773号(2019-11-25、4099部)

ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG)の773号(2019-11-25、4099部)を発行しました。

主な記事は、

○お知らせ
 -「ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)第28号、発売中」

○【毎週更新】各地のプロジェクトから

○産官学民連携クリップ

○イベントカレンダー

○「マガジン航」から
 -〈ローカルメディアというフロンティアへ〉「天気の次の話題を探して――「街の手帖 池上線」(影山裕樹)
 -〈月のはじめに考える-Editor’s Note〉「奥多摩ブックフィールドに行ってきた」(仲俣暁生)

○活動の予定と報告

○編集日誌
 -11月の全大会
 -松戸市の第2回新庁舎建設検討懇話会
 -神奈川の県立図書館を考える会 第71回定例会を開催
                             など、7日分

○奥付

1998-07-11創刊(創業10周年イヤー)           ISSN 1881-381X
-----------------------------------
      ◆◇◆ ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG) ◆◇◆
-----------------------------------
         Science, Internet, Computer and …

       2019-11-25発行   ‡No.773‡   4099部発行

-図書総合展 ARGパーク2019~新しい公共をつくる広場 2~ ご来場御礼-

 “Ask not what the net can do for you
                 -ask what you can do for the net.”

-----------------------------------  ◇ 目次 ◇
-----------------------------------

○お知らせ
 -「ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)第28号、発売中」

○【毎週更新】各地のプロジェクトから

○産官学民連携クリップ

○イベントカレンダー

○「マガジン航」から
 -〈ローカルメディアというフロンティアへ〉「天気の次の話題を探して――「街の手帖 池上線」(影山裕樹)
 -〈月のはじめに考える-Editor’s Note〉「奥多摩ブックフィールドに行ってきた」(仲俣暁生)

○活動の予定と報告

○編集日誌
 -11月の全大会
 -松戸市の第2回新庁舎建設検討懇話会
 -神奈川の県立図書館を考える会 第71回定例会を開催
                             など、7日分

○奥付

~~~~~~~~~~~~~~<最新刊発売>~~~~~~~~~~~~~~

           本誌編集長・岡本真の最新著

           『未来の図書館、はじめます』
           (青弓社、2018年、1944円)

   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200690/arg-22/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~<弊社関係企画>~~~~~~~~~~~~~~

  国宝の備前刀「山鳥毛里帰りプロジェクト」クラウドファンディング

          https://setouchi-cf.jp/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

===================================
 ◆ お知らせ ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

   「ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)第28号、発売中」

・ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)第28号
https://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/next/

◆巻頭言 次の10年を見据える[岡本真]

◆特集 「民間公共の系譜-近代の人々はいかにして図書館を興してきたのか」
 -まえがき:「民間公共」という問いからの10年間[岡本真]
 -1.大日本報徳社と「淡山翁記念報徳図書館」[奥野寿夫(掛川市立図書館 前・館長)]
 -2.野本恭八郎と「大正記念長岡市立互尊文庫」[井口麻子(長岡市立中央図書館)]
 -3.宇部共同義会と「宇部市立図書館」[藤永義昭(宇部市立図書館)]
 -4.濱口家と「公正図書館」[湯澤規子(法政大学教授)]
 -5.「興風会図書館」と「野田市立興風図書館」[川嶋斉(野田市立興風図書館)]
 -6.森本家と「津山基督教図書館」[大河原信子(津山市立図書館)] p.038
 -7.ヴォーリズと「近江兄弟社図書館」[太田典子(ヴォーリズ学園図書館)]
 -8.岩瀬弥助と「岩瀬文庫」[林知左子(西尾市岩瀬文庫)]
 -9.斎藤實と「皋水記念図書館」[安倍初雄(奥州市立斎藤實記念館)]
 -10.岡田健藏と「市立函館図書館」[丹羽秀人(函館市中央図書館)]
 -11.川田豊太郎と「川田文庫」「青山文庫」[藤田有紀(佐川町立青山文庫)]
 -12.杉野文彌と「江北図書館」[明定義人(前・江北図書館長)]
 -対談:民間公共の系譜と現代[木下斉×岡本真]
 -特別寄稿:もうひとつの『ニューヨーク公共図書館』~映画の背景にあるものを読み解く~[豊田恭子]

◆司書名鑑 第23回 茂原暢(公益財団法人渋沢栄一記念財団 情報資源センター/センター長、専門司書)

◆連載 伊藤大貴の視点・論点 第6回「地企業がパブリックを担う時代 活躍の場が広がる議員、公務員」[伊東大貴]

◆連載 島ではじめる未来の図書館~西ノ島・新図書館建設プロジェクト~番外編「島それぞれの図書館(海士町)」[田中輝美]

◆連載 かたつむりは電子図書館の夢をみるか LRG編 第11回「書架番号、必要ですか? VRを使って実験してみた」[佐藤翔]

◆連載 猪谷千香の図書館エスノグラフィー 第11回「すべての働く人たちの、未来のためにある図書館「エル・ライブラリー」[猪谷千香]

◆連載マンガ ここが変だよ地方行政 第2回「議員と社会のせつない関係」[小田理恵子]

スタッフボイス
次号予告
アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG) 業務実績 定期報告

===================================
 ◆ 各地のプロジェクトから ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG)は日本各地で公共・民間施設の計画・整備に関する事業に携わっています。

現在、関係している事業のうち、情報公開が可能なプロジェクトについて、日本各地での現状を随時お知らせしていきます。なお、弊社の売上が税金に由来する案件は原則的に受託の事実や事業の内容を公共コミュニケーションの一環として、ここで公開していきます。

【富谷市】(宮城県)
富谷市民図書館整備資金調達、管理運営計画策定及び設計プロセス策定支援業務

argのオフィスがある横浜でも肌寒い天気が続き、1年の終わりを意識する季節になりました。この時期になると、各地の自治体へのふるさと納税を検討される方も多いと思います。
ふるさと納税では地元の特産品を使った返礼品が話題になりますが、お金の使い道を選べるのも特徴のひとつです。富谷市のふるさと納税では、ブルーベリー等の特産品を使った魅力的な返礼品が用意されているのはもちろんのこと、使い道のトップに図書館建設や開館後の運営に使う「富谷市民図書館基金事業」があげられています。
Readyforで行ったクラウドファンディングは終了しましたが、資金面で富谷市民図書館を応援したいとお考えの方は、富谷市にふるさと納税してみるのはいかがでしょうか。(宮田)

・宮城県富谷市初の図書館!市民の声でつくるみんなが主役の場所を(Readyforプロジェクトページ)
https://readyfor.jp/projects/tomiya-lib
・富谷市 – 富谷市民図書館整備に向けた取組みについて
https://www.tomiya-city.miyagi.jp/soshiki/syogaigakusyu/library-scheme-2…

【瑞穂町】(東京都)
瑞穂町図書館改修工事基本計画、基本設計及び実施設計支援業務

11月23日(土・祝)、第3回「瑞穂町の図書館をみんなで考え・つくるワークショップ」を開催しました。今回は「瑞穂町の図書館の〈テーマ配架〉を考えよう」というテーマで、新しくなる図書館の書架にどんなテーマがあって、どんな本や資料があるといいのかをみんなで考えました。
司書のお2人に〈テーマ配架〉の事例を実際につくって説明していただいたのですが、それがとてもわかりやすく魅力的でした。それがあったことで参加者のみなさんもイメージを掴みやすく、大変活発なワークショップとなりました。司書のみなさんありがとうございました!(李)

・瑞穂町 – 瑞穂町図書館改修工事基本計画、基本設計及び実施設計事業者選定業務に係る公募型プロポーザルの結果について
https://www.town.mizuho.tokyo.jp/jigyousya/001/003/p006834.html

【長野県】
県立長野図書館信州・学び創造ラボ 空間デザインコンセプト/運営検討支援業務

11月30日(土)、「ラボ・デザイン会議#06」が開催されます。今回のテーマは「ラボに〈問い〉をつくろう」ということで、ラボのインフォメーションをデザインし実装するのが目的ですが、単にサインをデザインするのではなく、〈問い〉のデザインに取り組みます。
これだけではなんだかよくわからないかもしれませんが、ラボをもっとおもしろい空間にしていくための新たな実践ですので、関心のある方はぜひご参加ください。(李)

・県立長野図書館「信州・学び創造ラボ」(Facebookページ)
https://www.facebook.com/NaganoLib02/
・よむナガノ 県立長野図書館ブログ
https://blog.nagano-ken.jp/library/

【静岡県】
「文化力の拠点」における新県立中央図書館管理運営計画支援業務

11月16日(土)の静岡新聞に「東静岡・文化力の拠点、民間提案整備は「白紙」 県主体で先行へ」との記事が出ました。今後どのような動きになっていくか、わたしたちも気になるところではありますが、正式発表を待ちたいと思います。
どのような形であれ、県民ファーストを第一に進んでいくことを願っています。文化力の拠点、新しい知的空間との融合も新しい図書館にとっては大きな意味を持つと思われます。図書館の力を生かした、静岡県らしい空間づくりができるよう、サポートできればと思います。(島津)

・「東静岡・文化力の拠点、民間提案整備は「白紙」 県主体で先行へ」(静岡新聞、2019-11-16)
https://www.at-s.com/news/article/politics/shizuoka/705537.html
・静岡県 – 新静岡県立中央図書館の整備について
https://www.pref.shizuoka.jp/kyouiku/kk-080/tosyokan/20180322.html

【智頭町】(鳥取県)
新智頭図書館設計業務内ワークショップ支援業務

智頭町には、百人委員会教育文化部会の1つとして「ちづ未来ICT」という智頭町の教育を考える会があります。「ちづ未来ICT」が実施しているイベントの1つに「プログラミング体験会!」があり、智頭町のご家族は無料で参加することができます。
図書館になんでもかんでも機能を入れるのではなく、図書館がこうした既存の地域のコンテンツの場となったり、情報発信をすることで、地域の学びや文化の環境が充実します。図書館整備は単なるハコづくりではなく、こうした地域全体の編集作業であることを常に意識して取り組んでいます。(李)

・智頭町立智頭図書館
http://www.town.chizu.tottori.jp/library/
・智頭町
http://www1.town.chizu.tottori.jp/

【四万十町】(高知県)
四万十町文化的施設整備基本計画策定委託業務

基本計画が着々と完成に近づいています。初読では当たり前ですがなじみのなかったこの計画も、何度も読み返したり、修正点を検討したり、検討委員会の議論を聞いたりすることで、私にとっても思い入れのようなものが生まれてきています。最初からこの計画に関わっている職員の方や検討委員のみなさん新しい施設の完成を心待ちにしている町民のみなさまはなおさら強い思い入れをお持ちかと思います。みなさんの思いに応えられるよう一層気を引き締めて取り組んでまいります。(有尾)

・四万十町 – 令和元年度 第7回四万十町文化的施設検討委員会の開催について
https://www.town.shimanto.lg.jp/life/detail.php?hdnKey=7800
・四万十町 – 「(仮称)四万十町文化的施設基本計画」の策定に向けて
https://www.town.shimanto.lg.jp/life/detail.php?hdnKey=6032

【佐川町】(高知県)
佐川町新図書館整備基本構想策定委託業務

しばらくの間、このコーナーのリンクでも案内してきた佐川町の新図書館長候補者募集の応募受付〆切が12月6日(金)に迫ってきました。この後、12月中に一次選考が行われ、1月上旬には二次選考へと進みます。佐川町の取り組みは図書館にとどまるものではなく、地域の教育全般に及びます。そのことは「さかわ未来学構想(ふるさと教育構想)を踏まえた新しい図書館の将来像について」という提出論文のテーマにもよく現れています。ぜひ、ご挑戦ください。(岡本)

・佐川町 – 令和元年度佐川町職員(新図書館長候補者)採用試験のお知らせ
http://www.town.sakawa.lg.jp/life/dtl.php?hdnKey=1812
・佐川町
http://www.town.sakawa.lg.jp/

【北九州市】(福岡県)
門司港地域複合公共施設新築工事基本設計業務

門司港は元々、九州最初の鉄道会社となる「九州鉄道会社」の本社があったことから「九州鉄道記念館」という観光スポットがあります。屋外にある車両展示場には、今まで九州の地で活躍した実物の車両が展示されています。なんと、「日本国有鉄道 キハ07 41号」等一部の車両は中にも入ることができます。映画の中に出てきそうな、古めかしいけどなんとなく落ち着く空間、という印象です。
客層は大半は子連れでしたが、アジア系の観光客も見られました。説明文は多言語対応をしていないですが、昔の汽笛音が聞けたりレールや切符等たくさんの鉄道関連の展示物があったりしますので、見ているだけでも楽しいと思います。ぜひ門司港を訪れた際は「九州鉄道記念館」にもぜひ足を伸ばしてみてはいかがでしょうか。(岡崎)

・九州鉄道記念館
http://www.k-rhm.jp/
・門司港地域複合公共施設新築工事基本設計業務に係る簡易公募型プロポーザルで最優秀者に選定(協力会社として参画)
https://arg-corp.jp/2019/10/03/kitakyushu/
・北九州市 – 門司港地域複合公共施設新築工事基本設計業務に係る簡易公募型プロポーザルについて
https://www.city.kitakyushu.lg.jp/ken-to/06600036.html

【最近の仕事】

「須崎市図書館等複合施設整備に向けた建設構想策定委託業務」公募型プロポーザルの審査員を担当
https://arg-corp.jp/2019/11/21/susaki/
https://www.facebook.com/ARGjp/posts/2609862689059337/

創業10周年を記念し、VIを刷新
https://arg-corp.jp/2019/11/12/arg-67/
https://www.facebook.com/ARGjp/posts/2591514254227514/

神奈川工科大学の情報工学セミナーの実施を支援
https://arg-corp.jp/2019/11/06/kait/
https://www.facebook.com/ARGjp/posts/2577682775610662/

なお、上記以外にもこれまで計画・整備に関わった施設のアフターケアや、これから計画・整備を予定している自治体等のご相談に対応しています。ご関心のある方は、下記までお気軽にご連絡ください。

info@arg-corp.jp

また、主に図書館についての私たちの考えは下記サイトをご覧ください。

http://arg-corp.jp/

===================================
 ◆ 産官学民連携クリップ ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

弊社の2本柱の1つである産官学民連携のコーディネート事業から見えてくる最近のトレンドをニュース解説を交えて紹介していきます(岡本、岡崎、三苫)。

1.Sansan、ETIC.と共同でビジネスにおける関係人口を推算 ビジネス関係人口が多い地方自治体発表
https://bizzine.jp/article/detail/4076
名刺管理アプリを提供するSansanと実践型インターンシップや起業支援プログラムを手掛けるETIC.による共同研究で興味深い分析が発表されました。名刺交換というSansanらしいテーマを深掘りしている点が非常に印象的です。
実際のところ、名刺交換の文化の浸透度合いの差や名刺のデータ登録をする傾向が高い人物の偏りの可能性等、課題はまだ多そうですが、Sansanという企業のサービスの本質に根差した取り組みだけに、今後の応用可能性に期待が広がります。(岡本)

2.ライドシェアのCREW、新潟県の山古志地域で“住民による利用”を想定した実証実験を開始
https://jp.techcrunch.com/2019/11/20/crew-niigata-poc/
特定非営利活動法人の中越防災フロンティアとライドシェアサービスを提供している株式会社Azitが新潟県長岡市山古志地域でライドシェアサービスの
実証実験を開始しました。この山古志地域は長岡市ではありますが、小千谷駅から山古志地域の中心部まで車で15分程度かかります。そんな地域の移動を助けるサービスとして、タクシーの利用促進や超小型モビリティカーの導入等各地で様々な取組みが見られますが、観光だけではなく、地元民の足を公共以外でどう確保していくかという課題は各地で増えていくことが見込まれますので、参考になる取組みではないでしょうか。(岡崎)

3.渋谷パルコ/実店舗とEC融合、AIアシスタントロボなどデジタル強化
https://www.ryutsuu.biz/it/l112016.html
オフラインのリアルな場である実店舗に、多様なデジタル施策が導入されます。渋谷パルコは、自走式ロボットを利用した問合せ対応の実証実験や、音声認識と翻訳機能を搭載した店頭案内システム、試着時に後ろ姿が見られるミラ―などの多様な仕掛けを展開、デジタルネイティブの利用者層が、ストレスフリーに買い物が楽しめる場を提供していきます。
決済オペレーションの簡素化等、店舗で働くスタッフにとっては接客に専念できるデジタル施策でもあり、ほか施設への応用を考えるうえでのヒントになりそうです。(三苫)

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

    共著『未来の図書館、はじめませんか』発売中-三刷も、決定!

            岡本真、森旭彦著
     『未来の図書館、はじめませんか』(青弓社、2014年)
    http://www.seikyusha.co.jp/wp/books/isbn978-4-7872-0053-2
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200534/arg-22/

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

===================================
 ◆ イベントカレンダー ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

<凡例>
◆編集者独断によるオススメ
◇通常掲載

◆2019-11-25(Mon)〜2019-11-27(Wed):
第14回国際公文書館会議東アジア地域支部(EASTICA)総会・セミナー「アーカイブズのこれから:膨張する多様な記録にどう向き合うか」
(於・東京都/ホテルメトロポリタンエドモント)
http://www.archives.go.jp/news/20190610.html

◆2019-11-26(Tue):
全国歴史資料保存利用機関連絡協議会(JSAN)令和元年度公文書館機能普及セミナーin山形「求められる公文書館機能の姿とは」
(於・山形県/山形県郷土館「文翔館」)
http://jsai.jp/ibbs/b20191011.html

◆2019-11-29(Fri):
第3回東京大学学術資産アーカイブ化推進室主催セミナー「東京大学デジタル万華鏡~デジタルアーカイブズ構築事業の成果紹介とこれからの活用を考える~」
(於・東京都/東京大学 弥生キャンパス)
https://www.lib.u-tokyo.ac.jp/ja/library/contents/event/20191015/

◇2019-11-29(Fri):
バイオサイエンスデータベースセンター 統合データベース講習会:AJACS世田谷
(於・東京都/東京農業大学 世田谷キャンパス)
https://biosciencedbc.jp/event/ajacs/ajacs80.html

◆2019-11-29(Fri):
日本写真学会 令和元年度画像保存セミナー
(於・東京都/東京都写真美術館)
https://www.spij.jp/2019/10/04/

◇2019-11-30(Sat):
2019年度秋季(第41回)情報通信学会大会
(於・東京都/駒澤大学 駒沢キャンパス)
http://www.jsicr.jp/operation/taikai/41taikai_application.html

◇2019-11-30(Sat):
日本出版学会 2019年度 秋季研究発表会
(於・奈良県/奈良女子大学)
http://www.shuppan.jp/yotei/1135-2019-20191130.html

◇2019-11-30(Sat)〜2019-12-01(Sun):
大学教育学会2019年度課題研究集会
(於・広島県/エリザベト音楽大学)
http://daigakukyoiku-gakkai.org/site/conference/conferenceinfo/

◇2019-11-30(Sat)〜2019-12-01(Sun):
第10回横幹連合コンファレンス「SDGs(持続可能な開発目標)と横幹科学技術-2030年までの工程」
(於・新潟県/長岡技術科学大学)
http://www.trafst.jp/conf2019/

◆2019-11-30(Sat):
ロー・ライブラリアン研究会 研修交流会「法情報の調べ方入門」-日版(全二回) 第2回 法体系・国会・自治体
(於・東京都/TKC東京本社)
https://www.kokuchpro.com/event/LLken20191130/

◆2019-12-01(Sun):
文化遺産国際協力コンソーシアム シンポジウム「文化遺産の意図的な破壊-人はなぜ本を焼くのか-」
(於・東京都/政策研究大学院大学)
https://www.jcic-heritage.jp/jcicheritageinformation20191008/

◇2019-12-03(Tue):
情報処理学会 短期集中セミナー「Society5.0に向けたデータ流通」
(於・東京都/日本教育会館)
https://www.ipsj.or.jp/event/s-seminar/2019/data-distribution/

◇2019-12-05(Thu)〜2019-12-06(Fri):
国立国会図書館「レファレンス・サービス研修-科学技術情報を中心に-」
(於・京都府/国立国会図書館関西館)
https://www.ndl.go.jp/jp/library/training/guide/190827_01.html

◆2019-12-05(Thu)〜2019-12-06(Fri):
九州大学統合新領域学府ライブラリーサイエンス専攻・附属図書館共同開催イベント シンポジウム・ワークショップ「大学における研究データサービス」
(於・福岡県/九州大学 伊都キャンパス)
https://www.lib.kyushu-u.ac.jp/ja/events/20191205/

◆2019-12-07(Sat):
学習院大学 人文科学研究科 アーカイブズ学専攻 アーカイブズ学講演会「フランスにおけるアーキビスト養成(過去、現在、未来):学問的、社会的および政治的課題」(オリヴィエ・ポンセ)
(於・東京都/学習院大学 目白キャンパス)
https://www.gakushuin.ac.jp/univ/g-hum/arch/

◇2019-12-07(Sat):
2019アーバンデータチャレンジ京都 in NDL 関西館 ハッカソン
(於・京都府/国立国会図書館 関西館)
https://udc-kyoto.connpass.com/event/152528/

◇2019-12-09(Mon):
情報処理学会連続セミナー2019 「第6回:IT分野の研究開発動向を俯瞰する」
(於・東京都/国立研究開発法人科学技術振興機構 東京本部別館)
https://www.ipsj.or.jp/event/seminar/2019/program06.html

◇2019-12-09(Mon):
情報処理学会連続セミナー2019 「第6回:IT分野の研究開発動向を俯瞰する」
(於・大阪府/大阪大学 中之島センター)
https://www.ipsj.or.jp/event/seminar/2019/program06.html

◇2019-12-09(Mon):
情報処理学会連続セミナー2019 「第6回:IT分野の研究開発動向を俯瞰する」
