767号(2019-10-14、4104部)

ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG)の767号(2019-10-14、4104部)を発行しました。

主な記事は、

○お知らせ
 -「ARGパーク2019~新しい公共をつくる広場 2~@第21回図書館総合展への招待」<情報第3弾:11/13(水)開催・ARG創業10周年感謝祭のお知らせ>
 -「ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)第28号、発売。特集は『民間公共の系譜-近代の人々はいかにして図書館を興してきたのか』」
 -「岡本真著『未来の図書館、はじめます』(青弓社、2018年)販促情報」

○産官学民連携クリップ

○【毎週更新】各地のプロジェクトから

○イベントカレンダー

○「マガジン航」から
 -〈月のはじめに考える-Editor’s Note〉「『本の未来』はすでにいま、ここにある-創刊十周年を期して」(仲俣暁生)

○活動の予定と報告

○編集日誌
 -大阪大学吹田キャンパスに西尾総長を訪問
 -関西学院大学総合政策学部「情報メディアとエディターシップ」で講義
 -名取市図書館で初心者向けタブレット講習会の講師
                             など、7日分

○奥付

1998-07-11創刊(創業10周年イヤー)           ISSN 1881-381X
-----------------------------------
      ◆◇◆ ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG) ◆◇◆
-----------------------------------
         Science, Internet, Computer and …

       2019-10-14発行   ‡No.767‡   4104部発行

  -第21回図書館総合展への招待・ARG創業10周年感謝祭のお知らせ-

 “Ask not what the net can do for you
                 -ask what you can do for the net.”

-----------------------------------  ◇ 目次 ◇
-----------------------------------

○お知らせ
 -「ARGパーク2019~新しい公共をつくる広場 2~@第21回図書館総合展への招待」<情報第3弾:11/13(水)開催・ARG創業10周年感謝祭のお知らせ>
 -「ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)第28号、発売。特集は『民間公共の系譜-近代の人々はいかにして図書館を興してきたのか』」
 -「岡本真著『未来の図書館、はじめます』(青弓社、2018年)販促情報」

○産官学民連携クリップ

○【毎週更新】各地のプロジェクトから

○イベントカレンダー

○「マガジン航」から
 -〈月のはじめに考える-Editor’s Note〉「『本の未来』はすでにいま、ここにある-創刊十周年を期して」(仲俣暁生)

○活動の予定と報告

○編集日誌
 -大阪大学吹田キャンパスに西尾総長を訪問
 -関西学院大学総合政策学部「情報メディアとエディターシップ」で講義
 -名取市図書館で初心者向けタブレット講習会の講師
                             など、7日分

○奥付

~~~~~~~~~~~~~~<最新刊発売>~~~~~~~~~~~~~~

           本誌編集長・岡本真の最新著

           『未来の図書館、はじめます』
           (青弓社、2018年、1944円)

   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200690/arg-22/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~<弊社関係企画>~~~~~~~~~~~~~~

  国宝の備前刀「山鳥毛里帰りプロジェクト」クラウドファンディング

          https://setouchi-cf.jp/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

===================================
 ◆ お知らせ ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

「ARGパーク2019~新しい公共をつくる広場 2~@第21回図書館総合展への招待」

   <第3弾:11/13(水)開催・ARG創業10周年感謝祭のお知らせ>

アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG、以下弊社)は、以下の通り第21回図書館総合展にARGブース「ARGパーク2019~新しい公共をつくる広場 2~」を出展します。

■日時:2019年11月12日(火)~11月14日(木)10:00~18:00
■会場:パシフィコ横浜(神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1)

【概要】
「新しい公共をつくる広場」というメインテーマのもと、図書館から広がる思考と実践を往還するプログラムを催します。
また、今年も下記のようなコラボレーションを実施し、ブースの展示とイベントを盛り上げます。
・日本大学芸術学部との共同ブース
・恩納村文化情報センターの特別展示
・毎年好評な移動カフェ「thanks milk」 がさらに魅力的なドリンクメニューで登場!
・有隣堂ブースとの連携によるLRG(ARG発行の雑誌)他関連書籍の販売

おいしいドリンク等を片手に、プログラムや展示・サービスをお楽しみください。

なお、会期中の中日にあたる11月13日(水)に、弊社創業10周年の感謝を込めたARG創業10周年感謝祭を開催します。申込不要でご都合のよいタイミングでの来場歓迎ですので、お気軽にご参加ください。

【ARG創業10周年感謝祭】

日時:2019年11月13日(水)19~21時
会場:泰生ポーチ(横浜市相生町2-52) http://taisei-po-chi.yokohama/
内容:創業10周年のお祝いに各所から頂戴したアルコール類等を提供します。持ち込みも歓迎です。上記時間帯は弊社代表の岡本らが常駐し、みなさまと交流します。会費不要ですが、会場で

・宮城県富谷市初の図書館!市民の声でつくるみんなが主役の場所を(Readyforプロジェクトページ)
https://readyfor.jp/projects/tomiya-lib

への支援を受け付けます。

【プログラム】

■1日目:11/12(火)

<プログラムテーマ 1>11:00~12:00
タイトル:地域から考える仕事と子育ての環境(仮)
ゲスト:後藤清子(株式会社ピクニックルーム)
ファリシリテーター:島津、三苫(ARG)

<プログラムテーマ 2>14:00~15:30
タイトル:須賀川市民交流センターtette ドキュメンタリーを観て語ろう
ファリシリテーター:李(ARG)

<プログラムテーマ 3>16:00~17:00
タイトル:自治体や企業でのビブリオバトルの活用(仮)
ゲスト:松波慎朗(NTTデータ)、市川紀子(有隣堂)
ファリシリテーター:三苫(ARG)

■2日目:11/13(水)

<プログラムテーマ 4>10:30~11:30
タイトル:進化する恩納村文化情報センター(仮)
ゲスト:呉屋美奈子+1名(恩納村文化情報センター)
ファリシリテーター:岡本(ARG)

<プログラムテーマ 5>14:00~15:30
タイトル:地域を支える「新しい広場」(仮)
ゲスト:嶋田学(奈良大学教授)
ファリシリテーター:李(ARG)
※トークセッション後、即売サイン会:嶋田学『図書館・まち育て・デモクラシー』(青弓社)

<プログラムテーマ 6>16:00~17:00
タイトル:未定
ゲスト:日大芸術学部のみなさん
ファリシリテーター:小野永貴(日大芸術学部)

■3日目:11/14(木)

<プログラムテーマ 7>10:30~11:30
タイトル:未定
ゲスト:額賀順子(男木島図書館理事長、nuuno代表)
ファリシリテーター:宮田(ARG)

<プログラムテーマ 8>13:30~15:00
タイトル:LRG第28号刊行記念「民間公共の系譜 近代の人々はいかにして図書館を興してきたのか」(仮)
ゲスト:木下斉(一般社団法人エリア・イノベーション・アライアンス代表理事)
ファリシリテーター:岡本(ARG)
※書籍販売予定:『LRG第28号』(アカデミック・リソース・ガイド株式会社)、木下斉『地元がヤバい…と思ったら読む 凡人のための地域再生入門』(ダイヤモンド社)、他

<プログラムテーマ 9>15:30~16:30
タイトル:未定
ゲスト:未定
ファリシリテーター:岡崎(ARG)

【図書館づくり・まちづくり相談会開催】

また例年好評なARGの図書館づくり・まちづくり相談会も実施します。こちらはすでに申込受付を開始していますので、ご検討の方はお早めにお申し込みください。
図書館など、公共施設の整備に携わった経験をもとに、みなさまの図書館にとっての最適な解を一緒に考えていきます。

施設の整備を考えている自治体や大学のみなさま、この機会をぜひご活用ください。
※要事前予約。応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。
※無料です。

○場所:弊社のブースにて
○日時:以下の枠のどちらかをお選びください。

■2019年11月12日(火)
・13:00~13:30
・13:30~14:00

■2019年11月13日(水)
・11:30~12:00
・13:00~13:30
・17:00~17:30

■2019年11月14日(木)
・11:30~12:00
・16:30~17:00
・17:00~17:30

・上記の時間以外でご希望の時間帯(要調整)
※応募者多数の場合は抽選となります。
○お申込み:
・ご所属
・担当者氏名
・連絡先(電話番号、メールアドレス)
・希望時間
・相談の概要、を明記の上、下記のメールアドレスへお送りください。
info@arg-corp.jp (担当:李)

【「thanks milk」について】
今年もブースに登場する「thanks milk」は、横浜市出身で、動物好きが高じて農業高校に入り畜産を学んだ橋本恵美さんが、畜産の価値をきちんと伝えようと始めたカフェです。低音殺菌の牛乳、国産非加熱はちみつを使用したこだわりの優しいドリンクを販売します。コーヒーやミルク系のドリンク等を飲みながら、ブース内でのプログラムや展示をお楽しみください。

【登壇フォーラム】

■1日目:11/12(火)

10:00~11:30
第8回首長フォーラム「公・大連携の新しい形-箕面市と大阪大学の挑戦」(岡本真)
https://www.libraryfair.jp/forum/2019/8391
倉田哲郎・箕面市長と西尾章治郎・大阪大学総長のトークの司会を岡本が担当します。

■2日目:11/13(水)

10:00~11:30
コミュニケーションツールを知ろう~これからはじめる人のために~(岡崎有彩)
https://www.libraryfair.jp/forum/2019/8453
LRGでもおなじみの佐藤翔さんの講演の司会を岡崎が務めます。

13:00~14:30
須崎市図書館等複合施設整備に向けた建設構想策定委託業務・最終審査公開プロポーザル(岡本真)
https://www.libraryfair.jp/forum/2019/8434
審査委員を岡本が務めます。

15:30~17:00
Library of the Year 2019(李明喜)
https://www.libraryfair.jp/forum/2019/8449
県立長野図書館のプレゼンターを李が務めます。

15:30~17:00
市民団体指定管理者フォーラム「各地からの現状報告と将来見通し」(岡本真)
https://www.libraryfair.jp/forum/2019/8443
コーディネーターを岡本が務めます。

■3日目:11/14(木)

15:30~17:00
先端技術が拓く地域の未来、図書館の未来-堀見佐川町長と松尾豊教授を迎えて(仮)(李明喜)
https://www.libraryfair.jp/forum/2019/8473
東大ソフトボール部の先輩後輩という堀見和道・佐川町長と松尾豊・東京大学教授の対談の司会を李が務めます。

いずれのフォーラムもすでに申込受付が始まっていますので、ご関心あるフォーラムの参加登録はお早めに。

「ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)第28号、発売。特集は『民間公共の系譜-近代の人々はいかにして図書館を興してきたのか』」

2019年9月30日(月)、ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)第28号が発売となりました。特集は「民間公共の系譜-近代の人々はいかにして図書館を興してきたのか」です(責任編集:岡本真)。

・ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)第28号
https://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/next/

◆巻頭言 次の10年を見据える[岡本真]

◆特集 「民間公共の系譜-近代の人々はいかにして図書館を興してきたのか」
 -まえがき:「民間公共」という問いからの10年間[岡本真]
 -1.大日本報徳社と「淡山翁記念報徳図書館」[奥野寿夫(掛川市立図書館 前・館長)]
 -2.野本恭八郎と「大正記念長岡市立互尊文庫」[井口麻子(長岡市立中央図書館)]
 -3.宇部共同義会と「宇部市立図書館」[藤永義昭(宇部市立図書館)]
 -4.濱口家と「公正図書館」[湯澤規子(法政大学教授)]
 -5.「興風会図書館」と「野田市立興風図書館」[川嶋斉(野田市立興風図書館)]
 -6.森本家と「津山基督教図書館」[大河原信子(津山市立図書館)] p.038
 -7.ヴォーリズと「近江兄弟社図書館」[太田典子(ヴォーリズ学園図書館)]
 -8.岩瀬弥助と「岩瀬文庫」[林知左子(西尾市岩瀬文庫)]
 -9.斎藤實と「皋水記念図書館」[安倍初雄(奥州市立斎藤實記念館)]
 -10.岡田健藏と「市立函館図書館」[丹羽秀人(函館市中央図書館)]
 -11.川田豊太郎と「川田文庫」「青山文庫」[藤田有紀(佐川町立青山文庫)]
 -12.杉野文彌と「江北図書館」[明定義人(前・江北図書館長)]
 -対談:民間公共の系譜と現代[木下斉×岡本真]
 -特別寄稿:もうひとつの『ニューヨーク公共図書館』~映画の背景にあるものを読み解く~[豊田恭子]

◆司書名鑑 第23回 茂原暢(公益財団法人渋沢栄一記念財団 情報資源センター/センター長、専門司書)

◆連載 伊藤大貴の視点・論点 第6回「地企業がパブリックを担う時代 活躍の場が広がる議員、公務員」[伊東大貴]

◆連載 島ではじめる未来の図書館~西ノ島・新図書館建設プロジェクト~番外編「島それぞれの図書館(海士町)」[田中輝美]

◆連載 かたつむりは電子図書館の夢をみるか LRG編 第11回「書架番号、必要ですか? VRを使って実験してみた」[佐藤翔]

◆連載 猪谷千香の図書館エスノグラフィー 第11回「すべての働く人たちの、未来のためにある図書館「エル・ライブラリー」[猪谷千香]

◆連載マンガ ここが変だよ地方行政 第2回「議員と社会のせつない関係」[小田理恵子]

スタッフボイス
次号予告
アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG) 業務実績 定期報告

【岡本真著『未来の図書館、はじめます』(青弓社、2018年)販促情報】

岡本真の最新著『未来の図書館、はじめます』(青弓社、2018年)はAmazonほかの書店での販売されています。ぜひお買い求めください。

◇書誌情報:

・岡本真著『未来の図書館、はじめます』(青弓社、1800円+税)
https://www.seikyusha.co.jp/bd/isbn/9784787200693/
・Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/4787200690
・honto
https://honto.jp/netstore/pd-book_29310194.html
・紀伊國屋書店
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784787200693
・楽天ブックス
https://books.rakuten.co.jp/rb/15656565/

なお、本誌の趣旨や販促にかなう限りは、講演謝金不要で講演依頼を受付ます。ただし、旅費はご支給ください。ただし、日々全国を行脚しているので、日程によっては旅費も大幅に抑制できることがあります。お気軽にご相談ください。

[目次]

序章 なぜ「はじめます」か?-「はじめに」に代えて 1 図書館プロデューサーとしての八年余 2 よくいただく相談 3 図書館を考える「勘どころ」 4 なぜ「はじめます」か? 5 なぜ、「はじめる」なのか? 6 図書館をはじめるということ-「整備」と「運営」と

第1章 図書館をはじめるための準備 1 先行する知見にまなぶ 2 図書館の見学 3 さまざまな資料 4 実際の計画を知る 5 図書館をはじめる準備を終えて

第2章 図書館整備の背景・課題 1 図書館整備の背景 2 図書館整備の課題

第3章 図書館整備の手法と進め方 1 図書館整備の手法 2 図書館整備の進め方

第4章 図書館整備にあたってのFAQ 1 どのように市民の意見を集約するのか? 2 そもそも、何をどこまで委託すべきなのか? 3 市民協働は必要か? 4 オーナーシップとイコールパートナーシップ-「ひとごと」から「私たちごと」へ

おわりに-とりあえずの「まとめ」として

補論 図書館のデザイン、公共のデザイン 李明喜 1 図書館でのデザインとは何か? 2 図書館のプロダクト・デザインの変革はブックトラックから始まる 3 これからの図書館・公共施設づくりと地域デザイン

付録 再録「まえがき ‐ 図書館は知の番人だ」ー『未来の図書館、はじめませんか?』から
ARGが関わった図書館整備・図書館運営支援の業務一覧

===================================
 ◆ 産官学民連携クリップ ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

弊社の2本柱の1つである産官学民連携のコーディネート事業から見えてくる最近のトレンドをニュース解説を交えて紹介していきます(岡本、岡崎、三苫)。

1.さよなら、ダンジョン駅!? ヤフーが開発する「GPS不要」の位置情報技術がすごい
https://www.businessinsider.jp/post-200175
何気なく読み始めた古巣の研究開発の内容がなかなか突き抜けていました。これは実用的になればかなりすごいものという気がします。「SCAN」というこの技術、なにがすごいのかというと、スマートフォンのカメラで地図を読み取るだけで、GPSやWi-Fiの信号を用いずに屋内での現在地を特定するからです。
実用性が気になるところですが、「実際のサービス展開時期はまったく白紙の状態」とのこと。ヤフーのみなさん、ぜひ弊社にご相談ください。(岡本)

2.リチウム充電池を作った3名がノーベル化学賞を共有
https://jp.techcrunch.com/2019/10/10/2019-10-09-creators-of-modern-recha…
充電式の電池として幅広く利用されているリチウムイオン電池を開発した、吉野彰氏(旭化成名誉フェロー/名城大学教授)、ジョン・グッドイナフ氏(米国テキサス大学教授)、スタンリー・ウィッティンガム氏(米国ニューヨーク州立大学卓越教授)の3名がノーベル化学賞を授与することをスウェーデン王立科学アカデミーが発表しました。
最も身近な場所で利用しているリチウム電池は、誰もがスマートフォンと言うのではないでしょうか。吉野氏らが開発したリチウムイオン電池がいまの私たちの生活をつくっていると思うと、とても重要な開発、発明であることがわかります。(岡崎)

3.グーグル、観光に特化した「デジタルスキル研修」を開始、コミュニケーションや広告集客の手法など
https://www.travelvoice.jp/20191001-138673
2014年4月から無料提供されているグーグルによるデジタルスキルの習得トレーニングに、観光分野に特化したプログラムが追加されました。プログラム提供にあたってグーグルは、各地域の観光事業に携わる団体や企業と連携し、デジタル活用の課題解決、活用を目指します。日本政府観光局の資料によると海外からの訪日観光客は毎月250万人を超えていますが、この特別プログラムが各地の観光事業発展の後押しとなるでしょうか。
多様な切り口からさまざまな利用者にアプロ―チすることで、利用促進も兼ねているだろうこの教育プログラム、今後の拡充に注目です。(三苫)
<関連サイト>
・Grow with Google (Grow with Google、2019-10-10)
https://grow.google/intl/ALL_jp/
・月別・年別統計データ(訪日外国人・出国日本人)(日本政府観光局(JNTO) 、2019-10-10)
https://www.jnto.go.jp/jpn/statistics/visitor_trends/

===================================
 ◆ 各地のプロジェクトから ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG)は日本各地で公共・民間施設の計画・整備に関する事業に携わっています。

現在、関係している事業のうち、情報公開が可能なプロジェクトについて、日本各地での現状を随時お知らせしていきます。なお、弊社の売上が税金に由来する案件は原則的に受託の事実や事業の内容を公共コミュニケーションの一環として、ここで公開していきます。

【富谷市】(宮城県)
富谷市民図書館整備資金調達、管理運営計画策定及び設計プロセス策定支援業務

富谷市で挑戦しているガバメントクラウドファンディングは寄附金額が200万円を突破し、10月12日(土)現在、123名から202万円の寄附をいただきました。街道まつりでのチラシ配布等で図書館建設プロジェクトを知った市民の方々が続々と寄附をしてくださり、この結果につながったと思います。ご協力いただいた方々にお礼申し上げます。
Readyforの新着情報には、寄附金額が200万円を突破したことへの感謝のメッセージが掲載されていますので、ご一読いただければ幸いです。
残り日数は26日となり、1ヶ月を切りました。よりよい図書館を求める声が広がっていることを示すためには、まだまだ皆さんのご協力が必要です。シェアやいいね!をしていただくだけでも力強い支援となります。引き続きご協力のほどよろしくお願いいたします。(宮田)

・ 200万円突破いたしました!!!(Readyforプロジェクトページの新着情報)
https://readyfor.jp/projects/tomiya-lib/announcements/113685
・宮城県富谷市初の図書館!市民の声でつくるみんなが主役の場所を(Readyforプロジェクトページ)
https://readyfor.jp/projects/tomiya-lib
・富谷市 – 富谷市民図書館整備に向けた取組みについて
https://www.tomiya-city.miyagi.jp/soshiki/syogaigakusyu/library-scheme-2…

【瑞穂町】(東京都)
瑞穂町図書館改修工事基本計画、基本設計及び実施設計支援業務

瑞穂町の社会教育施設「耕心館」では、秋に咲くヒガンバナ科の花「マユハケオモト」が咲き始めています。漢字で書くと「眉刷毛万年青」。刷毛のような花と「万年青」に似た厚い葉を持つことから、この名がついているそうです。秋の深まりを感じます。図書館の整備もペースを上げていきます。(李)

・瑞穂町 – 瑞穂町図書館改修工事基本計画、基本設計及び実施設計事業者選定業務に係る公募型プロポーザルの結果について
https://www.town.mizuho.tokyo.jp/jigyousya/001/003/p006834.html

【長野県】
県立長野図書館信州・学び創造ラボ 空間デザインコンセプト/運営検討支援業務

先日好評だった「おみそしるの会」に続き、「信州・学び創造ラボ」で食農系のイベントが開催されます。10月19日(土)の「Labo.Cafe #4あさラボ(ガレットの会)」は、信州産ソルガムでガレットをつくります!つくって食べるだけでなく、ラボ・マルシェの作戦会議も行いますので、ぜひご参加ください!(李)

・よむナガノ 県立長野図書館ブログ
https://blog.nagano-ken.jp/library/

【静岡県】
「文化力の拠点」における新県立中央図書館管理運営計画支援業務

新図書館建設予定地となっている東静岡駅前には「文化創造と交流の拠点」として静岡県が設置する県立複合文化施設「静岡県コンベンションアーツセンター」があります。外観の巨大船をイメージした風貌から「グランシップ」という愛称がつけられているように、かなり存在感のある建築物です。
ホール、劇場、会議室のほか、県立図書館コーナー「えほんのひろば」も設置されており、まさに「文化創造と交流の拠点」といった施設となっています。
新県立中央図書館はグランシップと道路1本をまたいだすぐ隣に建設される予定です。既存の施設との融合も期待されるところです。(島津)

・静岡県 – 新静岡県立中央図書館の整備について
https://www.pref.shizuoka.jp/kyouiku/kk-080/tosyokan/20180322.html

【智頭町】(鳥取県)
新智頭図書館設計業務内ワークショップ支援業務

前回、10月22日(火・祝)に開催されるイベント「ちづの新しい図書館の未来を考える」は「ちづみち構想」の一貫であると書きましたが、このプロジェクトは正式には「ちづみちエリアリノベーション事業」という名称の地域再生計画です。
新図書館から宿場町までのエリアを「ちづみち」とし、人びとが集い交流できる場所として再生しようという目標を掲げています。この中で、商店街が公共図書館の豊富な情報量を有効に活用する、ということが挙げられているのですが、まちの日常と図書館がつながることを、まちからも、図書館からも考えていきたいと思います。(李)

・智頭町 – 「ちづの新しい図書館の未来を考える」を開催します!
http://cms.sanin.jp/p/chizu/info/news/31/
・智頭町立智頭図書館
http://www.town.chizu.tottori.jp/library/
・智頭町
http://www1.town.chizu.tottori.jp/

【四万十町】(高知県)
四万十町文化的施設整備基本計画策定委託業務

10月は委員会はないのですが、その間に諸々の作業を精力的に進める月間なのです。策定中の基本計画の細かな調整を四万十町役場の指示・確認を受けながら進めています。この段階まで来ると、大幅な文面の変更は難しいだけに、一語一句の表現にことさら気を遣います。そして今週は佐川町への出張の後、四万十町に顔を出し、対面での詰めを行います。(岡本)

・「四万十町 文化施設移転先を旧役場跡地に判断」(建通新聞、2019-09-18)
https://www.kentsu.co.jp/webnews/html_top/190918200004.html
・四万十町 – 「(仮称)四万十町文化的施設基本計画」の策定に向けて
https://www.town.shimanto.lg.jp/life/detail.php?hdnKey=6032

【佐川町】(高知県)
佐川町新図書館整備基本構想策定委託業務

新しい施設の整備の一環として、新図書館長候補者の公募を佐川町が始めました。弊社も相談に乗ってきた話ですが、公募する以上、決め打ちの候補者がいるわけでは当然ありません。真剣勝負の公募です。
佐川町では現在基本構想の策定を進めていますが、新図書館長候補者は2020年4月から勤務開始になる前提ですので、この先にある基本計画の策定や設計者の選定といった重要なプロセスに関与しうる立場です。このタイミングでの公募は2010年度の瀬戸内市の館長予定者公募以来のこととなるでしょう。我こそはと思う方々、ぜひ真剣にご検討ください。(岡本)

・佐川町 – 令和元年度佐川町職員(新図書館長候補者)採用試験のお知らせ
http://www.town.sakawa.lg.jp/life/dtl.php?hdnKey=1812
・佐川町
http://www.town.sakawa.lg.jp/

【最近の仕事】

門司港地域複合公共施設新築工事基本設計業務に係る簡易公募型プロポーザルで最優秀者に選定(協力会社として参画)
https://arg-corp.jp/2019/10/03/kitakyushu/
https://www.facebook.com/ARGjp/posts/2496392417073032

創業10周年-心からの感謝
https://arg-corp.jp/2019/09/30/arg-65/
https://www.facebook.com/ARG.jp/posts/2496369907075283/

キハラ株式会社の公式サイトリニューアルを支援
https://arg-corp.jp/2019/08/23/kiharaweb/
https://www.facebook.com/ARGjp/posts/2422669077778700/

なお、上記以外にもこれまで計画・整備に関わった施設のアフターケアや、これから計画・整備を予定している自治体等のご相談に対応しています。ご関心のある方は、下記までお気軽にご連絡ください。

info@arg-corp.jp

また、主に図書館についての私たちの考えは下記サイトをご覧ください。

http://arg-corp.jp/

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

    共著『未来の図書館、はじめませんか』発売中-三刷も、決定!

            岡本真、森旭彦著
     『未来の図書館、はじめませんか』(青弓社、2014年)
    http://www.seikyusha.co.jp/wp/books/isbn978-4-7872-0053-2
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200534/arg-22/

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

===================================
 ◆ イベントカレンダー ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

<凡例>
◆編集者独断によるオススメ
◇通常掲載

◇2019-10-15(Tue):
情報保存研究会 第13回資料保存シンポジウム「文化資料のゆくすえ-令和に期待すること-」
(於・東京都/一橋大学)
http://www.e-jhk.com/html/index.html

◆2019-10-17(Thu):
日本出版学会 出版編集研究部会「『マガジン航』の10年にわたる実践を通して見えてきたこと」(仲俣暁生)
(於・東京都/日本大学 神田三崎町キャンパス)
http://www.shuppan.jp/yotei/1125-20191017.html

◆2019-10-17(Thu)〜2019-10-18(Fri):
日本図書館協会 第13回日中国際図書館学セミナー「図書館とデジタル人文学の関係を考える:オープンデータの視点から」
(於・中国/上海図書館)
http://www.nal-lib.jp/events/seminar/2019/kokusai-invit.html

◇2019-10-19(Sat)〜2019-10-20(Sun):
経営情報学会 秋季全国研究発表大会 2019「デジタルトランスフォーメーション(DX)が拓く新たな地平」
(於・静岡県/静岡大学 浜松キャンパス)
http://www.jasmin.jp/activity/zenkoku_taikai/2019_fall/

◇2019-10-19(Sat)~2019-10-20(Sun):
日本図書館情報学会 第67回(2019年度)研究大会
(於・京都府/龍谷大学 大宮キャンパス)
http://jslis.jp/events/annual-conference/

◆2019-10-19(Sat):
ロー・ライブラリアン研究会 研修交流会「法情報の調べ方入門」-日版(全二回) 第1回 士業連携・法令・判例
(於・東京都/TKC東京本社)
https://www.kokuchpro.com/event/LLken20191019/

◆2019-10-23(Wed):
理化学研究所 森羅2019最終報告会
(於・東京都/理化学研究所)
https://c5dc59ed978213830355fc8978.doorkeeper.jp/events/98401

◆2019-10-25(Fri):
情報処理学会連続セミナー2019 第4回:AIと歩む未来(3)「社会に広がるAIの現状と課題」
(於・東京都/日本大学理工学部駿河台校舎)
https://www.ipsj.or.jp/event/seminar/2019/program04.html

◆2019-10-25(Fri):
情報処理学会連続セミナー2019 第4回:AIと歩む未来(3)「社会に広がるAIの現状と課題」
(於・大阪府/大阪大学中之島センター)
https://www.ipsj.or.jp/event/seminar/2019/program04.html

◆2019-10-25(Fri):
情報処理学会連続セミナー2019 第4回:AIと歩む未来(3)「社会に広がるAIの現状と課題」
(於・宮城県/東北大学電気通信研究所)
https://www.ipsj.or.jp/event/seminar/2019/program04.html

◆2019-10-25(Fri)〜2019-10-26(Sat):
第2回コミック工学研究会発表会
(於・北海道/公立はこだて未来大学)
https://sig-cc.org/?p=103

◇2019-10-26(Sat):
PCカンファレンス北海道2019「AI時代の情報リテラシー」
(於・北海道/酪農学園大学)
https://www.hokkaido.seikyou.ne.jp/pcch/2019/

◇2019-10-26(Sat):
情報処理学会 高校教科「情報」シンポジウム2019秋「夢か現か幻か!『情報I』教員研修用教材と情報入試問題例。」(仮)
(於・東京都/専修大学 神田キャンパス)
https://sigps.eplang.jp/index.php?%B9%E2%B9%BB%B6%B5%B2%CA%A1%D6%BE%F0%C…

◇2019-10-26(Sat):
日本図書館研究会 情報組織化研究グループ 2019年10月月例研究会「米国型文書整理法の形成と図書館界:『目録いらず』の検索手段をめぐる模索」(坂口貴弘)
(於・京都府/同志社大学 新町キャンパス)
http://josoken.digick.jp/meeting/news.html#201910

◆2019-10-27(Sun):
大図研京都ワンディセミナー メディアドクター研究会in京都「iPS細胞と臨床試験」
(於・京都府/京都府立図書館)
https://www.daitoken.com/kyoto/event/20191027.html

◇2019-10-28(Mon):
情報科学技術研究会(INFOSTA)研修会・セミナー「ヘルスインフォメーション・リテラシー講座:信頼できる情報の見極め方!」(南郷栄秀、鈴木博道)
(於・東京都/日本図書館協会)
https://www.infosta.or.jp/seminars/semi191028/

◇2019-10-29 (Tue):
日本信頼性学会2019年度第1回フォーラム「人工知能(AI)技術の信頼性・安全性への活用と課題」
(於・東京都/東高円寺ビル)
https://www.reaj.jp/modules/eguide/event.php?eid=113

◆2019-11-02(Sat)〜2019-11-03(Sun):
情報ネットワーク法学会 第19回研究大会
(於・大阪府/関西大学 千里山キャンパス)
http://www.in-law.jp/taikai/2019/

◆2019-11-02(Sat):
日本図書館研究会 第352回研究例会「少年院・少年鑑別所の読書環境について『少年院・少年鑑別所における読書環境等に関する調査2019』報告」(日置将之)
(於・大阪府/日本図書館研究会事務所)
http://www.nal-lib.jp/events/reikai/2019/352invit.html

◇2019-11-02(Sat):
情報メディア学会 第21回研究会
(於・宮城県/東北福祉大学 ステーションキャンパス)
http://www.jsims.jp/kenkyu-kai/yokoku/21.html

◇2019-11-05(Tue):
統計数理研究所 樋口前所長退任記念シンポジウム「データ駆動型研究を先導するベイズモデリング」~モデリングは人がやるのか、AIが代替するのか~
(於・東京都/学術総合センター)
https://www.ism.ac.jp/events/2019/meeting1105.html

◆2019-11-06(Wed)〜2019-11-08(Fri):
2019特許・情報フェア&コンファレンス
(於・東京都/科学技術館)
http://pifc.jp/

◇2019-11-07(Thu):
国立情報学研究所 2019年度 市民講座 第3回「情報学最前線」理論計算機科学入門 有限と無限のあいだ-数学的理論から、AI・自動運転-(蓮尾一郎)
(於・東京都/学術総合センター)
https://www.nii.ac.jp/event/shimin/

◇2019-11-09(Sat)~2019-11-10(Sun):
コンピュータ利用教育学会 2019九州PCカンファレンス in 佐賀「令和元年、デジタルトランスフォーメーション維新」
(於・佐賀県/佐賀大学 本庄キャンパス)
http://kyushu.seikyou.ne.jp/pcc/

◇2019-11-09(Sat)〜2019-11-10(Sun):
日本情報経営学会第79回全国大会「ブロックチェーンとイノベーション」
(於・愛媛県/松山大学 樋又キャンパス)
https://conferenceservice.jp/www/jsim79/

◆◇2019-11-11(Mon):
日本文化とAIシンポジウム2019-AIがくずし字を読む時代がやってきた-
(於・東京都/学術総合センター)
http://codh.rois.ac.jp/symposium/japanese-culture-ai-2019/

◇2019-11-11(Mon):
JEITAアイデアソン2019「IT×地域活性化 アイデアソン~5Gが拓く、場所を選ばず働く時代~」
(於・東京都/大手センタービル)
https://www.jeita.or.jp/ideathon/jeitaideathon2019/

◆2019-11-12(Tue)〜2019-11-14(Thu):
第21回図書館総合展
(於・神奈川県/パシフィコ横浜)
https://www.libraryfair.jp/

◇2019-11-14(Thu):
日本品質管理学会 第115回クオリティトーク(東日本)「品質保証体制強化のためのIoT活用の実践」(山田浩貢)
(於・東京都/東高円寺ビル)
http://www.jsqc.org/q/news/events/index.html#h311114

これ以前以後のイベント情報は下記をご覧ください。
http://www.arg.ne.jp/calendar

===================================
 ◆ 「マガジン航」から ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG)が発行支援するウェブ媒体「マガジン航」の最近の記事を紹介します。

・仲俣暁生 〈月のはじめに考える-Editor’s Note〉「『本の未来』はすでにいま、ここにある-創刊十周年を期して」(2019-10-04)
「『マガジン航』は2009年10月20日に創刊された。ちょうど十年の節目にあたるので、当時のことを少し振り返ってみたい。
2009年はどんな年だったかといえば、グーグル・ブックサーチ集団訴訟の余波が日本に及んだ年である。この集団訴訟をめぐる経緯はきわめて複雑なため、ここでは詳しく言及しないが、一言でいえば、旧態依然とした出版業界のあり方が強力な外圧によって変化を迫られた、まさに『黒船』騒動だった。グーグルの電子書籍市場への参入は、出版業界だけでなく政治の世界をも巻き込み、電子書籍についての議論が本格的に動き出すきっかけとなった」。
https://magazine-k.jp/2019/10/04/editors-note-47/

===================================
 ◆ 活動の予定と報告 ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

<凡例>
◆新規、もしくは更新あり
◇既掲載、変更なし

図書館総合展での登壇以外、年内の講演等は全予定が終了しました。なお、年内につきましてはこれからのご依頼には基本的に対応できません。

2020年以降の講義・講演のご依頼をお考えの方、お気軽にご相談ください。

弊社の場合、1)早い者勝ち、2)地方優先だけがルールです。

法人としての活動は、

http://arg-corp.jp/
https://www.facebook.com/ARGjp

をご参照ください。業務発注、歓迎です。各種ご相談に対応いたします。

◇最近の主要業務:
 1.公共施設・商業施設の新設・リニューアル・運営等の計画策定支援
 2.ウェブ技術を中心とした産官学民連携のコーディネート
 3.共同オフィス・シェアハウス等のコミュニティー空間の創造
 4.ウェブコンサルティングや専門的調査の実施代行
 5.ワークショップ等によるアイデア発想・知識創造の支援

また、当面の間、

          岡本真『未来の図書館、はじめます』
           (青弓社、2018年、1800円+税)
    https://www.seikyusha.co.jp/bd/isbn/9784787200693/
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200690/arg-22/

本誌の趣旨や販促にかなう限りは、講演謝金不要で講演依頼を受付ます。ただし、旅費はご支給ください。ただし、日々全国を行脚しているので、日程によっては旅費も大幅に抑制できることがあります。お気軽にご相談ください。

なお、本2019年度も総務省の地域情報化アドバイザーの委嘱を受けており、すでに派遣申込が開始されています。岡本の派遣をご希望いただける場合はあらかじめ弊社までご相談ください。なお、すでに11自治体から派遣要請をいただいており、これ以上の対応には調整が必要な状況です。ご相談はお早めにお願いします。

・地域情報化アドバイザー派遣制度(ICT人材派遣制度)
http://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/ictseisaku/ictriyou/manager.html
・平成31年度「地域情報化アドバイザー」派遣申請の受付開始
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu06_02000209.html

また、

・地域情報化アドバイザー派遣 過年度優良事例
https://www.applic.or.jp/suemn15lane9s8rn5

が更新され、2018年度の優良事例が紹介されています。紹介されている7事例のうち、

◇オープンデータ(デジタルアーカイブ・図書館・地域情報発信)
・大阪市立中央図書館(大阪府)
・津山市立図書館(岡山県)

の2つは岡本が助言を行った事例となりますので、ご参照ください。

~<弊社編集媒体>~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    ~図書館の未来がわかる、新しいライブラリーマガジン~
   ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)(編集・発行:ARG)
       http://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/
          https://www.facebook.com/LRGjp
           https://twitter.com/LRGjp

   ~図書館や教育関係者に向けた新しいニュース紹介メディア~
            リブラボ、更新中
        https://www.facebook.com/LibLabo/

===================================
 ◆ 編集日誌 ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

◆2019-10-07(Mon): 大阪大学吹田キャンパスに西尾総長を訪問

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9923

第21回図書館総合展で

・第8回首長フォーラム「公・大連携の新しい形-箕面市と大阪大学の挑戦」
https://www.libraryfair.jp/forum/2019/8391

に西尾章治郎・大阪大学総長にご登壇いただくので、今日は西尾総長との打ち合わせで阪大を訪ねました。西尾先生は旧知の方でウェブ研究関係でもう10年以上のおつきあいがあります。とはいえ、このような内容でご登壇いただく日が来るとは夢にも思わず、人生の妙味を感じています。

打ち合わせは上々でフォーラムが司会として以上に楽しみです。

その後は岡山まで移動し久しぶりに岡山市内で知人と一献。

◆2019-10-08(Tue): 琴浦町で事前会議

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9924

地域情報化アドバイザー派遣で鳥取県の琴浦町へ。来月実施するワークショップに向けての関係者での協議・相談を行いました。こちらも順調に進みそうです。

終了後は泣く泣く一泊は断念で、姫路まで出てここで一泊。姫路の駅前の大変貌にあらためて驚きました。

◆2019-10-09(Wed): 関西学院大学総合政策学部「情報メディアとエディターシップ」で講義

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9925

恒例となっている関西学院大学総合政策学部「情報メディアとエディターシップ」で外部講師の初回のコマを担当させてもらいました。

ここのところ、ご要望もありYahoo!知恵袋の企画・設計意図を話しているのですが、この話もそろそろ昔話なので、いい加減に内容を差し替えたいなあと思っています。

終了後は伊丹から飛び、仙台へ。

◆2019-10-10(Thu): 宮城県総合教育センター学校図書館担当事務職員研修で講師

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9926

昨晩は遅い到着だったので、そのまま仙台空港がある名取市に一泊。午前中に名取市図書館に立ち寄り、明日のタブレット講習会の環境チェックや事前打ち合わせをクイックに行いました。

午後からは3時間かけて、宮城県総合教育センター学校図書館担当事務職員研修で「高校図書館のための図書館100連発2-この1年の試行錯誤を振り返る」を実施しました。簡単な話題提供をした後は1年前に行った同内容の研修会の続きとして、この1年間の進捗をもちより、わかちあい、みつけあうセッションを行いました。前回よりは参加者は少なかったのですが、その分、濃密な議論ができたように思います。

仙台まで出て一泊。

◆2019-10-11(Fri): 名取市図書館で初心者向けタブレット講習会の講師

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9927

仙台から再び名取へ。今日は稼ぎの仕事ではなく、あくまで、

・名取市図書館友の会・なとと
https://lib.city.natori.miyagi.jp/web/library/volunteer

の一員として、

・名取市図書館初心者向けタブレット講習会
https://lib.city.natori.miyagi.jp/web/event/1398

の講師を務めました。タブレットを使ってみたいとは思うものの、なかなかその先に進まないという方々向けの講座ですが、早々に定員を満たしており、今日の会も非常に盛り上がりました。次の開催を望む声も多いということですので、なんとか次も実現したいと思います。

これで1週間の出張も終わりです。生駒市、奈良市、吹田市、岡山市、琴浦町、姫路市、三田市、伊丹市、名取市、仙台市を駆け巡りました。さすがに疲労が……。

◆2019-10-12(Sat): 結果的に休養日

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9928

今日は本当は散髪に行って、その後は取締役会ほかの会議だったのですが、台風の勢力を踏まえ、すべてを中止にしました。

結果的に私自身、ほぼ終日うつらうつらとでき、いい休養になりました。台風が気がかりですが、明日からまた出張です。

◆2019-10-13(Sun): 便を繰り下げ高知へ

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9929

昨日中に早々と当初予定していた便がキャンセルとなったので、繰り下げた便で高知に向かいます。

             岡本真:ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)編集長

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)[ARG-767]2019年10月14日(週刊)
【発行者】アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG)
【編集者】岡本 真:ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)編集部
【発行地】〒231-0012 横浜市中区相生町3-61泰生ビル さくらWORKS<関内>407
ISSN 】1881-381X
【E-Mail】info [&] arg-corp.jp [&] を@に置き換えてください。
【サイト】http://www.arg.ne.jp/ (メルマガ)
     http://arg-corp.jp/ (コーポレート)
【Facebook】https://www.facebook.com/arg.ne.jp/ (メルマガ)
      https://www.facebook.com/ARGjp/ (コーポレート)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本誌掲載記事の取り扱いは、著作権法に則って行ってください。本誌の許可を得ていない記事の転載は違法です。引用は著作権法の範囲内で。記事を情報源として二次的に利用する際には、情報源としての本誌の存在を明記してくださるようお願いします。
悪質な例に対しては、法的手段を含め相応の対応をします。なおメーリングリストなど、複数による閲覧が可能なアドレスでの登録はご遠慮ください。

Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG) All Rights Reserved.
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

メールマガジンの配信登録(無料)をしていただくと、定期的にまとめて記事がお手許に届きます。
下の空欄にメールアドレスを入力し、右の[配信登録(無料)]を押してください。

メールアドレス: