774号(2019-12-02、4100部)

ACADEMIC RESOURCE GUIDE (ARG)の774号(2019-12-02、4100部)を発行しました。

主な記事は、

○お知らせ
 -「ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)第28号、発売中」

○【毎週更新】各地のプロジェクトから

○産官学民連携クリップ

○イベントカレンダー

○「マガジン航」から
 -〈ローカルメディアというフロンティアへ〉「天気の次の話題を探して――「街の手帖 池上線」(影山裕樹)
 -〈月のはじめに考える-Editor’s Note〉「奥多摩ブックフィールドに行ってきた」(仲俣暁生)

○活動の予定と報告

○編集日誌
 -掛川市で会議
 -津山市で図書館活用講座の講師
 -奈義町で開館25周年記念講演会&ワークショップ
                             など、7日分

○奥付

1998-07-11創刊(創業10周年イヤー)           ISSN 1881-381X
-----------------------------------
      ◆◇◆ ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG) ◆◇◆
-----------------------------------
         Science, Internet, Computer and …

       2019-12-02発行   ‡No.774‡   4100部発行

  -LRG第29号「都道府県立図書館サミット2019」特集、鋭意編集中-

 “Ask not what the net can do for you
                 -ask what you can do for the net.”

-----------------------------------  ◇ 目次 ◇
-----------------------------------

○お知らせ
 -「ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)第28号、発売中」

○【毎週更新】各地のプロジェクトから

○産官学民連携クリップ

○イベントカレンダー

○「マガジン航」から
 -〈ローカルメディアというフロンティアへ〉「天気の次の話題を探して――「街の手帖 池上線」(影山裕樹)
 -〈月のはじめに考える-Editor’s Note〉「奥多摩ブックフィールドに行ってきた」(仲俣暁生)

○活動の予定と報告

○編集日誌
 -掛川市で会議
 -津山市で図書館活用講座の講師
 -奈義町で開館25周年記念講演会&ワークショップ
                             など、7日分

○奥付

~~~~~~~~~~~~~~<最新刊発売>~~~~~~~~~~~~~~

           本誌編集長・岡本真の最新著

           『未来の図書館、はじめます』
           (青弓社、2018年、1944円)

   http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200690/arg-22/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~~~~~~~~~~~~~<弊社関係企画>~~~~~~~~~~~~~~

  国宝の備前刀「山鳥毛里帰りプロジェクト」クラウドファンディング

          https://setouchi-cf.jp/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

===================================
 ◆ お知らせ ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

   「ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)第28号、発売中」

・ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)第28号
https://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/next/

◆巻頭言 次の10年を見据える[岡本真]

◆特集 「民間公共の系譜-近代の人々はいかにして図書館を興してきたのか」
 -まえがき:「民間公共」という問いからの10年間[岡本真]
 -1.大日本報徳社と「淡山翁記念報徳図書館」[奥野寿夫(掛川市立図書館 前・館長)]
 -2.野本恭八郎と「大正記念長岡市立互尊文庫」[井口麻子(長岡市立中央図書館)]
 -3.宇部共同義会と「宇部市立図書館」[藤永義昭(宇部市立図書館)]
 -4.濱口家と「公正図書館」[湯澤規子(法政大学教授)]
 -5.「興風会図書館」と「野田市立興風図書館」[川嶋斉(野田市立興風図書館)]
 -6.森本家と「津山基督教図書館」[大河原信子(津山市立図書館)] p.038
 -7.ヴォーリズと「近江兄弟社図書館」[太田典子(ヴォーリズ学園図書館)]
 -8.岩瀬弥助と「岩瀬文庫」[林知左子(西尾市岩瀬文庫)]
 -9.斎藤實と「皋水記念図書館」[安倍初雄(奥州市立斎藤實記念館)]
 -10.岡田健藏と「市立函館図書館」[丹羽秀人(函館市中央図書館)]
 -11.川田豊太郎と「川田文庫」「青山文庫」[藤田有紀(佐川町立青山文庫)]
 -12.杉野文彌と「江北図書館」[明定義人(前・江北図書館長)]
 -対談:民間公共の系譜と現代[木下斉×岡本真]
 -特別寄稿:もうひとつの『ニューヨーク公共図書館』~映画の背景にあるものを読み解く~[豊田恭子]

◆司書名鑑 第23回 茂原暢(公益財団法人渋沢栄一記念財団 情報資源センター/センター長、専門司書)

◆連載 伊藤大貴の視点・論点 第6回「地企業がパブリックを担う時代 活躍の場が広がる議員、公務員」[伊東大貴]

◆連載 島ではじめる未来の図書館~西ノ島・新図書館建設プロジェクト~番外編「島それぞれの図書館(海士町)」[田中輝美]

◆連載 かたつむりは電子図書館の夢をみるか LRG編 第11回「書架番号、必要ですか? VRを使って実験してみた」[佐藤翔]

◆連載 猪谷千香の図書館エスノグラフィー 第11回「すべての働く人たちの、未来のためにある図書館「エル・ライブラリー」[猪谷千香]

◆連載マンガ ここが変だよ地方行政 第2回「議員と社会のせつない関係」[小田理恵子]

スタッフボイス
次号予告
アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG) 業務実績 定期報告

===================================
 ◆ 各地のプロジェクトから ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

アカデミック・リソース・ガイド株式会社(ARG)は日本各地で公共・民間施設の計画・整備に関する事業に携わっています。

現在、関係している事業のうち、情報公開が可能なプロジェクトについて、日本各地での現状を随時お知らせしていきます。なお、弊社の売上が税金に由来する案件は原則的に受託の事実や事業の内容を公共コミュニケーションの一環として、ここで公開していきます。

【富谷市】(宮城県)
富谷市民図書館整備資金調達、管理運営計画策定及び設計プロセス策定支援業務

富谷市の広報誌『広報とみや』12月が発行され、「富谷市民図書館 NEWS」でガバメント・クラウドファンディングの結果とお礼が掲載されました。金融機関からの振込などを集計した結果、以前にこちらで報告した数字から上積みがあり、236名から4,079,800円の寄附をいただきました。400万円を超えるご支援に、あらためてお礼申し上げます。
argでは今後も図書館建設の資金調達を支援していきます。先週も紹介しましたが、図書館建設への支援は通常のふるさと納税でも可能ですので、ぜひ、ご検討ください。(宮田)

・2019年(令和元年度)広報とみや12月号
https://www.tomiya-city.miyagi.jp/uploaded/attachment/10850.pdf

・宮城県富谷市初の図書館!市民の声でつくるみんなが主役の場所を(Readyforプロジェクトページ)
https://readyfor.jp/projects/tomiya-lib
・富谷市 – 富谷市民図書館整備に向けた取組みについて
https://www.tomiya-city.miyagi.jp/soshiki/syogaigakusyu/library-scheme-2…

【瑞穂町】(東京都)
瑞穂町図書館改修工事基本計画、基本設計及び実施設計支援業務

11月23日(土・祝)のワークショップの後、図書館の視聴覚室で練習を行う瑞穂青少年吹奏楽団の様子を見学させていただきました。全国吹奏楽コンテストにおいて何度も金賞を受賞している名門吹奏楽団です。図書館の改修にあたって、よりよい形で場をシェアできるように、空間と時間をデザインしていきたいと思います。(李)

・瑞穂町 – 瑞穂町図書館改修工事基本計画、基本設計及び実施設計事業者選定業務に係る公募型プロポーザルの結果について
https://www.town.mizuho.tokyo.jp/jigyousya/001/003/p006834.html

【長野県】
県立長野図書館信州・学び創造ラボ 空間デザインコンセプト/運営検討支援業務

11月30日(土)、「ラボ・デザイン会議#06」が開催されました。「ラボに〈問い〉をつくろう」というテーマで、これまでも参加されている方と初めて参加された方が一緒になって取り組みました。〈問い〉を考えることの難しさを感じつつ、みなさん楽しそうにしていたのが印象的でした。
次回のオフィシャルなデザイン会議は2月に開催予定ですが、その前にもテーマごとに可能な範囲で取り組み、一歩一歩実装につなげていきます。(李)

・県立長野図書館「信州・学び創造ラボ」(Facebookページ)
https://www.facebook.com/NaganoLib02/
・よむナガノ 県立長野図書館ブログ
https://blog.nagano-ken.jp/library/

【静岡県】
「文化力の拠点」における新県立中央図書館管理運営計画支援業務

静岡県工業技術研究所内に、企業の生産管理などにインターネットやAI(人工知能)の活用を進める静岡県IoT(モノのインターネット)推進ラボが開設するそうです。人口減少、少子高齢化社会では、AIやIoTの活用による労働軽減が欠かせないことから、製造現場へ導入するとともに、IT化に対応できる人材育成を目指したい、とは担当者の言葉。
これは製造業だけではなく、今後すべての業種に共通することだと言えます。図書館でも、司書のAI化などは新しい図書館を考えるうえで、避けては通れない話題ではないでしょうか。静岡県の新中央図書館においても、10年先、20年先を見据えた議論が必要だと思われます。(島津)

・静岡県 – 新静岡県立中央図書館の整備について
https://www.pref.shizuoka.jp/kyouiku/kk-080/tosyokan/20180322.html

【智頭町】(鳥取県)
新智頭図書館設計業務内ワークショップ支援業務

12月3日(火)より、智頭急行の開業25周年を記念して作成されたオリジナルフレーム切手「智頭線四季の風景 ~智頭急行開業25周年記念~」が販売されます。智頭線の車両、沿線風景など、四季おりおりの風景がデザインされています。こういったものも地域資料としてしっかり収集したいですね。(李)

・智頭急行株式会社 – ちづきゅうオリジナルグッズNET SHOP – オリジナルフレーム切手「智頭線四季の風景 ~智頭急行開業25 周年記念~」
http://www.chizukyu.co.jp/shop/product.cgi?no=74
・智頭町立智頭図書館
http://www.town.chizu.tottori.jp/library/
・智頭町
http://www1.town.chizu.tottori.jp/

【四万十町】(高知県)
四万十町文化的施設整備基本計画策定委託業務

今週12月3日(火)に第7回四万十町文化的施設検討委員会が開催されます。委員のみなさんは年齢やバックグラウンドもさまざまです。また、お住まいも建設予定地のある窪川だけではなく、十和や大正の方もいらっしゃいます。
私はまだ窪川にしか行くことができていないのですが、今後どちらにもうかがって、それぞれの地域の特色や新文化的施設をつくるにあたっての課題など、委員や町民の皆さんとコミュニケーションをとりながらしっかり考えていきたいと思っています。(有尾)

・四万十町 – 令和元年度 第7回四万十町文化的施設検討委員会の開催について
https://www.town.shimanto.lg.jp/life/detail.php?hdnKey=7800
・四万十町 – 「(仮称)四万十町文化的施設基本計画」の策定に向けて
https://www.town.shimanto.lg.jp/life/detail.php?hdnKey=6032

【佐川町】(高知県)
佐川町新図書館整備基本構想策定委託業務

上の四万十町の会議に翌日の12月4日(水)は佐川町での委員会開催です。現在コンセプトの詰めに入っており、この1ヶ月、委員のみなさまからいただいたご意見・ご提案を資料に落とし込む作業をしていました。
非常に神経をつかう作業でかなり苦戦したのですが、別件で高知県立牧野植物園を訪れた弊社CDOの李が植物園で素晴らしい着想を得たようで、現地から彼がリアルタイムで送ってきた感動の印象が非常に参考になりました。
空間に足を運ぶことの意義を痛感する出来事でした。(岡本)

・高知県立牧野植物園
http://www.makino.or.jp/
・佐川町 – 令和元年度佐川町職員(新図書館長候補者)採用試験のお知らせ
http://www.town.sakawa.lg.jp/life/dtl.php?hdnKey=1812
