。

なお、コーポレートサイトに記事を出していますが、2018年度は私を含め3名のスタッフが各大学で非常勤講師を拝命しています。諸先輩方があればこそ自分たちがあるわけで、このような「恩送り」にも可能な限り取り組んでいきます。

・「2018年度、4大学で非常勤講師として講義を担当」
http://arg-corp.jp/2018/04/20/university-2/

★アカデミック・リソース・ガイド株式会社の新たなコーポレートサイト誕生★
-私たちが考える未来の図書館とは?“OUR LIFE LIBRARY“を体感しよう
http://arg-corp.jp/

1281695255_p

★-図書館の未来がわかる、新しいライブラリーマガジン!

[特集]「図書館とコミュニティ」
 ・はじめに「これからの図書館を、未来から構想するために」(平賀研也)
 ・特別収録 長野県図書館大会第一分科会「公共図書館の可能性~図書館を通した公共圏・コミュニティづくり~」(鈴木均×嶋田学×手塚美希×平賀研也)
 ・往復書簡「図書館の中の物語」(嶋田学)、「私たちの図書館とものがたり」(鈴木均)
 ・おわりに「図書館とコミュニティを再度問う」(鈴木均)

・[特別寄稿]「未来の図書館、はじめませんか?基礎実践編β」【後編】(岡本真)

・[司書名鑑]岡部晋典(博士(図書館情報学))

・[連載]音声データぶん取り合戦「主役が大きく交代したCESに見るIoT時代のこれから」(伊東大貴)

・[連載]「かたつむりは電子図書館の夢をみるか LRG編-「条例Webアーカイブデータベースを使って「図書館」について調べてみよう」」(佐藤翔)

・[連載]「島ではじめる未来の図書館-西ノ島・新図書館建設プロジェクト-「コレクションづくり」」(田中輝美)

-販売ページ: https://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/
-公式Facebook: https://www.facebook.com/LRGjp