692号(2018-05-07、4298部)

ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG)の692号(2018-05-07、4298部)を発行しました。

主な記事は、

○お知らせ
-「ウェブサイエンス研究会オープンセミナーvol.6、開催のお知らせ」
-「図書館総合展2018フォーラム in 津山にブース出展、図書館づくり・まちづくり相談会の残席僅少」

○連載「鎌倉幸子の公共コミュニケーションから考える図書館とアドボカシー」第14回「オープンガバメントは日本ではまだ受け入れられないのか」(鎌倉幸子)

○お知らせ
 -ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)第22号の発売開始
 -離島経済新聞「ritokei」を図書館に設置しませんか?
 -『未来の図書館、はじめませんか?』実践基礎編β初稿公開中(書籍化に向けてのご意見歓迎)

○【毎週更新!】各地のプロジェクトから

○イベントカレンダー

○「マガジン航」から
 -「出版業界はブロッキング問題で岐路に立っている」(仲俣暁生)

○活動の予定と報告

○編集日誌
 -提案書作成からの恒例GW飲み会
 -絶望も諦観もせずに提案をまとめる
 -ひと段落すれば次が始まる
                              など、7日分

○奥付

http://archives.mag2.com/0000005669/20180507080000000.html

1998-07-11創刊(創刊20周年イヤー)           ISSN 1881-381X
-----------------------------------
      ◆◇◆ ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG) ◆◇◆
-----------------------------------
         Science, Internet, Computer and …

       2018-05-07発行   ‡No.692‡   4298部発行

   -ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)第22号好評発売中-

 “Ask not what the net can do for you
                 -ask what you can do for the net.”

-----------------------------------  ◇ 目次 ◇
-----------------------------------

○お知らせ
-「ウェブサイエンス研究会オープンセミナーvol.6、開催のお知らせ」
-「図書館総合展2018フォーラム in 津山にブース出展、図書館づくり・まちづくり相談会の残席僅少」

○連載「鎌倉幸子の公共コミュニケーションから考える図書館とアドボカシー」第14回「オープンガバメントは日本ではまだ受け入れられないのか」(鎌倉幸子)

○お知らせ
 -ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)第22号の発売開始
 -離島経済新聞「ritokei」を図書館に設置しませんか?
 -『未来の図書館、はじめませんか?』実践基礎編β初稿公開中(書籍化に向けてのご意見歓迎)

○【毎週更新!】各地のプロジェクトから

○イベントカレンダー

○「マガジン航」から
 -「出版業界はブロッキング問題で岐路に立っている」(仲俣暁生)

○活動の予定と報告

○編集日誌
 -提案書作成からの恒例GW飲み会
 -絶望も諦観もせずに提案をまとめる
 -ひと段落すれば次が始まる
                              など、7日分

○奥付

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

        本誌編集長・岡本真の代表的著書(現時点)

         『未来の図書館、はじめませんか。』
           (青弓社、2014年、2160円)

   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200534/arg-22/

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

===================================
 ◆ お知らせ ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

 「ウェブサイエンス研究会オープンセミナーvol.6、開催のお知らせ」

2018年6月26日(土)に、Sansan株式会社さま< https://jp.corp-sansan.com/ >のオフィスをお借りし、ウェブサイエンス研究会のオープンセミナーvol.6を開催いたします。今回のセミナーテーマは「ウェブサイエンスがこの10年に進化させた理論と哲学」です。

▽開催概要
・日程:5月26日(土)
・時間:13:00~17:30(予定)※懇親会あり
・場所:Sansan株式会社 表参道本社
(〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル 13F)

▽登壇者
・加藤茂博 氏(株式会社リクルートキャリア)
・高口太朗 氏(LINE株式会社)
・池上高志 氏(東京大学/研究会顧問)
・岡瑞起 氏(筑波大学/研究会主査)

▽参加申し込みフォーム
https://goo.gl/forms/BoKPrIKciCYrs1S13

▽会費
・参加費
一般:3000円
学生:無料
・懇親会費
一般orご招待:1000円
学生:500円

セミナー後半では、ご登壇者のみなさまにトークディスカッションにて、熱い議論を繰り広げていただく予定です。ぜひ多くのみなさまのご来場をお待ちしております。

「図書館総合展2018フォーラム in 津山にブース出展、図書館づくり・まちづくり相談会の残席僅少」

アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG)は、2018年5月19日(土)に開催される「図書館総合展2018フォーラム in 津山」にブース出展します。

ブースでは、

・ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)第22号
https://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/next/

をはじめ、バックナンバーの販売を行います。また恒例の「図書館づくり・まちづくり相談会」も開催します。相談会については事前予約を優先します。「図書館づくり・まちづくり」の案件をお持ちの自治体関係者や大学関係者、企業関係者の方々、お気軽にお申込みください。なお、本相談会は無償で実施します。すでに残席僅少となっていますので、お早めにお申し込みください。

       <図書館づくり・まちづくり相談会の予約>

以下の候補時間帯からご希望のものを選び、下記項目をお書き添えのうえ、 info@arg-corp.jp までお申し込みください。調整のうえ、追って返信いたします。

・お名前/お肩書
・相談内容(2~3行で構いませんが、詳しく書いていただくと当方も相応の準備をして臨めます)
・ご希望時間帯:
 ・14:45~15:15(30分)
 ・16:05~16:35(30分)
 ・上記以外のご希望の時間帯

なお、当日は岡本真、鎌倉幸子、宮田和樹の3名が会場にまいります。

・図書館総合展2018フォーラム in 津山
https://www.libraryfair.jp/news/6705

===================================
 ◆ 連載 ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

 「鎌倉幸子の公共コミュニケーションから考える図書館とアドボカシー」

          鎌倉幸子(アカデミック・リソース・ガイド株式会社)

  第14回「オープンガバメントは日本ではまだ受け入れられないのか」

オープンガバメントについて、本メルマガでアメリカの事例を紹介していますが、もしかしたら「これはアメリカの事例だから日本ではまだ受け入れる土壌がないのでは」と思う方もいらっしゃるかもしれません。日本では、オープンガバメントの原則にあるTransparency(透明性)、Participation(参画)、Collaboration(協働)がどこまで理解し、受け入れられるのでしょうか。

そんなことを思いつつ、これは自分たちが考える理念だと思い、今年度から自治体のプロポーザルで業務の大元の原点として提案してみることにしました。早速、この4月に行われた某プロポーザルの企画提案書にオープンガバメントを前提とした業務遂行を提案してみました。

地方自治に置いて、住民の参画や協働の重要性は疑いようのないことだと思います。参画や協働を促進するためにも、市民が事業をきちんと理解する必要があります。そのためにも関連する情報の開示(透明性の確保)は必要な事柄です。情報を開示した後、どのように市民に図書館の整備のプロセスに参画や協働してもらうか企画・提案しました。

審査会でも、オープンガバメントの視点については、きちんと時間を取って説明をさせていただきました。審査会中、委員のみなさまの反応を拝見していましたが「悪くないかも」というのが私の印象でした。

結果、弊社の提案が採用となりました。人生100年時代の少子高齢化等、いままで経験したことのない社会に突入する日本において、役所だけで行政を行うのではなく市民の参画・協働なくしてのまちの未来はつくれないと真剣に考えている自治体が増えてきていると感じます。これからも、オープンガバメントについてしっかりと提案していきたいと思います。

いま、契約締結の手続きを進めており、今月から業務開始になる予定です。どの自治体の案件かは契約締結後にタイミグを見て公開する予定しますので、お待ちください。

===================================
 ◆ お知らせ ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

   【ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)第22号の発売開始】

LRGの最新号第22号は3月29日(木)に発売されました。

今回は、特集「図書館とコミュニティ」をお届けします。第21号に掲載した次号予告とは内容を変更しています。

[目次]

◆巻頭言「図書館とコミュニティ」という普遍的で永続的な問い[岡本真]

◆特集「図書館とコミュニティ」
◇はじめに 「これからの図書館を、未来から構想するために」[平賀研也]
◇特別収録 長野県図書館大会第一分科会「公共図書館の可能性~図書館を通した公共圏・コミュニティづくり~」
 [鈴木均×嶋田学×手塚美希×平賀研也]
◇往復書簡「図書館の中の物語」[嶋田学]
     「私たちの図書館とものがたり」[鈴木均]
◇おわりに「図書館とコミュニティを再度問う」[鈴木均]

◆特別寄稿 未来の図書館、はじめませんか?実践基礎編β【後編】[岡本真]

◆連載 音声データぶん取り合戦「主役が大きく交代したCESに見るIoT時代のこれから」[伊東大貴]

◆司書名鑑 第17回 岡部晋典(博士(図書館情報学))

◆連載 島ではじめる未来の図書館~西ノ島・新図書館建設プロジェクト~ 第4回「コレクションづくり」[田中輝美]

◆連載 かたつむりは電子図書館の夢をみるか LRG編
第5回「条例Webアーカイブデータベースを使って「図書館」について調べてみよう」[佐藤翔]

アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG) 業務実績 定期報告
スタッフボイス
次号予告

▽Fujisanマガジンサービス
https://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/next/

▽書店経由の機関購読も可能です。まずはメールにてお問い合わせください。
担当:LRG編集部 ふじた lrg@arg-corp.jp

▽第21号も好評発売中です!
◆特集 メディアとしての図書館[野原海明]
◆特別寄稿 未来の図書館、はじめませんか?基礎実践編β【前編】[岡本真]
◆連載 政策提案型議員から見た図書館[伊東大貴]
◆司書名鑑 第16回 手塚美希(岩手県 紫波町図書館 主任司書)
◆連載 島ではじめる未来の図書館~西ノ島・新図書館建設プロジェクト~ 第3回 前例なきコミュニティ図書館のデザイン[田中輝美]
◆連載 かたつむりは電子図書館の夢をみるか LRG編 第4回 インスタ映えする図書館を求めて[佐藤翔]

    【離島経済新聞「ritokei」を図書館に設置しませんか?】

弊社でも愛読している離島経済新聞「ritokei」のタブロイド版をあなたの図書館でも置いてみませんか?

・離島経済新聞「ritokei」
http://ritokei.com/

仲良くさせていただいているリトケイさんからのご依頼での案内です。「ritokei」のタブロイド版には全国の公式設置ポイントがあり、そこで閲覧や頒布が可能です。

・全国の公式設置ポイント一覧
http://ritokei.com/kikanritokei/location

を見ていると、離島の図書館や離島を持つ自治体の図書館が結構、設置ポイントになっています。設置ポイントとなる条件は、

1.設置場所は、役場、公共施設、商店、飲食店、港等の待合室など一般の方が立ち寄れる場所であること、また、タブロイド紙が劣化しないよう雨風を避ける場所であること
2.「公式設置ポイント」として離島経済新聞社のウェブサイトで[設置先の名称・URL]、『ritokei』で[設置先の名称]の掲載が可能なこと

の2点です。公共図書館には最適な条件!そして、7部までは配送無料です。さらにそもそも本体は無料です。この波、乗るしかない!

ということで、申込書類を下記に置いてありますので、さあ、いますぐ動くんだ!

ちなみにこっちからも申し込めます。

・公式設置ポイントお申し込みフォーム
https://goo.gl/forms/BtBRh02v76JJdL3k2

あと、最新号には記事広告という形ではありますが、私と田中輝美さんへのインタビューをまとめた記事が載っています。タイトルは「『知』と『人』と『地域』が出会う図書館のある島へ」。

拡散大歓迎です。

    【『未来の図書館、はじめませんか?』実践基礎編β初稿公開】

岡本真が執筆を執筆している『未来の図書館、はじめませんか?』実践基礎編βの初稿前編後編が同論考専用のFacebookグループで公開されています。

・『未来の図書館、はじめませんか?』実践基礎編β最初の読者有志グループ
https://www.facebook.com/groups/276183889578325/

初稿をお読みいただけます。なお、前編は上記のライブラリー・リソース・ガイド(LRG)第21号に、後編は第22号に掲載済みです。今後の書籍化に向けてのご意見を募集中です。

この論考の最初の読者の一人となる読者を募集しています。ご希望の方は上記のFacebookグループに参加申請してください。

なお、参加可否は筆者である岡本真の判断にゆだねていただきます(条件は適宜改変されることがあります)。

===================================
 ◆ 各地のプロジェクトから ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG)は日本各地で公共・民間施設の計画・整備に関する事業に携わっています。

現在、関係している事業のうち、情報公開が可能なプロジェクトについて、日本各地での現状を随時お知らせしていきます。

【名取市】
新名取市図書館施設整備事業

昨年度、そして今年度と準備を進めてきましたが、いよいよ(仮称)図書館友の会発足総会が開かれます。日時は5月27日(日)、会場は名取市文化会館です。当日は総会のほか、これまでもご助言・ご支援いただいてきた盛泰子さん(「図書館フレンズいまり」メンバー、伊万里市議会議員)の記念講演もあります。
会への加入意思の有無に関係なく、どなたでもお越しになれますので、ぜひお気軽にご参加ください。

・名取市図書館 – (仮称)図書館友の会発足総会のお知らせ
https://lib.city.natori.miyagi.jp/web/event/898
・名取市図書館
http://lib.city.natori.miyagi.jp/
・名取市図書館 – 新図書館関連(名取市)
http://lib.city.natori.miyagi.jp/web/library/new-library

【板橋区】
板橋区立中央図書館基本設計・実施設計委託業務

板橋区の魅力をYouTubeを通じて発信する、チャンネルいたばしをご紹介します!2018年5月現在で、すでに49回のビデオが更新されており、ナビゲーターの方が実際に板橋区各地で取材した動画が公開されていますよ。ぜひ気になるトピックのもを探してみてくださいね。(下吹越)

・チャンネルいたばし 魅力発信!板橋ナビ 平成30年5月 
http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_kurashi/090/090213.html
・板橋区立中央図書館基本計画
http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_kurashi/082/082152.html
・板橋区 – 新たな中央図書館の建設について
http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_kurashi/077/077592.html

【黒部市】
(仮称)くろべ市民交流センター管理運営計画策定支援業務

5月15日(火)に第2回 (仮称)くろべ市民交流センター管理運営計画策定委員会が開催されます。議事が円滑に進行するように、黒部市の事務局とゴールデンウィーク前に資料のとりまとめ作業を行いました。今週、再度資料や進め方の最終確認をして、準備万端で委員会に臨みます。(鎌倉)

・黒部市 – (仮称)くろべ市民交流センター建設基本構想について
https://www.city.kurobe.toyama.jp/event-topics/svTopiDtl.aspx?servno=9277

【西ノ島町】
西ノ島町コミュニティ図書館管理運営計画策定支援業務

西ノ島町の絶景のなかを駆け抜ける、10月14日(日)開催の西ノ島ハーフマラソンの受付がスタートしました。前夜祭から町のみなさん総出でのおもてなしもあり、リピーターが増え続けている人気のイベントです。ランナーのみなさん、今年の秋はぜひ西ノ島町にお越しください!(下吹越)

・西ノ島ハーフマラソン
http://nishinoshima-half.com/
https://www.facebook.com/nishinoshima.marathon/
・西ノ島町コミュニティ図書館いかあ屋(公式Facebook)
https://www.facebook.com/nishinoshimalib/

【土佐町】
想いをつなぎ世界を広げる読書のまち土佐町プロジェクト支援業務

土佐町にはSOMA(ソマ)というNPO法人があります。SOMAはコワーキング・コスタディスペース「町の学舎あこ」を拠点として、地域の学校教育・社会教育に関わる企画・運営を行っています。
先日の土佐町立図書館で開催されたデザイン会議にもSOMAのメンバーが出席し、町民と一緒になって学びの環境としての「読書のまち」づくりに積極的に取り組んでいます。さまざまな立場の人が関わりながら「世界中の本好きが訪れたくなる<読書のまち>土佐町」を目指していきます。(李)

・NPO法人SOMA
https://nposoma.org/
・土佐町 – 読書のまち
http://www.town.tosa.kochi.jp/publics/index/39/

【指宿市】
NPO法人“そらまめの会”クラウドファンディングの設計および実施の支援

先週のメルマガで書きましたが5月3日(木)~4日(金)の2日間ブックカフェ号「そらまMEN」は 鹿児島市で開かれた「かごしまの風の光とナポリ祭」に出没しました。そして、なんと翌日5月5日(土)には、指宿市にある砂むし温泉「砂楽」にも出動したようです。
砂むしで汗をかいて、おいしい牛乳片手にブックカフェでぼーっと読書するのは最高の休日の時間の過ごし方ですね!!当日の写真は「そらまめの会」のFacebookに掲載されております。ぜひご覧ください。さぁ、ブックカフェ号「そらまMEN」は、次にどこに出没するのでしょうか?楽しみです。(鎌倉)

・NPO法人本と人とをつなぐ「そらまめの会」
https://www.sorako.net/
https://www.facebook.com/soramame55/
・すべての人に本のある空間を!指宿を走るブックカフェをつくる(Readyfor)
https://readyfor.jp/projects/ibusuki-bookcafe

【最近の仕事】

西ノ島町コミュニティ図書館基本計画・実施計画の策定を支援
http://arg-corp.jp/2018/05/06/nishinoshima_shimane-7/
https://www.facebook.com/ARGjp/posts/1723482161030732

新智頭図書館整備基本構想及び基本計画の策定を支援
http://arg-corp.jp/2018/05/02/chizu-2/
https://www.facebook.com/ARGjp/posts/1721188501260098/

2018年度、4大学で非常勤講師として講義を担当
https://www.facebook.com/ARGjp/posts/1709873709058244
http://arg-corp.jp/2018/04/20/university-2/

なお、上記以外にもこれまで計画・整備に関わった施設のアフターケアや、これから計画・整備を予定している自治体等のご相談に対応しています。ご関心のある方は、下記までお気軽にご連絡ください。

info@arg-corp.jp

また、主に図書館についての私たちの考えは下記サイトをご覧ください。

http://arg-corp.jp/

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

    共著『未来の図書館、はじめませんか』発売中-三刷も、決定!

            岡本真、森旭彦著
     『未来の図書館、はじめませんか』(青弓社、2014年)
    http://www.seikyusha.co.jp/wp/books/isbn978-4-7872-0053-2
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200534/arg-22/

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

===================================
 ◆ イベントカレンダー ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

<凡例>
◆編集者独断によるオススメ
◇通常掲載

◇2018-05-09(Wed)~2018-05-10(Sat):
アクティブ・ラーニング&カリキュラム・マネジメントサミット2018
(於・東京都/学術総合センター)
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/new-cs/new/1403682.htm

◇2018-05-09(Wed)~2018-05-11(Fri):
2018 Japan IT Week 春
(於・東京都/東京ビッグサイト)
http://www.japan-it.jp/haru/

◇2018-05-09(Wed)~2018-05-11(Fri):
第1回 AI・業務自動化展 春
(於・東京都/東京ビッグサイト)
http://www.ai-auto.jp/

◇2018-05-09(Wed)~2018-05-11(Fri):
第12回 Web&デジタルマーケティングEXPO 春
(於・東京都/東京ビッグサイト)
http://www.web-mo.jp/

◇2018-05-09(Wed)~2018-05-11(Fri):
第23回 ビッグデータ活用展 春
(於・東京都/東京ビッグサイト)
http://www.data-m.jp/

◆2018-05-11(Fri):
全国歴史資料保存利用機関連絡協議会近畿部会 第143回例会「シンプルで使いやすいデジタル・データ公開への取組み」
(於・福井県/福井県文書館)
http://jsai.jp/iinkai/kinki/kinki-top.html

◇2018-05-11(Fri):
私立短期大学図書館協議会 2018年度全国総会・講演及び見学会「電子書籍・図書館・書店と読書の未来について」(池内淳)
(於・東京都/文化学園大学)
https://shitantokyo.org/meeting/info1.php

◆2018-05-12(Sat):
日本図書館研究会 第338回究例会「京都大学貴重資料デジタルアーカイブと二次利用自由化の取り組み」(大村明美)
(於・大阪府/大阪大谷大学ハルカスキャンパス)
http://www.nal-lib.jp/events/reikai/2018/337invit.html

◆2018-05-12(Sat):
日本図書館情報学会 春季研究集会
(於・東京都/早稲田大学 早稲田キャンパス)
http://jslis.jp/events/spring-research-meeting/

◇2018-05-12(Sat):
日本出版学会 2018年度 春季研究発表会
(於・東京都/専修大学 神田キャンパス)
http://www.shuppan.jp/yotei/999-2018-2018512.html

◆2018-05-13(Sun):
マイクロ・ライブラリーサミット2018
(於・大阪府/大阪府立大学 I-siteなんば)
http://machi-library.org/event/detail/4053/

◇2018-05-16(Wed):
ジャパンサーチ(仮称)フェーズゼロ-分野横断統合ポータル構築に向けて
(於・東京都/国立国会図書館 東京本館新館)
http://www.ndl.go.jp/jp/event/events/201805jps.html

◇2018-05-16(Wed)~2018-05-18(Fri):
第9回 教育ITソリューションEXPO EDIX
(於・東京都/東京ビッグサイト)
http://www.edix-expo.jp/

◇2018-05-17(Thu):
大学ICT推進協議会(AXIES)2018年度通常総会・CIO向け講演「これからの次世代電子学習環境(NGDLE)の可能性とその問題点」(山田恒夫)
(於・東京都/TFTビル)
http://axies.jp/ja/70b4ou/tefltu

◇2018-05-17(Thu)~2018-05-19(Sat):
本の学校「春講座2018」
(於・鳥取県/本の学校今井ブックセンター)
http://www.honnogakko.or.jp/archives/1117

◇2018-05-18(Fri):
大学図書館著作権検討委員会「大学教育のICT化と著作権法改正-学習資源のデジタル化と図書館資料の活用」
(於・東京都/早稲田大学 大隈記念タワー)
https://julib.jp/blog/archives/1977

◆2018-05-19(Sat):
図書館総合展2018 フォーラム in 津山
(於・岡山県/美作学園創立100周年記念館)
https://www.libraryfair.jp/news/6705

◆2018-05-19(Sat):
シンポジウム「デジタル写真データベースが拓く学術活動の未来-蓄積された画像資料をいかに活用するのか」
(於・東京都/一橋講堂)
http://www.minpaku.ac.jp/research/activity/news/rm/20180519

◇2018-05-20(Sun):
大学図書館問題研究会 京都地域グループ 大図研京都ワンディセミナー「“羊さん”こと水知せりさん(漫画家)が語る『“学術情報の伝達”と“利用者の活用術”』」(水知せり)
(於・京都府/梅小路公園 緑の館)
https://www.daitoken.com/kyoto/event/20180520.html

◇2018-05-26(Sat):
日本図書館研究会 2018年5月月例研究会「ディスカバリーサービス公共図書館版について」
(於・大阪府/大阪学院大学)
http://josoken.digick.jp/meeting/news.html#201805

◇2018-05-26(Sat):
デジタルアーカイブ学会 第5回定例研究会
(於・東京都/東京大学情報学環ダイワユビキタス学術研究館)
http://digitalarchivejapan.org/reikai/teirei-05

◆2018-05-26(Sat):
ウェブサイエンス研究会 オープンセミナーVol.6
(於・東京都/Sansan株式会社)
https://www.facebook.com/events/2096408013982344/

◇2018-05-26(Sat)~2018-05-27(Sun):
情報知識学会創立30周年 第26回(2018年度)年次大会
(於・東京都/印刷博物館 他)
http://www.jsik.jp/?2018program

◆2018-05-27(Sun):
開かれたアーカイヴ:何のために、どのように、そしてどこへ?-持続性、協調性のある構造
(於・東京都/ゲーテ・インスティトゥート 図書館)
https://www.goethe.de/ins/jp/ja/ver.cfm?fuseaction=events.detail&event_i…

これ以前以後のイベント情報は下記をご覧ください。
http://www.arg.ne.jp/calendar

===================================
 ◆ 「マガジン航」から ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG)が発行支援するウェブ媒体「マガジン航」の最近の記事を紹介します。

・仲俣暁生「出版業界はブロッキング問題で岐路に立っている」(2018-05-01)

「先月にまきおこった海賊版マンガ・アニメサイトに対する緊急ブロッキングをめぐる議論の推移をみていて、不思議に思ったことがある。展開があまりにも急だったこともあるが、決定までの経緯がクローズドなままなので憶測するしかないことも多く、余計に不明瞭な印象を強くした。なんのことかと言えば、出版業界の対応である」(つづきは本誌で)

https://magazine-k.jp/2018/05/01/editors-note-32/

===================================
 ◆ 活動の予定と報告 ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

<凡例>
◆新規、もしくは更新あり
◇既掲載、変更なし

[予定]

◇2018-06-24(Sun):
saveMLAK報告会2018-社会教育・文化施設の救援・復興支援 特別報告「最近のMLAK復興状況について」(岡本真)
(於・東京都/筑波大学東京サテライト文京校舎 他)
http://savemlak.jp/wiki/saveMLAK:Event/20180624

◇2018-06-26(Tue):
平成30年度図書館司書専門講座「図書館のPRと広報」(鎌倉幸子)
(於・東京都/国立教育政策研究所社会教育実践研究センター)
http://www.nier.go.jp/jissen/training/h30/shisyo_kouza.html

講義・講演のご依頼をお考えの方、お気軽にご相談ください。

弊社の場合、1)早い者勝ち、2)地方優先だけがルールです。

法人としての活動は、

http://arg-corp.jp/
https://www.facebook.com/ARGjp

をご参照ください。業務発注、歓迎です。各種ご相談に対応いたします。

◇最近の主要業務:
 1.公共施設・商業施設の新設・リニューアル・運営等の計画策定支援
 2.ウェブ技術を中心とした産官学連携のコーディネート
 3.共同オフィス・シェアハウス等のコミュニティー空間の創造
 4.ウェブコンサルティングや専門的調査の実施代行
 5.ワークショップ等によるアイデア発想・知識創造の支援

また、当面の間、

             岡本真、森旭彦著
     『未来の図書館、はじめませんか』(青弓社、2014年)
    http://www.seikyusha.co.jp/wp/books/isbn978-4-7872-0053-2
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200534/arg-22/

の販促にかなう限りは、講演謝金不要で講演依頼を受付ます。お気軽にご
相談ください。

~<弊社編集誌>~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    ~図書館の未来がわかる、新しいライブラリーマガジン~
      ライブラリー・リソース・ガイド(編集・発行:ARG)
       http://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/
          https://www.facebook.com/LRGjp
           https://twitter.com/LRGjp

   ~曲がり角を迎えている図書館における今後の学習環境を考える~    ラーコモラボ通信(編集・発行:ラーニングコモンズラボラトリ)
        http://archive.mag2.com/0001260410/

       ~デジタルヒューマニティーズのいまを探る~
      人文情報学月報(編集:人文情報学研究所&ARG)
        http://archive.mag2.com/0001316391/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~<弊社編集誌>~

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 配信の解除・送信先の変更は、
           http://www.arg.ne.jp/registration
                          でお願いします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~<ご協力ください>~~

===================================
 ◆ 編集日誌 ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

◆2018-04-30(Mon): 終日デスクワーク

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9323

今年のGWは「頑張るウィーク」確定です。本日も一日デスクワークに専念しました。きっとこの努力が次につながるはずと信じます。明日は日帰り出張。

◆2018-05-01(Tue): 静岡日帰り出張

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9324

何用かはまだ明かせませんが、静岡に日帰り出張です。これからしばらく静岡通いが始まります。

しかし、今日は併行してエラー対応もあり、なかなか困憊。

◆2018-05-02(Wed): 都内打ち合わせを挟みつつの横浜デスクワーク

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9325

日中はウェブ系の仕事の関係で都内で打ち合わせ。いい業務になりそうです。

と言いつつ、先日来からのデスクワークにその前後は没頭の一日でした。

◆2018-05-03(Thu): 提案書作成からの恒例GW飲み会

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9326

今日と明日はいま手がけているとある提案書の最後の追い込みです。日中はとにかくひたすら考えることと書くこととに専念。こういうときに、日ごろのインプットが効いてくることを痛感します。

さて、今晩は大切な友人と例年行っている年に一回のGW飲みでした。本当に楽しいひとときでした。大勢の飲み会も悪くないのですが、数名での時間も大事にしたいものです。

◆2018-05-04(Fri): 絶望も諦観もせずに提案をまとめる

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9327

連日、提案書をまとめていると(そして、この作業は今年度すでに3本目)、さすがに脳がぐったりしてくるのですが、まあ、まだ限界ではありません。絶望も諦観もせず、もう一歩の努力を重ねます。努力の量で結果が出るわけではないので、ただ汗をかいてみるという努力を誇る趣味はありません。また、無意味にギリギリまで粘るのも好みません。ですが、明らかにもうひと頑張りすれば、よりよくなることがわかっている場合の努力は惜しまないつもりです。

ということで、本来明日は休養のつもりでしたが、明日も頑張ります。

◆2018-05-05(Sat): ひと段落すれば次が始まる

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9328

昨晩持ち残してしまった課題に朝から専念。完了目安としていたランチタイムを過ぎてしまっていましたが、我ながらよい提案がまとまりました。あとは明日、シナリオとプレゼン資料をつくれば、かなり目途がつくところまで来ました。一安心です。

しかし、ここでひと息というわけには、いまはいかないのです。実はもう2本ほど、書かなくてはいかない提案書があるので(号泣)。もちろん、私一人で書くわけではないのですが、当然ながら私の役割と責任もそれなりに重い訳です……。

午後はあれやこれやを処理しながら、新たな提案書の課題に向き合う時間を過ごしました。こういう時間では実は調べることが多くあります。そして、その時間を過ごすことは決して嫌いではないのですよね。なんと言っても今日も大いに勉強になることが多く、直接この提案書に生かせるかどうかは別としても、私自身の財産にはなりました。こういう点はこの仕事で好きなところなのです。

◆2018-05-06(Sun): 2本目を書き上げる

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9329

ついにGWが完全に「頑張るウィーク」になってしまいましたが、終日根を詰めた結果、無事に2本目の提案書を書きあげました。

さあて、3本目だ!

             岡本真:ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)編集長

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)[ARG-692]2018年5月7日(週刊)
【発行者】アカデミック・リソース・ガイド株式会社
【編集者】岡本 真:ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)編集部
【発行地】〒231-0012 横浜市中区相生町3-61泰生ビル さくらWORKS<関内>408
ISSN 】1881-381X
【E-Mail】info [&] arg-corp.jp [&] を@に置き換えてください。
【サイト】http://www.arg.ne.jp/ (メルマガ)
     http://arg-corp.jp/ (コーポレート)
【Facebook】https://www.facebook.com/arg.ne.jp/ (メルマガ)
      https://www.facebook.com/ARGjp/ (コーポレート)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本誌掲載記事の取り扱いは、著作権法に則って行ってください。本誌の許可を得ていない記事の転載は違法です。引用は著作権法の範囲内で。記事を情報源として二次的に利用する際には、情報源としての本誌の存在を明記してくださるようお願いします。
悪質な例に対しては、法的手段を含め相応の対応をします。なおメーリングリストなど、複数による閲覧が可能なアドレスでの登録はご遠慮ください。

Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社 All Rights Reserved.
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

メールマガジンの配信登録(無料)をしていただくと、定期的にまとめて記事がお手許に届きます。
下の空欄にメールアドレスを入力し、右の[配信登録(無料)]を押してください。

メールアドレス: