2019-01-27(Sun): 三豊市、観音寺市、丸亀市の図書館をめぐる-公共施設再編と図書館

琴平町の知人のご厚意で車を出していただけたので、公共交通機関でのアクセスが難しい地域を中心にこれまで未踏だった図書館を訪問しました。

・三豊市山本町図書館
・観音寺市立大野原図書館
・観音寺市立豊浜図書館
・三豊市立豊中町図書館
・三豊市立三野町図書館
・みとよ未来図書館
・丸亀市立飯山図書館
・丸亀市立綾歌図書館

と実に8館です。

今回特に印象的だったのは三豊市です。

三豊市は高瀬町、山本町、三野町、豊中町、詫間町、仁尾町、財田町の7町が合併して生まれた自治体ですが、三豊市図書館基本計画では思い切った図書館再編の可能性を挙げています。

・三豊市 – 三豊市図書館基本計画を策定しました
https://www.city.mitoyo.lg.jp/forms/info/info.aspx?info_id=13018
・三豊市 – 合併の経緯
https://www.city.mitoyo.lg.jp/forms/info/info.aspx?info_id=1858
・三豊市合併協議会
http://www.city.mitoyo.lg.jp/hf/mitoyo-gappei/

実際に現在ある図書館はどのような状況なのかと思っていましたが、想定していた以上に立派な施設が多く、これは非常に悩ましい状況であることがよくわかりました。やはり現場を見て回ることは大事ですね。今年も多くの現場に出ていこうとあらためて思った次第です。

★ アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG) ★

-私たちが考える未来の図書館とは?“OUR LIFE LIBRARY“を体感しよう

http://arg-corp.jp/

岡本真の最新著『未来の図書館、はじめます』好評販売中

LRG25

★-図書館の未来がわかる、新しいライブラリーマガジン!

◆巻頭言「次の方向性を検証・検討する手立ての一つとして」(岡本真)

◆特集「ウィキペディアタウンでつながる、まちと図書館」(下吹越香菜)
 -論考1:「図書館のサービスイノベーションの引き金となる、ウィキペディアタウン」(是住久美子)
 -論考2:「「ウィキペディアタウン」と「図書館の連携」が可能にする未来の知的環境 」(高久雅生)
 -コラム1:「人々の「知りたい」を支えるもの」(下吹越香菜)
 -レポート1:「ウィキペディアタウンで考える「まちの観光」」(青木和人)
 -コラム2:「世界で初めてのウィキペディアタウン」(下吹越香菜)
 -レポート2:「ウィキペディアタウンで考える「まちの情報化」」(澤谷晃子)
 -レポート3:「ウィキペディアタウンで考える「まちの課題」」(萬谷ひとみ)
 -レポート4:「ウィキペディアタウンで考える「まちの情報をひらくデザイン」」(下吹越香菜)
 -事例ピックアップベスト5:「ウィキペディアタウンのコラボ事例」(下吹越香菜)
 -データ:「ウィキペディアタウンの開催データから見えるもの」(下吹越香菜)

◆司書名鑑 第20回 Asturio Cantabrio(ウィキペディアン)

◆連載
-伊藤大貴の視点・論点 第3回「社会で起きているオープン化が公共サービスへ与える影響」(伊東大貴)
-島ではじめる未来の図書館~西ノ島・新図書館建設プロジェクト~第7回「開館後の『日常』」(田中輝美)
-猪谷千香の図書館エスノグラフィー 第8回「甲州市立勝沼図書館 日本一のぶどうとワインのまちの図書館が続けてきた『当たり前のこと』」(猪谷千香)
-かたつむりは電子図書館の夢をみるか LRG編 第8回「事典は見た目の影響が3割?レイアウトを取っ払ってみたら、『ウィキペディア日本語版』は『日本大百科全書』よりも信憑性が高いと認知された。」(佐藤翔)

-販売ページ: https://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/
-公式Facebook: https://www.facebook.com/LRGjp