パートナーノート

防災士の試験でした【広報担当のARGな日々】2017-01-15(日)

昨年末より、各パートナースタッフは自分できちんと専門性を持とうということになりました。

私は「防災、日常の安心安全」を極めたいと思っています。

それもあり業務に生かすため防災士の資格を取る勉強してきました。

今日は試験でした。大丈夫だとは思いますが、結果が来るまでは何とも言えません。

結果が郵送で届くのは1月24日(火)だそうです。あれ、この日、別府市にいるのか。

IMG_20170114_132719

新生・富谷市の図書館を考えるシンポジウム開催のお知らせ【広報担当のARGな日々】2017-01-14(土)

私が担当している宮城県富谷市で行われるシンポジウムのお知らせです。

▽新生・富谷市の図書館を考えるシンポジウム開催のお知らせ(富谷市のウェブサイト)
https://www.tomiya-city.miyagi.jp/soshiki/syogaigakusyu/next-generation-…

正式なお申し込みは富谷市生涯学習課までお電話でお願いいたします。

1月20日(金)まで
生涯学習課生涯学習担当
022-358-5400

「人口総合ランキング2010-2015年」で1位を獲得し「住みたくなるまち日本一」を目指している富谷市で、市民の生涯学習を支え、世代を超えた居場所となり、生活を豊かにする情報の拠点としての文化施設=図書館のあり方を考えるシンポジウムを開催します。

嶋田学さん、猪谷千香さん、宮城大学の風見正三先生のお話をきけるチャンスです。ぜひご参加くださいー!

■プログラム(案):
13:30~14:00(30分) 開場、受付
14:00~14:05(05分) 司会より開会のアナウンス
14:05~14:15(10分) ご挨拶と富谷市の文化・教育の方針(若生裕俊氏)
14:15~14:35(20分) 「市民とつながる図書館」(猪谷千香氏)
14:30~14:50(20分) 「瀬戸内市民図書館ができるまで、できてから」(嶋田学氏)
14:50~15:10(20分) 「田園都市と文化施設」(風見正三氏)
15:10~15:20(10分) 休憩(会場セッティング変更)
15:20~15:55(35分) パネルディスカッション(若生氏、猪谷氏、嶋田氏、風見氏)
15:55~16:00(05分) 閉会挨拶(菅原義一教育長)

15937252_10211547802721546_6614560090537741100_o

防災拠点について語れるようになるために【広報担当のARGな日々】2017-01-13(金)

東日本大震災をうけて、新しい施設には「防災拠点の機能」を持たせるところ増えている気がします。

そこが避難所や災害対策本部になったり、震災が起きる前は減災のために市民へ情報を伝える場となったりと、市民の命や安心・安全を守るために防災拠点は大切な役割を果たします。

IMG_20170110_230234

東日本大震災の被災地に2年半駐在していたので、現場で起こったことを話すことはできるのですが、もっと体系的に防災について学ぼうと考えました。

災害は地震だけではありません。土砂崩れ、火山の爆発など多岐にわたります。

そこで防災士の資格を取ることにしました。明日から2日間の研修が始まります。

今度、このパートナーノートに、防災について役立つ情報をお伝えしていきますね。

まち歩きを行う場所の確認【広報担当のARGな日々】2017-01-12(木)

西ノ島町で2月5日(日)と2月7日(火)に行われる「コミュニティ図書館ワークショップ」の準備として、まち歩きを行う場所のチェックをしました。

▽コミュニティ図書館ワークショップ参加者の募集について(西ノ島町)
http://www.town.nishinoshima.shimane.jp/news/398

路地裏にあるお店や特徴のある家屋など、発見がたくさんありました。

IMG_20170112_094540

「住民じゃないから発見があるのでしょ」といわれるかもしれません。

大分県別府市や宮城県富谷市のワークショップのファシリテーターをしましたが、そのまちに暮らす人も、歩いてみれば再発見が必ずあります。

皆さんも、自分の住んでいるまちを、ゆっくり歩いてみてください。

新しいお店があったり、沿道に咲く花を見つけたりと新しい発見もあるはずです。

西ノ島町で朝ランをする理由【広報担当のARGな日々】2017-01-11(水)

西ノ島町出張の2日目。朝6時に起きてランニングをしました。

冬の海から吹く風は冷たかったですが、5分も走っていると体が温まってきて、気持ちよく走れました。

IMG_20170111_071926

出張の時にランニングシューズをもって、まちを走りたいと思っています。

今回はそれが実行できてうれしい。

地方への出張は、車移動が増えます。まちの中の建物と建物の距離感とか、雰囲気をつかみたく、歩いたり走ったりする時間を意識して設けています。

フィールドワークは日中することが多くなりますが、朝早くまちの人がどう動いているのかを見るのも大切。

船で通学する学生、仕事に向かっている人たちの顔を見ることができます。

プラス体力もつくし一石二鳥。朝ラン、おススメです。

東京から西ノ島町への移動について【広報担当のARGな日々】2017-01-10(火)

今日から島根県西ノ島町に出張です。

西ノ島町へ、どのように行くのか知り合いに聞かれましたので今回の旅の工程をお伝えします。

09:30~10:55 羽田発、米子鬼太郎空港着
11:23~11:49 はまるーぷ市内循環バスで空港から境港駅へ
14:10~17:10 フェリーしらしまで境港港から別府港(西ノ島)へ

一日がかりの移動でした。夏になると高速船などもありもう少し早く島に入れるのですが、波が高い冬の季節は大型のフェリーのみの運行となります。

いやぁ、揺れました。

船酔いをする私は、船の中でずっと床に横になっていました。

下手に動きまわる酔いが回りますが、フェリーに備え付けられている枕を使って横になっていると、酔わないことが分かりました。

IMG_20170110_172746

明日から会議です。がんばります。

2017年だるま開眼の儀【広報担当のARGな日々】2017-01-09(月)

今日は月に一度の全大会です。

昨年12月24日に全大会をしてから、日が浅いので議題も少ないだろうとみんな思っていたはず。

確か「1月以降の業務の確認をさっとやろう」なんて話をしていたと記憶しています。

それが、26議題で、それも新しいチャレンジングなことが議題となっています。

各パートナースタッフに割り当てられる、新しい案件も多々ありました。

いやぁ、2017年は熱い年になりそうです。

ARGの発展を祈願して、だるまに眼を入れました。

IMG_20170109_133123

今年もいい年になりますように!!

IMG_20170109_133152

今年は関内のオフィスにいます【広報担当のARGな日々】2017-01-08(日)

今日は関内のARGオフィスで仕事をしています。

フリーランスなので、どこでも仕事をしてよいことになっているのですが、私はオフィスで仕事をするのが向いています。

家だと、家事とかが気になって仕事になりません。

だからといって仕事も気になるので、どちらも手付かずになってしまうのです。

今年は、出張以外は関内のオフィスに出勤します。

IMG_20160927_131907

関内ランチ報告もお楽しみに。

参加者募集の締め切りは1月9日!! 学生限定・第3回リクルート自然言語処理ハッカソン【広報担当のARGな日々】2017-01-07(土)

3月27日(月)から31日(金)の5日間にわたって行われる「学生限定・第3回リクルート自然言語処理ハッカソン」の参加者募集の〆切が近づいてきました。

募集〆切は、1月9日(月)23:59までとなっています。

自然言語処理やその周辺の数学を専攻している皆さん、または興味をお持ちの皆さんを募集しています。インターンではありませんので、学部1年生の皆さんでも、博士課程の学生の皆さんでも応募可能です。

学生のうちには中々触れる機会のない、リクルートグループのデータを利用できるまたとないチャンスです。
ぜひご参加ください。

お申し込み方法やハッカソンの詳細は以下のサイトをご覧ください。

▽【東京4泊5日】第3回リクルート自然言語処理ハッカソンのお知らせ【学生限定】
https://recruit-tech.co.jp/blog/2016/11/16/recruit_nlp_hackathon_2016/

【参考】
弊社は2015年からハッカソンの企画・運営のサポートを行っています。

▽第1回リクルート自然言語処理ハッカソン報告(2015年)
http://atl.recruit-tech.co.jp/blog/3033/

▽第2回リクルート自然言語処理ハッカソン報告
https://recruit-tech.co.jp/blog/2016/02/16/recruit_nlp_hackathon_2_result/

無題

私は会場周辺でおススメのランチの場所を示したマップ作りを担当しています。

実りのある時間になりますようにサポートします。

『ふるさとは、たからのまち』【広報担当のARGな日々】2017-01-06(金)

今日は、1月29日(日)に宮城県富谷市で行う第2回市民参加ワークショップの企画の打ち合わせを、パートナースタッフの李さんと行いました。

ARGのワークショップはただ意見を聞く場所ではなく、みんな一緒にまち歩きを行い、まちの可能性と課題を見つけていきます。

その土地で暮らす人にとっても改めてまちを歩いてみると、発見・再発見することやものがあります。

私も地元・青森にいる時は車での移動が多いので、お正月に商店街を歩いていたら、閉店してしまったお店もあれば、若い人ががんばっているお店があるなど新たな発見がありました。

また東京での生活も長くなると、改めて地元の歴史的な建造物に心惹かれました。これは再発見ですね。

この前、富谷市の市街地を歩いていた時に、お店で1冊の絵本を見つけました。

IMG_20170108_003338

富谷市市制施行記念として発行された絵本『ふるさとは、たからのまち』です。
https://www.tomiya-city.miyagi.jp/soshiki/kikakuseisaku/ehon.html

富谷市のこれまで歩んできた歴史、この土地に伝え継いで来た先人の想いや、命のつながりが詰まった絵本です。

まちの可能性について、絵本を通じても感じることができました。

どのまちも「たからのまち」だと信じています。

その「たからもの」をカタチにするお手伝いを、これからもしていきたいです。