レビュー

有斐閣、『マクロ経済学・入門(第2版)』(福田慎一・照山博司、有斐閣、2001年)の本文中図表を更新

有斐閣が経済・経営・人文系編集部サイトで公開している『マクロ経済学・入門(第2版)』(福田慎一・照山博司、有斐閣、2001年)の本文中図表を更新した(2004-09-02)。また先月には『モードの社会史』(能沢慧子、有斐閣、1991年)の書籍未収録画像を公開している(2004-08-17)。有斐閣のこの取り組みは非常にすばらしいのだが、フレームを多用したサイト構成はぜひ見直してほしい。

・有斐閣

http://www.yuhikaku.co.jp/

・経済・経営・人文系編集部サイト

http://www1k.mesh.ne.jp/yuhikaku/

・データのページ

国立科学博物館、サイトをリニューアル

国立科学博物館のサイトがリニューアルした(2004-08-03)。リニューアルしたという事実は、サイトをみれば一目瞭然なわけで、どういう考えで何をどのように変えたのかを告知すべきだ。また「サイトポリシー」の「2. 当サイトへのリンク」にある「当サイトのトップページ以外のリンクについては、担当研究官等の許可が必要となります」は最低最悪。このような発想は、独立行政法人国立科学博物館法第3条にある「独立行政法人 国立科学博物館は、博物館を設置して、自然史に関する科学その他の自然科学及びその応用に関する調査及び研究並びにこれらに関する資料の収集、保管(育成を含む)及び公衆への供覧等を行うことにより、自然科学及び社会教育の振興を図ることを目的とする」に反していることがわからないのだろうか。

この程度の認識しか持ち合わせていない機関が、「自然史に関する科学その他の自然科学及びその応用に関する資料を収集し、保管して公衆の観覧に供する」ことについて、「博物館その他これに類する施設の求めに応じて援助及び助言を行う」とされている(独立行政法人国立科学博物館法第11条)ことは空恐ろしい。

・国立科学博物館

文教大学情報デザイン展、サイトを公開

文教大学情報デザイン展(「文教大学情報学部のゼミ生総勢150人によるデジタルクリエイト作品展」)のサイトが公開されている。展覧会そのものはすでに終了。Wiki版のサイトがある。

・文教大学情報デザイン展

http://open.shonan.bunkyo.ac.jp/id/

山下清美さん、PROJECT WEBLOG「授業支援ブログを作ろう」を公開

山下清美さんがPROJECT WEBLOG「授業支援ブログを作ろう」というサイトを公開している。このプロジェクトとは、「専修大学ネットワーク情報学部3年次科目のひとつで、他学部、他大学の「ゼミナール」にあた」るとのこと。

・PROJECT WEBLOG「授業支援ブログを作ろう」

http://www.ne.senshu-u.ac.jp/~proj16-24/

・山下清美の場所

http://kujira.psy.senshu-u.ac.jp/~yamasita/

向後千春さん、「ハンバーガーショップで学ぶ楽しい統計学?平均から分散分析まで」を公開

向後千春さんが「ハンバーガーショップで学ぶ楽しい統計学?平均から分散分析まで

」を公開した(2004-09-01)。早稲田大学人間科学部が開設している早稲田大学eスクール用に開発した教材を一般公開したもの。「メニューに従って1章から7章まで順番に学習していくと、平均から分散分析までを習得することができ」るという。相関については、姉妹編「アイスクリーム屋さんで学ぶ楽しい統計学」が公開されている。

・ハンバーガーショップで学ぶ楽しい統計学?平均から分散分析まで

http://www.kogolab.jp/elearn/hamburger/

・kogolab.jp 向後研究室

http://www.kogolab.jp/

早稲田大学、早稲田大学eスクールのサイトを公開

早稲田大学人間科学部が2003年度から開設している早稲田大学eスクールのサイトが公開されている。eスクールは、「eラーニングシステムを利用した通信教育課程」の通称。asahi.comに同大教員の向後千春さんへのインタビュー記事「早稲田大学eスクールは、普通のeラーニングとどこが違うのか」が掲載されている(2004-09-06)。

・早稲田大学eスクール

http://e-school.human.waseda.ac.jp/

・「早稲田大学eスクールは、普通のeラーニングとどこが違うのか」(asahi.com、2004-09-06)

http://www.asahi.com/ad/clients/waseda/opinion/opinion102.html

国際交流基金、日本劇作家協会と協力し日本の現代の戯曲100本を公開

国際交流基金が日本劇作家協会と協力し日本の現代の戯曲100本を公開している。タイトル、作家から、現代の戯曲作品の作家略歴やあらすじを調べられる。

・日本の現代の戯曲100本

http://www.jpan.org/100/j/

国立民族学博物館、特別展示「アラビアンナイト大博覧会」を公開

国立民族学博物館が2004-09-09(Thu)?2004-12-07(Tue)に開催される特別展示「アラビアンナイト大博覧会」のサイトを公開している。催しの紹介が主だが、アラビアンナイトおすすめ翻訳本リスト(日本語)がある。

・特別展示「アラビアンナイト大博覧会」

http://www.minpaku.ac.jp/special/opensesami/

中世哲学会、中世哲学関係文献目録を公開

中世哲学会が中世哲学関係文献目録を公開した(2004-03-02)。これは同学会の会員による単行本、翻訳、論文等の目録であり、会誌『中世思想研究』に掲載されたものを電子化している。いまのことろ、1964年4月から2002年3月分までのデータを収めている。

・中世哲学関係文献目録

 http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsmp/biblio/

・中世哲学会

 http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsmp/

外務省、外交記録公開文書検索サイトを公開

外務省が外交記録公開文書検索サイトを公開した(2004-06-01)。「利用規則」を遵守することに同意しないと利用できない仕組みだが、第五条「利用者が本規則に従わず、本規則に反する行為、又はシステムの運用を侵害する行為を行った場合、外務省は、当該利用者のアクセスを拒否することができる」が決して濫用されることがないよう望む。また外務省は、この条項に基づいてアクセス拒否を行った際は、その経緯を必ず公表すべきだろう。

・外交記録公開文書検索サイト

 http://gaikokiroku.mofa.go.jp/