2019-08-05(Mon): 高松市でワークショップ

地域情報化アドバイザー派遣の仕事で高松市に来ました。7月に会議をしていた件です。今回の仕事は、サンクリスタル高松という複合施設に同居する

・高松市中央図書館
https://library.city.takamatsu.kagawa.jp/facility/tyuou.html
・菊池寛記念館
https://www.city.takamatsu.kagawa.jp/kanko/kikutikan/
・高松市歴史資料館
http://www.city.takamatsu.kagawa.jp/kurashi/kosodate/bunka/rekishi/

という3施設の未来像を描き出すことです。3館の職員に館横断のチームを組んでもらい、館内探索から写真撮影、既存平面図への割り付け等に取り組みました。ここからどのような「融合」が生まれてくるか非常に楽しみです。

★ アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG) ★

-就活は秋冬に行い、いまは「まなび」に専念しましょう-ARG初の新卒採用実施予定-
https://arg-corp.jp/2019/05/10/arg-63/

-実施中・応援中:宮城県富谷市初の図書館!市民の声でつくる、みんなが主役の場所-
https://readyfor.jp/projects/tomiya-lib


daa7ca5fd5d0d850ef951fb3a20cfa6e

岡本真の最新著『未来の図書館、はじめます』好評販売中

LRG27

★-図書館の未来がわかる、新しいライブラリーマガジン!

◆巻頭言 大元に立ち返る[岡本真]
◆特集「情報学は哲学の最前線 情報学から世界を見るということ」
 -はじめに:さらなる思考と創造の冒険へ[李明喜]
 -特別掲載:情報学は哲学の最前線[長尾真]
 -長尾真インタビュー[聞き手:岡本真、構成:猪谷千香]
  -GAFA時代、日本の「知のインフラ」を構築してきた長尾真が予測する「未来」
  -「未来から来た」情報工学者・長尾真、飽くなき人間への興味と哲学への回帰
 -座談会:哲学の最前線から問う-これからの情報学[司会:李明喜 出席者:大向一輝、清田陽司]
 -寄稿
  -すべてがQになる-ウェブにおける「表現」と「対象」[大向一輝]
  -「普通に考える」力としての哲学の可能性[清田陽司]

◆司書名鑑 第22回 清田陽司(株式会社LIFULL AI 戦略室 主席研究員/博士(情報学))

◆連載
-島ではじめる未来の図書館~西ノ島・新図書館建設プロジェクト~番外編「島それぞれの図書館(知夫里島)」[田中輝美]
-猪谷千香の図書館エスノグラフィー 第10回「図書館は進化する有機体である 県立長野図書館『信州・学び創造ラボ』の挑戦」[猪谷千香]
-伊藤大貴の視点・論点 第5回「地方議員のなり手不足が叫ばれた2019年 いま、現場で起きている地殻変動」[伊東大貴]
-かたつむりは電子図書館の夢をみるか LRG編 第10回「来館者数が、減っている 日本の公共図書館の3分の2は過去10年で来館者数が減少」[佐藤翔]

◆連載マンガ 第1回「ここが変だよ地方行政」[小田理恵子]

アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG) 業務実績 定期報告
次号予告
スタッフボイス

-販売ページ: https://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/
-公式Facebook: https://www.facebook.com/LRGjp