・佐川町
http://www.town.sakawa.lg.jp/

【北九州市】(福岡県)
門司港地域複合公共施設新築工事基本設計業務

先日、北九州市との打ち合わせがありました。現在、本業務は基本設計の段階にありますので、すでに公開されている基本計画に謳われている内容を軸に、施設にはどういった機能、どういったサービスを用いるかの検討を進め、最終的にその内容を図面に落としていく形になります。
本業務を通して施設としての図書館機能への提案はもちろん、図書館を通じた銀天街等、周辺地域の活性化につながる仕掛けを提案していくとともに、実現に向け尽力していきたいと思います。(岡崎)

・門司港地域複合公共施設新築工事基本設計業務に係る簡易公募型プロポーザルで最優秀者に選定(協力会社として参画)
https://arg-corp.jp/2019/10/03/kitakyushu/
・北九州市 – 門司港地域複合公共施設新築工事基本設計業務に係る簡易公募型プロポーザルについて
https://www.city.kitakyushu.lg.jp/ken-to/06600036.html

【最近の仕事】

「須崎市図書館等複合施設整備に向けた建設構想策定委託業務」公募型プロポーザルの審査員を担当
https://arg-corp.jp/2019/11/21/susaki/
https://www.facebook.com/ARGjp/posts/2609862689059337/

創業10周年を記念し、VIを刷新
https://arg-corp.jp/2019/11/12/arg-67/
https://www.facebook.com/ARGjp/posts/2591514254227514/

神奈川工科大学の情報工学セミナーの実施を支援
https://arg-corp.jp/2019/11/06/kait/
https://www.facebook.com/ARGjp/posts/2577682775610662/

なお、上記以外にもこれまで計画・整備に関わった施設のアフターケアや、これから計画・整備を予定している自治体等のご相談に対応しています。ご関心のある方は、下記までお気軽にご連絡ください。

info@arg-corp.jp

また、主に図書館についての私たちの考えは下記サイトをご覧ください。

http://arg-corp.jp/

===================================
 ◆ 産官学民連携クリップ ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

弊社の2本柱の1つである産官学民連携のコーディネート事業から見えてくる最近のトレンドをニュース解説を交えて紹介していきます(岡本、岡崎、三苫)。

1.(株)AI Samuraiは共同研究機関である大阪大学に新株予約権を発行しました。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000079.000021559.html
リリースの副題そのままなのですが、「共同研究成果である基幹アルゴリズムに関するライセンスの対価として」新株予約権を発行とのことです。これはなかなかいいモデルですね。同時にこのモデル、研究室と企業の密接な関係があるからこそ、実現していることでもあると感じます。産学連携の基盤にはやはり共同研究、さらには学術研究があると感じさせられます。(岡本)

2.振動音から人が歩く方向を特定することに成功 オンキヨーとNAISTとの産学共同研究
https://robotstart.info/2019/11/18/onkyo-naist-walking.html
音響機器メーカーのオンキヨーと奈良先端科学技術大学院大学(NAIST)は「人が歩行する際に発する床への微弱な振動のみで、人の歩行方向を推定する」研究の成果を発表しました。
昨今、個人情報保護法の見直し等の流れからもみられるように、企業が多くの個人情報を所持することには一定のリスクが伴います。本研究は、個人情報が豊富な画像データを利用しない形で人物の行動を特定することができることから、コスト次第では、今後商業施設や公共施設等でもニーズがありそうですね。(岡崎)

3.改札機を“顔パス”通過 大阪メトロが社員向けに 24年度に全駅導入へ
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1911/26/news118.html
大阪メトロが、顔認証技術を用いた改札機の実証実験を開始することを発表しました。来月から4駅で導入をはじめ、最終的には大阪万博の前年、2024年に全駅での導入を目指します。
先日、札幌空港の出国審査での顔認証システム導入開始がニュースになったばかりですが、技術活用の場は今後ますます広がり、身近な生活へ溶け込んでいくことが予想されます。プライバシー配慮の課題もあるなかですが、応用の可能性は日々の業務に結びつけて着目していきたいところです。(三苫)

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

    共著『未来の図書館、はじめませんか』発売中-三刷も、決定!

            岡本真、森旭彦著
     『未来の図書館、はじめませんか』(青弓社、2014年)
    http://www.seikyusha.co.jp/wp/books/isbn978-4-7872-0053-2
    http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200534/arg-22/

~~~~~~~~~~~~~~<好評発売中>~~~~~~~~~~~~~~

===================================
 ◆ イベントカレンダー ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

<凡例>
◆編集者独断によるオススメ
◇通常掲載

◆2019-12-02(Mon):
早稲田大学 演劇博物館 舞台芸術・芸能関係映像のデジタル保存・活用に関する調査研究事業「舞台芸術における著作権の課題〜文化資源の有効活用にむけた情報共有」
(於・東京都/早稲田大学 早稲田キャンパス)
http://www.waseda.jp/prj-stage-film/activity/2019_1202.html

◆2019-12-02(Mon):
第28回 京都図書館大会「災害等の諸課題に立ち向かう図書館」
(於・京都府/福知山市立図書館中央館)
https://www.library.pref.kyoto.jp/?page_id=19968/

◇2019-12-03(Tue):
情報処理学会 短期集中セミナー「Society5.0に向けたデータ流通」
(於・東京都/日本教育会館)
https://www.ipsj.or.jp/event/s-seminar/2019/data-distribution/

◇2019-12-05(Thu)〜2019-12-06(Fri):
国立国会図書館「レファレンス・サービス研修-科学技術情報を中心に-」
(於・京都府/国立国会図書館関西館)
https://www.ndl.go.jp/jp/library/training/guide/190827_01.html

◆2019-12-05(Thu)〜2019-12-06(Fri):
九州大学統合新領域学府ライブラリーサイエンス専攻・附属図書館共同開催イベント シンポジウム・ワークショップ「大学における研究データサービス」
(於・福岡県/九州大学 伊都キャンパス)
https://www.lib.kyushu-u.ac.jp/ja/events/20191205/

◆2019-12-07(Sat):
学習院大学 人文科学研究科 アーカイブズ学専攻 アーカイブズ学講演会「フランスにおけるアーキビスト養成(過去、現在、未来):学問的、社会的および政治的課題」(オリヴィエ・ポンセ)
(於・東京都/学習院大学 目白キャンパス)
https://www.gakushuin.ac.jp/univ/g-hum/arch/

◇2019-12-07(Sat):
2019アーバンデータチャレンジ京都 in NDL 関西館 ハッカソン
(於・京都府/国立国会図書館 関西館)
https://udc-kyoto.connpass.com/event/152528/

◇2019-12-09(Mon):
情報処理学会連続セミナー2019「第6回:IT分野の研究開発動向を俯瞰する」
(於・東京都/国立研究開発法人科学技術振興機構 東京本部別館)
https://www.ipsj.or.jp/event/seminar/2019/program06.html

◇2019-12-09(Mon):
情報処理学会連続セミナー2019「第6回:IT分野の研究開発動向を俯瞰する」
(於・大阪府/大阪大学 中之島センター)
https://www.ipsj.or.jp/event/seminar/2019/program06.html

◇2019-12-09(Mon):
情報処理学会連続セミナー2019「第6回:IT分野の研究開発動向を俯瞰する」
(於・宮城県/東北大学 電気通信研究所)
https://www.ipsj.or.jp/event/seminar/2019/program06.html

◇2019-12-09(Mon):
IoT/AI時代におけるオープンイノベーション推進協議会 第4回シンポジウム in 東京「超スマート社会(Soceity5.0)、繋がる社会におけるサイバーセキュリティのあり方」
(於・東京都/日比谷図書文化館)
http://www.iajapan.org/iot/oic/event/2019/symp1209.html

◆2019-12-10(Tue):
信州大学附属図書館「基礎から知る「オープンサイエンス」~世界の潮流と研究者・大学の役割~」
(於・長野県/信州大学附属図書館中央図書館)
http://www.shinshu-u.ac.jp/institution/library/news/2019/11/open-science…

◆2019-12-10(Tue):
神奈川県歴史資料取扱機関連絡協議会 第2回「アーカイブズをめぐる法的課題」(早川和宏)
(於・神奈川県/神奈川県立公文書館)
https://archives.pref.kanagawa.jp/www/contents/1549901301988/

◆2019-12-12(Thu)〜2019-12-13(Fri):
日本建築学会 第42回情報・システム・利用・技術シンポジウム
(於・東京都/建築会館)
http://www.aijisa.org/2019/

◆2019-12-12~2019-12-13(Fri):
国立国会図書館 アジア情報研修「中国の法令・政府情報と統計を調べる」
(於・千葉県/日本貿易振興機構アジア経済研究所)
https://rnavi.ndl.go.jp/asia/entry/asia-workshop2019.php/

◆2019-12-12(Thu)〜2019-12-14(Sat):
大学ICT推進協議会 2019年度年次大会(AXIES2019)
(於・福岡県/福岡国際会議場)
https://axies.jp/ja/conf/conf2019/

◇2019-12-12(Thu):
大谷大学文学部人文情報学科ワークショップ「人文情報学研究の最前線2019」
(於・京都府/大谷大学 本部キャンパス)
http://www.otani.ac.jp/news/nab3mq0000074048.html

◇2019-12-14(Sat)〜2019-12-15(Sun):
情報処理学会 人文科学とコンピュータ研究会 じんもんこん2019 人文科学とコンピューターシンポジウム「デジタルアーカイブの新たな挑戦:人文・芸術・文化資源の活用と創生」
(於・大阪府/立命館大学 大阪いばらきキャンパス)
http://jinmoncom.jp/sympo2019/

◇2019-12-14(Sat):
大学ICT推進協議会 シンポジウム「これからの大学の情報教育」
(於・福岡県/福岡国際会議場)
http://axies.jp/ja/event/erh8lu/

◇2019-12-14(Sat):
クリエイティブ・コモンズ・ジャパン(CCJP)「オープンミーティング&オープン忘年会2019」
(於・東京都/国際大学 グローバル・コミュニケーション・センター)
https://creativecommons.jp/2019/11/14/1214openmeeting/

◇2019-12-14(Sat):
クリエイティブ・コモンズ・ジャパン(CCJP)「オープンミーティング&オープン忘年会2019」
(於・福岡県/赤煉瓦文化館)
https://creativecommons.jp/2019/11/14/1214openmeeting/

◇2019-12-17(Tue):
科学コミュニケーション研究会 第50回関東支部勉強会「Public engagement with science in r/science」(原典子)
(於・東京都/東京大学 本郷キャンパス)
http://www.scicomsociety.jp/?page_id=25

◇2019-12-19(Thu):
私立大学図書館協会 2019年度研究分科会報告大会
(於・東京都/早稲田大学 早稲田キャンパス)
https://www.jaspul.org/east/collegium/index.html#1770

◆2019-12-19(Thu):
電子出版制作・流通協議会オープンセミナー「電子図書館サービスの利用と変化」
(於・東京都/日本図書館協会)
https://aebs.or.jp/seminar20191219.html

◇2019-12-19(Thu):
国立国会図書館 第30回保存フォーラム「収蔵資料の防災-日頃の備え・災害対応・連携協力」
(於・東京都/国立国会図書館 東京本館)
https://www.ndl.go.jp/jp/event/events/preservationforum30.html

◇2019-12-20(Fri):
神奈川県資料室研究会12月例会 グループディスカッション「新たな時代「令和」への挑戦!~「平成」を振り返り、「令和」の図書館未来像を描く~」
(於・神奈川県/神奈川県立川崎図書館)
https://saas01.netcommons.net/shinshiken/htdocs/index.php?key=josaejiz9-359

◆2019-12-20(Fri):
第2回 SPARC Japan セミナー2019「オープンサイエンスを支える研究者情報サービスとその展望」
(於・東京都/筑波大学 東京キャンパス)
https://www.nii.ac.jp/sparc/event/2019/20191220.html

◇2019-12-21(Sat):
明治大学リバティアカデミー20周年記念オープン講座 AI世代のデジタル教育「これからの時代を生きる子どもたちに必要なチカラ」(五十嵐悠紀)
(於・東京/明治大学 中野キャンパス)
https://academy.meiji.jp/course/detail/4986/

◇2019-12-23(Mon)~2019-12-24(Tue):
電子情報通信学会 データベースシステム研究会「データ工学・データベースシステムとエンターテイメントおよび一般」
(於・東京都/国立情報学研究所)
https://www.ieice.org/ken/program/index.php?tgs_regid=abed63bc529af3a388…

◆2019-12-28(Sat):
日本図書館研究会 第353回研究例会 図書館における非正規雇用を考える。-同一労働同一賃金と会計年度任用職員は図書館労働を画期的に改善するか-
(於・大阪府/大阪府立中之島図書館別館)
http://www.nal-lib.jp/events/reikai/2019/353invit.html

◇2019-12-28(Sat):
日本図書館研究会 情報組織化研究グループ 2019年12月月例研究会「“IFLA Library Reference Model“訳解」(和中幹雄)
(於・京都府/同志社大学 新町キャンパス)
http://josoken.digick.jp/meeting/news.html#201912

これ以前以後のイベント情報は下記をご覧ください。
http://www.arg.ne.jp/calendar

===================================
 ◆ 「マガジン航」から ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

アカデミック・リソース・ガイド株式会社(arg)が発行支援するウェブ媒体「マガジン航」の最近の記事を紹介します。

・影山裕樹〈ローカルメディアというフロンティアへ〉「天気の次の話題を探して――「街の手帖 池上線」(2019-11-18)
「東京生まれ、東京育ちの僕自身、まだほとんど開拓していないエリアがある。その一つが東急池上線沿線だ。東京都品川区の五反田駅と大田区の蒲田駅とを結ぶ東急電鉄(東急)が運営する池上線は、15駅、約20分ほどで五反田と蒲田をつなぐ。五反田の高架は4階建て相当もあるという。この日は「街の手帖 池上線」の発行人&編集長の針谷周作さんに池上線沿線を案内していただきながら、なぜこの地域を題材に、実に31号もローカルメディアを発行してきたかについて伺った」。
https://magazine-k.jp/2019/11/18/machinotechou/

・仲俣暁生〈月のはじめに考える-Editor’s Note〉「奥多摩ブックフィールドに行ってきた」(2019-11-08)
「三連休の初日である11月2日、奥多摩ブックフィールドに行ってきた。しばしば「東京の水がめ」と称される小河内貯水池(奥多摩湖)の突き当りに、旧奥多摩町立小河内小学校の建物を利用した多目的スペース「奥多摩フィールド」がある。その旧職員室と校長室を利用して昨年の春にオープンした図書館だ。正式名称は「山のまちライブラリー・奥多摩ブックフィールド」だが、以下の記事では単に奥多摩ブックフィールドと呼ぶことにする」。
https://magazine-k.jp/2019/11/08/editors-note-48/

===================================
 ◆ 活動の予定と報告 ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

<凡例>
◆新規、もしくは更新あり
◇既掲載、変更なし

◆2019-12-08(Sun):
阪南市立図書館開館30周年記念講演&ワークショップ「あしたの図書館~図書館からはじまる、わたしのまちづくり」(岡本真)
(於・大阪府/阪南市防災コミュニティセンター)
https://www3.city.hannan.osaka.jp/topics/post-34.html

◆2019-12-10(Tue):
牧之原市公民連携リノベーションまちづくり講座第3回「暮らしの質を高める図書館」(岡本真)
(於・静岡県/牧之原市史料館)
http://www.city.makinohara.shizuoka.jp/bg/shisei/ent/11623.html

◆2019-12-20(Tue):
香川でICTと地域活性化セミナー(岡本真)
(於・香川県/香川大学 幸町北キャンパス)
http://www.soumu.go.jp/soutsu/shikoku/press/20191120.html

講義・講演のご依頼をお考えの方、お気軽にご相談ください。

弊社の場合、1)早い者勝ち、2)地方優先だけがルールです。

法人としての活動は、

http://arg-corp.jp/
https://www.facebook.com/ARGjp

をご参照ください。業務発注、歓迎です。各種ご相談に対応いたします。

◇最近の主要業務:
 1.公共施設・商業施設の新設・リニューアル・運営等の計画策定支援
 2.ウェブ技術を中心とした産官学民連携のコーディネート
 3.共同オフィス・シェアハウス等のコミュニティー空間の創造
 4.ウェブコンサルティングや専門的調査の実施代行
 5.ワークショップ等によるアイデア発想・知識創造の支援

なお、本2019年度も総務省の地域情報化アドバイザーの委嘱を受けており、すでに派遣申込が開始されています。岡本の派遣をご希望いただける場合はあらかじめ弊社までご相談ください。なお、すでに13自治体から派遣要請をいただいており、これ以上の対応には調整が必要な状況です。ご相談はお早めにお願いします。

・地域情報化アドバイザー派遣制度(ICT人材派遣制度)
http://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/ictseisaku/ictriyou/manager.html
・平成31年度「地域情報化アドバイザー」派遣申請の受付開始
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu06_02000209.html

また、

・地域情報化アドバイザー派遣 過年度優良事例
https://www.applic.or.jp/suemn15lane9s8rn5

が更新され、2018年度の優良事例が紹介されています。紹介されている7事例のうち、

◇オープンデータ(デジタルアーカイブ・図書館・地域情報発信)
・大阪市立中央図書館(大阪府)
・津山市立図書館(岡山県)

の2つは岡本が助言を行った事例となりますので、ご参照ください。

~<弊社編集媒体>~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    ~図書館の未来がわかる、新しいライブラリーマガジン~
   ライブラリー・リソース・ガイド(LRG)(編集・発行:ARG)
       http://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/
          https://www.facebook.com/LRGjp
           https://twitter.com/LRGjp

   ~図書館や教育関係者に向けた新しいニュース紹介メディア~
            リブラボ、更新中
        https://www.facebook.com/LibLabo/

===================================
 ◆ 編集日誌 ◆ - Science, Internet, Computer and …
===================================

◆2019-11-25(Mon): 掛川市で会議

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9979

今日から日曜まで出張です。西へ。まずは掛川市で会議。本体の会議の前に

・大日本報徳社
https://www.houtokusya.com/

を訪問し会談。いい時間でした。次につなげていかなくてはいけません。

本体会議は総務省の地域情報化アドバイザーとしてです。デジタルアーカイブの取り組みもあと一歩のところまで来たように感じています。掛川泊。

◆2019-11-26(Tue): 北九州市で図書館見学

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9980

静岡空港から福岡空港を経て北九州市へ。未訪だった

・北九州市立小倉南図書館
http://www.kokuraminami-library.jp/

を見学し、さらに最近リニューアルオープンした

・北九州市立子ども図書館
https://www.city.kitakyushu.lg.jp/kyouiku/32300001_00005.html

も見学しました。その後、中央図書館もバックヤードを中心に見学。現在取り組んでいる門司港での新図書館整備に生かしていきます。夜は地域を知るために門司港で食事し、小倉に泊。

◆2019-11-27(Wed): 北九州市で会議

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9981

門司港の図書館を含む新たな施設整備のための会議に出席しました。私は初参加。午前午後と連戦でしたが、よい会議だったと思います。

夜はプロジェクトの一行とはわかれて、知人と会食。

◆2019-11-28(Thu): 山口で図書館見学し、広島市で講師

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9982

宇部市と周南市の図書館を見学しつつ、広島市へ。広島市立図書館の職員有志の面々と「公共コミュニケーションとアドボカシー」の勉強会を行いました。自発的・自立的な勉強会が行われることに敬意を表します。広島泊。

◆2019-11-29(Fri): 琴浦町でふりかえり会議

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9983

総務省の地域情報化アドバイザーとしての仕事です。先日のワークショップを受けたふりかえりと今後の進め方の内部会議でした。こちらも進捗がありそうです。琴浦泊。

◆2019-11-30(Sat): 津山市で図書館活用講座の講師

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9984

琴浦町を出て、電車でぐるっと迂回して約4時間をかけて津山市に到着しました。今回は図書館協議会主催の津山市立図書館図書館活用講座2「ボクの私のみんなの図書館~未来の図書館、はじめませんか?~」で講師とワークショップのファシリテーターを務めました。

ワークショップではアンカンファレンスを行いましたが、いい議論になりました。この流れを次につなげていきます。津山泊。

◆2019-12-01(Sun): 奈義町で開館25周年記念講演会&ワークショップ

              ⇒ 元記事: http://www.arg.ne.jp/node/9985

津山市の東隣りの奈義町へ。図書館開館25周年の記念講演会とワークショップでした。講演は最小限にして、ワークショップにじっくりと力を入れました。大きな工事等を必要とせず、運用の面ですぐにでもできそうなことが町民のみなさんから続々とあがったことは感動的でした。大きな施設の整備だけでなく、こういったいますぐにできる取り組みにも取り組んでいきます。

ということで、久しぶりに帰京です。

             岡本真:ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)編集長

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)[ARG-774]2019年12月02日(週刊)
【発行者】アカデミック・リソース・ガイド株式会社(arg)
【編集者】岡本 真:ACADEMIC RESOURCE GUIDE(ARG)編集部
【発行地】〒231-0012 横浜市中区相生町3-61泰生ビル さくらWORKS<関内>407
ISSN 】1881-381X
【E-Mail】info [&] arg-corp.jp [&] を@に置き換えてください。
【サイト】http://www.arg.ne.jp/ (メルマガ)
     http://arg-corp.jp/ (コーポレート)
【Facebook】https://www.facebook.com/arg.ne.jp/ (メルマガ)
      https://www.facebook.com/ARGjp/ (コーポレート)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本誌掲載記事の取り扱いは、著作権法に則って行ってください。本誌の許可を得ていない記事の転載は違法です。引用は著作権法の範囲内で。記事を情報源として二次的に利用する際には、情報源としての本誌の存在を明記してくださるようお願いします。
悪質な例に対しては、法的手段を含め相応の対応をします。なおメーリングリストなど、複数による閲覧が可能なアドレスでの登録はご遠慮ください。

Copyright アカデミック・リソース・ガイド株式会社(arg) All Rights Reserved.
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

メールマガジンの配信登録(無料)をしていただくと、定期的にまとめて記事がお手許に届きます。
下の空欄にメールアドレスを入力し、右の[配信登録(無料)]を押してください。

メールアドレス: