パートナーノート

第2回カボスの会(2016年10月16日)が別府市で開催。参加者募集中【広報担当のARGな日々】2016-09-24

ARG広報の鎌倉です。

ただいまARGは別府市の新図書館・美術館基本構想策定支援のお仕事をさせていただいています。

当面別府市に通います。せっかくですので大分のみなさんとの親交を深めたいと思っています。

要するに「飲み会しましょう」というお誘いです(笑)

どなたもお気軽にご参加ください。

■ 2016年10月16日 19:00 – 22:00

■ 別府市のお店
*おおむねの参加人数がみえたところで場所を抑えます。

▽【参加表明はこちらから】第2回カボスの会
https://www.facebook.com/events/155646968220120/

10月は私も別府市におります。皆さまとお会いできる音を楽しみにしております‼

14441190_1164155663630054_7807729574781970156_n

焼酎にカボスを入れると最強、ということを別府で学びました。

ARGは2泊します【広報担当のARGな日々】2016-09-23

ARG広報の鎌倉です。

今日は(9月23日)は別府市図書館・美術館整備基本構想策定の第一回目の基本構想検討委員会が開催されました。

別府市図書館・美術館整備基本構想策定等業務委託を受託しました【広報担当のARGな日々】2016-09-21
http://www.arg.ne.jp/node/8535

委員会の会議があるので朝の便で大分空港に移動して、会議をしてとんぼ返り……ということはありません。

前日入りをして、9月22日は別府市図書館と美術館にお伺いしました。図書館及び美術館にご勤務されている皆さまからお話を伺いました。

thumb_DSC02752_1024
別府市立図書館

そして明日は、街歩き・フィールドワークを行います。

最低、2泊はするようにしています。

どれだけたくさんの場所を訪れ、人と会えるか。それは量をこなすことを目的とするのではなく、深みを持てるようにすることを心がけています。

図書館や美術館は建つことになれば、3代先まで使う施設となります。

次世代にバトンとなる施設をつくるお手伝いを、ARGはしていきます。

防災専門図書館に行ってまいりました【広報担当のARGな日々】2016-09-22

ARG広報の鎌倉です。

今、私が関わっている案件で、とても気になっていることがあったので調べることに。

ネット調査もしていますが、ここは情報のプロに頼もうと思い、行ってまいりました防災専門図書館

▽防災専門図書館のウェブサイト
http://www.city-net.or.jp/library/

14354985_10210392255913598_4687935246355581319_n

事前に調べたいことをお伝えしていたのですが、行ってみたら、資料がそろっていてびっくり‼

しかも、私が知りたいであろうと頃に付箋が(神対応)。

14368680_10210392256073602_8788360615506236045_n

こんな情報もあったのかと、目からウロコでした。

防災と図書館について調べていた最中、一本のメールを受信。

11月30日(水)の山梨県図書館大会の分科会で防災と図書館についての講演依頼でした。なんと、タイムリーなメールでびっくりです。

今までは東日本大震災後の東北で行ってきた活動について報告をすることが多かったのですが、もっと広い意味で災害と図書館についてきちんとお話ができればと思っています。

防災専門図書館では熊本地震の企画展示が行われています。タイトルの通り、今回の地震だけではなく明治22時年に起きた熊本地震との比較がなされています。

明治22年の熊本地震の関連資料がみられます‼

平成28年・明治22年熊本地震
~「ゼロの阿蘇」写真展&防災専門図書館企画展~
http://www.city-net.or.jp/library/archives/2099

会期:2016年8月15日(月)~10月31日(月)9:00~17:00
休館日:土日祝
入館料:無料
主催:防災専門図書館
共催:(一社)九州学び舎

CIMG4460

お知らせまで。

別府市図書館・美術館整備基本構想策定等業務委託を受託しました【広報担当のARGな日々】2016-09-21

ARG広報の鎌倉です。ARGのFacebookでも報告させていただきましたが、パートナーノートでも改めて。

**

別府市図書館・美術館整備基本構想策定等業務委託を受託

すでに一部では告知等しておりますが、あらためて法人としてお知らせします。

先に行われました「別府市図書館・美術館整備基本構想策定等業務委託公募型プロポーザル」において、弊社提案を評価していただき、本件業務の受託者となりました。

大の温泉好きである代表の岡本をはじめ、本件には5名のスタッフが全力であたってまいります。別府の未来を拓く図書館・美術館の最初の第一歩を素敵なものにできるよう邁進します。

なお、当面、別府を訪れる機会が多くなります。大分方面の方々、毎回の滞在の際には(基本的に毎回2泊3日の予定)、ぜひ、新たな出会いや久しぶりの再会を果たせればと思います。

▽ARGのFacebookページより
https://www.facebook.com/ARGjp/photos/a.418704508175177.92835.1686178531…

**

もう〆切になりましたが、当面別府に通うので大分のみなさんとの親交を深める会という名の飲み会が定期的に開催することになりました。

【〆切】第1回カボスの会 ※第2回は10/16(日)開催予定
https://www.facebook.com/events/1889761017919030/

次回は10月16日(日)の予定です。

次回は、私も参加します。皆さまとお会いできますことを楽しみにしております。

DSC06717 - コピー

メールの返事は24時間以内ルール【広報担当のARGな日々】2016-09-20

ARG広報の鎌倉です。

仕事をしているとメールが飛び込んできました。

メールを見て「うーん、これは時間がかかりそうだぞ」と思い、「ちょっと寝かすか」とスルーしてしまうなんてこと……ARGでしたら大変なことになります。

その作業をするには時間がそれなりにかかるかもしれません。でももらったメールに24時間以内に返信するルールになっています。

「メール拝受しました」でも、とにかくレスをする。

そして忘れないようにカレンダーに作業予定と〆切を書き込み、激早で提出する。

ベンチャーはスピードが命と岡本真はいつも、いつも、いつも言っています。

そのためにはスマートフォンの活用は欠かせません(これについては、また後日書きます)。

Screenshot_2016-09-20-08-58-15

今日もなんとかメールボックスを空にしました。

台風なので今日はこれであがります。

24時間以内ルールを見て、ベンチャー怖い、岡本真きびしーと思うかもしれません。

でも昨日スカイプで、こんなメッセージがパートナースタッフに届きました。

台風接近中。
明日は不要不急の外出はしないようにしてください。
原則的に出社もなしで。

気をつかう人だったりします(笑)

横浜中華街が近いことを知った【広報担当のARGな日々】2016-09-19

ARG広報の鎌倉です。9月16日のパートナーノートで「関内においでよ」のお誘いをしました。

関内は面白いお店が多いので、打ち合わせの場所はぜひARGで‼

双方往来しましょうのお誘いをする理由【広報担当のARGな日々】2016-09-16
http://www.arg.ne.jp/node/8522

この前、気がついてしまったことがあります。

それはARGのオフィスから横浜中華街が近いという事実。

徒歩で15分も行けば横浜中華街です。

IMG_20160824_111514

打ち合わせ前に横浜中華街で肉まんでおやつをとって、弊社に来てくださいね。

IMG_20160824_115421

祝日の食べ物ネタでした。

カメラを片手にどこまでも!-Eric Carle Museum of Picture Book Art【広報担当のARGな日々】2016-09-18

ARG広報の鎌倉です。7月は1カ月お休みをいただき、アメリカに行っておりました。

博物館とか美術館は著作権のこともあり、写真撮影禁止としているところが多いですよね。

ただ一部のスペースにでも「写真を取って遊ぶことができる」場所があるといいな、と思います。

アメリカ・マサチューセッツ州のアムハーストというニューイングランドの風景が残る街に『はらぺこあおむし』の著者エリック・カール氏の美術館があります。

▽Eric Carle Museum of Picture Book Art
http://www.carlemuseum.org/

こちらは写真撮影できます。

ちょうどビバリー・クリアリーの特別展示が行われていたのですが、そのチラシにはこう書かれています。

Keep that camera handy!

Snap a photo with your favorite BEVERLY CLEARY characters!

カメラを片手に持っていて!

お気に入りのビバリー・クリアリーの登場人物と写真を撮ろう!

フラッシュをたかなければOKです。

CIMG4457

チラシの下にはさりげなく

Don’t forget to tag us at
@CARLEMUSEUM
on Twitter and Instagram.
Look for us on Facebook as well!

TwitterやInstagramに投稿する時は
@CARLEMUSEUMのタグ付けを忘れないでね
私たちのFacebookも探してね

と書かれています。

どれだけTwitterやFacebookを運営していても、知ってもらえていなければ、誰にも見られず悲しいですよね。

Twitter、Facebook、Instagramなどのソーシャルメディアは「ウェブ上の社会的会話」です。会話なので双方向のコミュニケーションを確立することがとても重要になってきます。

タグをつけてもらう

写真を投稿してもらう

など参加型の企画はまさに双方向のコミュニケーション(ツーウェイ・コミュニケーション)を生み出しています。

広報・PRもその媒体の定義を理解して活用することが大切です。

ちょっとEric Carle Museum of Picture Book Artを覗いてみましょう。こちら道路沿いにある看板です。かわいい。

CIMG3962

駐車場にははらぺこあおむし号が止まっていました‼

CIMG3964

ミュージアムの常設展。

CIMG3971

エリックが使っている道具も見られます。ダイナミックに絵の具をパレットに出しているのが、エリック流か。

CIMG3975

ルイス・ダーリングの展示もしていました。ここでもみんなお気に入りの登場人物と写真撮影‼

CIMG3980

1階にははらぺこあおむしの本棚が置かれていました。子どもたちは大喜び。

CIMG3984

この台に子どもに立ってもらって、正面から見れば、背中からちょうちょがの羽が‼

撮影スポットになっていた。

こんな遊べる場所っていいな。

CIMG3983

夏休みの期間中ということもあり、工作室も子どもたちでごった返していました。エリックの色彩の美を見て、この工作室に行くとすごい作品を生むことができるかも。

CIMG3991

とりあえずはらぺこあおむしを捕まえてみた。

IMG_20160721_112725

こんな感じで大人でも子どもでも、見るだけではなく手を動かしたり、感触を楽しんだりできるミュージアムでした。

カメラを片手にもって、いつでも撮影できるようにしないともったいない‼

またアメリカのレポートはこちらのパートナーノートで紹介していきますね。

地元の人が織りなすプロセスに感動する-シンフロから考える【広報担当のARGな日々】2016-09-17

ARG広報の鎌倉です。

9月11日に羽田空港のいたるところが黄色と水色のこちらのお知らせで埋まっていました。

IMG_20160911_073559

**

ただいま絶賛制作中!
シンフロ第2弾、
10月公開

シンフロ
おんせん県おおいた新フロジェクト

**

「ただいま絶賛公開中」ではなく「制作中」の時点で宣伝をしているのですね。

第1弾のYouTubeの再生回数が130万を超えているので、手ごたえをつかんでいるから、ということもあるでしょう。

【おんせん県】「シンフロ」篇 フルバージョン SHINFURO:Synchronized Swimming in Hot Springs
https://www.youtube.com/watch?v=20ZWZJgixtw

大分県の広告はこのようにメイキングから積極的に見せています。

例えばこの「シンフロ」篇 フルバージョンの音楽がどのように作られたのかも動画にして公開しています。

メインとなる動画のバックミュージックは、大分県出身の作曲家滝廉太郎の名曲「花」をアレンジしたものです。そうなるとオーケストラとかに演奏してものを使いがちですが、このシンフロで使われている「花」はよく聞くといろいろな音が重なり合ってできているのが分かります。

その音楽の制作秘話がこちら‼

たくさんの大分県民が織りなす音を重ね合わせて、この曲ができているのです。

【おんせん県】Orchestration Of Oita / シンフロ「ご当地サウンド」篇 フルバージョン
https://www.youtube.com/watch?v=5QYrsc8aATs

そしてメイキングムービーまであったりします。

【おんせん県】「シンフロ」メイキングムービー
https://youtu.be/0ZNde7mOY4c

人は完成したものよりも、プロセスに感動するんだ

ここに行ってみたい、この人に会ってみたい、ここで食事をしたり飲みたい。

そう感じさせてくれる取り組みですね。

シンフロ第2弾、作品そのものもそうですが、今回はどんな大分県の人たちに会えるのだろう。

そう思うと、ワクワクします。

広報・PR担当ネタでした。

双方往来しましょうのお誘いをする理由【広報担当のARGな日々】2016-09-16

ARG広報の鎌倉です。

様々なプロジェクトが実行中です。また「一緒にこんなことやれませんか」という問い合わせや相談事も、ありがたいことにいただいております。

最初は対面でその話をしたいもの。

またプロジェクトが始まれば、メールでのやり取りが主ではありますが、対面での会議がおこなわれることになります。

こちらから会議で東京に出ることもありますが、ぜひ横浜市の関内にあるARGオフィスにも来ていただき双方往来で会議をしましょう‼

実際、ARGにお越しになった方々は、たいてい定期的に「関内」で会議を!となるんです。

理由は明白。

夕刻にお越しいただけるのであれば、ARG総出での一緒に飲もうぜいがあります。

あ、まったく飲めないARGのパートナースタッフもおりますので、酒酒酒~の会ではありませんのでご安心を。

オフィスのある関内は、大型チェーン店ではない、個人営業のおいしくて、ディープな横浜を味わえるお店がたくさんあります。

横浜観光も兼ねて、ぜひおこしください。お待ちしております。

IMG_20160824_110746

感想をいただきました-東京都立中央図書館のFacebook講座【広報担当のARGな日々】2016-09-15

ARG広報の鎌倉です。それと同時に、図書館の広報応援団となりたいと日々思っています。

以前こちらのパートナーノートに東京都立中央図書館の職員研修として「Facebook文章力向上講座」の講師をさせていただいたことを書きました。

▽Facebook文章力向上講座【広報担当のARGな日々】2016-09-03
http://www.arg.ne.jp/node/8493

▽東京都立図書館のFacebook
https://www.facebook.com/tmlibrary/

なんと、東京都立中央図書館の皆さまから感想をいただきました‼

**

ほとんど意識していなかったターゲットやツーウェイ・コミュニケーションをどうすればいいのかと、どきどきしました。そして、言葉や文章は拾ってもいいんだと教えていただき、ほっとしました。

フリーアンサーには講演会が楽しくて、ポイントもコツも分かったし、私にも書けそうな気がしてきたという声がたくさんありました。やはり、ワークショップの中で、自分の手で紙に落として、講義内容を確認できたことが、とてもありがたかったです。

「小ネタ」をどう引き出すのかは実際に本を読んでいる司書だからできると、何度もお話しされたことが心に残りました。どの本で書こうかなと迷って、この本にしようと決めた時の、「この本」のここを伝えることだなあと思いました。

大切なヒントをいただきましたので、大事に大事に消化して、我が物にしたいと思います。

**

皆さま、東京都立中央図書館のFacebookをチェックしていてくださいね。

▽東京都立図書館のFacebook
https://www.facebook.com/tmlibrary/

特にオリンピック・パラリンピック関連資料の紹介は要チェックでお願いします。

図書館の広報・PRのワークショップの依頼、アドバイザーの依頼もお待ちしております。ARGまでご連絡ください‼

【E-Mail】info@arg-corp.jp

1470957592262
緑あふれる東京都立中央図書館での調べ物はたのしー