デジタルアーカイブ

長野県、長野県所蔵品アーカイブで資料を公開(2009-04-01)

screenshot

長野県が長野県所蔵品アーカイブで新たに電子化した資料を公開した(2009-04-01)。

・長野県が所有する資料を掲載しました

http://www.pref.nagano.jp/kikaku/josei/da/kensyoyu.htm#kensyoyu

大阪府、おおさかアーカイブスを公開

screenshot

大阪府商工労働部産業労働企画室バイオ・成長産業振興課が「おおさかアーカイブス」を公開した(2007-10-24)。大阪府が所有する歴史的価値のある絵画や貨幣、標本や拓本などを高精細な画像で公開している。また、電子化資料の公開にとどまらず、公開している画像の二次利用のための許諾事業に以下の3社があたるという。

2007-05-04(Fri): アーカイブ構築の試み続々と?

朝日新聞がいち早く伝えたが、日本レコード協会、日本放送協会、日本音楽著作権協会、日本芸能実演家団体協議会、日本伝統文化振興財団、映像産業振興機構が共同して歴史的音盤アーカイブ推進協議会を設立するという。

・「歴史の「音」DB化 東条英機のあいさつ、落語名人芸」(朝日新聞、2007-04-25)

http://www.asahi.com/digital/av/TKY200704250203.html

・「歴史的・文化的資産であるSP盤及び原盤の音源保存のため、歴史的音盤アーカイブ推進協議会(HiRAC)設立」(歴史的音盤アーカイブ推進協議会事務局、2007-04-27)

http://www.riaj.or.jp/release/2007/pr070427.html

2007-03-31(Sat): 建築アーカイブの構想

日本経済新聞が日本建築家協会と金沢工業大学の協力による「JIA・KIT建築アーカイヴス」の設立構想を伝えている。

1920年代以降の建築が対象で、写真や設計図などの資料を収集・整理し、デジタル化するなどして保存。了承が得られた分は展示会やインターネットを通じ国内外に公開する。

・「日本建築家協会と金沢工大、アーカイブ設置で協力」(日本経済新聞、2007-03-12)

http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20070312AT1G1202I12032007.html

金沢工業大学もリリースを出しているが、日本建築家協会からはいまのところ特にコメントされていない。

・「日本建築家協会と金沢工業大学が建築アーカイヴスを設立」(金沢工業大学)

2007-03-28(Wed): 最近の「デジタルアーカイブ百景」

サイト「アートスケープ」の笠羽晴夫さんの連載「デジタルアーカイブ百景」をまとめ読み。数か月分、呼んでいなかった……。

・「残っていることへの感謝」(アートスケープ、2006-12)

http://www.dnp.co.jp/artscape/artreport/hyakkei/0612.html

・「「今も未来の過去」 デジタルアーカイブがつくる北海道」(アートスケープ、2007-01)

http://www.dnp.co.jp/artscape/artreport/hyakkei/0701.html

・「リンクすると鹿児島が見える?デジタルアーカイブの力」(アートスケープ、2007-02)

2006-10-07(Sat): 笠羽晴夫さんの「デジタルアーカイブ百景」

解説のレビューはARGを待とう

「デジタルアーカイブ百景:いま大学図書館では」(図書館員もどきのひとり言、2006-07-22)

http://liblog.seesaa.net/article/21403082.html

ということなので、コメントしておこう。なお、笠羽さんの連載については、2006-08-18(Fri)の編集日誌「デジタルアーカイブとしての大学図書館」でもふれている。

東京大学附属図書館、電子版黒木文庫を公開(2006-03-28)

東京大学附属図書館が電子版黒木文庫を公開した(2006-03-28)。同文庫は旧制東京高等学校教授だった黒木勘蔵さん(1882年?1930年)の旧蔵書を収めたコレクションで、東京大学教養学部国文・漢文学部会が管理してきた。蔵書の中身は近世日本演劇と音楽に関する資料で、今回そのすべてが電子化されている。電子化された資料は書誌、分類、上演の3項目から検索できる。

・電子版黒木文庫

http://kuroki.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/

・「電子版黒木文庫の公開について」(2006-03-28)

http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/koho/news/news/kiban_06_03_28.html

・東京大学附属図書館

東京大学附属図書館、鴎外文庫書入本画像データベースを公開(2006-04-03)

東京大学附属図書館が鴎外文庫書入本画像データベースを公開した(2006-04-03)。東京大学総合図書館が所蔵する森鴎外の旧蔵書コレクションを収めた鴎外文庫のうち、主に森鴎外の自筆写本や書入本を電子化している。

・鴎外文庫書入本画像データベース

http://rarebook.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/ogai/

・「鴎外文庫書入本画像データベースの公開について」(2006-04-03)

http://www.lib.u-tokyo.ac.jp/koho/news/news/soto_06_04_03.html

・東京大学附属図書館

東京大学大学院情報学環、第一次世界大戦期プロパガンダ・ポスター・コレクションを公開(2006-04-04)

東京大学大学院情報学環が第一次世界大戦期プロパガンダ・ポスター・コレクションを公開した(2006-04-04)。このポスター・コレクションは、同学環が所蔵するもので、現在661点が電子化されている。5年を要した電子化にあたっては、ポスターの印刷方法を確認する版式調査を行い、現在とは異なる独特の技術でつくられた第一次世界大戦期のポスターの実態を明らかにしている。この経緯は「Enterprise Watch」誌が詳しく伝えている。アーカイブの構築には同学環の吉見俊哉研究室が中心となってあたり、FileMaker社をはじめ、内外からの幅広い協力があったようだ。

・第一次世界大戦期プロパガンダ・ポスター・コレクション

http://archives.iii.u-tokyo.ac.jp/

・「東京大学大学院情報学環「戦争とメディア」研究プロジェクト デジタル・アーカイブ「第一次世界大戦期プロパガンダ・ポスター コレクション」のインターネットでの一般公開」(東京大学大学院情報学環、2006-04-05)

国立民族学博物館、ネパール写真データベースを公開(2006-04-12)

国立民族学博物館がネパール写真データベースを公開した(2006-04-12)。データベースに収められた写真は1958年の「西北ネパール学術探検隊」(隊長:川喜田二郎さん)に参加した高山龍三さんらが現地で撮影した3,584点と、同隊がネパールで収集した標本資料の295点の合計3,879点。検索には、地図から探す、物から探す、テーマから探すの3種類があり、特に地図から探すは、ネパールに詳しい人、詳しくない人のいずれにとっても使いやすいだろう。

なお、制作者の紹介ページでもふれられているが、制作を統括したのは同館の南真木人さん。他の関係者の氏名も制作者の紹介に挙げられている。

・ネパール写真データベース

http://www.minpaku.ac.jp/Nepal/

・南真木人さん

http://www.minpaku.ac.jp/staff/minami/

・国立民族学博物館

コンテンツ配信