769号(2019-10-28、4100部)

ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG)の769号(2019-10-28、4100部)を発行しました。

主な記事は、

○お知らせ
 -「ARGパーク2019~新しい公共をつくる広場 2~@第21回図書館総合展への招待」<情報第5弾:全プログラム確定※一部時間帯変更あり>
 -「ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)第28号、発売中。欠落箇所の抜き刷り送付中(図書館総合展 in 大阪でお買い求めの方々、抜き刷りをご請求ください)」
 -「あと10日で終了!ふるさと納税で支援できる図書館建設@宮城県富谷市」(新出)
 -「岡本真著『未来の図書館、はじめます』(青弓社、2018年)販促情報」

○【毎週更新】各地のプロジェクトから

○イベントカレンダー

○「マガジン航」から
 -「デモのなかで生まれる香港のポリティカル・ジン」(中山亜弓)
 -〈ブックオフは公共圏の夢を見るか〉「第3回 ブックオフを「戦術」的に考える」(谷頭和希)

○活動の予定と報告

○編集日誌
 -阪阪南市立図書館で職員間対話
 -柴田町図書館のみなさんと名取市図書館を見学
 -小諸図書館友の会(仮)結成に向けた会議
                             など、7日分

○奥付

1998-07-11創刊(創業10周年イヤー)           ISSN 1881-381X
-----------------------------------
      ◆◇◆ ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG) ◆◇◆
-----------------------------------
         Science, Internet, Computer and …

       2019-10-28発行   ‡No.769‡   4100部発行

-「ARGパーク2019~新しい公共をつくる広場 2~@第21回図書館総合展への招待」<情報第5弾:全プログラム確定※一部時間帯変更あり>-

 “Ask not what the net can do for you
                 -ask what you can do for the net.”

-----------------------------------  ◇ 目次 ◇
-----------------------------------

○お知らせ
 -「ARGパーク2019~新しい公共をつくる広場 2~@第21回図書館総合展への招待」<情報第5弾:全プログラム確定※一部時間帯変更あり>
 -「ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)第28号、発売中。欠落箇所の抜き刷り送付中(図書館総合展 in 大阪でお買い求めの方々、抜き刷りをご請求ください)」
 -「あと10日で終了!ふるさと納税で支援できる図書館建設@宮城県富谷市」(新出)
 -「岡本真著『未来の図書館、はじめます』(青弓社、2018年)販促情報」

○【毎週更新】各地のプロジェクトから

○イベントカレンダー

○「マガジン航」から
 -「デモのなかで生まれる香港のポリティカル・ジン」(中山亜弓)
 -〈ブックオフは公共圏の夢を見るか〉「第3回 ブックオフを「戦術」的に考える」(谷頭和希)

○活動の予定と報告

○編集日誌
 -阪阪南市立図書館で職員間対話
 -柴田町図書館のみなさんと名取市図書館を見学
 -小諸図書館友の会(仮)結成に向けた会議
                             など、7日分

○奥付

~~~~~~~~~~~~~~<最新刊発売>~~~~~~~~~~~~~~

           本誌編集長・岡本真の最新著

           『未来の図書館、はじめます』
           (青弓社、2018年、1944円)

   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200690/arg-22/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~<弊社関係企画>~~~~~~~~~~~~~~

  国宝の備前刀「山鳥毛里帰りプロジェクト」クラウドファンディング

          https://setouchi-cf.jp/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

===================================
 ◆ お知らせ ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

「ARGパーク2019~新しい公共をつくる広場 2~@第21回図書館総合展への招待」

   <第4弾:図書館づくり・まちづくり相談会開催-空き枠僅少>

アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG、以下弊社)は、以下の通り第21回図書館総合展にARGブース「ARGパーク2019~新しい公共をつくる広場 2~」を出展します。

■日時:2019年11月12日(火)~11月14日(木)10:00~18:00
■会場:パシフィコ横浜(神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1)

【概要】
「新しい公共をつくる広場」というメインテーマのもと、図書館から広がる思考と実践を往還するプログラムを催します。
また、今年も下記のようなコラボレーションを実施し、ブースの展示とイベントを盛り上げます。
・日本大学芸術学部との共同ブース
・恩納村文化情報センターの特別展示
・毎年好評な移動カフェ「thanks milk」 がさらに魅力的なドリンクメニューで登場!
・有隣堂ブースとの連携によるLRG(ARG発行の雑誌)他関連書籍の販売

おいしいドリンク等を片手に、プログラムや展示・サービスをお楽しみください。

なお、会期中の中日にあたる11月13日(水)に、弊社創業10周年の感謝を込めたARG創業10周年感謝祭を開催します。申込不要でご都合のよいタイミングでの来場歓迎ですので、お気軽にご参加ください。

【ARG創業10周年感謝祭】

日時:2019年11月13日(水)19~21時
会場:泰生ポーチ(横浜市相生町2-52) http://taisei-po-chi.yokohama/
内容:創業10周年のお祝いに各所から頂戴したアルコール類等を提供します。持ち込みも歓迎です。上記時間帯は弊社代表の岡本らが常駐し、みなさまと交流します。会費不要ですが、会場で

・宮城県富谷市初の図書館!市民の声でつくるみんなが主役の場所を(Readyforプロジェクトページ)
https://readyfor.jp/projects/tomiya-lib

への支援を受け付けます。

【プログラム】

■1日目:11/12(火)

<プログラムテーマ 1>11:00~12:00
タイトル:地域から考える仕事と子育ての環境(仮)
ゲスト:後藤清子(株式会社ピクニックルーム)
ファリシリテーター:島津、三苫(ARG)

<プログラムテーマ 2>14:00~15:30
タイトル:須賀川市民交流センターtette ドキュメンタリーを観て語ろう
ファリシリテーター:李(ARG)

<プログラムテーマ 3>16:00~17:00
タイトル:ビブリオバトルでデザインする場とコミュニティ【タイトル確定】
ゲスト:松波慎朗(NTTデータ)、市川紀子(有隣堂)
ファリシリテーター:三苫(ARG)

■2日目:11/13(水)

<プログラムテーマ 4>10:30~11:30
タイトル:進化する恩納村文化情報センター(仮)
ゲスト:呉屋美奈子+1名(恩納村文化情報センター)
ファリシリテーター:岡本(ARG)

<プログラムテーマ 5>13:00〜14:00【時間変更】
タイトル:地域を支える「新しい広場」(仮)
ゲスト:嶋田学(奈良大学教授)
ファリシリテーター:李(ARG)
※トークセッション後、即売サイン会:嶋田学『図書館・まち育て・デモクラシー』(青弓社)

<プログラムテーマ 6>16:00~17:00
タイトル:未定
ゲスト:日大芸術学部のみなさん
ファリシリテーター:小野永貴(日大芸術学部)

■3日目:11/14(木)

<プログラムテーマ 7>10:30~11:30
タイトル:いままでの情報発信とこれから情報発信:図書館や文化施設のサイト活用【タイトル確定】
ゲスト:額賀順子(男木島図書館理事長、nuuno代表)
ファリシリテーター:宮田(ARG)

<プログラムテーマ 8>13:30~15:00
タイトル:LRG第28号刊行記念「民間公共の系譜 近代の人々はいかにして図書館を興してきたのか」(仮)
ゲスト:木下斉(一般社団法人エリア・イノベーション・アライアンス代表理事)
ファリシリテーター:岡本(ARG)
※書籍販売予定:『LRG第28号』(アカデミック・リソース・ガイド株式会社)、木下斉『地元がヤバい…と思ったら読む 凡人のための地域再生入門』(ダイヤモンド社)、他

<プログラムテーマ 9>15:30~16:30
タイトル:神資研連動企画:Instagramから見える「#図書館」の使われ方【タイトル確定】
ゲスト:佐藤翔(同志社大学)【ゲスト確定】
ファリシリテーター:岡崎(ARG)

【図書館づくり・まちづくり相談会開催-空き枠僅少】

また例年好評なARGの図書館づくり・まちづくり相談会も実施します。こちらはすでに申込受付を開始していますので、ご検討の方はお早めにお申し込みください。
図書館など、公共施設の整備に携わった経験をもとに、みなさまの図書館にとっての最適な解を一緒に考えていきます。

施設の整備を考えている自治体や大学のみなさま、この機会をぜひご活用ください。
※要事前予約。応募者多数の場合は抽選とさせていただきます。
※無料です。

○場所:弊社のブースにて
○日時:以下の枠のどちらかをお選びください。

■2019年11月12日(火)
・13:00~13:30

■2019年11月13日(水)
・予約で埋まりました。

■2019年11月14日(木)
・17:00~17:30

・上記の時間以外でご希望の時間帯(要調整)
※応募者多数の場合は抽選となります。
○お申込み:
・ご所属
・担当者氏名
・連絡先(電話番号、メールアドレス)
・希望時間
・相談の概要、を明記の上、下記のメールアドレスへお送りください。
info@arg-corp.jp (担当:李)

【「thanks milk」について】
今年もブースに登場する「thanks milk」は、横浜市出身で、動物好きが高じて農業高校に入り畜産を学んだ橋本恵美さんが、畜産の価値をきちんと伝えようと始めたカフェです。低音殺菌の牛乳、国産非加熱はちみつを使用したこだわりの優しいドリンクを販売します。コーヒーやミルク系のドリンク等を飲みながら、ブース内でのプログラムや展示をお楽しみください。

【登壇フォーラム】

■1日目:11/12(火)

10:00~11:30
第8回首長フォーラム「公・大連携の新しい形-箕面市と大阪大学の挑戦」(岡本真)
https://www.libraryfair.jp/forum/2019/8391
倉田哲郎・箕面市長と西尾章治郎・大阪大学総長のトークの司会を岡本が担当します。

■2日目:11/13(水)

10:00~11:30
コミュニケーションツールを知ろう~これからはじめる人のために~(岡崎有彩)
https://www.libraryfair.jp/forum/2019/8453
LRGでもおなじみの佐藤翔さんの講演の司会を岡崎が務めます。

13:00~14:30
須崎市図書館等複合施設整備に向けた建設構想策定委託業務・最終審査公開プロポーザル(岡本真)
https://www.libraryfair.jp/forum/2019/8434
審査委員を岡本が務めます。

15:30~17:00
Library of the Year 2019(李明喜)
https://www.libraryfair.jp/forum/2019/8449
県立長野図書館のプレゼンターを李が務めます。

15:30~17:00
市民団体指定管理者フォーラム「各地からの現状報告と将来見通し」(岡本真)
https://www.libraryfair.jp/forum/2019/8443
コーディネーターを岡本が務めます。

■3日目:11/14(木)

15:30~17:00
先端技術が拓く地域の未来、図書館の未来-堀見佐川町長と松尾豊教授を迎えて(仮)(李明喜)
https://www.libraryfair.jp/forum/2019/8473
東大ソフトボール部の先輩後輩という堀見和道・佐川町長と松尾豊・東京大学教授の対談の司会を李が務めます。

いずれのフォーラムもすでに申込受付が始まっていますので、ご関心あるフォーラムの参加登録はお早めに。

「ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)第28号、発売中。欠落箇所の抜き刷り送付中(図書館総合展 in 大阪でお買い求めの方々、抜き刷りをご請求ください)」

本誌第28号の欠落部分への対応として、2019年10月11日付で「ヴォーリズと『近江兄弟社図書館』」の抜刷版を発行いたしました。購入いただいた皆さまには、順次配送をおこなっています。しばらくお待ちいただき、万が一お手元に届かない場合は、お問合せください(メール: lrg@arg-corp.jp 担当:ふじた)。

なお、書店からご購入いただいている皆さまには、お取引いただいている書店からお届けします。Fujisanマガジンサービスからご購入いただいている皆さまには、編集部より直送いたします。
イベント(図書館総合展地域フォーラム in 大阪)等でご購入いただいている皆さまには大変お手数をおかけしますが、ご希望の方にお届けいたしますので、以下のフォームを送信ください。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfktA2zSNMTM6mcIo_rLwtnktvaGfXp…

【第21回図書館総合展ARGブースでの受取も可能になりました!】
2019年11月12日(火)~14日(木)にパシフィコ横浜で開催される図書館総合展ARGブースでの受取も可能です。会場での受取を希望する方は、郵便番号と住所にー(ハイフン)を入力し、備考欄に「ARGブースでの受取を希望」とご記入ください。図書館総合展開催期間中はいつでもブースでの受取が可能です。なお、お手数ですがブースでの受取の際にLRG第28号本誌をご持参いただくことが条件となります。お手数をおかけしますが、ご協力いただけましたら幸いです。

・ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)第28号
https://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/next/

◆巻頭言 次の10年を見据える[岡本真]

◆特集 「民間公共の系譜-近代の人々はいかにして図書館を興してきたのか」
 -まえがき:「民間公共」という問いからの10年間[岡本真]
 -1.大日本報徳社と「淡山翁記念報徳図書館」[奥野寿夫(掛川市立図書館 前・館長)]
 -2.野本恭八郎と「大正記念長岡市立互尊文庫」[井口麻子(長岡市立中央図書館)]
 -3.宇部共同義会と「宇部市立図書館」[藤永義昭(宇部市立図書館)]
 -4.濱口家と「公正図書館」[湯澤規子(法政大学教授)]
 -5.「興風会図書館」と「野田市立興風図書館」[川嶋斉(野田市立興風図書館)]
 -6.森本家と「津山基督教図書館」[大河原信子(津山市立図書館)] p.038
 -7.ヴォーリズと「近江兄弟社図書館」[太田典子(ヴォーリズ学園図書館)]
 -8.岩瀬弥助と「岩瀬文庫」[林知左子(西尾市岩瀬文庫)]
 -9.斎藤實と「皋水記念図書館」[安倍初雄(奥州市立斎藤實記念館)]
 -10.岡田健藏と「市立函館図書館」[丹羽秀人(函館市中央図書館)]
 -11.川田豊太郎と「川田文庫」「青山文庫」[藤田有紀(佐川町立青山文庫)]
 -12.杉野文彌と「江北図書館」[明定義人(前・江北図書館長)]
 -対談:民間公共の系譜と現代[木下斉×岡本真]
 -特別寄稿:もうひとつの『ニューヨーク公共図書館』~映画の背景にあるものを読み解く~[豊田恭子]

◆司書名鑑 第23回 茂原暢(公益財団法人渋沢栄一記念財団 情報資源センター/センター長、専門司書)

◆連載 伊藤大貴の視点・論点 第6回「地企業がパブリックを担う時代 活躍の場が広がる議員、公務員」[伊東大貴]

◆連載 島ではじめる未来の図書館~西ノ島・新図書館建設プロジェクト~番外編「島それぞれの図書館(海士町)」[田中輝美]

◆連載 かたつむりは電子図書館の夢をみるか LRG編 第11回「書架番号、必要ですか? VRを使って実験してみた」[佐藤翔]

◆連載 猪谷千香の図書館エスノグラフィー 第11回「すべての働く人たちの、未来のためにある図書館「エル・ライブラリー」[猪谷千香]

◆連載マンガ ここが変だよ地方行政 第2回「議員と社会のせつない関係」[小田理恵子]

スタッフボイス
次号予告
アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG) 業務実績 定期報告

 「あと10日で終了!ふるさと納税で支援できる図書館建設@宮城県富谷市」

                       新出(富谷市図書館開館準備室)

皆さまから応援いただいております「宮城県富谷市初となる市民図書館建設プロジェクト」のガバメント・クラウドファンディングが11月7日(木)23:00に終了となります。
———————————————-
「宮城県富谷市初の図書館!市民の声でつくるみんなが主役の場所を」
URL: https://readyfor.jp/projects/tomiya-lib
———————————————-
◆進捗について
「トミヤ」(富谷)にちなんだ目標1038万円に対し、139人より2,167,000円のご寄附が集まっており達成率20%という状況です(10/25現在)。本案件では、郵便局で手続きのできる払込票取扱用紙もイベント等で職員が配布を行なっており、ネットを使えない人々からもご寄附いただける仕組みを取り入れています。現在まで28都道府県から20〜90代という幅広い地域・年代からご寄附いただいています。
本案件では、目標金額に届かない場合でも寄附金を受け取れるAll-in方式を採用しています。しかし「未来をつくる市民の、市民による、市民のための知の広場としての図書館建設」と掲げるにふさわしいプロジェクトとなるよう、一人でも多くの方々にご参加いただき、残り10日となりますが、最後まで諦めず成功を目指していきます。
本案件が成功することは、富谷市の図書館整備にとって重要なだけでなく、自治体の図書館整備においてクラウドファンディングや外部資金の活用という新たな可能性を広げることができると考えております。
◆返礼品について
以下のような返礼品を用意しています。他の種類もありますので詳細はサイトをご覧ください。
・【寄附者限定デザイン】図書館利用者カードを発行
・ヘルメットをかぶって「建設現場視察ツアー」参加権
・あなたのオススメする本を図書館の蔵書に(本にお名前を記入いたします)
・図書館掲示の銘板にお名前掲載
◆資金の使い道について
支援金は富谷市民図書館建設費の一部として、皆さまの読書や学びをはじめ、多様な活動を支える、椅子を中心とした家具やスペースの整備のために使わせていただきます。一人一人の想いと共に大勢の力が結集してつくられた図書館が実現すれば、まちを象徴する場所として皆さまに大切に使われ続けると思います。金銭的なご支援だけでなく、SNS等での情報拡散も大きな力になります。是非応援いただければ幸いです。

【岡本真著『未来の図書館、はじめます』(青弓社、2018年)販促情報】

岡本真の最新著『未来の図書館、はじめます』(青弓社、2018年)はAmazonほかの書店での販売されています。ぜひお買い求めください。

◇書誌情報:

・岡本真著『未来の図書館、はじめます』(青弓社、1800円+税)
https://www.seikyusha.co.jp/bd/isbn/9784787200693/
・Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/4787200690
・honto
https://honto.jp/netstore/pd-book_29310194.html
・紀伊國屋書店
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784787200693
・楽天ブックス
https://books.rakuten.co.jp/rb/15656565/

なお、本誌の趣旨や販促にかなう限りは、講演謝金不要で講演依頼を受付ます。ただし、旅費はご支給ください。ただし、日々全国を行脚しているので、日程によっては旅費も大幅に抑制できることがあります。お気軽にご相談ください。

[目次]

序章 なぜ「はじめます」か?-「はじめに」に代えて 1 図書館プロデューサーとしての八年余 2 よくいただく相談 3 図書館を考える「勘どころ」 4 なぜ「はじめます」か? 5 なぜ、「はじめる」なのか? 6 図書館をはじめるということ-「整備」と「運営」と

第1章 図書館をはじめるための準備 1 先行する知見にまなぶ 2 図書館の見学 3 さまざまな資料 4 実際の計画を知る 5 図書館をはじめる準備を終えて

第2章 図書館整備の背景・課題 1 図書館整備の背景 2 図書館整備の課題

第3章 図書館整備の手法と進め方 1 図書館整備の手法 2 図書館整備の進め方

第4章 図書館整備にあたってのFAQ 1 どのように市民の意見を集約するのか? 2 そもそも、何をどこまで委託すべきなのか? 3 市民協働は必要か? 4 オーナーシップとイコールパートナーシップ-「ひとごと」から「私たちごと」へ

おわりに-とりあえずの「まとめ」として

補論 図書館のデザイン、公共のデザイン 李明喜 1 図書館でのデザインとは何か? 2 図書館のプロダクト・デザインの変革はブックトラックから始まる 3 これからの図書館・公共施設づくりと地域デザイン

付録 再録「まえがき ‐ 図書館は知の番人だ」ー『未来の図書館、はじめませんか?』から
ARGが関わった図書館整備・図書館運営支援の業務一覧

===================================
 ◆ 各地のプロジェクトから ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG)は日本各地で公共・民間施設の計画・整備に関する事業に携わっています。

現在、関係している事業のうち、情報公開が可能なプロジェクトについて、日本各地での現状を随時お知らせしていきます。なお、弊社の売上が税金に由来する案件は原則的に受託の事実や事業の内容を公共コミュニケーションの一環として、ここで公開していきます。

【富谷市】(宮城県)
富谷市民図書館整備資金調達、管理運営計画策定及び設計プロセス策定支援業務

図書館整備のための募金箱が市役所と公民館に設置されました。身近な場所に募金箱を置くことで、より気軽に寄附に参加していただけるようになりました。Readyforの新着情報ページには、かわいい募金箱の写真が掲載されていますので、ぜひ、ご覧ください。
図書館建設プロジェクトのガバメントクラウドファンディングには、10月25日(金)現在、139名から216万7千円の寄附をいただきました。温かいご支援にこころより感謝いたいます。
プロジェクトの挑戦期間も残すところ10日間となりました。今回は目標金額に到達しなくても寄附を受け取れるAll-in方式ですが、新しい図書館をよりよくしたいという想いを広く示すためには、より多くの方からご支援をいただく必要があります。ご支援とご協力のほど、どうかよろしくお願いいたします。(宮田)

・募金箱を設置いたしました!(Readyforの新着情報ページ)
https://readyfor.jp/projects/tomiya-lib/announcements/113877
・宮城県富谷市初の図書館!市民の声でつくるみんなが主役の場所を(Readyforプロジェクトページ)
https://readyfor.jp/projects/tomiya-lib
・富谷市 – 富谷市民図書館整備に向けた取組みについて
https://www.tomiya-city.miyagi.jp/soshiki/syogaigakusyu/library-scheme-2…

【瑞穂町】(東京都)
瑞穂町図書館改修工事基本計画、基本設計及び実施設計支援業務

10月20日(日)、第2回「瑞穂町の図書館をみんなで考え・つくるワークショップ」を開催しました。「瑞穂町の図書館の可能性を考える」というテーマで、資料についてや地域性についてみんなで考えました。次回に向けて、ここから少しづつ建築の話につなげていく予定です。(李)

・瑞穂町 – 瑞穂町図書館改修工事基本計画、基本設計及び実施設計事業者選定業務に係る公募型プロポーザルの結果について
https://www.town.mizuho.tokyo.jp/jigyousya/001/003/p006834.html

【長野県】
県立長野図書館信州・学び創造ラボ 空間デザインコンセプト/運営検討支援業務

11月1日(金)、県立長野図書館のみなさんとラボ・ファシリテーターのチームでハッカソンを行います。これまでのワークショップやデザイン会議で話してきたことで、まだ実装できていないものをつくってしまおう!ということで、今回試験的に行い、徐々に利用者のみなさんにも開いていく予定です。(李)

・よむナガノ 県立長野図書館ブログ
https://blog.nagano-ken.jp/library/

【静岡県】
「文化力の拠点」における新県立中央図書館管理運営計画支援業務

近年、さまざまな自然災害が全国各地で発生しています。先日の台風19号は「経験したことのない大型の台風」として大々的に報道され警告もなされており、事前の備えをしている人も多かったと思います。それでも、過ぎ去ってみると各地に大きな爪痕を残しました。
静岡県にも直撃するとのことで心配しておりましたが、やはり人的、物的被害が出てしましました。被害に遭われた方々に、心よりお見舞い申し上げます。「想定外」がもはや「想定外」ではなくなっているいま、新図書館においても「想定外」のその先をしっかりと見据えることが必要になってくるでしょう。(島津)

・静岡県 – 新静岡県立中央図書館の整備について
https://www.pref.shizuoka.jp/kyouiku/kk-080/tosyokan/20180322.html

【智頭町】(鳥取県)
新智頭図書館設計業務内ワークショップ支援業務

10月22日(火・祝)、「ちづの新しい図書館の未来を考える」が開催されました。「ちづみち構想」に取り組む三浦丈典さんの講演「こっそりごっそりちづをかえよう。」は、参加者のみなさんがそれぞれの視点から「こんなことできるといいな」と思えるような大変魅力的なお話でした。
新しい図書館の未来を考えることは、まちの未来を考えることです。今日の講演が智頭のみなさんの未来を考えていくための第1歩となることを願います。そして新しい図書館はそうした人びとの日常を支えていきます。(李)

・智頭町立智頭図書館
http://www.town.chizu.tottori.jp/library/
・智頭町
http://www1.town.chizu.tottori.jp/

【四万十町】(高知県)
四万十町文化的施設整備基本計画策定委託業務

11月の委員会に向けて基本計画(案)を書き上げました。現在、四万十町の担当者に確認してもらっています。だいぶ読みやすくなったのではないかと思っています。特に最終版の作成にあたっては先日入社したばかりの有尾にいままでの経緯を踏まえていないからこそのまっさらな目で見てもらい、読みやすくわかりやすいものへと修正してもらいました。この委員会も次回で今年度6回目となり、終盤に近づいています。

・四万十町 – 令和元年度 第6回四万十町文化的施設検討委員会の開催について
https://www.town.shimanto.lg.jp/life/detail.php?hdnKey=7740
・四万十町 – 「(仮称)四万十町文化的施設基本計画」の策定に向けて
https://www.town.shimanto.lg.jp/life/detail.php?hdnKey=6032

【佐川町】(高知県)
佐川町新図書館整備基本構想策定委託業務

10月も終わりに近づいていますが、11月早々に3回目のワークショップを行う予定で準備を進めています。ワークショップは往々にして合意形成のために行われていますが、これは大きな誤解です。そもそも数回のワークショップで合意が形成できるなら苦労しませんし、不可能なことです。
弊社ではワークショップは地域の方々が地域のことを自主的・主体的に考えるきっかけをつくる場と位置づけています。施設整備は自治体にとって大きな可能性であるのと当時に、大きな負担でもあります。未来をどのように描き出すのか、佐川町のみなさんと一緒に考えます。

・佐川町 – 第3回 図書館を考える町民ワークショップの開催について(令和元年11月4日開催)
http://www.town.sakawa.lg.jp/life/dtl.php?hdnKey=1817
・佐川町 – 令和元年度佐川町職員(新図書館長候補者)採用試験のお知らせ
http://www.town.sakawa.lg.jp/life/dtl.php?hdnKey=1812
・佐川町
http://www.town.sakawa.lg.jp/

【最近の仕事】

佐賀県立図書館ワークショップの開催を支援
https://arg-corp.jp/2019/10/23/saga_prefecture-3/
https://www.facebook.com/ARGjp/posts/2549264505119156/

門司港地域複合公共施設新築工事基本設計業務に係る簡易公募型プロポーザルで最優秀者に選定(協力会社として参画)
https://arg-corp.jp/2019/10/03/kitakyushu/
https://www.facebook.com/ARGjp/posts/2496392417073032

創業10周年-心からの感謝
https://arg-corp.jp/2019/09/30/arg-65/
https://www.facebook.com/ARG.jp/posts/2496369907075283/

なお、上記以外にもこれまで計画・整備に関わった施設のアフターケアや、これから計画・整備を予定している自治体等のご相談に対応しています。ご関心のある方は、下記までお気軽にご連絡ください。

info@arg-corp.jp

また、主に図書館についての私たちの考えは下記サイトをご覧ください。

http://arg-corp.jp/

===================================
 ◆ 産官学民連携クリップ ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

1.「楽天テクノロジー & イノベーションアワード2019」を発表
https://corp.rakuten.co.jp/news/update/2019/1021_01.html
受賞者はAnyTech株式会社、Machine Learning Tokyo、伊藤望さん(株式会社TRIDENT)、エルピクセル株式会社。受賞内容は上記URLに詳しく載っています。名称を変更しつつ12回目となる本アワードですが、本年のテーマは“Leaders For The Future“。このテーマを受けて、Leadership賞とFuture Technology賞が授与されています。ちなみにLeadership賞はQA(品質保証)コミュニティーのリーダーである伊藤望さんが受賞しています。
過去の賞の授賞状況を眺めていると、楽天が志向する研究開発の方向性が見えてきそうです。(岡本)

2.ARで目的の本まで案内!名古屋で図書館ナビゲーションシステムの実証実験
https://vrinside.jp/news/post-169139/
パーソルプロセス&テクノロジー株式会社は、Hatch Technology NAGOYA(ハッチテクノロジーナゴヤ)という名古屋市における行政課題解決を目的とした実証実験支援プロジェクトの実証実験を開始したことを発表しました。
本記事では、図書館における書籍の探しづらさを解消する等、図書館内でスマホをかざすだけで、目的の書籍があるところまでスマホ上でナビゲートしてくれる、AR(拡張現実)を活用した実験が紹介されています。ARというと「ポケモンGO」が有名ですね。こういった新しい技術を図書館という場でも、積極的に受け入れていく姿勢が新しい技術や発明のきっかけになっていくのはないでしょうか。(岡崎)
<関連サイト>
・Hatch Technology NAGOYA
https://www.hatch-tech-nagoya.jp/

3.ゲーミフィケーションはヘルスケアをどう変えるのか
https://answers.ten-navi.com/pharmanews/17009
アステラス製薬は、横浜市立大学、東京芸術大学と産学連携の枠組みで「Health Mock Lab.」を発足させました。ゲームの要素を利用・応用することで、ヘルスケアはどのように変わっていくでしょうか。
ゲーミフィケーションという言葉自体は10年ほど前から使われていますが、アステラス製薬は、運動支援アプリ等のデジタルヘルスの分野で取り入れ、より効果的なアプローチを狙います。新たなサービスやシステムを考えるとき、ゲーミフィケーション視点は必要ですね。この視点を深堀りするとまだまだ学ぶべきことが多いと感じます。(三苫)

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

    共著『未来の図書館、はじめませんか』発売中-三刷も、決定!

            岡本真、森旭彦著
     『未来の図書館、はじめませんか』(青弓社、2014年)
    http://www.seikyusha.co.jp/wp/books/isbn978-4-7872-0053-2
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200534/arg-22/

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

===================================
 ◆ イベントカレンダー ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

<凡例>
◆編集者独断によるオススメ
◇通常掲載

◇2019-10-28(Mon):
情報科学技術研究会(INFOSTA)研修会・セミナー「ヘルスインフォメーション・リテラシー講座:信頼できる情報の見極め方!」(南郷栄秀、鈴木博道)
(於・東京都/日本図書館協会)
https://www.infosta.or.jp/seminars/semi191028/

◇2019-10-29(Tue):
日本信頼性学会2019年度第1回フォーラム「人工知能(AI)技術の信頼性・安全性への活用と課題」
(於・東京都/東高円寺ビル)
https://www.reaj.jp/modules/eguide/event.php?eid=113/

◆2019-11-02(Sat)〜2019-11-03(Sun):
情報ネットワーク法学会 第19回研究大会
(於・大阪府/関西大学 千里山キャンパス)
http://www.in-law.jp/taikai/2019/

◆2019-11-02(Sat):
日本図書館研究会 第352回研究例会「少年院・少年鑑別所の読書環境について『少年院・少年鑑別所における読書環境等に関する調査2019』報告」(日置将之)
(於・大阪府/日本図書館研究会事務所)
http://www.nal-lib.jp/events/reikai/2019/352invit.html

◇2019-11-02(Sat):
情報メディア学会 第21回研究会
(於・宮城県/東北福祉大学 ステーションキャンパス)
http://www.jsims.jp/kenkyu-kai/yokoku/21.html

◇2019-11-02(Sat):
デジタルアーカイブ学会 第8回定例研究会
(於・東京都/東京大学 本郷キャンパス)
http://digitalarchivejapan.org/reikai/teirei-08

◆2019-11-05(Tue):
企業史料協議会 第8回ビジネスアーカイブズの日シンポジウム「企業史料の編集者、アーキビスト」
(於・東京都/日本教育会館)
http://www.baa.gr.jp/news.asp?NoteAID=12

◇2019-11-05(Tue):
統計数理研究所 樋口前所長退任記念シンポジウム「データ駆動型研究を先導するベイズモデリング」~モデリングは人がやるのか、AIが代替するのか~
(於・東京都/学術総合センター)
https://www.ism.ac.jp/events/2019/meeting1105.html

◆2019-11-06(Wed)〜2019-11-08(Fri):
2019特許・情報フェア&コンファレンス
(於・東京都/科学技術館)
http://pifc.jp/

◇2019-11-07(Thu):
国立情報学研究所 2019年度 市民講座 第3回「情報学最前線」理論計算機科学入門 有限と無限のあいだ-数学的理論から、AI・自動運転-(蓮尾一郎)
(於・東京都/学術総合センター)
https://www.nii.ac.jp/event/shimin/

◇2019-11-09(Sat)~2019-11-10(Sun):
コンピュータ利用教育学会 2019九州PCカンファレンス in 佐賀「令和元年、デジタルトランスフォーメーション維新」
(於・佐賀県/佐賀大学 本庄キャンパス)
http://kyushu.seikyou.ne.jp/pcc/

◇2019-11-09(Sat)〜2019-11-10(Sun):
日本情報経営学会第79回全国大会「ブロックチェーンとイノベーション」
(於・愛媛県/松山大学 樋又キャンパス)
https://conferenceservice.jp/www/jsim79/

◇2019-11-10(Sun):
Next-L Enju ワークショップ #84
(於・茨城県/筑波大学 春日エリア)
https://www.facebook.com/events/369330850630480/

◆◇2019-11-11(Mon):
日本文化とAIシンポジウム2019-AIがくずし字を読む時代がやってきた-
(於・東京都/学術総合センター)
http://codh.rois.ac.jp/symposium/japanese-culture-ai-2019/

◇2019-11-11(Mon):
JEITAアイデアソン2019「IT×地域活性化 アイデアソン~5Gが拓く、場所を選ばず働く時代~」
(於・東京都/大手センタービル)
https://www.jeita.or.jp/ideathon/jeitaideathon2019/

◆2019-11-12(Tue)〜2019-11-14(Thu):
第21回図書館総合展
(於・神奈川県/パシフィコ横浜)
https://www.libraryfair.jp/

◇2019-11-14(Thu):
日本品質管理学会 第115回クオリティトーク(東日本)「品質保証体制強化のためのIoT活用の実践」(山田浩貢)
(於・東京都/東高円寺ビル)
http://www.jsqc.org/q/news/events/index.html#h311114

◇2019-11-14(Thu):
第20回クラウドIoT研究会「内閣府SIP(戦略的イノベーション創造プログラム)第2期におけるMy-IoT開発プラットフォームについてのご紹介~ユーザ視点でのエッジセントリックなIoTシステム構築技術の取り組み~」(岡山義光)
(於・東京都/スタンダード会議室 五反田ソニー通り店)
https://www.aspicjapan.org/event/cloud/iot/activity/20191114/

◆2019-11-14(Thu)〜2019-11-15(Fri):
全史料協 第45回全国(安曇野)大会及び研修会「『文書館(ぶんしょかん)』をつくる~市町村が拓くアーカイブズ活動~」
(於・長野県/安曇野市豊科公民館)
http://jsai.jp/taikai/azumino/

◇2019-11-16(Sat):
三田図書館・情報学会 2019年度研究大会
(於・東京都/慶應義塾大学 三田キャンパス)
http://www.mslis.jp/annual.html

◇2019-11-16(Sat)〜2019-11-17(Sun):
アート・ドキュメンテーション学会30周年企画行事・第12回秋季研究集会
(於・東京都/東京藝術大学)
https://jads.hatenablog.com/

◇2019-11-18(Mon):
CAUAシンポジウム2019「AI時代を切り拓くデータサイエンティストを育てる」
(於・東京都/Innovation Space DEJIMA)
https://caua.ctc-g.co.jp/events/2019-symposium/

◇2019-11-21(Thu)〜2019-11-22(Fri):
第105回全国図書館大会三重大会「令和の新時代を拓く図書館〜常若(とこわか)のくにからの発信〜」
(於・三重県/三重県総合文化センター)
http://105th-mietaikai.info/news/archives/2

◇2019-11-22(Fri)〜2019-11-23(Sat):
人工知能学会 合同研究会2019
(於・神奈川県/慶應義塾大学 矢上キャンパス)
http://www.ai-gakkai.or.jp/sigconf/

◇2019-11-23(Sat):
情報知識学会 第24回情報知識学フォーラム 「地域資料とオープンサイエンス〜地域資料の継承と情報資源化〜」
(於・石川県/ITビジネスプラザ武蔵)
http://www.jsik.jp/?forum2019

◇2019-11-23(Sat):
日本図書館研究会 情報組織化研究グループ「図書館電子化と印刷会社:データベース実用化への潮流~電子図書館への道~産業用途展開へ」(山口和廣)
(於・京都府/京都大学附属図書館)
http://josoken.digick.jp/meeting/news.html#201911

◆2019-11-23(Sat)〜2019-11-24(Sun):
あだちメディフェス2019~第17回 全国市民メディア交流会~
(於・東京都/北千住駅周辺)
https://adachimedifes.jimdosite.com/

◆2019-11-23(Sat)~2019-11-25(Mon):
計測自動制御学会 システム・情報部門学術講演会2019(SSI2019)
(於・千葉県/千葉大学 西千葉キャンパス)
https://ssi2019.sice.or.jp/

◆2019-11-25(Mon)〜2019-11-27(Wed):
国立公文書館 第14回EASTICA総会及びセミナー「アーカイブズのこれから-膨張する多様な記録にどう向き合うか」
(於・東京都/ホテルメトロポリタンエドモント)
http://www.archives.go.jp/news/20190610.html

◆2019-11-25(Mon)〜2019-11-27(Wed):
第14回国際公文書館会議東アジア地域支部(EASTICA)総会・セミナー「アーカイブズのこれから−膨張する多様な記録にどう向き合うか」
(於・東京都/ホテルメトロポリタンエドモント)
http://www.archives.go.jp/news/20190610.html

これ以前以後のイベント情報は下記をご覧ください。
http://www.arg.ne.jp/calendar

===================================
 ◆ 「マガジン航」から ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG)が発行支援するウェブ媒体「マガジン航」の最近の記事を紹介します。

・中山亜弓「デモのなかで生まれる香港のポリティカル・ジン」(2019-10-23)
「香港で逃亡犯条例に反対する百万人デモが行われた6月9日、私は小出版物のイベントnot big issueに参加するため台北にいた。
さっそく「香港がたいへんなことになっているね」と、何人かの現地の知人に言うと、言葉少なに頷き少し表情を曇らせた」。
https://magazine-k.jp/2019/10/23/political-zines-in-hong-kong/

・谷頭和希〈ブックオフは公共圏の夢を見るか〉「第3回 ブックオフを「戦術」的に考える」(2019-10-17)
「随分と連載の期間が空いてしまった。
私たちはブックオフという空間について考えてきた。ここまでの議論においてうっすらと見えてきたのは、ブックオフ的空間の特殊さだ。それは、これまでの本をめぐる環境とは全く異なる秩序に支えられている。そんな推論を私たちは立てていた。覚えていらっしゃっただろうか」。
https://magazine-k.jp/2019/10/17/bookoff-as-public-sphere-03/

===================================
 ◆ 活動の予定と報告 ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

<凡例>
◆新規、もしくは更新あり
◇既掲載、変更なし

図書館総合展での登壇以外、年内の講演等は全予定が終了しました。なお、年内につきましてはこれからのご依頼には基本的に対応できません。

2020年以降の講義・講演のご依頼をお考えの方、お気軽にご相談ください。

弊社の場合、1)早い者勝ち、2)地方優先だけがルールです。

法人としての活動は、

http://arg-corp.jp/
https://www.facebook.com/ARGjp

をご参照ください。業務発注、歓迎です。各種ご相談に対応いたします。

◇最近の主要業務:
 1.公共施設・商業施設の新設・リニューアル・運営等の計画策定支援
 2.ウェブ技術を中心とした産官学民連携のコーディネート
 3.共同オフィス・シェアハウス等のコミュニティー空間の創造
 4.ウェブコンサルティングや専門的調査の実施代行
 5.ワークショップ等によるアイデア発想・知識創造の支援

また、当面の間、

          岡本真『未来の図書館、はじめます』
           (青弓社、2018年、1800円+税)
    https://www.seikyusha.co.jp/bd/isbn/9784787200693/
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200690/arg-22/

本誌の趣旨や販促にかなう限りは、講演謝金不要で講演依頼を受付ます。ただし、旅費はご支給ください。ただし、日々全国を行脚しているので、日程によっては旅費も大幅に抑制できることがあります。お気軽にご相談ください。

なお、本2019年度も総務省の地域情報化アドバイザーの委嘱を受けており、すでに派遣申込が開始されています。岡本の派遣をご希望いただける場合はあらかじめ弊社までご相談ください。なお、すでに13自治体から派遣要請をいただいており、これ以上の対応には調整が必要な状況です。ご相談はお早めにお願いします。

・地域情報化アドバイザー派遣制度(ICT人材派遣制度)
http://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/ictseisaku/ictriyou/manager.html
・平成31年度「地域情報化アドバイザー」派遣申請の受付開始
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu06_02000209.html

また、

・地域情報化アドバイザー派遣 過年度優良事例
https://www.applic.or.jp/suemn15lane9s8rn5

が更新され、2018年度の優良事例が紹介されています。紹介されている7事例のうち、

◇オープンデータ(デジタルアーカイブ・図書館・地域情報発信)
・大阪市立中央図書館(大阪府)
・津山市立図書館(岡山県)

の2つは岡本が助言を行った事例となりますので、ご参照ください。

~<弊社編集媒体>~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    ~図書館の未来がわかる、新しいライブラリーマガジン~
   ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)(編集・発行:ARG)
       http://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/
          https://www.facebook.com/LRGjp
           https://twitter.com/LRGjp

   ~図書館や教育関係者に向けた新しいニュース紹介メディア~
            リブラボ、更新中
        https://www.facebook.com/LibLabo/

===================================
 ◆ 編集日誌 ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

◆2019-10-21(Mon): 須崎市図書館等複合施設整備に向けた建設構想策定委託業務公募型プロポーザルの二次審査会に出席

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9939

高知市を出て須崎市へ。審査員を委嘱されている須崎市図書館等複合施設整備に向けた建設構想策定委託業務公募型プロポーザルの二次審査会に出席しました。

これまでにもさまざまな審査員を経験していますが、プロポーザルは自分自身が審査される側に回ることが多いだけに緊張します。ともあれ、来月最終審査会となります。

・須崎市
https://www.city.susaki.lg.jp/

◆2019-10-22(Tue): 大阪へ移動

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9940

須崎市を発ち、大阪南部へ。実に6時間近い鉄路の旅でしたが、いい休養になりました。

◆2019-10-23(Wed): 阪阪南市立図書館で職員間対話

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9941

地域情報化アドバイザーとして招聘いただいた阪南市立図書館にうかがい、図書館の未来に向けて職員間の対話を行いました。この図書館は創立30周年。建て替えるにはまだ早く、しかしサービスのデザインを一度見つめなおすという仕事です。最近この種のご相談・ご依頼をいただくことが目に見えて増えていますが、節目のタイミングにサービスデザインを徹底的に行うことの大事さを痛感しています。

◆2019-10-24(Thu): 柴田町図書館のみなさんと名取市図書館を見学

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9942

日帰りで宮城へ。地域情報化アドバイザーとしての仕事です。柴田町図書館のみなさんと一緒に名取市図書館を見学しました。今回はその見学と名取市の柴崎館長との意見交換のコーディネートです。東へ西へという日々が続きます。

◆2019-10-25(Fri): 都内で会議し横浜でデスクワーク

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9943

なかなかの豪雨でしたが、朝から都内へ。ある設計事務所からの相談で提案内容のレビューに参加しました。いい結果になればと思います。

横浜に戻った後はデスクワークに邁進。出張先でもホテルで仕事はするのですが、やはりホームのほうが仕事がはかどります。そして本日提出〆切になっていた重要な資料を先方に送り終え、やりきった感があります。

夜は、

・神奈川県立図書館を考える会 第70回定例会
https://www.facebook.com/events/562294204575565/

を開催。

◆2019-10-26(Sat): 小諸図書館友の会(仮)結成に向けた会議

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9944

小諸市へ。北陸新幹線が大混雑で佐久平駅まで立ち席でした……。こちらも地域情報化アドバイザーとしての仕事です。3回派遣の最終回でした。小諸図書館友の会(仮)の結成に向けた市民勉強会で情報提供や議論の整理を行いました。

・市立小諸図書館 – 小諸図書館友の会(仮)について
https://www.city.komoro.lg.jp/soshikikarasagasu/toshokan/shisetsuannai/1…

小諸市は私の母の実家に近いまちであり、私にとっても思い入れのある故郷感があるまちです。地域情報化アドバイザーとしての仕事は終わりますが、引き続き自主的に関与していきます。

◆2019-10-27(Sun): 都道府県立図書館サミット2019のアフタートーク

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9945

現在編集を進めている『ライブラリー・リソース・ガイド』(LRG)第29号に掲載する都道府県立図書館サミット2019のアフタートークの収録を県立長野図書館で行いました。

・県立長野図書館「信州・学び創造ラボ」
https://www.facebook.com/NaganoLib02/

も盛況で関係者としては嬉しい限りでした。

             岡本真:ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)編集長

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)[ARG-769]2019年10月28日(週刊)
【発行者】アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG)
【編集者】岡本 真:ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)編集部
【発行地】〒231-0012 横浜市中区相生町3-61泰生ビル さくらWORKS<関内>407
ISSN 】1881-381X
【E-Mail】info [&] arg-corp.jp [&] を@に置き換えてください。
【サイト】http://www.arg.ne.jp/ (メルマガ)
     http://arg-corp.jp/ (コーポレート)
【Facebook】https://www.facebook.com/arg.ne.jp/ (メルマガ)
      https://www.facebook.com/ARGjp/ (コーポレート)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本誌掲載記事の取り扱いは、著作権法に則って行ってください。本誌の許可を得ていない記事の転載は違法です。引用は著作権法の範囲内で。記事を情報源として二次的に利用する際には、情報源としての本誌の存在を明記してくださるようお願いします。
悪質な例に対しては、法的手段を含め相応の対応をします。なおメーリングリストなど、複数による閲覧が可能なアドレスでの登録はご遠慮ください。

Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG) All Rights Reserved.
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

メールマガジンの配信登録(無料)をしていただくと、定期的にまとめて記事がお手許に届きます。
下の空欄にメールアドレスを入力し、右の[配信登録(無料)]を押してください。

メールアドレス: