パートナーノート

調査で見つけるその町の歴史【広報担当のARGな日々】2016-10-04

ARG広報の鎌倉です。

ARGは「港区芝五丁目コンサルティング業務」を行っております。私はプロジェクトチームのメンバーではないのですが、調査案件の手伝いをすることになりました。

このようにARGでは、プロジェクトチームを組みながらも、必要に応じて他のメンバーが手伝う体制となっています。

私に調査の経験をさせたかったということもあったようです。ありがたい限り。

港区の三田駅は日本橋から5キロなのですね。

ちなみに東海道53次の走行距離は495.5kmだそうです。
http://ponyo.jp/walking/course.php?c=1

1475641845948

芝5丁目には港区立三田図書館があります。

1475641845891

図書館の建物の隣にあるタツノ式ガソリン計量機。

こちら日本初のガソリン計量器で、1911年に総合したタツノ(当時の龍野製作所)が1919年に作ったものだそうです。日本は車社会に入っていく中で、生まれ、発展していったとか。

「株式会社タツノ」のサイトに詳しく書かれています。
http://www.tatsuno.co.jp/history/

1475641845326

港区はおしゃれなイメージがあります。それと同時に、やはり歴史のある地域なんですね。

歩いていて歴史的な建造物がいたる場所にありました。

調査をすると、アンテナが立っていいですね。この感覚を持ち続けることを大切にしよう。

ただでは転ばない!!コンタクトを落としたが、仕事にヒントを得た【広報担当のARGな日々】2016-10-03

ARG広報の鎌倉です。

私はかなり目が悪いです。高校の時から眼鏡をかけ始め、18歳からはコンタクトが手放せません。

私は乱視がきついのですが、当時のコンタクトは今よりずっと技術が遅れていたので「ソフトコンタクトは、乱視の原因となっている目のぼこぼこに合わせてぼこぼこしてしまうので、ハードコンタクトしかだめです」といわれました。

いやぁ、最初にハードコンタクトを目にした時の、異物感は半端ありませんでした。またちょっとでもゴミが入ると、ハードコンタクトの場合、激痛が走ります。

でも人間という生き物は恐ろしいもので、慣れるものです。

さて、ある日、酔っぱらってお酒をたしなみ家に戻り、コンタクトを外した時にぽろっと右目のコンタクトが落ちました。

カチッ

小さな床か洗面台に落ちる音が聞こえました。

すぐさま、眼鏡をかけて、床にはいつくばってコンタクトを探し始めました。

大抵は見つかります。

結果発表。

見つからず。

本当になくなってしまいました。マットレスの裏を見ても、洗面台のありとあらゆるところを見ても、私コンタクトがありません。

私の右目はの視力は0.1どころか0.05もあるかないかなので致命的です。眼鏡はありますが、普段使っていないので、頭が痛くなっちゃう。

というわけで、時間を作って眼科に行きましたよ。

待合室に置かれている雑誌を手にした私。

特集は、スーパー銭湯でした。ページをめくると「おこもり編ライブラリー充実」のプチ特集ページがあるではありませんか‼

IMG_20161002_143907

今ちょうど、別府市のプロジェクトをしているので、これは何か提案するネタになりそうだ。

実際、東京近郊の本棚が充実しているスーパー銭湯が紹介されていました。

コンサルタントとしてこれは調査に行かねば。

そう思いながら「ただでは転ばない」自分がおかしくなりました。肉食系⁉

さてちなみに岡本真は裸眼なことをご存知でしょうか。なんと視力は2.0だそうです。

あれだけスマートフォンの画面を見ているのに…。

肌荒れとか、すぐに見つけられそう。怖い、怖い。

「現在から未来へつながるヒントに満ちていた」感想をいただきました【広報担当のARGな日々】2016-10-02

ARG広報の鎌倉です。昨日(10月1日)に松戸市民会館で行われた図書館市民講座で講演をしてまいりました。

パートナーノートにも書きましたので、こちらもご覧ください。

<明日>松戸市図書館市民講座「本の力を、生きる力に-未来を拓く本の力を信じて-」 【広報担当のARGな日々】2016-09-30
http://www.arg.ne.jp/node/8552

カンボジアや東日本大震災後に担当した図書館事業のことや、今、私がアカデミック・リソース・ガイドで専門を極めたいと思っている防災・減災と図書館について、お話をさせていただきました。

松戸市はこれから図書館づくりが始まるようです‼整備計画を拝見しました。

皆さんに愛される図書館ができることをお祈りして……。

参加者の皆さまから感想をいただきました(ありがとうございます)。

***

○現地の写真や出来事は新鮮でした。本に恵まれた日本の状況を感じると同時に「求める力」がエネルギーになると。

○話が具体的であり、現在から未来へつながるヒントに満ちていた。

○本のあり方を含め本のすごさを改めて認識させられました。短い時間の中で、問題点も充足された話でよかった。

○話し方の滑舌とスピードが大変良く聴きやすかった。カンボジアの事も、東日本大震災の事でも知らないことが多く勉強になりました。絵本を贈る活動は聞き知っていましたが、戦火で焼失した・・との考えしかなく、本を作り出す人間を抹殺してしまったと知り愕然としました。また、3.11のその後の様子を図書館を中心に語って頂き知ることができました。ありがとうございました。

○先生の海外でのご活躍をうかがって、たのもしく、また日本人としてほこりに思いました。暗黒の時代の子どもたちに「本」が生きる力を与えてくれたのですね。講演のテーマの意味が理解できました。「国際協力」という切り口から図書館を存在意義を考えるお話でした。きっと、あらゆるテーマに図書館が関わっていけるということなのだと思います。そのことを図書館に興味のない人にお知らせするには、図書館自体のハードルを下げ、他機関と連携したり世の中に出ていくような動きが必要なのかなと思いました。

○何度聞いても泣けてしまいます。

***

お話を聞きに来てくれた方の中には、なんと20年以上ぶりに再会する高校の同級生、前職のカンボジアでお世話になった方のお知り合いの皆さま(友の会)など、つながっているんだなぁと感じる時間でした。

本当にありがとうございます。

14488813_931559956976621_1208745952_o

ミシュラン3つ星の温泉でプリンをいただく【広報担当のARGな日々】2016-10-01

ARG広報、またの名をプリン好きの鎌倉です。

プリンもそうですが、カスタードクリームが好きなのでシュークリームも好きです、はい。

さて「ミシュラン3つ星」の場所で、プリンをいただく……そんなことができるのです。

別府で‼

日本唯一温泉としてミシュランの星(それも3つ星)を獲得したひょうたん温泉に行きました

http://www.hyotan-onsen.com/guide/recommend.html

IMG_20160912_151659

お風呂上りにビール……と行きたいところですが、車の運転があるので、がまんがまん。

その時、見つけたのです、プリンを‼

プリンは最後蒸して完成になりますが、温泉の湯気で作られた「温泉蒸プリン」です。

CIMG4449

このきめ細やかな表面を見よ。

CIMG4451

甘すぎない、固めでぷりぷりしたプリンです。

かすかな甘みとがっつりなアイスコーヒーでパワーチャージ。

おいしいものもたっぷりな別府。10月16日(日)から18日(火)まで別府におります。

大分の皆さま、よろしくお願いします。

10月16日(日)に飲み会あります(笑)ぜひチェックしてください。

第2回カボスの会(2016年10月16日)が別府市で開催。参加者募集中【広報担当のARGな日々】2016-09-24
http://www.arg.ne.jp/node/8538

<明日>松戸市図書館市民講座「本の力を、生きる力に-未来を拓く本の力を信じて-」 【広報担当のARGな日々】2016-09-30

ARG広報の鎌倉です。明日10月1日(土)の14:00から松戸市民会館で講演を行います。

申し込み不要の講演会です。ぜひお時間がある方はお越しください‼

**

図書館市民講座「本の力を、生きる力に―未来を拓く本の力を信じて―」
http://www.city.matsudo.chiba.jp/library/event/symposium.html

もし、身近に図書館や本屋さんがなかったら?

いつでも本を手にすることができる環境では、本や情報がないことがくらしにどのような影響があるのか想像が難しいものです。

長くボランティア団体で国外、国内を問わず、本のないところに本を届ける活動をされてきた鎌倉幸子さんに本のチカラを感じたときについてお話いただき、本の可能性や図書館の持つ可能性について、皆さんと一緒に考える講座です。

申し込みは不要ですので、どうぞお気軽にご参加ください。

日時
10月1日(土曜)14:00~16:00

会場
松戸市民会館301会議室
http://www.city.matsudo.chiba.jp/shisetsu-guide/kaikan_hole/shiminkaikan…

定員
先着100名
※一時保育を希望する方は、9月24日(土曜)までに、松戸市立図書館(047-365-5115)へご連絡ください(先着5人、1歳6か月以上、おやつ代等200円)。

※手話通訳・要約筆記あり。

**

明日は、いい天気だとよいな。

松戸市立図書館にあるぐりとぐらの家の中の目玉焼きを見たらおなかが減ってきました。

明日のためにしっかり食べます(笑)

20160831_松戸市立図書館(千葉県) (37)

20:00以降はオフィスで仕事禁止【広報担当のARGな日々】2016-09-29

ARG広報の鎌倉です。

岡本真が「ARGはホワイトです」とたまにFacebookで発言しております。

どうしてもベンチャーは24時間働き、終電も逃し、床で寝て、着替えにだけ帰って、また出勤……そんなイメージがあるかと思います。

また納品が重なる時期やプロポーザルの提出前は確かに遅くまでの作業になることもあるのですが、ARGのオフィスは20:00以降原則使えません。

そして「よく寝るように」いわれます。

ただ当たり前ですが〆切は厳しいです。

つまり大量の仕事を、短い時間でやることになりますが、そのスキルもこんな環境にいると身についてくるものです。

だらだら事務所に残るというか、「だらだら」はなくなります。みんな、だらだらしていないので、していたら置いていかれます。

でも嫌な感じではなく、「仕事のスピードとスキルがつき、仕事の量をこなし、早く帰って飲めるようになる」になれます。

なるまでがつらいけど(笑)

IMG_20160921_190451

そんなことで私も18:00ですが、暗くなったので帰りますー!

早くお店に入ったら、親父さんがワインを大盛りでくれた。わーい。

「まもなく左、後ろ方向です」とナビにいわれた道の角度について【広報担当のARGな日々】2016-09-28

ARG広報の鎌倉です。実は、出張の時には運転手にもなります。

20年近く書いておりませんが、当時の履歴書の「特技」とか「趣味」の欄に、「長距離運転」と書いていました。

さてそんなこんなで、ARGの出張の時は運転手を務めることがあります。

岡本さんは免許を持っているのです‼でも運転しないのですよ。1日に数本しか電車がないところも、電車と徒歩で移動しています。その話をすると、着いた先の図書館員の驚かれるとか。

他のメンバーもゴールド免許はあるみたいです。つまり、長年車の運転はしていないのかな。

先日、大分県で運転をしました。別府市から大分空港へ向かう道沿いから一本道を入ったところに、レンタカー屋さん指定のガソリンスタンドがありました。

そこでガソリンを入れて、空港に向かう道に戻ろうとしたときに、ナビが

「まもなく左、後ろ方向です」

とアナウンス。

「まもなく左です」

「まもなく左方向です」

は、聞いたことがありました。

「まもなく左、後ろ方向です」はこんな感じ。

CIMG4453

鋭角‼

この日は大雨の中での運転でした。

どんな道でも、どんな天気でも、みんなを乗せて、プロジェクトのために、小回りを利かせて動けるように運転手をがんばっていきたいです。

あ、別府プロジェクトでは広報アドバイザーをしています。運転手だけではありません。

【関連記事】
別府市図書館・美術館整備基本構想策定等業務委託を受託しました【広報担当のARGな日々】2016-09-21
http://www.arg.ne.jp/node/8535

第18回図書館総合展のARGブースで何かが起きる【広報担当のARGな日々】2016-09-27

ARG広報の鎌倉です。毎年パシフィコ横浜で開催される図書館総合展の運営委員も務めています。

本日は、月に1回開かれる図書館総合展運営委員会に参加しました。

今年は11月8日(火)~11月10日(木)の3日間開催となります。

改めて図書館総合展とは……。

図書館総合展は、図書館運営者・関連業界とコンタクトをとるのに最大かつ最良のイベントであるだけでなく、読書・学習・研究環境についての最新技術と知見が一堂に会する場です。昨今、図書館の機能が、まちづくりや教育や文化全般に寄与することを評価されているため、広く行政関係者、教育関係者、出版をはじめとするメディア・情報関連業を巻き込むイベントに成長しています。

こちら図書館総合展のウェブサイトより
http://www.libraryfair.jp/schedule/53

今年も、ARGはブースを出します。ただの展示ではなくブース内で、トークイベントを開催します。こちらただいま絶賛企画中‼

この前の全体会議でその議題もありましたが、「え、そんなことしちゃうの」という企画をやるみたいです。

そしてこの日に合わせてライブラリー・リソース・ガイドの別冊も出る予定です。

「幸子と真の相談所」的な時間も取られるようです(皆さま、怖がらないでくださいね)。

20代、30代、40代、50代、60代がそろうARGのスタッフが全員集合します。これだけでも見る価値あり、と私は勝手に思っています。

IMG_20160927_145427

図書館総合展の招待券の印刷がやっとおわりました。明日(9月28日・水)から配布されるとか。皆さまのお手元に届くかと思います。

ARGブースでお待ちしております。

図書館総合展は入り口に招待券が置いていあるので、お持ちではなくても入れますのでご安心を。

ただフォーラムのプログラムは気になるもの。

こちらから招待券のPDFが見られますので、チェックしてみてください。

http://www.libraryfair.jp/schedule/53

「別府らしさ模索」大分合同新聞掲載【広報担当のARGな日々】2016-09-26

ARG広報の鎌倉です。

ARGは、今月より別府市の図書館・美術館の整備基本構想策定お手伝いをさせていただいております。

9月23日(金)に第一回別府市図書館・美術館の整備基本構想策定検討委員会の会議が開かれました。委員会のメンバーは町の有識者のみならず、地元の大学の学生も加わり、幅広い世代が集まりました。

検討委員会の様子が大分合同新聞が記事にしてくれました。

記事のタイトルは「別府らしさ模索 図書館、美術館整備へ検討委設置」

http://www.oita-press.co.jp/1010000000/2016/09/24/jd0054979333

*全文を読むには会員登録が必要となります。

何一つとして同じ図書館、美術館はありません。

その土地の皆さまの思いが形となった「別府らしさ」を体感できる施設となるように、サポートをしてまいります。

保存、保存。

received_1250226115028894

月に一回の全体会議で23の議題をこなす【広報担当のARGな日々】2016-09-25

ARG広報の鎌倉です。

ARGは横浜市の関内にオフィスがあります。でもパートナースタッフは基本的にどこでも仕事をしてもよいことになっています。また別府や須賀川のプロジェクトを担当している野原さんや李さんは、行ったり来たり。

それ以上に岡本さんが横浜にいることの方が少ない‼

パートナースタッフはそれぞれ案件を持っています。一人で進めているものもあれば、複数人で取り組んでいるものもあります。産学連携だったり、施設づくりのお手伝いだったり、企業のライブラリーの提案だったりと、様々なプロジェクトが進行しています。

月に一回の全体会議は、全員が顔を合わせる貴重な機会です。LRG等を担当しているふじたさんは中津川にお住まいなのでスカイプ参加になることが多いですが。

CIMG4479

今回は、23本の議題を9:00~18:00までの間で話し合いました。

写真は10月にリニューアル予定のARGのフェブサイトのデザインと内容についての確認作業。

こちらテストのサイトができております。完成まであと少しお時間をいただきますがぜひご覧ください。

http://www.arg-corp.jp/

また最近、全大会には外部からの参加者もおリます。「ARGって何している会社」と思われがちなのですが、ARGの理解と関心を深めていただくために、ご招待ではありますが、ご参加いただいています。

次の全体会議は10月10日(月・祝)です。

岡本さんの編集日誌にその趣旨と参加申し込みの仕方が書かれておりますので、こちらをご覧ください。

http://www.arg.ne.jp/node/8545