746号(2019-05-20、4149部)

ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG)の746号(2019-05-20、4149部)を発行しました。

主な記事は、

○お知らせ
 -「ウィキペディアタウン特集の『ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)』第25号を寄贈します」
 -「アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG)は公募によるスタッフ採用を実施します」
 -「ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)第26号、刊行-特集テーマは『公共コミュニケーションと図書館のアドボカシー』」
 -「岡本真著『未来の図書館、はじめます』(青弓社、2018年)販促情報」

○産官学民連携クリップ

○【毎週更新】各地のプロジェクトから

○イベントカレンダー

○「マガジン航」から
 -「人文書の灯を絶やさないために」(西川秀和)
 -「私がインディーズ文芸創作誌を出し続ける理由」(多田洋一)
 -〈月のはじめに考える-Editor’s Note〉「民主主義を支える場としての図書館」(仲俣暁生)

○活動の予定と報告

○編集日誌
 -5月の取締役会と全大会
 -横手市増田まんが美術館等を見学
 -図書館総合展2019 フォーラムin須賀川にて司会進行
                             など、7日分

○奥付

1998-07-11創刊(創業10周年イヤー)           ISSN 1881-381X
-----------------------------------
      ◆◇◆ ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG) ◆◇◆
-----------------------------------
         Science, Internet, Computer and …

       2019-05-20発行   ‡No.746‡   4149部発行

-『ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)』第25号寄贈キャンペーン実施中-

 “Ask not what the net can do for you
                 -ask what you can do for the net.”

-----------------------------------  ◇ 目次 ◇
-----------------------------------

○お知らせ
 -「ウィキペディアタウン特集の『ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)』第25号を寄贈します」
 -「アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG)は公募によるスタッフ採用を実施します」
 -「ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)第26号、刊行-特集テーマは『公共コミュニケーションと図書館のアドボカシー』」
 -「岡本真著『未来の図書館、はじめます』(青弓社、2018年)販促情報」

○産官学民連携クリップ

○【毎週更新】各地のプロジェクトから

○イベントカレンダー

○「マガジン航」から
 -「人文書の灯を絶やさないために」(西川秀和)
 -「私がインディーズ文芸創作誌を出し続ける理由」(多田洋一)
 -〈月のはじめに考える-Editor’s Note〉「民主主義を支える場としての図書館」(仲俣暁生)

○活動の予定と報告

○編集日誌
 -5月の取締役会と全大会
 -横手市増田まんが美術館等を見学
 -図書館総合展2019 フォーラムin須賀川にて司会進行
                             など、7日分

○奥付

~~~~~~~~~~~~~~<最新刊発売>~~~~~~~~~~~~~~

           本誌編集長・岡本真の最新著

           『未来の図書館、はじめます』
           (青弓社、2018年、1944円)

   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200690/arg-22/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~<弊社関係企画>~~~~~~~~~~~~~~

  国宝の備前刀「山鳥毛里帰りプロジェクト」クラウドファンディング

          https://setouchi-cf.jp/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

===================================
 ◆ お知らせ ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

「ウィキペディアタウン特集の『ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)』第25号を寄贈します」

アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG)が編集・発行する新しいライブラリーマガジン『ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)』の第25号では、「ウィキペディアタウン」を特集しています(責任編集:下吹越香菜)。

・『ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)』第25号
https://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/b/1746046/

このたび、本誌を以下の条件に該当する機関・個人に先着100部で寄贈するキャンペーンを行います。なお、寄贈を受けるのは機関・個人のいずれでも構いません。

寄贈をご希望の場合は下記フォームよりお申込みください。

<寄贈を受ける条件>

1.過去にウィキペディアタウンの開催に貢献しているか、今後開催が具体的に予定されているウィキペディアタウンに貢献する前提であること
2.今後のウィキペディアタウンの取り組みに自主的・積極的に関与していく意思があること

なお、上記条件以外でのご相談がある場合は申込フォームの備考欄にご記入ください(これまでに協力してくれた複数の機関に寄贈したい等)。

申込フォーム: http://bit.ly/2Ycbi6W

<『ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)』第25号目次>

◆巻頭言「次の方向性を検証・検討する手立ての一つとして」(岡本真)

◆特集「ウィキペディアタウンでつながる、まちと図書館」(下吹越香菜)
 -論考1:「図書館のサービスイノベーションの引き金となる、ウィキペディアタウン」(是住久美子)
 -論考2:「「ウィキペディアタウン」と「図書館の連携」が可能にする未来の知的環境 」(高久雅生)
 -コラム1:「人々の「知りたい」を支えるもの」(下吹越香菜)
 -レポート1:「ウィキペディアタウンで考える「まちの観光」」(青木和人)
 -コラム2:「世界で初めてのウィキペディアタウン」(下吹越香菜)
 -レポート2:「ウィキペディアタウンで考える「まちの情報化」」(澤谷晃子)
 -レポート3:「ウィキペディアタウンで考える「まちの課題」」(萬谷ひとみ)
 -レポート4:「ウィキペディアタウンで考える「まちの情報をひらくデザイン」」(下吹越香菜)
 -事例ピックアップベスト5:「ウィキペディアタウンのコラボ事例」(下吹越香菜、田子環)
 -データ:「ウィキペディアタウンの開催データから見えるもの」(下吹越香菜)

◆司書名鑑 第20回 Asturio Cantabrio(ウィキペディアン)

◆連載
-伊藤大貴の視点・論点 第3回「社会で起きているオープン化が公共サービスへ与える影響」(伊東大貴)
-島ではじめる未来の図書館~西ノ島・新図書館建設プロジェクト~第7回「開館後の『日常』」(田中輝美)
-猪谷千香の図書館エスノグラフィー 第8回「甲州市立勝沼図書館 日本一のぶどうとワインのまちの図書館が続けてきた『当たり前のこと』」(猪谷千香)
-かたつむりは電子図書館の夢をみるか LRG編 第8回「事典は見た目の影響が3割?レイアウトを取っ払ってみたら、『ウィキペディア日本語版』は『日本大百科全書』よりも信憑性が高いと認知された。」(佐藤翔)

アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG) 業務実績 定期報告
スタッフボイス
次号予告

「アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG)は公募によるスタッフ採用を実施します」

アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG)の役員・社員の大原則的な申し合わせ(抜粋)

1.「自律・分散・協調」の原理原則を尊重します
2.自由に想像し、大胆に創造します
3.誠実で丁寧なプロセスに基づいて業務を遂行します
4.プロセスに基づく結果を伴う行動を重視します
5.会社と自分の関係・距離を意識します
6.学び、成長し続ける集団を実現します

アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG、以下弊社)は、昨年に引き続き公募によるスタッフ採用を実施します。なお、本年はキャリア採用とは銘打たず、幅広く人材を募集します。

弊社では、実空間・情報空間の融合、実践的なデザインプロセス、徹底したリサーチを軸とした公共・商業施設及び地域のプロデュース事業や、ウェブ技術を中心とした産官学民連携のコーディネート事業を展開しています。また、学術系の老舗メールマガジンACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)や新しいライブラリーマガジン『ライブラリー・リソース・ガイド』(LRG)等の公共コミュニケーション事業も展開しています。

業務量の拡大、並びにスタッフの多様性の拡張のため、以下の通りスタッフを募集します。新しい挑戦をしてみたいという方、ぜひご応募ください。

なお、本採用は熱意と能力さえあれば経験や年齢は不問です。実際に弊社には新卒から入社したスタッフや就職2年後に転職してきたスタッフ、長年の主婦生活から久しぶりに再就職したスタッフがいます。

1.事業内容
・公共・商業施設のプロデュース
・産官学民連携のコーディネート
・公共コミュニケーション

2.求められるスキル
・日常的にパソコンとスマートフォンの両方を使っている経験
・サポートを必要としないワード、エクセル、パワーポイント、メールのスキル
・サポートを必要としないウェブのクラウドサービスの活用スキル
※実際の弊社の主たる活用サービス:Dropbox、Zoom、Facebook(特にメッセンジャー)
・学歴不問
・司書・学芸員資格は不問

3. 働くうえで欠かせないこと
・冒頭の「大原則的な申し合わせ」に賛同・実行できること
・毎週のように出張できること
・広義のデザインに関心があること
・コミュニケーションを大切にしてくれること
・仕事に楽しみながら挑めること
・会食を楽しめること(飲酒不要)

4. 雇用形態
正職員

5. 給与
経験、能力により決定(目安としては20~30万円)

6. 勤務地
アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG)(神奈川県横浜市中区)
※最低限試用期間中はオフィス勤務となります。その後は応相談ですが、各地への出勤・出張が欠かせないことはご承知おきください。

7. 勤務開始
・内定から1ヶ月以内を予定※即日採用あり(応相談)

8. 勤務・休日・休暇
・基本的に9~17時勤務(先に休憩時間を含む)※出張等の際については変動がありうる
・週休2日制(原則的に土日)
・有給休暇※初年度10日
・冬季休業(12月29日~1月3日)
・特別休暇(出産、育児、介護、生理、裁判員裁判等に関する休暇や休業)

9. 福利厚生
・交通費支給
・社保完備(健康保険、厚生年金、雇用保険)

10. 選考方法
1)書類選考
2)個別面接・スキルテスト(PC、スマートフォンを持参のこと)※1時間程度
3)アンカンファレンス方式による試験・スキルテスト(PC、スマートフォンを持参のこと)※半日程度
4)内定
※書類選考及び個別面談の結果は、応募者宛にメールにて通知します。
※面接場所は、弊社のオフィスを予定しています。

11. 応募方法
メールにて、3点の書類をお送りください。
1)履歴書(Facebookのユーザーネーム(ユニークURL)を明記のこと)
2)職務経歴書(正規・非正規雇用の区別を明記のこと)
3)課題:以下につき、あなたの考えをまとめた資料をお送りください。資料形態は不問。
・ARGで、あなたが「できること」「したいこと」「すべきこと」
なお、〆切は明確に設けていません。充足次第、終了となります。今後の採用は未定です。

12.応募連絡先
アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG)
担当:岡本
Email: argboard@arg-corp.jp
※応募の秘密は厳守します。

「ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)第26号、刊行-特集テーマは『公共コミュニケーションと図書館のアドボカシー』」

ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)第26号が3月29日(金)に刊行されました。特集テーマは「公共コミュニケーションと図書館のアドボカシー」で、鎌倉幸子が責任編集を担当しています。鎌倉自身がこれまでの経験と活動を振り返りながら綴る「研究ノート」というスタイルで「公共コミュニケーション」や「アドボカシー」と向き合っています。
ぜひ、Fujisan(下記URL)や最寄りの書店経由でのご注文いただけますと幸いです。

     ・ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)第26号
    https://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/next/

◆巻頭言「再び編集者に戻り、新たなる挑戦へ」(岡本真)

◆特集「公共コミュニケーションと図書館のアドボカシー」(鎌倉幸子)

◆司書名鑑 第21回 内田麻理香(サイエンスライター/ サイエンスコミュニケーター)
◆連載
・伊藤大貴の視点・論点 第4回「企業と行政の境界線がぼやける時代とパブリック・アフェアーズの必要性」(伊東大貴)
・猪谷千香の図書館エスノグラフィー 第9回「須賀川市民交流センター『tette』複合施設から、一歩先の『融合施設』へ」(猪谷千香)
・島ではじめる未来の図書館~西ノ島・新図書館建設プロジェクト~第8回「地域に必要な未来の図書館」(田中輝美)
・かたつむりは電子図書館の夢をみるか LRG編 第9回「粗悪学術誌『ハゲタカ』は、なぜ生まれたのか?」(佐藤翔)

アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG) 業務実績 定期報告
スタッフボイス
次号予告

▽Fujisanマガジンサービス
https://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/next/

▽書店経由の機関購読も可能です。まずはメールにてお問い合わせください。
担当:LRG編集部 ふじた lrg@arg-corp.jp

【岡本真著『未来の図書館、はじめます』(青弓社、2018年)販促情報-】

岡本真の最新著『未来の図書館、はじめます』(青弓社、2018年)はAmazonほかの書店での販売されています。ぜひお買い求めください。

◇書誌情報:

・岡本真著『未来の図書館、はじめます』(青弓社、1800円+税)
https://www.seikyusha.co.jp/bd/isbn/9784787200693/
・Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/4787200690
・honto
https://honto.jp/netstore/pd-book_29310194.html
・紀伊國屋書店
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784787200693
・楽天ブックス
https://books.rakuten.co.jp/rb/15656565/

なお、本誌の趣旨や販促にかなう限りは、講演謝金不要で講演依頼を受付ます。ただし、旅費はご支給ください。ただし、日々全国を行脚しているので、日程によっては旅費も大幅に抑制できることがあります。お気軽にご相談ください。

[目次]

序章 なぜ「はじめます」か?-「はじめに」に代えて 1 図書館プロデューサーとしての八年余 2 よくいただく相談 3 図書館を考える「勘どころ」 4 なぜ「はじめます」か? 5 なぜ、「はじめる」なのか? 6 図書館をはじめるということ-「整備」と「運営」と

第1章 図書館をはじめるための準備 1 先行する知見にまなぶ 2 図書館の見学 3 さまざまな資料 4 実際の計画を知る 5 図書館をはじめる準備を終えて

第2章 図書館整備の背景・課題 1 図書館整備の背景 2 図書館整備の課題

第3章 図書館整備の手法と進め方 1 図書館整備の手法 2 図書館整備の進め方

第4章 図書館整備にあたってのFAQ 1 どのように市民の意見を集約するのか? 2 そもそも、何をどこまで委託すべきなのか? 3 市民協働は必要か? 4 オーナーシップとイコールパートナーシップ-「ひとごと」から「私たちごと」へ

おわりに-とりあえずの「まとめ」として

補論 図書館のデザイン、公共のデザイン 李明喜 1 図書館でのデザインとは何か? 2 図書館のプロダクト・デザインの変革はブックトラックから始まる 3 これからの図書館・公共施設づくりと地域デザイン

付録 再録「まえがき ‐ 図書館は知の番人だ」ー『未来の図書館、はじめませんか?』から
ARGが関わった図書館整備・図書館運営支援の業務一覧

===================================
 ◆ 産官学民連携クリップ ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

弊社の2本柱の1つである産官学民連携のコーディネート事業から見えてくる最近のトレンドをニュース解説を交えて紹介していきます(岡本、岡崎、三苫)。

1.講演会「建築の設計と設備運用における人工知能利用の可能性」
5月31日(金)、6月1日(土)に東京大学生産技術研究所と東京大学先端科学技術研究センターのイベント「東大駒場リサーチキャンパス公開2019」が開催されます。現時点で行けるか微妙な日程なのですが、非常に気になっているテーマがあります。それは6月1日(土)に予定されている生産技術研究所の大岡龍三さんの講演会「建築の設計と設備運用における人工知能利用の可能性」です。
弊社において施設プロデュースの仕事と産官学民連携コーディネートの仕事は別個に存在しているものではありません。これらは常に不可分な表裏一体なものとして事業を行っています。このような観点からも大いに気になる講演会なのです。(岡本)
<関連サイト>
・東大駒場リサーチキャンパス公開2019
http://www.komaba-oh.jp/

2.郊外暮らしの課題解決へ-産学官で検討会立ち上げ-
https://www.townnews.co.jp/0110/2019/05/16/480896.html
郊外における課題を検討し、実現に向けて動く「はまっこ郊外暮らし検討会」が立ち上がりました。この検討会は、京浜急行電鉄(産)・横浜市立大学(学)・横浜市(官)の3者が協力し実施しています。
2016年からこの3者間で「空き家利活用プロジェクト」を進めていましたが、第3回の検討会では、不動産サイトSUUMOを運営するリクルート住まいカンパニーや、東京R不動産等を運営するR不動産も参加しました。近年、不動産Techに熱い視線が注がれるなかで、この2社が入ることは、IT面での課題解決も含めた多角的な検討が期待できそうです。
他方、「空き家」というワードでは、物件検索サイトLIFULL HOME’Sを運営するLIFULLは「LIFULL HOME’S空き家バンク」という地方自治体の持つ空き地、空き家と、これらの空き地や空き家を求めているユーザーをマッチングするプラットフォームを運営しています。こういった全国的な取組みと、個々の自治体双方の取組みが、よい形で作用しあうことも重要かもしれません。(岡崎)
<関連サイト>
・国交省モデル事業「LIFULL HOME’S空き家バンク」β版サービス開始(LIFULL、2017-09-28)
https://lifull.com/news/10517/

3.渋川伊香保温泉観光協会・関越交通・ヤマト運輸らが連携し「手ぶら観光サービス」の実証実験を開始
https://www.glocaltimes.jp/news/7306
地元を盛り上げる観光分野での産官学民連携の取り組みが活発です。
群馬県渋川市では、観光協会×バス会社×運輸会社×渋川市の4者が連携し、訪れた観光客が手ぶらで快適に観光できるサービスを開始しました。
「手ぶら観光サービス」は、以前より国土交通省が2020年開催予定の東京オリンピックに向けた定着のため、検討をすすめています。記事にもありますが、このサービスは利用者の利便性だけでなく公共交通機関の新たな収入源としても見込まれており、地元交通網の確保にもつながるものです。茨城県が県内の大学や民間企業と組んで進めている筑波山のブランドづくりによる観光活性化への取り組みなど、地元への貢献度が高い観光分野での連携の可能性は今後も広がりそうです。注目していきたいですね。(三苫)

<関連サイト>
・手ぶら観光の推進(国土交通省)
http://www.mlit.go.jp/seisakutokatsu/freight/seisakutokatsu_freight_tk1_…
・筑波山観光・活性化策 ブランド化へ産学官連携 地図やウェブ新調 多言語サービスも(茨城新聞クロスアイ、2019/05/07)
https://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=15568931478565

===================================
 ◆ 各地のプロジェクトから ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG)は日本各地で公共・民間施設の計画・整備に関する事業に携わっています。

現在、関係している事業のうち、情報公開が可能なプロジェクトについて、日本各地での現状を随時お知らせしていきます。なお、弊社の売上が税金に由来する案件は原則的に受託の事実や事業の内容を公共コミュニケーションの一環として、ここで公開していきます。

【富谷市】(宮城県)
富谷市民図書館整備資金調達、管理運営計画策定及び設計プロセス策定支援業務

5月18日(土)に須賀川市民交流センターtetteで開催された図書館総合展2019フォーラムin須賀川に、菅原教育長はじめ図書館準備室メンバーの方々にお越しいただきました。
市民や民間事業者とゼロベースの対話を重ねてきた須賀川市の担当者の方のお話は、市民協働で図書館づくりを進めている富谷市の図書館準備室の方々にとっても励みとなる内容だったのではないでしょうか。(宮田)

・図書館総合展2019フォーラムin須賀川
https://www.libraryfair.jp/schedule/8317
・富谷市 – 富谷市民図書館整備に向けた取組みについて
https://www.tomiya-city.miyagi.jp/soshiki/syogaigakusyu/library-scheme-2…

【長野県】
県立長野図書館信州・学び創造ラボ 空間デザインコンセプト/運営検討支援業務

現在、松本市で第36回全国都市緑化信州フェア「信州花フェスタ2019」が開催中です。5月11日(土)、12日(日)の2日間、この花フェスタに、松本市立図書館、安曇野市立図書館、塩尻市立図書館、県立長野図書館の4館による「森の図書館」が出展されました。
各図書館が用意した書棚やハンモック、そしてワークショップ・プログラム等によって、思い思いの「森の図書館」を体験していただいたようです。図書館が外に出ていく形もますます多様になっていくのではないでしょうか。(李)

・長野県魅力発信ブログ – よむナガノ 県立長野図書館ブログ
https://blog.nagano-ken.jp/library/

【静岡県】
「文化力の拠点」における新県立中央図書館管理運営計画支援業務

今週は業務システム整備計画作成に向け、システム担当者にヒアリングをさせていただきます。そのための準備として他自治体の資料収集などを進めております。これまで感じてきたシステム構築・運用の課題等、貴重な実際担当して感じた率直なご意見もおうかがいできればと思っております。(島津)

・静岡県 – 新静岡県立中央図書館の整備について
https://www.pref.shizuoka.jp/kyouiku/kk-080/tosyokan/20180322.html

【四万十町】(高知県)
四万十町文化的施設整備基本計画策定委託業務

準備を進めてきた四万十町文化的施設整備事業町民向け講演会「新しい文化的施設とまちづくり-女優・渡辺梓さんを迎えて 図書館・美術館がひらく四万十町の未来」の開催が5月26日(日)と迫ってきました。
当日はどなたでもご参加いただけます。女優業だけでなく、地域を拓いていく活動に邁進している渡辺さんですが、このような講演の機会はめったにありません。ぜひ、お出かけください。

・四万十町 – 「(仮称)四万十町文化的施設基本計画」の策定に向けて
https://www.town.shimanto.lg.jp/life/detail.php?hdnKey=6032

【最近の仕事】

松戸市立図書館あり方検討支援業務が終了
https://arg-corp.jp/2019/05/13/matsudo-2/
https://www.facebook.com/ARGjp/posts/2229704097075200

横浜市、Readyforと3者協定を締結し、横浜の地域まちづくり活動を対象としたクラウドファンディング活用支援事業を開始
https://arg-corp.jp/2019/05/08/yokohama_readyfor/
https://www.facebook.com/ARGjp/posts/2229698057075804/

成田市立図書館の開館35周年記念事業連続講座を支援
https://arg-corp.jp/2019/05/06/narita/
https://www.facebook.com/ARGjp/posts/2229689453743331/

なお、上記以外にもこれまで計画・整備に関わった施設のアフターケアや、これから計画・整備を予定している自治体等のご相談に対応しています。ご関心のある方は、下記までお気軽にご連絡ください。

info@arg-corp.jp

また、主に図書館についての私たちの考えは下記サイトをご覧ください。

http://arg-corp.jp/

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

    共著『未来の図書館、はじめませんか』発売中-三刷も、決定!

            岡本真、森旭彦著
     『未来の図書館、はじめませんか』(青弓社、2014年)
    http://www.seikyusha.co.jp/wp/books/isbn978-4-7872-0053-2
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200534/arg-22/

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

===================================
 ◆ イベントカレンダー ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

<凡例>
◆編集者独断によるオススメ
◇通常掲載

◆2019-05-20(Mon):
2019年度京都大学図書館機構講演会「オープン・サイテーションと機関リポジトリの展開」
(於・京都府/京都大学附属図書館)
https://www.kulib.kyoto-u.ac.jp/bulletin/1381711

◆2019-05-24(Fri):
横断型基幹科学技術推進協議会 第54回Society5.0時代のヘルスケア(その2)
(於・東京都/中央大学駿河台記念館)
https://www.trasti.jp/forum/forum54_kyg.html

◆2019-05-25(Sat):
地域研究画像デジタルライブラリ シンポジウム「地域コミュニティのメディアテーク」
(於・東京都/国立情報学研究所)
http://diplas.jp/event.html

◆2019-05-25(Sat):
超交流会2019-みんなのパイオニア精神-(仮)
(於・京都府/京都大学 百周年記念館)
http://www.johogaku.net/sn2019

◆2019-05-25(Sat):
日仏図書館情報学会「Web時代のマザリナード文書-日仏共同研究プロジェクト-」
(於・東京都/日仏会館)
http://sfjbd.sakura.ne.jp/

◆2019-05-25(Sat):
福井県立図書館 福井ウィキペディアタウン2019
(於・福井県/福井市立桜木図書館)
https://www.facebook.com/events/827647187574820/

◆2019-05-25(Sat):
ウィキデータを始めよう!on Social Hack Day
(於・東京都/SENQ霞ヶ関)
https://peatix.com/event/644171

◆2019-05-25(Sat)~2019-05-26(Sun):
情報知識学会・第27回(2019年度)年次大会 (研究報告会・総会)
(於・茨城県/筑波学院大学)
http://www.jsik.jp/?kenkyu

◆2019-05-27(Mon)~2019-05-28(Tue):
JAPAN OPEN SCIENCE SUMMIT2019
(於・東京都/学術総合センター)
https://joss.rcos.nii.ac.jp/

◆2019-05-28(Tue):
専門図書館協議会「専門図書館の仕事コース」(村橋勝子)
(於・東京都/日本図書館協会会館)
https://jsla.or.jp/20190528educational_program/

◇2019-05-29(Wed)・2019-05-30(Thu):
国立情報学研究所 学術情報基盤オープンフォーラム2019
(於・東京都/学術総合センター)
https://www.nii.ac.jp/openforum/2019/

◇2019-05-30(Thu)~2019-05-31(Fri):
第90回日本医学図書館協会通常総会・分科会
(於・東京都/日本教育会館)
http://plaza.umin.ac.jp/~jmla/sokai/

◇2019-05-31(Fri):
日本図書館研究会第348回研究例会「関西大学KU-ORCASのデジタルアーカイブプロジェクト」(菊池信彦) (於・大阪府/関西大学 梅田キャンパス)
http://www.nal-lib.jp/events/reikai/2019/348invit.html

◆2019-06-01(Sat)~2019-06-02(Sun):
大学教育学会第41回大会「高大接続改革と大学教育」
(於・東京都/玉川大学)
http://daigakukyoiku-gakkai.org/site/conference/conferenceinfo/

◆2019-06-02(Sun):
日本図書館研究会特別研究例会「障害者の情報保障をめぐる動向と図書館が果たすべき役割、期待について」(仮)(石川准)
(於・大阪府/相愛大学本町学舎)
http://www.nal-lib.jp/events/reikai/2019/sp-invit.html

◇2019-06-04(Tue):
2019年度 人工知能学会全国大会(第33回)
(於・新潟県/朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター)
https://www.ai-gakkai.or.jp/jsai2019/

◆2019-06-07(Fri):
IoT/AI時代におけるオープンイノベーション推進協議会 第3回シンポジウム in 福岡-インターネットが加速させたフィンテックによる新しい社会基盤とビジネスの未来-
(於・福岡県/エルガーラホール)
http://www.iajapan.org/iot/oic/event/2019/symp0607.html

◇2019-06-07(Fri)~2019-06-08(Sat):
日本病院ライブラリー協会 第44回総会及び2019年度第1回研修会
(於・東京都/ヒューリックカンファレンス)
https://jhla.jp/kenshukai/201901/

◇2019-06-08(Sat):
日本図書館情報学会 2019年度春季研究集会
(於・東京都/帝京大学 八王子キャンパス)
http://jslis.jp/events/spring-research-meeting/

◆2019-06-08(Sat)~2019-06-09(Sun):
2019年度アート・ドキュメンテーション学会 年次大会
(於・滋賀県/成安造形大学)
http://www.jads.org/news/2019/20190608-09.html

◆2019-06-11(Tue):
文化資源戦略会議 アーカイブサミット2018-2019
(於・東京都/千代田区立日比谷図書文化館)
http://archivesj.net/summit20182019top/

◆2019-06-11(Tue):
SAS FORUM JAPAN2019
(於・東京都/グランドハイアット東京)
https://www.sas.com/ja_jp/events/19/sas-forum-japan.html

◆2019-06-13(Thu)~2019-06-14(Fri):
情報処理学会 第240回自然言語処理研究会
(於・岩手県/遠野市民センター市民会館)
https://nl-ipsj.or.jp/2019/03/19/nl240-cfp/

◇2019-06-15(Sat):
全国歴史資料保存利用機関連絡協議会(JSAN)近畿部会151回例会「法の下で公文書を使うということ-公文書管理法とアーキビストの役割-」(瀬畑源)
(於・京都府/京都府立京都学・歴彩館)
http://jsai.jp/iinkai/kinki/kinki-top.html

◆2019-06-18(Tue):
第15回学術情報ソリューションセミナー
(於・東京都/日本橋三井ホール)
https://www.sunmedia.co.jp/modules/bulletin0/article.php?storyid=293

◇2019-06-19(Wed)~2019-06-21(Fri):
教育ITソリューションEXPO 第10回学校・教育総合展
(於・東京都/東京ビックサイト)
https://www.edix-expo.jp/ja-jp.html

これ以前以後のイベント情報は下記をご覧ください。
http://www.arg.ne.jp/calendar

===================================
 ◆ 「マガジン航」から ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG)が発行支援するウェブ媒体「マガジン航」の最近の記事を紹介します。

・西川秀和「人文書の灯を絶やさないために」(2019-05-20)
「このままでは人文書の刊行が存続できなくなる。私はそんな危機感をずっと抱いている。なぜか。人文書の刊行は、あまりに大きな経済的負担を著者に強いるからだ。人文書の灯を絶やさないためにどうすればよいのか考えてみた」。
https://magazine-k.jp/2019/05/20/sustainable-model-for-humanities-publis…

・多田洋一「私がインディーズ文芸創作誌を出し続ける理由」(2019-05-13)
「あれは2009年の、たぶん11月なかば。知人宅の寒いベランダで煙草を吸いながら見上げた夜空には、噛みつかれそうなくらい白い月が光を放っていた。当時はあまり調子がよくなくて…というのも、前年の区の健康診断でやっかいな病気に引っ掛かり春先は入院生活。その後、シャバに復帰はしたが、どうも仕事に気が乗らないままだったし、さらにその夏には、いわゆる「持ち込み原稿」というのを某文芸誌にしてみたものの、散々な言われよう。わりとめげない性格だが、さすがに「このまんまじゃ、ちょっと」との思いを抱えていた」。
https://magazine-k.jp/2019/05/13/witchenkare-first-ten-years/

・仲俣暁生〈月のはじめに考える-Editor’s Note〉「民主主義を支える場としての図書館」(2019-05-04)
「「図書館」という言葉から最初に連想するものはなんですかと問われたなら、本の貸出、新聞や雑誌の閲覧、調べもの、受験勉強……といったあたりを思い浮かべる人が多いのではないか。もしそこに「民主主義」という言葉が加わったら、はたして違和感はあるだろうか」。
https://magazine-k.jp/2019/05/04/editors-note-44/

===================================
 ◆ 活動の予定と報告 ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

<凡例>
◆新規、もしくは更新あり
◇既掲載、変更なし

◇2019-05-25(Sat):
琴平町で未来の図書館はじめませんか
(於・香川県/琴平町公会堂)

◆2019-06-02(Sun):
須賀川市民交流センターtette:見学会・シンポジウム シンポジウム1「協働のプロセス」(岡本真)
(於・福島県/須賀川市民交流センターtette)
https://www.facebook.com/unemori.architects/posts/2184416074976023/

◆2019-06-02(Sun):
須賀川市民交流センターtette:見学会・シンポジウム シンポジウム2「街のような建築」(李明喜)
(於・福島県/須賀川市民交流センターtette)
https://www.facebook.com/unemori.architects/posts/2184416074976023/

◆2019-06-11(Tue):
アーカイブサミット2018-2019 第3分科会「全国の特色ある小規模コレクションアーカイブ・DAの意義と維持・発展の可能性」(岡本真)
(於・東京都/千代田区立日比谷図書文化館)
http://archivesj.net/summit20182019top/

◇2019-06-24(Mon):
国立教育政策研究所社会教育実践研究センター平成31年度図書館司書専門講座「公共コミュニケーションと図書館のアドボカシー」(岡本真)
(於・東京都/国立教育政策研究所社会教育実践研究センター)
http://www.nier.go.jp/jissen/training/h31/shisyo_kouza.html

講義・講演のご依頼をお考えの方、お気軽にご相談ください。

弊社の場合、1)早い者勝ち、2)地方優先だけがルールです。

法人としての活動は、

http://arg-corp.jp/
https://www.facebook.com/ARGjp

をご参照ください。業務発注、歓迎です。各種ご相談に対応いたします。

◇最近の主要業務:
 1.公共施設・商業施設の新設・リニューアル・運営等の計画策定支援
 2.ウェブ技術を中心とした産官学民連携のコーディネート
 3.共同オフィス・シェアハウス等のコミュニティー空間の創造
 4.ウェブコンサルティングや専門的調査の実施代行
 5.ワークショップ等によるアイデア発想・知識創造の支援

また、当面の間、

          岡本真『未来の図書館、はじめます』
           (青弓社、2018年、1800円+税)
    https://www.seikyusha.co.jp/bd/isbn/9784787200693/
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200690/arg-22/

本誌の趣旨や販促にかなう限りは、講演謝金不要で講演依頼を受付ます。ただし、旅費はご支給ください。ただし、日々全国を行脚しているので、日程によっては旅費も大幅に抑制できることがあります。お気軽にご相談ください。

なお、本2019年度も総務省の地域情報化アドバイザーの委嘱を受けており、すでに派遣申込が開始されています。岡本の派遣をご希望いただける場合はあらかじめ弊社までご相談ください。

・地域情報化アドバイザー派遣制度(ICT人材派遣制度)
http://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/ictseisaku/ictriyou/manager.html
・平成31年度「地域情報化アドバイザー」派遣申請の受付開始
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu06_02000209.html

また、

・地域情報化アドバイザー派遣 過年度優良事例
https://www.applic.or.jp/suemn15lane9s8rn5

が更新され、2018年度の優良事例が紹介されています。紹介されている7事例のうち、

◇オープンデータ(デジタルアーカイブ・図書館・地域情報発信)
・大阪市立中央図書館(大阪府)
・津山市立図書館(岡山県)

の2つは岡本が助言を行った事例となりますので、ご参照ください。

~<弊社編集媒体>~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    ~図書館の未来がわかる、新しいライブラリーマガジン~
   ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)(編集・発行:ARG)
       http://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/
          https://www.facebook.com/LRGjp
           https://twitter.com/LRGjp

   ~図書館や教育関係者に向けた新しいニュース紹介メディア~
            リブラボ、更新中
        https://www.facebook.com/LibLabo/

===================================
 ◆ 編集日誌 ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

◆2019-05-13(Mon): 5月の取締役会と全大会

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9755

5月の取締役会と全大会を開催しました。1ヶ月の経過を本当に早く感じます。

◆2019-05-14(Tue): 富山へ

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9756

富山へ。会議は午後からなので早めに出て、

・富山県美術館企画展「わたしはどこにいる? 道標(サイン)をめぐるアートとデザイン」
https://tad-toyama.jp/exhibition-event/6781

を観覧。

その後、黒部市に移動し、先日結果発表された(仮称)くろべ市民交流センター整備事業設計プロポーザルで選定された設計事業者と引継ぎ協議を行いました。

・黒部市 – (仮称)くろべ市民交流センター整備事業設計プロポーザルの審査結果について
https://www.city.kurobe.toyama.jp/news/detail.aspx?servno=15468

これで弊社の黒部市での業務もおおむね終了となります。

◆2019-05-15(Wed): キハラ社勉強会、駒澤大学会議、LINE会議

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9757

昨日は富山市内に一泊し、朝の新幹線で都内出勤です。本日はキハラ社での勉強会を経て、駒澤大学の新図書館に向けた重要会議に出席しました。さらにその後、LINEでの会議を行いました。特にLINEとの協議は新たな可能性を感じています。

◆2019-05-16(Thu): 横手市増田まんが美術館等を見学

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9758

秋田へ。

・横手市増田まんが美術館
https://manga-museum.com/

が今月ついに開館したので見学してきました。「まんが」は

・ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)第24号
https://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/b/1719228/

で「マンガという体験、図書館という環境」として特集した内容でもあり、じっくりと施設と展示を拝見。特に、

・マンガの蔵
https://manga-museum.com/?page_id=13

と名づけられた原画収蔵庫とアーカイブルームには圧倒されました。この面においては日本の最先端施設と言ってよいのではないでしょうか。

◆2019-05-17(Fri): 須賀川市へ移動

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9759

明日開催の

・図書館総合展2019 フォーラムin須賀川
https://www.libraryfair.jp/news/8319

のため横手市から福島市を経て須賀川市へ。

◆2019-05-18(Sat): 図書館総合展2019 フォーラムin須賀川にて司会進行

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9760

・図書館総合展2019 フォーラムin須賀川
https://www.libraryfair.jp/news/8319

が開催され、私は第1部の「tetteが拓く協働・融合する未来-従来型の『複合』を超えるデザインとプログラム」の司会進行を務めました。大勢の方々にご参加いただけ、なによりでした。

◆2019-05-19(Sun): 帰京

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9761

所用を片づけつつ、道中を楽しみつつ帰京しました。イベントの非日常から業務の日常に戻ります。

             岡本真:ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)編集長

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)[ARG-746]2019年05月20日(週刊)
【発行者】アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG)
【編集者】岡本 真:ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)編集部
【発行地】〒231-0012 横浜市中区相生町3-61泰生ビル さくらWORKS<関内>407
ISSN 】1881-381X
【E-Mail】info [&] arg-corp.jp [&] を@に置き換えてください。
【サイト】http://www.arg.ne.jp/ (メルマガ)
     http://arg-corp.jp/ (コーポレート)
【Facebook】https://www.facebook.com/arg.ne.jp/ (メルマガ)
      https://www.facebook.com/ARGjp/ (コーポレート)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本誌掲載記事の取り扱いは、著作権法に則って行ってください。本誌の許可を得ていない記事の転載は違法です。引用は著作権法の範囲内で。記事を情報源として二次的に利用する際には、情報源としての本誌の存在を明記してくださるようお願いします。
悪質な例に対しては、法的手段を含め相応の対応をします。なおメーリングリストなど、複数による閲覧が可能なアドレスでの登録はご遠慮ください。

Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG) All Rights Reserved.
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

メールマガジンの配信登録(無料)をしていただくと、定期的にまとめて記事がお手許に届きます。
下の空欄にメールアドレスを入力し、右の[配信登録(無料)]を押してください。

メールアドレス: