境港プロジェクト

2016-12-23(Fri): 境港市民交流センター(仮称)基本設計検討委員会に陪席/さくらWORKS<関内>5周年記念会で講演

・境港市民交流センター(仮称)整備事業
https://www.city.sakaiminato.lg.jp/?view=107360

の一環として開催された境港市民交流センター(仮称)基本設計検討委員会の第1回に陪席しました。市民の方々の議論に聞き入ります。

終了後は一路帰京し、

・さくらWORKS<関内>5周年記念会&オープンナイトvol.51
https://www.facebook.com/events/288407494850795/

に参加。第1部で「公『民』連携の観点からのさくらWORKS<関内>-計画段階からを振り返って」と題して、5年前、正確にはほぼ6年前に始めた

・さくらWORKS<関内>
http://sakuraworks.org/

の事業をふりかえりました。さまざまな課題はあるのですが、それでも大勢の方々の出会いと協働の場になっていることはうれしいものです。

★アカデミック・リソース・ガイド株式会社の新たなコーポレートサイト誕生★
-私たちが考える未来の図書館とは?“OUR LIFE LIBRARY“を体感しよう
http://arg-corp.jp/

★-図書館の未来がわかる、新しいライブラリーマガジン!
・[総特集]都道府県立図書館サミット(岡本真+LRG編集部)
・     都道府県立図書館白書(岡本真)
・[新連載]「猪谷千香の図書館エスノグラフィ
       -災害に強い図書館とは?復興する宮城県の名取市図書館」(猪谷千香)
・[連載]「図書館資料の選び方・私論 ~その4」(最終回)
      -蔵書づくりのあれこれ」(嶋田学)
・[司書名鑑]No.13 小林隆志(鳥取県立図書館支援協力課長)
・[特別寄稿]ニューヨーク公共図書館&ブルックリン公共図書館見学記(高橋真太郎)
-販売ページ: http://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/
-公式Facebook: https://www.facebook.com/LRGjp

LRG

2016-12-22(Thu): 境港へ

今週はもう1本出張があるのです。

・境港市民交流センター(仮称)整備事業
https://www.city.sakaiminato.lg.jp/?view=107360

の委員会が明日ある関係で前泊で現地へ飛びました。事前打ち合わせ等を経て明日に臨みます。

★アカデミック・リソース・ガイド株式会社の新たなコーポレートサイト誕生★
-私たちが考える未来の図書館とは?“OUR LIFE LIBRARY“を体感しよう
http://arg-corp.jp/

★-図書館の未来がわかる、新しいライブラリーマガジン!
・[総特集]都道府県立図書館サミット(岡本真+LRG編集部)
・     都道府県立図書館白書(岡本真)
・[新連載]「猪谷千香の図書館エスノグラフィ
       -災害に強い図書館とは?復興する宮城県の名取市図書館」(猪谷千香)
・[連載]「図書館資料の選び方・私論 ~その4」(最終回)
      -蔵書づくりのあれこれ」(嶋田学)
・[司書名鑑]No.13 小林隆志(鳥取県立図書館支援協力課長)
・[特別寄稿]ニューヨーク公共図書館&ブルックリン公共図書館見学記(高橋真太郎)
-販売ページ: http://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/
-公式Facebook: https://www.facebook.com/LRGjp

LRG

2016-12-14(Wed): 境港市民交流センター(仮称)整備事業のワークショップにオブザーバー参加

弊社も協力事務所として受託している

・境港市民交流センター(仮称)整備事業
https://www.city.sakaiminato.lg.jp/?view=107360

の基本設計業務の一環として、本日2回開催された基本設計に向けての市民ワークショップにオブザーバーとして参加しました。

ワークショップの意義を多方面から考える機会となりました。いい施設をつくっていきたいと思います。

設計事務所の後は、この案件の獲得に尽力した弊社パートナーの鎌倉幸子さんと差し飲み二次会。鎌倉さん、本当にGood Jobでした。引き続き頑張りましょう。

★アカデミック・リソース・ガイド株式会社の新たなコーポレートサイト誕生★
-私たちが考える未来の図書館とは?“OUR LIFE LIBRARY“を体感しよう
http://arg-corp.jp/

★-図書館の未来がわかる、新しいライブラリーマガジン!
・[総特集]都道府県立図書館サミット(岡本真+LRG編集部)
・     都道府県立図書館白書(岡本真)
・[新連載]「猪谷千香の図書館エスノグラフィ
       -災害に強い図書館とは?復興する宮城県の名取市図書館」(猪谷千香)
・[連載]「図書館資料の選び方・私論 ~その4」(最終回)
      -蔵書づくりのあれこれ」(嶋田学)
・[司書名鑑]No.13 小林隆志(鳥取県立図書館支援協力課長)
・[特別寄稿]ニューヨーク公共図書館&ブルックリン公共図書館見学記(高橋真太郎)
-販売ページ: http://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/
-公式Facebook: https://www.facebook.com/LRGjp

LRG

2016-12-13(Tue): 境港で一泊

西ノ島での半日を超す会議を終えて本土に戻りました。

明日は境港市のワークショップにオブザーバー的な立場で参加するので、今日は私一人で境港泊です。同行者はそれぞれ横浜と岡山に帰りました。明日は別のスタッフ2名と合流です。

・境港市民交流センター(仮称)整備事業
https://www.city.sakaiminato.lg.jp/?view=107360

★アカデミック・リソース・ガイド株式会社の新たなコーポレートサイト誕生★
-私たちが考える未来の図書館とは?“OUR LIFE LIBRARY“を体感しよう
http://arg-corp.jp/

★-図書館の未来がわかる、新しいライブラリーマガジン!
・[総特集]都道府県立図書館サミット(岡本真+LRG編集部)
・     都道府県立図書館白書(岡本真)
・[新連載]「猪谷千香の図書館エスノグラフィ
       -災害に強い図書館とは?復興する宮城県の名取市図書館」(猪谷千香)
・[連載]「図書館資料の選び方・私論 ~その4」(最終回)
      -蔵書づくりのあれこれ」(嶋田学)
・[司書名鑑]No.13 小林隆志(鳥取県立図書館支援協力課長)
・[特別寄稿]ニューヨーク公共図書館&ブルックリン公共図書館見学記(高橋真太郎)
-販売ページ: http://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/
-公式Facebook: https://www.facebook.com/LRGjp

LRG

プラモデルクラブのメンバーとしては、見逃せない店【広報担当のARGな日々】2016-10-28

ARG広報の鎌倉です。

鳥取県境港市のプロジェクトの本格開始を前に、まちを歩いています。

そうしたら、このお店を発見。プラモデル屋さん!!

CIMG4873

小学校の部活動ではなくクラブ活動でプラモデル部だったこともあり、ときめいてしました。

今は3Dプリンターとかあるかもしれませんが、自分で組み立てると感動もひとしお。

またプラモデル部なので一つの大型の作品を、数人で組み立てることもあります。ペイントも入れると結構大掛かりなプロジェクト。

時間もかかるので、モチーフについて調べたり、話をしたり、技術について情報交換をしたり、そんな対話の場にもなっていました。

CIMG4875

パーツをみんなで組み立てる作業こそ、チームビルディングにつながるかと。

異文化経営を勉強していた時、学んだことは完成品もそうだけど、そこまで至ったプロセスを見る必要があることを学びました。

ある日、教室に行くと、糸に巻き付けられた生卵がぶら下がっていました。先生が用意していた紙や布などの素材をて、卵の下に置いて、卵が落ちても割れないようにするようにと指示をしました。

5人一組のチームで、どの素材をどこに置くかを考えました。そしてセッティングが終わると、先生が糸を切ります。卵が落ちて、割れるか、割れないか!?

あるチームの卵は無事でした。そしたら一人が「卵が割れなかったのは私のアイディアがあったから。だって私の家は代々医者だし」といったのです。それを聞いた他のメンバーは大反発。卵は割れませんでしたが、内部分裂を起こしてしまったのです。

チームがバラバラで、ケンカしながら完成したプロダクトは、今回の完成品としては評価されますが、持続発展性は疑問視されるかもということです。

ここで大切なのは、その素材使うこと、そこに置くことを誰が発言して、なぜチームメンバーが同意をしたのか。同意できないと思いながらも「Yes」といったとしたら、そこに何の力が働いていたのか。

それをクリアにすることが大切なことを学びました。

私のポジションのリレーションズ・ストラテジストはそのプロセスを大切にすることをベースに、関係づくりのコンサルティングを行っています。

チームでのプロセスを確認するために、プラモデル作りもあるかなと思いつつ境港市をぐるぐる歩きました。

今度、このお店で一つ買ってみよう。甥っ子のプレゼントもここで探そうっと。

■エース堂
〒684-0012 鳥取県境港市中町58
0859-42-2970

野球好き、釣り好きの人が集まる場所に行ってみた【広報担当のARGな日々】2016-10-27

ARG広報の鎌倉です。鳥取県境港市の案件のプロジェクトのメンバーでもあります。

鳥取県境港市のまちを歩きながら、いつも思いま

「このまちで、人が集っている場所を知りたい」と。それがきっと、人が集う施設のヒントになるはずなのです。

まちを歩いていたらこんな看板を見つけました。

「野球ファン 釣りファンが集う店 KURO」

おいおい。野球や釣りの資料を置いたら、この人たちは来てくれるのでは!?

CIMG4883

これは要チェックでしょう。お昼ごはんの時間でもあるので、お伺いすることにしました。

喫茶店だから、ご飯もいただけるでしょうし。

野球好き、釣り好きのイメージではない、シンプルな看板。

いや待てよ。野球好き、釣り好きの人が集まる場所は、大漁旗とか、ユニフォームとかがディスプレーされているべしという私の考えは「思い込み」なのでは。「思い込みは捨てろよ」という声が、心をよぎります。

CIMG4889

入り口の前にベンチがあります。ここに文藝春秋が何気なく置かれています。本を読みたい人たちもこのお店のクラスターなのだと確信。

CIMG4890

薄くジャズがかかっていて、席も広くとっているので、ゆったり楽しめます。

またいい感じの小説やエッセーが本棚に並んでいます。なまた地元で出版されている『米子文学』が売られている。米子文学を買ったらコーヒー一杯サービスです。ここは文壇サロンか!?

CIMG4891

懐かしのナポリタンをオーダーしてみました。

CIMG4894

こちらがナポリタンです。ケチャップの味がやさしくて、おいしい。

CIMG4898

昭和の人に愛されたモルトセーキ(アイスクリーム)がメニューにありました。

2代目のマスターの友人が進駐軍で習って教えてくれ、今のように美味しいスイーツがない時代に愛されました

とあります。ナポリタンでお腹がいっぱいでオーダーしませんでしたが、今度頼もう。

CIMG4895

米子水道局の水は日本一美味しいみたい!!300年かけて浄化されたものを地下からくみ上げているそう。これで作っていただいたコーヒーはむちゃくちゃ本格的で、おいしかったです。

CIMG4896

さてお昼を食べていたらぞくぞくとお父さんたちがお店に来ました。

コーヒーやアイスティーを飲みながら、ジャズと文学論と、今年のサンマ漁の話をはじめました。

この話のトピックのコンビネーション、最高です。

CIMG4893

「サロン」そんなことばが浮かびました。

そして私のような旅人などよその人が居心地の悪さを感じないのは、大海原に出る漁師の町だからなのかもしれないな、と。

漁師町=さびれている、古風、閉鎖的といわれるが、改めて問いたい。

そして思った。本物があるところに人は集うことを!!

2016-10-19(Wed): 境港プロジェクトの始動と次なるプロポーザルに向けての集中会議

本日発表になりましたが、

・境港市民交流センター(仮称)新築工事基本設計業務プロポーザル第二次審査結果
https://www.city.sakaiminato.lg.jp/index.php?view=107295

において、我々も協力企業として参画している石本建築・桑本総合設計共同企業体が特定者として選定されました。

審査委員長講評を読むと、共同企業体のメンバー全員が議論し重視したポイントが評価されており、うれしい限りです。境港市は学生時代に訪れたのは最初に、ここ数年は隠岐諸島に渡る際のも繰り返し訪ねています。縁を感じるこのまちで仕事ができるのは本当に喜ばしいことです。

さて、うれしいニュースを味わいつつも、次への動きも始まっています。今日はさらに別のプロポーザルに向けて設計事務所の方々も交えての議論の一日でした。大ベテランと中堅の方とこれ以上ない協業体制が組みあがったので、こちらも奮闘します。

ちなみにその用件のためだけではないのですが、先日の鳥取西部めぐりの目的の一つはこれでした。

・「鳥取西部の図書館をめぐる」(編集日誌、2016-09-14)
http://www.arg.ne.jp/node/8529

★-図書館の未来がわかる、新しいライブラリーマガジン!
・[特別寄稿]「認知症の人にやさしいまちづくりと図書館」(加藤学)
・[特集]「都道府県“行政情報センター”調査2016」(ふじたまさえ)
・[マガジン航Pick Up]Vol.5「本屋とデモクラシー」(仲俣暁生)
・[新連載]「猪谷千香の図書館エスノグラフィ
       -市民とともにつくる公設民営の瀬戸内市民図書館」(猪谷千香)
・[連載]「図書館資料の選び方・私論 ~その3」
      -図書館政策、地域政策としての蔵書構成」(嶋田学)
・[司書名鑑]No.12 小嶋智美(インディペンデント・ライブラリアン)
-販売ページ: http://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/
-公式Facebook: https://www.facebook.com/LRGjp

LRG

鳥取県中部を震源に 震度6弱の地震が発生【広報担当のARGな日々】2016-10-21

ARG広報の鎌倉です。

12:14に鳥取県中部で震度4の地震がおきました。その後14:08、14:09、14:10、14:11と連続して鳥取県中部は震度6弱が発生しました。

気象庁のデータを見たら、14:08からは分刻みで揺れたのですね。

received_10154706489664359

鳥取県、島根県だけではなく、愛知まで揺れたようです(愛知にいたデザイナーの李さんから報告がありました)。

余震も続いているようです。

これか本震ではない可能性もあります。安全第一で。

皆さまの無事をお祈りしております。

境港市の今回の施設は防災拠点にもなります。今回の地震をへて、改めてしっかりとして施設にせねばと思いました。

境港市民交流センターのプロポーザル第二次審査通過【広報担当のARGな日々】2016-10-19

ARG広報の鎌倉です。

ARGでは日々、プロポーザルに参加しています。別府市は単独での参加でしたが、建築会社とタッグを組んで協力会社として出るときもあります。

編集日誌
2016-08-17(Wed): 今後のプロポーザルに向けて
http://www.arg.ne.jp/node/8469

ARGは建築をする際に、住民の方たちがどのような活動を行うのかを考えたゾーニング、図書館のスタッフの皆さんが働きやすい導線などソフトの面でインプットをしています。

今日は「境港市民交流センターのプロポーザル」の第二次審査の発表日。

ARGは「石本建築・桑本総合設計共同企業体」の協力会社として、何度も会議を重ねたり、調査をして情報を提供していきました。

CIMG4932
弓ヶ浜と大山

すでに別府市でのプロジェクトが動いていておりパートナースタッフの野原さんがメイン担当、境港市は私になりました。

ARGチームメンバーのプロフィールは新しくなったコーポレートサイトをご覧ください!!
http://arg-corp.jp/

主担当になってからやったことはとにかく資料を読み込むこと。

境港市の総合計画、観光計画、防災計画、議会議事録、市の広報誌はもちろん、図書館に行って日経テレコンとELNETを使って10年遡って関連記事を読み上げました。

また岡本さんやデザイナーの李さんとの会議を通じて、プロポーザルの進め方、ARGの姿勢なども「一気に」学ぶことができました。

境港市民交流センター(仮称)新築工事基本設計業務プロポーザル第二次審査結果
https://www.city.sakaiminato.lg.jp/index.php?view=107295

received_1188333947903731
プロポーザル審査通過の連絡をうけて、中華料理屋で声を上げて喜んでしまった私

これからもう一つの故郷になるであろう境港市のために。プロポーザルに関わったことへの思いと覚悟を。

がんばります。

ここからがスタート。

コンテンツ配信