(於・宮城県/東北大学 電気通信研究所)
https://www.ipsj.or.jp/event/seminar/2019/program06.html

◇2019-12-09(Mon):
IoT/AI時代におけるオープンイノベーション推進協議会 第4回シンポジウム in 東京「超スマート社会(Soceity5.0)、繋がる社会におけるサイバーセキュリティのあり方」
(於・東京都/日比谷図書文化館)
http://www.iajapan.org/iot/oic/event/2019/symp1209.html

◆2019-12-10(Tue):
信州大学附属図書館「基礎から知る「オープンサイエンス」~世界の潮流と研究者・大学の役割~」
(於・長野県/信州大学附属図書館中央図書館)
http://www.shinshu-u.ac.jp/institution/library/news/2019/11/open-science…

◆2019-12-12(Thu)〜2019-12-13(Fri):
日本建築学会 第42回情報・システム・利用・技術シンポジウム
(於・東京都/建築会館)
http://www.aijisa.org/2019/

◆2019-12-12~2019-12-13(Fri):
国立国会図書館 アジア情報研修「中国の法令・政府情報と統計を調べる」
(於・千葉県/日本貿易振興機構アジア経済研究所)
https://rnavi.ndl.go.jp/asia/entry/asia-workshop2019.php/

◆2019-12-12(Thu)〜2019-12-14(Sat):
大学ICT推進協議会 2019年度年次大会(AXIES2019)
(於・福岡県/福岡国際会議場)
https://axies.jp/ja/conf/conf2019/

◇2019-12-14(Sat)〜2019-12-15(Sun):
情報処理学会 人文科学とコンピュータ研究会 じんもんこん2019 人文科学とコンピューターシンポジウム「デジタルアーカイブの新たな挑戦:人文・芸術・文化資源の活用と創生」
(於・大阪府/立命館大学 大阪いばらきキャンパス)
http://jinmoncom.jp/sympo2019/

◇2019-12-14(Sat):
大学ICT推進協議会 シンポジウム「これからの大学の情報教育」
(於・福岡県/福岡国際会議場)
http://axies.jp/ja/event/erh8lu/

◇2019-12-17(Tue):
科学コミュニケーション研究会 第50回関東支部勉強会「Public engagement with science in r/science」(原典子)
(於・東京都/東京大学 本郷キャンパス)
http://www.scicomsociety.jp/?page_id=25

◇2019-12-19(Thu):
私立大学図書館協会東地区部会 2019年度研究分科会報告大会
(於・東京都/早稲田大学 早稲田キャンパス)
https://www.jaspul.org/east/news/2019/10/2019-7.html

◇2019-12-19(Thu):
国立国会図書館 第30回保存フォーラム「収蔵資料の防災-日頃の備え・災害対応・連携協力」
(於・東京都/国立国会図書館 東京本館)
https://www.ndl.go.jp/jp/event/events/preservationforum30.html

◇2019-12-20(Fri):
神奈川県資料室研究会12月例会 グループディスカッション「新たな時代「令和」への挑戦!~「平成」を振り返り、「令和」の図書館未来像を描く~」
(於・神奈川県/神奈川県立川崎図書館)
https://saas01.netcommons.net/shinshiken/htdocs/index.php?key=josaejiz9-359

◇2019-12-21(Sat):
リバティアカデミー20周年記念オープン講座 AI世代のデジタル教育「これからの時代を生きる子どもたちに必要なチカラ」(五十嵐悠紀)
(於・東京/明治大学 中野キャンパス)
https://academy.meiji.jp/course/detail/4986/

◇2019-12-23(Mon)~2019-12-24(Tue):
電子情報通信学会 データベースシステム研究会「データ工学・データベースシステムとエンターテイメントおよび一般」
(於・東京都/国立情報学研究所)
https://www.ieice.org/ken/program/index.php?tgs_regid=abed63bc529af3a388…

これ以前以後のイベント情報は下記をご覧ください。
http://www.arg.ne.jp/calendar

===================================
 ◆ 「マガジン航」から ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

アカデミック・リソース・ガイド株式会社(arg)が発行支援するウェブ媒体「マガジン航」の最近の記事を紹介します。

・影山裕樹〈ローカルメディアというフロンティアへ〉「天気の次の話題を探して――「街の手帖 池上線」(2019-11-18)
「東京生まれ、東京育ちの僕自身、まだほとんど開拓していないエリアがある。その一つが東急池上線沿線だ。東京都品川区の五反田駅と大田区の蒲田駅とを結ぶ東急電鉄(東急)が運営する池上線は、15駅、約20分ほどで五反田と蒲田をつなぐ。五反田の高架は4階建て相当もあるという。この日は「街の手帖 池上線」の発行人&編集長の針谷周作さんに池上線沿線を案内していただきながら、なぜこの地域を題材に、実に31号もローカルメディアを発行してきたかについて伺った」。
https://magazine-k.jp/2019/11/18/machinotechou/

・仲俣暁生〈月のはじめに考える-Editor’s Note〉「奥多摩ブックフィールドに行ってきた」(2019-11-08)
「三連休の初日である11月2日、奥多摩ブックフィールドに行ってきた。しばしば「東京の水がめ」と称される小河内貯水池(奥多摩湖)の突き当りに、旧奥多摩町立小河内小学校の建物を利用した多目的スペース「奥多摩フィールド」がある。その旧職員室と校長室を利用して昨年の春にオープンした図書館だ。正式名称は「山のまちライブラリー・奥多摩ブックフィールド」だが、以下の記事では単に奥多摩ブックフィールドと呼ぶことにする」。
https://magazine-k.jp/2019/11/08/editors-note-48/

===================================
 ◆ 活動の予定と報告 ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

<凡例>
◆新規、もしくは更新あり
◇既掲載、変更なし

◇2019-11-30(Fri):
津山市立図書館図書館活用講座2「ボクの私のみんなの図書館~未来の図書館、はじめませんか?~」(岡本真)
(於・岡山県/津山市立図書館)
https://tsuyamalib.tvt.ne.jp/event/tsuyama_otona.html#evOK2

◆2019-12-01(Sun):
奈義町 未来の図書館はじめます~開館25周年記念講演会&ワークショップ(岡本真)
(於・岡山県/ナギテラス)
http://www.town.nagi.okayama.jp/library/news/news20191201.html

◆2019-12-08(Sun):
阪南市立図書館開館30周年記念講演&ワークショップ「あしたの図書館~図書館からはじまる、わたしのまちづくり」(岡本真)
(於・大阪府/阪南市防災コミュニティセンター)
https://www3.city.hannan.osaka.jp/topics/post-34.html

◆2019-12-10(Tue):
牧之原市公民連携リノベーションまちづくり講座第3回「暮らしの質を高める図書館」(岡本真)
(於・静岡県/牧之原市史料館)
http://www.city.makinohara.shizuoka.jp/bg/shisei/ent/11623.html

◆2019-12-20(Tue):
香川でICTと地域活性化セミナー(岡本真)
(於・香川県/香川大学 幸町北キャンパス)
http://www.soumu.go.jp/soutsu/shikoku/press/20191120.html

講義・講演のご依頼をお考えの方、お気軽にご相談ください。

弊社の場合、1)早い者勝ち、2)地方優先だけがルールです。

法人としての活動は、

http://arg-corp.jp/
https://www.facebook.com/ARGjp

をご参照ください。業務発注、歓迎です。各種ご相談に対応いたします。

◇最近の主要業務:
 1.公共施設・商業施設の新設・リニューアル・運営等の計画策定支援
 2.ウェブ技術を中心とした産官学民連携のコーディネート
 3.共同オフィス・シェアハウス等のコミュニティー空間の創造
 4.ウェブコンサルティングや専門的調査の実施代行
 5.ワークショップ等によるアイデア発想・知識創造の支援

なお、本2019年度も総務省の地域情報化アドバイザーの委嘱を受けており、すでに派遣申込が開始されています。岡本の派遣をご希望いただける場合はあらかじめ弊社までご相談ください。なお、すでに13自治体から派遣要請をいただいており、これ以上の対応には調整が必要な状況です。ご相談はお早めにお願いします。

・地域情報化アドバイザー派遣制度(ICT人材派遣制度)
http://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/ictseisaku/ictriyou/manager.html
・平成31年度「地域情報化アドバイザー」派遣申請の受付開始
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu06_02000209.html

また、

・地域情報化アドバイザー派遣 過年度優良事例
https://www.applic.or.jp/suemn15lane9s8rn5

が更新され、2018年度の優良事例が紹介されています。紹介されている7事例のうち、

◇オープンデータ(デジタルアーカイブ・図書館・地域情報発信)
・大阪市立中央図書館(大阪府)
・津山市立図書館(岡山県)

の2つは岡本が助言を行った事例となりますので、ご参照ください。

~<弊社編集媒体>~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    ~図書館の未来がわかる、新しいライブラリーマガジン~
   ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)(編集・発行:ARG)
       http://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/
          https://www.facebook.com/LRGjp
           https://twitter.com/LRGjp

   ~図書館や教育関係者に向けた新しいニュース紹介メディア~
            リブラボ、更新中
        https://www.facebook.com/LibLabo/

===================================
 ◆ 編集日誌 ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

◆2019-11-18(Mon): 11月の全大会

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9971

かなりグロッキーな状態ですが、11月の全大会でした。図書館総合展の振り返りを重点的に行い、今後の展開に備えていきます。

◆2019-11-19(Tue): デスクワーク

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9972

出張、図書館総合展、出張と続いたので、デスクワークデーです。やはり一日をみっちりと使えるのは大きいですね。

◆2019-11-20(Wed): 北九州市プロジェクトの内部会議

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9973

石本建築事務所へ。現在進めている北九州市は門司港のプロジェクトの打ち合わせでした。ベテランと若手の構成がほどよいチームで今後が非常に楽しみです。

◆2019-11-21(Thu): 松戸市の第2回新庁舎建設検討懇話会

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9974

7月の第1回に続く、2回目となる松戸市の新庁舎建設検討懇話会に出席しました。アカデミアの有識者と松戸市役所重鎮の方々の間になぜか私がいるという構図なのですが、非常に勉強になることが多く、ありがたい限りです。松戸は個人的に思い入れのあるまちでもあり、現在はもとより未来の松戸市民にとって意義ある議論ができればと思います。

◆2019-11-22(Fri): 某社での社内勉強会

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9975

午後に都内へ。ここ数年担当させていただいている某社の社内勉強会です。この数年若返りが著しい会社なのですが、最近若手の発言に勢いがあり、今後が楽しみです。

◆2019-11-23(Sat): MATSUDOING 2050~わたしがつくる!まつどのみらい~ワークショップに参加

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9976

再び松戸市へ。

・MATSUDOING 2050~わたしがつくる!まつどのみらい~ワークショップに参加
https://www.city.matsudo.chiba.jp/shisei/toshiseubi/machiws.html

私も最終回の第6回を担当することになっているので、どのような雰囲気かを把握するために参加しました。

日々、各地でワークショップを行っていますが、別の方々が企画・実施しているものに参加するのは常に発見や気づきがあり、勉強になります。

◆2019-11-24(Sun): 神奈川の県立図書館を考える会 第71回定例会を開催

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9977

・神奈川の県立図書館を考える会 第71回定例会
https://www.facebook.com/events/390961311813483/

を開催しました。没年ハッカソンをやろう、先日開催した統計解析ソンの成果をもとに神奈川県立川崎図書館と対話をしよう等、さまざまな準備が進んでいます。12月、1月の開催スケジュールも確定していますので、ぜひ参加をご検討ください。

12月19日(木):
・神奈川の県立図書館を考える会 第72回定例会
https://www.facebook.com/events/900195547040905/

1月11日(土):
・神奈川の県立図書館を考える会 第73回定例会 兼 県立川崎図書館見学・対話の会
https://www.facebook.com/events/2386387828277493/

             岡本真:ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)編集長

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)[ARG-773]2019年11月25日(週刊)
【発行者】アカデミック・リソース・ガイド株式会社(arg)
【編集者】岡本 真:ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)編集部
【発行地】〒231-0012 横浜市中区相生町3-61泰生ビル さくらWORKS<関内>407
ISSN 】1881-381X
【E-Mail】info [&] arg-corp.jp [&] を@に置き換えてください。
【サイト】http://www.arg.ne.jp/ (メルマガ)
     http://arg-corp.jp/ (コーポレート)
【Facebook】https://www.facebook.com/arg.ne.jp/ (メルマガ)
      https://www.facebook.com/ARGjp/ (コーポレート)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本誌掲載記事の取り扱いは、著作権法に則って行ってください。本誌の許可を得ていない記事の転載は違法です。引用は著作権法の範囲内で。記事を情報源として二次的に利用する際には、情報源としての本誌の存在を明記してくださるようお願いします。
悪質な例に対しては、法的手段を含め相応の対応をします。なおメーリングリストなど、複数による閲覧が可能なアドレスでの登録はご遠慮ください。

Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社(arg) All Rights Reserved.
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

メールマガジンの配信登録(無料)をしていただくと、定期的にまとめて記事がお手許に届きます。
下の空欄にメールアドレスを入力し、右の[配信登録(無料)]を押してください。

メールアドレス: