765号(2019-09-30、4109部)

ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG)の765号(2019-09-30、4109部)を発行しました。

主な記事は、

○謝辞「創業10周年-心からの感謝」

○お知らせ
 -「ARGパーク2019~新しい公共をつくる広場 2~@第21回図書館総合展への招待」<情報第3弾:11/13(水)開催・ARG創業10周年感謝祭のお知らせ>
 -「ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)第28号、発売。特集は『民間公共の系譜-近代の人々はいかにして図書館を興してきたのか』」
 -「岡本真著『未来の図書館、はじめます』(青弓社、2018年)販促情報」

○産官学民連携クリップ

○【毎週更新】各地のプロジェクトから

○イベントカレンダー

○「マガジン航」から
 -〈月のはじめに考える-Editor’s Note〉「表現の自由を支える「小さな場所」たち」(仲俣暁生)

○活動の予定と報告

○編集日誌
 -大山崎ライブラリーフレンズでのまとめの会へ
 -一般社団法人エリア・イノベーション・アライアンスを訪問
 -佐賀県立図書館デザイン会議を開始
                             など、7日分

○奥付

1998-07-11創刊(創業10周年イヤー)           ISSN 1881-381X
-----------------------------------
      ◆◇◆ ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG) ◆◇◆
-----------------------------------
         Science, Internet, Computer and …

       2019-09-30発行   ‡No.765‡   4109部発行

 -アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG)創立10周年の日-

 “Ask not what the net can do for you
                 -ask what you can do for the net.”

-----------------------------------  ◇ 目次 ◇
-----------------------------------

○謝辞「創業10周年-心からの感謝」

○お知らせ
 -「ARGパーク2019~新しい公共をつくる広場 2~@第21回図書館総合展への招待」<情報第3弾:11/13(水)開催・ARG創業10周年感謝祭のお知らせ>
 -「ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)第28号、発売。特集は『民間公共の系譜-近代の人々はいかにして図書館を興してきたのか』」
 -「岡本真著『未来の図書館、はじめます』(青弓社、2018年)販促情報」

○産官学民連携クリップ

○【毎週更新】各地のプロジェクトから

○イベントカレンダー

○「マガジン航」から
 -〈月のはじめに考える-Editor’s Note〉「表現の自由を支える「小さな場所」たち」(仲俣暁生)

○活動の予定と報告

○編集日誌
 -大山崎ライブラリーフレンズでのまとめの会へ
 -一般社団法人エリア・イノベーション・アライアンスを訪問
 -佐賀県立図書館デザイン会議を開始
                             など、7日分

○奥付

~~~~~~~~~~~~~~<最新刊発売>~~~~~~~~~~~~~~

           本誌編集長・岡本真の最新著

           『未来の図書館、はじめます』
           (青弓社、2018年、1944円)

   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200690/arg-22/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~<弊社関係企画>~~~~~~~~~~~~~~

  国宝の備前刀「山鳥毛里帰りプロジェクト」クラウドファンディング

          https://setouchi-cf.jp/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

===================================
 ◆ 謝辞 ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

          「創業10周年-心からの感謝」

       https://arg-corp.jp/2019/09/30/arg-65/

本日2019年9月30日(日)で、アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG)は、創業10周年を迎えました。この10年間、弊社に心を寄せてくださったすべての方々に心から感謝申し上げます。

この10年間のご支援・ご厚誼を常に胸に抱きながら、明日から始まる次の10年も引き続き「実空間・情報空間の融合、実践的なデザインプロセス、徹底したリサーチ」を徹底して、日々の業務にあたってまいります。

<過去の周年記事>
創業3周年
https://arg-corp.jp/2012/09/30/arg-2/
創業4周年
https://arg-corp.jp/2013/09/30/arg-11/
創業5周年
https://arg-corp.jp/2014/09/30/arg-19/
創業6周年
https://arg-corp.jp/2015/09/30/arg-24/
創業7周年
https://arg-corp.jp/2016/09/30/arg-56/
創業8周年
https://arg-corp.jp/2017/09/30/arg-41/
創業9周年
https://arg-corp.jp/2018/09/30/arg-57/

===================================
 ◆ お知らせ ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

「ARGパーク2019~新しい公共をつくる広場 2~@第21回図書館総合展への招待」

   <第3弾:11/13(水)開催・ARG創業10周年感謝祭のお知らせ>

アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG、以下弊社)は、以下の通り第21回図書館総合展にARGブース「ARGパーク2019~新しい公共をつくる広場 2~」を出展します。

■日時:2019年11月12日(火)~11月14日(木)10:00~18:00
■会場:パシフィコ横浜(神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1)

【概要】
「新しい公共をつくる広場」というメインテーマのもと、図書館から広がる思考と実践を往還するプログラムを催します。
また、今年も下記のようなコラボレーションを実施し、ブースの展示とイベントを盛り上げます。
・日本大学芸術学部との共同ブース
・恩納村文化情報センターの特別展示
・毎年好評な移動カフェ「thanks milk」 がさらに魅力的なドリンクメニューで登場!
・有隣堂ブースとの連携によるLRG(ARG発行の雑誌)他関連書籍の販売

おいしいドリンク等を片手に、プログラムや展示・サービスをお楽しみください。

なお、会期中の中日にあたる11月13日(水)に、弊社創業10周年の感謝を込めたARG創業10周年感謝祭を開催します。申込不要でご都合のよいタイミングでの来場歓迎ですので、お気軽にご参加ください。

【ARG創業10周年感謝祭】

日時:2019年11月13日(水)19~21時
会場:泰生ポーチ(横浜市相生町2-52) http://taisei-po-chi.yokohama/
内容:創業10周年のお祝いに各所から頂戴したアルコール類等を提供します。持ち込みも歓迎です。上記時間帯は弊社代表の岡本らが常駐し、みなさまと交流します。会費不要ですが、会場で

・宮城県富谷市初の図書館!市民の声でつくるみんなが主役の場所を(Readyforプロジェクトページ)
https://readyfor.jp/projects/tomiya-lib

への支援を受け付けます。

【プログラム】

■1日目:11/12(火)

<プログラムテーマ 1>11:00~12:00
タイトル:地域から考える仕事と子育ての環境(仮)
ゲスト:後藤清子(株式会社ピクニックルーム)
ファリシリテーター:島津、三苫(ARG)

<プログラムテーマ 2>14:00~15:30
タイトル:須賀川市民交流センターtette ドキュメンタリーを観て語ろう
ファリシリテーター:李(ARG)

<プログラムテーマ 3>16:00~17:00
タイトル:自治体や企業でのビブリオバトルの活用(仮)
ゲスト:松波慎朗(NTTデータ)、市川紀子(有隣堂)
ファリシリテーター:三苫(ARG)

■2日目:11/13(水)

<プログラムテーマ 4>10:30~11:30
タイトル:進化する恩納村文化情報センター(仮)
ゲスト:呉屋美奈子+1名(恩納村文化情報センター)
ファリシリテーター:岡本(ARG)

<プログラムテーマ 5>14:00~15:30
タイトル:地域を支える「新しい広場」(仮)
ゲスト:嶋田学(奈良大学教授)
ファリシリテーター:李(ARG)
※トークセッション後、即売サイン会:嶋田学『図書館・まち育て・デモクラシー』(青弓社)

<プログラムテーマ 6>16:00~17:00
タイトル:未定
ゲスト:日大芸術学部のみなさん
ファリシリテーター:小野永貴(日大芸術学部)

■3日目:11/14(木)

<プログラムテーマ 7>10:30~11:30
タイトル:未定
ゲスト:額賀順子(男木島図書館理事長、nuuno代表)
ファリシリテーター:宮田(ARG)

<プログラムテーマ 8>13:30~15:00
タイトル:LRG第28号刊行記念「民間公共の系譜 近代の人々はいかにして図書館を興してきたのか」(仮)
ゲスト:木下斉(一般社団法人エリア・イノベーション・アライアンス代表理事)
ファリシリテーター:岡本(ARG)
※書籍販売予定:『LRG第28号』(アカデミック・リソース・ガイド株式会社)、木下斉『地元がヤバい…と思ったら読む 凡人のための地域再生入門』(ダイヤモンド社)、他

<プログラムテーマ 9>15:30~16:30
タイトル:未定
ゲスト:未定
ファリシリテーター:岡崎(ARG)

【図書館づくり・まちづくり相談会開催】

また例年好評なARGの図書館づくり・まちづくり相談会も実施します。こちらはすでに申込受付を開始していますので、ご検討の方はお早めにお申し込みください。
図書館など、公共施設の整備に携わった経験をもとに、みなさまの図書館にとっての最適な解を一緒に考えていきます。

施設の整備を考えている自治体や大学のみなさま、この機会をぜひご活用ください。
※要事前予約。応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。
※無料です。

○場所:弊社のブースにて
○日時:以下の枠のどちらかをお選びください。

■2019年11月12日(火)
・13:00~13:30
・13:30~14:00

■2019年11月13日(水)
・11:30~12:00
・13:00~13:30
・17:00~17:30

■2019年11月14日(木)
・11:30~12:00
・16:30~17:00
・17:00~17:30

・上記の時間以外でご希望の時間帯(要調整)
※応募者多数の場合は抽選となります。
○お申込み:
・ご所属
・担当者氏名
・連絡先(電話番号、メールアドレス)
・希望時間
・相談の概要、を明記の上、下記のメールアドレスへお送りください。
info@arg-corp.jp (担当:李)

【「thanks milk」について】
今年もブースに登場する「thanks milk」は、横浜市出身で、動物好きが高じて農業高校に入り畜産を学んだ橋本恵美さんが、畜産の価値をきちんと伝えようと始めたカフェです。低音殺菌の牛乳、国産非加熱はちみつを使用したこだわりの優しいドリンクを販売します。コーヒーやミルク系のドリンク等を飲みながら、ブース内でのプログラムや展示をお楽しみください。

【登壇フォーラム】

■1日目:11/12(火)

10:00~11:30
第8回首長フォーラム「公・大連携の新しい形-箕面市と大阪大学の挑戦」(岡本真)
https://www.libraryfair.jp/forum/2019/8391
倉田哲郎・箕面市長と西尾章治郎・大阪大学総長のトークの司会を岡本が担当します。

■2日目:11/13(水)

10:00~11:30
コミュニケーションツールを知ろう~これからはじめる人のために~(岡崎有彩)
https://www.libraryfair.jp/forum/2019/8453
LRGでもおなじみの佐藤翔さんの講演の司会を岡崎が務めます。

13:00~14:30
須崎市図書館等複合施設整備に向けた建設構想策定委託業務・最終審査公開プロポーザル(岡本真)
https://www.libraryfair.jp/forum/2019/8434
審査委員を岡本が務めます。

15:30~17:00
Library of the Year 2019(李明喜)
https://www.libraryfair.jp/forum/2019/8449
県立長野図書館のプレゼンターを李が務めます。

15:30~17:00
市民団体指定管理者フォーラム「各地からの現状報告と将来見通し」(岡本真)
https://www.libraryfair.jp/forum/2019/8443
コーディネーターを岡本が務めます。

■3日目:11/14(木)

15:30~17:00
先端技術が拓く地域の未来、図書館の未来-堀見佐川町長と松尾豊教授を迎えて(仮)(李明喜)
https://www.libraryfair.jp/forum/2019/8473
東大ソフトボール部の先輩後輩という堀見和道・佐川町長と松尾豊・東京大学教授の対談の司会を李が務めます。

いずれのフォーラムもすでに申込受付が始まっていますので、ご関心あるフォーラムの参加登録はお早めに。

「ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)第28号、発売。特集は『民間公共の系譜-近代の人々はいかにして図書館を興してきたのか』」

2019年9月30日(月)、ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)第28号が発売となりました。特集は「民間公共の系譜-近代の人々はいかにして図書館を興してきたのか」です(責任編集:岡本真)。

・ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)第28号
https://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/next/

◆巻頭言 次の10年を見据える[岡本真]

◆特集 「民間公共の系譜-近代の人々はいかにして図書館を興してきたのか」
 -まえがき:「民間公共」という問いからの10年間[岡本真]
 -1.大日本報徳社と「淡山翁記念報徳図書館」[奥野寿夫(掛川市立図書館 前・館長)]
 -2.野本恭八郎と「大正記念長岡市立互尊文庫」[井口麻子(長岡市立中央図書館)]
 -3.宇部共同義会と「宇部市立図書館」[藤永義昭(宇部市立図書館)]
 -4.濱口家と「公正図書館」[湯澤規子(法政大学教授)]
 -5.「興風会図書館」と「野田市立興風図書館」[川嶋斉(野田市立興風図書館)]
 -6.森本家と「津山基督教図書館」[大河原信子(津山市立図書館)] p.038
 -7.ヴォーリズと「近江兄弟社図書館」[太田典子(ヴォーリズ学園図書館)]
 -8.岩瀬弥助と「岩瀬文庫」[林知左子(西尾市岩瀬文庫)]
 -9.斎藤實と「皋水記念図書館」[安倍初雄(奥州市立斎藤實記念館)]
 -10.岡田健藏と「市立函館図書館」[丹羽秀人(函館市中央図書館)]
 -11.川田豊太郎と「川田文庫」「青山文庫」[藤田有紀(佐川町立青山文庫)]
 -12.杉野文彌と「江北図書館」[明定義人(前・江北図書館長)]
 -対談:民間公共の系譜と現代[木下斉×岡本真]
 -特別寄稿:もうひとつの『ニューヨーク公共図書館』~映画の背景にあるものを読み解く~[豊田恭子]

◆司書名鑑 第23回 茂原暢(公益財団法人渋沢栄一記念財団 情報資源センター/センター長、専門司書)

◆連載 伊藤大貴の視点・論点 第6回「地企業がパブリックを担う時代 活躍の場が広がる議員、公務員」[伊東大貴]

◆連載 島ではじめる未来の図書館~西ノ島・新図書館建設プロジェクト~番外編「島それぞれの図書館(海士町)」[田中輝美]

◆連載 かたつむりは電子図書館の夢をみるか LRG編 第11回「書架番号、必要ですか? VRを使って実験してみた」[佐藤翔]

◆連載 猪谷千香の図書館エスノグラフィー 第11回「すべての働く人たちの、未来のためにある図書館「エル・ライブラリー」[猪谷千香]

◆連載マンガ ここが変だよ地方行政 第2回「議員と社会のせつない関係」[小田理恵子]

スタッフボイス
次号予告
アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG) 業務実績 定期報告

【岡本真著『未来の図書館、はじめます』(青弓社、2018年)販促情報】

岡本真の最新著『未来の図書館、はじめます』(青弓社、2018年)はAmazonほかの書店での販売されています。ぜひお買い求めください。

◇書誌情報:

・岡本真著『未来の図書館、はじめます』(青弓社、1800円+税)
https://www.seikyusha.co.jp/bd/isbn/9784787200693/
・Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/4787200690
・honto
https://honto.jp/netstore/pd-book_29310194.html
・紀伊國屋書店
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784787200693
・楽天ブックス
https://books.rakuten.co.jp/rb/15656565/

なお、本誌の趣旨や販促にかなう限りは、講演謝金不要で講演依頼を受付ます。ただし、旅費はご支給ください。ただし、日々全国を行脚しているので、日程によっては旅費も大幅に抑制できることがあります。お気軽にご相談ください。

[目次]

序章 なぜ「はじめます」か?-「はじめに」に代えて 1 図書館プロデューサーとしての八年余 2 よくいただく相談 3 図書館を考える「勘どころ」 4 なぜ「はじめます」か? 5 なぜ、「はじめる」なのか? 6 図書館をはじめるということ-「整備」と「運営」と

第1章 図書館をはじめるための準備 1 先行する知見にまなぶ 2 図書館の見学 3 さまざまな資料 4 実際の計画を知る 5 図書館をはじめる準備を終えて

第2章 図書館整備の背景・課題 1 図書館整備の背景 2 図書館整備の課題

第3章 図書館整備の手法と進め方 1 図書館整備の手法 2 図書館整備の進め方

第4章 図書館整備にあたってのFAQ 1 どのように市民の意見を集約するのか? 2 そもそも、何をどこまで委託すべきなのか? 3 市民協働は必要か? 4 オーナーシップとイコールパートナーシップ-「ひとごと」から「私たちごと」へ

おわりに-とりあえずの「まとめ」として

補論 図書館のデザイン、公共のデザイン 李明喜 1 図書館でのデザインとは何か? 2 図書館のプロダクト・デザインの変革はブックトラックから始まる 3 これからの図書館・公共施設づくりと地域デザイン

付録 再録「まえがき ‐ 図書館は知の番人だ」ー『未来の図書館、はじめませんか?』から
ARGが関わった図書館整備・図書館運営支援の業務一覧

===================================
 ◆ 産官学民連携クリップ ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

弊社の2本柱の1つである産官学民連携のコーディネート事業から見えてくる最近のトレンドをニュース解説を交えて紹介していきます(岡本、岡崎、三苫)。

1.産学連携の専門職 集う場
https://www.nikkei.com/article/DGXKZO49645700Q9A910C1XY0000/
東京農工大学教授である伊藤伸さんによるUNITT(大学技術移転協議会)のアニュアルカンファレンスのお話です。元記事は2019年9月11日の日経産業新聞に掲載された模様です。実はこの会議に行ったことがないのですが、存在は知っていました。もう少しこういう場への積極的な参加も考えないといけないかなあと新中です。(岡本)

2.産学連携拠点に認証制度、経産省と文科省が初導入の理由
https://newswitch.jp/p/19343
経済産業省及び文部科学省は産学連携拠点の認証制度を導入することを決めました。この認証制度では、ある一点の評価基準を超えた拠点を政府認定の拠点とすることで、研究開発費用の補助を行ったり、政府が進める案件への優先採択を行ったりしていきます。
この制度の対象となるのは地域クラスターの中核になっている拠点に限られますので、中核拠点で行われている産学連携プロジェクトでの気づきや反省を、中核拠点から周辺地域にも横展開することで、地域全体の産学連携の底上げのきっかけになるのではないでしょうか。(岡崎)

3.神戸市長田区と世界を紡ぐ若手の現代工芸交流プロジェクト「Naked Craft Project vol.3 Shin-Nagata Glass Residence 2019」が開催
https://www.axismag.jp/posts/2019/08/142113.html
「世界の地域を小さく紡いでゆく、若手の現代工芸交流」をコンセプトとした「Naked Craft Project」が2019年10月15日(火)から1ヶ月にわたって開催されます。 審査によって選ばれた海外アーティストが、神戸市長田区へ1か月滞在し、実際に日本の生活文化を体験しながらワークショップ等の地元との交流を含めた創作活動を繰り広げます。
世界と地域をアートでつなぐこの取り組みには、地元アーティストとの交流や、商店街での共同イベント開催等、さまざまなかたちの交流、連携のアイデアがちりばめられていて参考になります。(三苫)

===================================
 ◆ 各地のプロジェクトから ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG)は日本各地で公共・民間施設の計画・整備に関する事業に携わっています。

現在、関係している事業のうち、情報公開が可能なプロジェクトについて、日本各地での現状を随時お知らせしていきます。なお、弊社の売上が税金に由来する案件は原則的に受託の事実や事業の内容を公共コミュニケーションの一環として、ここで公開していきます。

【富谷市】(宮城県)
富谷市民図書館整備資金調達、管理運営計画策定及び設計プロセス策定支援業務

富谷市で挑戦しているガバメントクラウドファンディングは9月27日(金)現在で、99名から163万3千円の寄附をいただきました。今週は振込票つきチラシからの寄附や、10万円の高額寄附をいただく等、支援の輪の広がりを実感する1週間でした。心より感謝いたします。
Readyforの新着情報には、先日行われた第2回とみや図書館カフェに集まった市民の方々が図書館の運営計画についてオープンに議論する様子が写真つきでレポートされていますので、ぜひ、ご覧ください。
残り日数が41日となり、90日間の挑戦も折り返し地点を過ぎました。目標金額達成のためには支援の輪をさらに広げていく必要があります。シェアやいいね!をするだけでも支援になりますので、気負わずご協力いただければ幸いです。(宮田)

・第2回とみや図書館カフェを開催しました!!(Readyforの新着情報ページ)
https://readyfor.jp/projects/tomiya-lib/announcements/112064
・宮城県富谷市初の図書館!市民の声でつくるみんなが主役の場所を(Readyforプロジェクトページ)
https://readyfor.jp/projects/tomiya-lib
・富谷市 – 富谷市民図書館整備に向けた取組みについて
https://www.tomiya-city.miyagi.jp/soshiki/syogaigakusyu/library-scheme-2…

【瑞穂町】(東京都)
瑞穂町図書館改修工事基本計画、基本設計及び実施設計支援業務

音楽家、細野晴臣の半生を振り返りながら、50年に及ぶ音楽活動の軌跡を追うドキュメンタリー映画『NO SMOKING』が11月に公開されます。大瀧詠一らとの出会いや、はっぴいえんどの結成秘話も、当時の記録映像とインタビューで辿るそうです。瑞穂町にゆかりのある大瀧詠一のライブラリーを目論む者として、しっかりチェックします!(李)

・瑞穂町 – 瑞穂町図書館改修工事基本計画、基本設計及び実施設計事業者選定業務に係る公募型プロポーザルの結果について
https://www.town.mizuho.tokyo.jp/jigyousya/001/003/p006834.html

【長野県】
県立長野図書館信州・学び創造ラボ 空間デザインコンセプト/運営検討支援業務

県立長野図書館が「Library of the Year 2019」優秀賞を受賞しました!これは、昨年度からデザイン〜運営と続いてきた「信州・学び創造ラボ」の活動だけではなく、「共に知り、共に創る」公共空間のあり方をめぐる、県立長野図書館のおよそ5年に渡る取組みが評価されたものです。
「信州・学び創造ラボ」が、課題にぶつかりながらもここまで活動できているのは、それまでの数年に渡る県立長野図書館の積み重ねがあったからこそです。これは本当に嬉しい!関わったみなさんも我が事のように喜んでいて、それがまたこの場所の可能性を示していると感じます。(李)

・よむナガノ 県立長野図書館ブログ
https://blog.nagano-ken.jp/library/

【静岡県】
「文化力の拠点」における新県立中央図書館管理運営計画支援業務

今回で一区切りとなるワークショップに向けて準備を進めています。4月から始まったサービスデザインワークショップも6回目となり、図書館職員のみなさんの意識もずいぶん変化したように見受けられます。
自分たちごととして、さまざまな課題を解決するにはどうすればよいのか、そのために自分たちができることはなにか、 日々の業務について改めて考えることも増えたのではないでしょうか。
意識を変えることは簡単ではありませんが、そのきっかけをつくる役目として少しでもお役に立てていれば嬉しいです。(島津)

・静岡県 – 新静岡県立中央図書館の整備について
https://www.pref.shizuoka.jp/kyouiku/kk-080/tosyokan/20180322.html

【智頭町】(鳥取県)
新智頭図書館設計業務内ワークショップ支援業務

9月16日(月・祝)のワークショップの前日、智頭町の石谷家住宅で開催されていた展示「鬼塚喜八郎の歩み」を観てきました。小さな蔵をうまく活用した素敵な展示だったのですが、そこには因縁のトレーニングシューズ「コルテッツ」も展示されていたのです!
「コルテッツ」ってナイキのシューズでしょ?と思われた方がいるかもしれません。そう、この「コルテッツ」はアシックスとナイキの間の深い因縁を象徴するシューズなのです。詳細を知りたい方は、ナイキ創業者フィル・ナイト自身の著書『SHOE DOG』などをお読みください。(李)

・智頭町
http://www1.town.chizu.tottori.jp/

【四万十町】(高知県)
四万十町文化的施設整備基本計画策定委託業務

9月24日(火)、四万十町で第5回四万十町文化的施設検討委員会が開催されました。もちろん弊社も事務局として参加しました。基本計画(案)の策定も終盤です。しかし、議論も大事であり、今回もかなり密な議論が行われました。
終了後には12月、1月に実施する子ども議会の打ち合わせを行い、盛りだくさんな四万十町訪問でした。

・四万十町 – 「(仮称)四万十町文化的施設基本計画」の策定に向けて
https://www.town.shimanto.lg.jp/life/detail.php?hdnKey=6032

【佐川町】(高知県)
佐川町新図書館整備基本構想策定委託業務

図書館、青山文庫、発明ラボの融合を目指す計画を進めている佐川町ですが、このうちの発明ラボの発展性について現在検討を進めています。今週はしばらく宿題のままとなっていた新たな企画書を起こしました。この企画書、まだ公開できませんが、いわゆるFab系の施設の明日につながると感じています。(岡本)

・佐川町
http://www.town.sakawa.lg.jp/

【最近の仕事】

キハラ株式会社の公式サイトリニューアルを支援
https://arg-corp.jp/2019/08/23/kiharaweb/
https://www.facebook.com/ARGjp/posts/2422669077778700/

第14回ARG「Webインテリジェンスとインタラクション」研究会の運営を支援
https://arg-corp.jp/2019/08/21/sigwi2-9/
https://www.facebook.com/ARGjp/posts/2422663971112544/

創業10周年記念イベント「さらなる『学問を生かす社会へ』向けて」を開催
https://arg-corp.jp/2019/08/19/arg-64/
https://www.facebook.com/ARGjp/posts/2422172154495059

なお、上記以外にもこれまで計画・整備に関わった施設のアフターケアや、これから計画・整備を予定している自治体等のご相談に対応しています。ご関心のある方は、下記までお気軽にご連絡ください。

info@arg-corp.jp

また、主に図書館についての私たちの考えは下記サイトをご覧ください。

http://arg-corp.jp/

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

    共著『未来の図書館、はじめませんか』発売中-三刷も、決定!

            岡本真、森旭彦著
     『未来の図書館、はじめませんか』(青弓社、2014年)
    http://www.seikyusha.co.jp/wp/books/isbn978-4-7872-0053-2
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200534/arg-22/

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

===================================
 ◆ イベントカレンダー ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

<凡例>
◆編集者独断によるオススメ
◇通常掲載

◇2019-09-30(Mon):
情報ネットワーク法学会 ネット社会法務研究会 第2回研究会(大谷和子、片山史英)
(於・東京都/中央大学 市ヶ谷田町キャンパス)
http://www.in-law.jp/bn/2019/20190910.html

◆2019-10-02(Wed):
第1回名古屋大学情報連携統括本部公開講演会・研究会「学内連携で進める研究データ管理」(天野絵里子)
(於・愛知県/名古屋大学)
http://www.icts.nagoya-u.ac.jp/ja/information/event/2019-09-04-seminar.html

◇2019-10-03(Thu):
情報ネットワーク法学会 ネット社会法務研究会 第2回研究会
(於・大阪府/関西大学 梅田キャンパス)
http://www.in-law.jp/bn/2019/20190901.html

◆2019-10-04(Fri):
日本インターネットプロバイダー協会CROSS Party 2019
(於・神奈川県/大桟橋ホール)
https://www.cross-party.com/

◇2019-10-04(Fri):
日本出版学会 出版デジタル研究部会「紙書籍、電子書籍に対する消費者の意識・行動の変化と電子図書館の今後」(渡部和雄、梅原英一)
(於・東京都/デジタルハリウッド大学)
http://www.shuppan.jp/yotei/1122-2019104.html

◇2019-10-05(Sat):
日本病院ライブラリー協会 2019年度第2回研修会「地域と病院図書館 Part2」
(於・千葉県/亀田総合病院)
https://jhla.jp/kenshukai/201902/

◇2019-10-06(Sun):
国立国会図書館 国際子ども図書館 講演会「現代ロシアの芸術と絵本-国際アンデルセン賞作家イーゴリ・オレイニコフ氏を迎えて」(イーゴリ・オレイニコフ)
(於・東京都/国立国会図書館国際子ども図書館)
https://www.kodomo.go.jp/event/event/event2019-12.html

◇2019-10-06(Sun):
Next-L Enju ワークショップ #83
(於・茨城県/筑波大学 春日エリア)
https://www.facebook.com/events/1660313960769512/

◆2019-10-06(Sun):
日本図書館研究会 2019年度図書館学セミナー「公共図書館における地域資料に関わるサービスの意義と今後の展望」
(於・奈良県/奈良大学)
http://www.nal-lib.jp/events/seminar/2019/invit.html

◆2019-10-08(Tue):
2019 International Open Data Summit
(於・東京/東京大学 本郷キャンパス)
http://www.vled.or.jp/2019IODsummit/

◇2019-10-09(Wed):
情報処理学会 短期集中セミナー「AI×IoTの社会実装と標準化における課題と取り組み」
(於・東京都/産業技術総合研究所 臨海副都心センター)
https://www.ipsj.or.jp/event/s-seminar/2019/ITSCJ-AIxIoT/

◆2019-10-11(Fri):
2019年NDLデジタルライブラリーカフェ「文献アーカイブからのナレッジ抽出と情報アクセス」(アダム・ヤトフト)
(於・東京都/国立国会図書館 東京本館)
https://lab.ndl.go.jp/cms/digicafe2019

◆2019-10-12(Sat):
2019年NDLデジタルライブラリーカフェ「ジャパンサーチ×エディタソン 新しいキュレーションを模索する」(田良島哲、大井将生)
(於・東京都/国立国会図書館 東京本館)
https://lab.ndl.go.jp/cms/digicafe2019

◆2019-10-12(Sat):
科研費基盤研究(A)「仏教学デジタル知識基盤の継承と発展」シンポジウム「デジタル知識基盤におけるパブリックドメイン資料の利用条件をめぐって」
(於・東京都/都市センターホテル)
http://21dzk.l.u-tokyo.ac.jp/kibana/sympo2019/

◆2019-10-17(Thu)〜2019-10-18(Fri):
日本図書館協会 第13回日中国際図書館学セミナー「図書館とデジタル人文学の関係を考える:オープンデータの視点から」
(於・中国/上海図書館)
http://www.nal-lib.jp/events/seminar/2019/kokusai-invit.html

◇2019-10-19(Sat)〜2019-10-20(Sun):
経営情報学会 秋季全国研究発表大会 2019「デジタルトランスフォーメーション(DX)が拓く新たな地平」
(於・静岡県/静岡大学 浜松キャンパス)
http://www.jasmin.jp/activity/zenkoku_taikai/2019_fall/

◇2019-10-19(Sat)~2019-10-20(Sun):
日本図書館情報学会 第67回(2019年度)研究大会
(於・京都府/龍谷大学 大宮キャンパス)
http://jslis.jp/events/annual-conference/

◆2019-10-19(Sat):
ロー・ライブラリアン研究会 研修交流会「法情報の調べ方入門」一日版(全二回) 第1回 士業連携・法令・判例
(於・東京都/TKC東京本社)
https://www.kokuchpro.com/event/LLken20191019/

◆2019-10-25(Fri):
情報処理学会連続セミナー2019 第4回:AIと歩む未来(3)「社会に広がるAIの現状と課題」
(於・東京都/日本大学理工学部駿河台校舎)
https://www.ipsj.or.jp/event/seminar/2019/program04.html

◆2019-10-25(Fri):
情報処理学会連続セミナー2019 第4回:AIと歩む未来(3)「社会に広がるAIの現状と課題」
(於・大阪府/大阪大学中之島センター)
https://www.ipsj.or.jp/event/seminar/2019/program04.html

◆2019-10-25(Fri):
情報処理学会連続セミナー2019 第4回:AIと歩む未来(3)「社会に広がるAIの現状と課題」
(於・宮城県/東北大学電気通信研究所)
https://www.ipsj.or.jp/event/seminar/2019/program04.html

◇2019-10-26(Sat):
PCカンファレンス北海道2019「AI時代の情報リテラシー」
(於・北海道/酪農学園大学)
https://www.hokkaido.seikyou.ne.jp/pcch/2019/

◇2019-10-26(Sat):
情報処理学会 高校教科「情報」シンポジウム2019秋「夢か現か幻か!『情報I』教員研修用教材と情報入試問題例。」(仮)
(於・東京都/専修大学 神田キャンパス)
https://sigps.eplang.jp/index.php?%B9%E2%B9%BB%B6%B5%B2%CA%A1%D6%BE%F0%C…

◇2019-10-28(Mon):
情報科学技術研究会(INFOSTA)研修会・セミナー「ヘルスインフォメーション・リテラシー講座:信頼できる情報の見極め方!」(南郷栄秀、鈴木博道)
(於・東京都/日本図書館協会会館)
https://www.infosta.or.jp/seminars/semi191028/

◇2019-10-29 (Tue):
日本信頼性学会2019年度第1回フォーラム「人工知能(AI)技術の信頼性・安全性への活用と課題」
(於・東京都/東高円寺ビル)
https://www.reaj.jp/modules/eguide/event.php?eid=113

これ以前以後のイベント情報は下記をご覧ください。
http://www.arg.ne.jp/calendar

===================================
 ◆ 「マガジン航」から ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG)が発行支援するウェブ媒体「マガジン航」の最近の記事を紹介します。

・仲俣暁生〈月のはじめに考える-Editor’s Note〉「表現の自由を支える「小さな場所」たち」(2019-09-19)
「このエディターズノートはいつも月初に書くことにしているのだが、今月はあまりにも考えなくてはならないことが多すぎて、一週間以上もずれ込んでしまった。
先週はあいちトリエンナーレ2019を見るため、名古屋市と豊田市を駆け足でまわってきた。参加作家の一人である「表現の不自由展・その後」の展示内容に対する批判や抗議、さらには展示続行を困難にさせる職員等への脅迫的言辞もあり、わずか開催3日で同展が中止に追い込まれた経緯は、報道などを通じてご存知のとおりである」。
https://magazine-k.jp/2019/09/09/editors-note-46/

===================================
 ◆ 活動の予定と報告 ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

<凡例>
◆新規、もしくは更新あり
◇既掲載、変更なし

◆20190-10-10(Thu):
宮城県総合教育センター学校図書館担当事務職員研修「高校図書館のための図書館100連発2-この1年の試行錯誤を振り返る」(岡本真)
(於・宮城県/宮城県総合教育センター)
http://www.edu-c.pref.miyagi.jp/training/list/

講義・講演のご依頼をお考えの方、お気軽にご相談ください。

弊社の場合、1)早い者勝ち、2)地方優先だけがルールです。

法人としての活動は、

http://arg-corp.jp/
https://www.facebook.com/ARGjp

をご参照ください。業務発注、歓迎です。各種ご相談に対応いたします。

◇最近の主要業務:
 1.公共施設・商業施設の新設・リニューアル・運営等の計画策定支援
 2.ウェブ技術を中心とした産官学民連携のコーディネート
 3.共同オフィス・シェアハウス等のコミュニティー空間の創造
 4.ウェブコンサルティングや専門的調査の実施代行
 5.ワークショップ等によるアイデア発想・知識創造の支援

また、当面の間、

          岡本真『未来の図書館、はじめます』
           (青弓社、2018年、1800円+税)
    https://www.seikyusha.co.jp/bd/isbn/9784787200693/
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200690/arg-22/

本誌の趣旨や販促にかなう限りは、講演謝金不要で講演依頼を受付ます。ただし、旅費はご支給ください。ただし、日々全国を行脚しているので、日程によっては旅費も大幅に抑制できることがあります。お気軽にご相談ください。

なお、本2019年度も総務省の地域情報化アドバイザーの委嘱を受けており、すでに派遣申込が開始されています。岡本の派遣をご希望いただける場合はあらかじめ弊社までご相談ください。なお、すでに11自治体から派遣要請をいただいており、これ以上の対応には調整が必要な状況です。ご相談はお早めにお願いします。

・地域情報化アドバイザー派遣制度(ICT人材派遣制度)
http://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/ictseisaku/ictriyou/manager.html
・平成31年度「地域情報化アドバイザー」派遣申請の受付開始
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu06_02000209.html

また、

・地域情報化アドバイザー派遣 過年度優良事例
https://www.applic.or.jp/suemn15lane9s8rn5

が更新され、2018年度の優良事例が紹介されています。紹介されている7事例のうち、

◇オープンデータ(デジタルアーカイブ・図書館・地域情報発信)
・大阪市立中央図書館(大阪府)
・津山市立図書館(岡山県)

の2つは岡本が助言を行った事例となりますので、ご参照ください。

~<弊社編集媒体>~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    ~図書館の未来がわかる、新しいライブラリーマガジン~
   ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)(編集・発行:ARG)
       http://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/
          https://www.facebook.com/LRGjp
           https://twitter.com/LRGjp

   ~図書館や教育関係者に向けた新しいニュース紹介メディア~
            リブラボ、更新中
        https://www.facebook.com/LibLabo/

===================================
 ◆ 編集日誌 ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

◆2019-09-23(Mon): 大山崎ライブラリーフレンズでのまとめの会へ

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9907

京都へ。前回に続き、地域情報化アドバイザーとして大山崎ライブラリーフレンズによる、いまの図書室をよりよくし、並行して今後の図書館設置を考えるためのするアイデア集約です。

今回も地域の方々の参加が多世代にわたって多く、いい会であったと思います。終了後は伊丹から高知へ。

◆2019-09-24(Tue): 四万十町で第5回文化的施設検討委員会

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9908

高知市内を出て四万十町へ。本日は第5回文化的施設検討委員会でした。基本計画の策定も大詰めです。

◆2019-09-25(Wed): 高知から帰京し、北九州市プロポーザルの祝勝会

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9909

今回は早々に午後の便で帰京し、都内で会議・会食でした。先日行われた

・北九州市 – 門司港地域複合公共施設新築工事基本設計業務に係る簡易公募型プロポーザルについて
https://www.city.kitakyushu.lg.jp/ken-to/06600036.html

で、最優秀者に選定された石本・海渡設計共同企業体の協力会社として弊社も参画しています。本日はそのキックオフ会議と祝勝会でした。

これから門司港地域複合公共施設の設計に取り組んでいきます。

◆2019-09-26(Thu): 「おもいやりハウス 崖の下のたい」のオープンハウスに参加

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9910

本日オープニングパーティが開かれた

・子育てママ達の挑戦!中村町にみんなで支え合う拠点づくり!
https://readyfor.jp/projects/omoiyaritai/

の「おもいやりハウス 崖の下のたい」を見学してきました。本当にいい場所ができたと思います。とはいえ、ここからが本当にスタートですので、地域を支える団体を支えていきます。

◆2019-09-27(Fri): 一般社団法人エリア・イノベーション・アライアンスを訪問

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9911

・一般社団法人エリア・イノベーション・アライアンス
http://areaia.jp/

を初めて訪問しました。木下斉さんといま一緒に計画していることをあれこれと議論しました。パズルのピースが次々と埋まっていく感覚です。この件は11月頃には発表できると思います。お楽しみに。

終了後は大阪へ移動。お久しぶりな知人と一献。

◆2019-09-28(Sat): 図書館総合展2019 フォーラム in大阪を開催

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9912

・図書館総合展2019 フォーラム in大阪
https://www.libraryfair.jp/news/8483

を開催しました。事務局として、また出展する協賛社として参加しました。

参加人数も多く、なによりもフォーラムでの議論が実に実りあるものであったと思います。私どもの無茶ぶりに存分に応えてくださった福島幸宏さん(東京大学大学院情報学環)に心からの敬意と感謝を。

◆2019-09-29(Sun): 佐賀県立図書館デザイン会議を開始

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9913

早朝に大阪を出て、佐賀へ。これまでも断続的にアドバイザーを務めてきた佐賀県立図書館ですが、佐賀県まなび課からのご相談を受け、まずは今回から3回の佐賀県立図書館デザイン会議を始めることになりました。

・佐賀県まなび課Facebookページ
https://www.facebook.com/manabi.saga/

初めての開催でしたが、先日の大山崎町同様、実に多世代の県民のみなさんが数多くお集まりで、非常にいいスタートが切れたと思います。

一泊したいところでしたが、明日は静岡で仕事なので帰京。

             岡本真:ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)編集長

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)[ARG-765]2019年09月30日(週刊)
【発行者】アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG)
【編集者】岡本 真:ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)編集部
【発行地】〒231-0012 横浜市中区相生町3-61泰生ビル さくらWORKS<関内>407
ISSN 】1881-381X
【E-Mail】info [&] arg-corp.jp [&] を@に置き換えてください。
【サイト】http://www.arg.ne.jp/ (メルマガ)
     http://arg-corp.jp/ (コーポレート)
【Facebook】https://www.facebook.com/arg.ne.jp/ (メルマガ)
      https://www.facebook.com/ARGjp/ (コーポレート)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本誌掲載記事の取り扱いは、著作権法に則って行ってください。本誌の許可を得ていない記事の転載は違法です。引用は著作権法の範囲内で。記事を情報源として二次的に利用する際には、情報源としての本誌の存在を明記してくださるようお願いします。
悪質な例に対しては、法的手段を含め相応の対応をします。なおメーリングリストなど、複数による閲覧が可能なアドレスでの登録はご遠慮ください。

Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG) All Rights Reserved.
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

メールマガジンの配信登録(無料)をしていただくと、定期的にまとめて記事がお手許に届きます。
下の空欄にメールアドレスを入力し、右の[配信登録(無料)]を押してください。

メールアドレス: