ブログ

赤川学さん、『子どもが減って何が悪いか!』情報を公開

赤川学さんが、新著『子どもが減って何が悪いか!』(ちくま新書)の初版における誤字・脱字・訂正情報を掲載する『子どもが減って何が悪いか!』情報を公開している(公開日不明)。また書評や感想の情報をまとめるブログを使ってまとめている(2004-12-26公開)。

・『子どもが減って何が悪いか!』情報(誤字・脱字・訂正)

http://homepage3.nifty.com/m-akagawa/seiyoku/kodomo.htm

・『子どもが減って何が悪いか!』情報(書評・感想)

http://manapun.cocolog-nifty.com/

・AKAGAWA'S HOMEPAGE

2005-02-05(Sat):

絹川直良「ブログと国際金融」を読む。オピニオン形成にブログが与える影響力について論じたDaniel W. Drezner and Henry Farrell "Web of Influence" ("Foreign Policy" November/December 2004) の存在をしる。メモ。

・絹川直良「ブログと国際金融」

http://www.triltd.co.jp/IIMA_Topics.htm

・Daniel W. Drezner and Henry Farrell "Web of Influence" ("Foreign Policy" November/December 2004)

http://www.foreignpolicy.com/story/cms.php?story_id=2707

日本国際教育学会、ブログを開設

日本国際教育学会が国際教育に関連するシンポジウム、講演会、研究会の情報を掲載するブログを開設した(2005-01-30)。

・日本国際教育学会のブログ

http://jies.exblog.jp/

・日本国際教育学会

http://wwwsoc.nii.ac.jp/jies/

金沢工業大学大学院、金沢工業大学院Blogを開始

金沢工業大学大学院が金沢工業大学院Blogを開始している(2004-09-18)。

・金沢工業大学院Blog

http://blog.kitnet.jp/mt/tokyo/

経済産業研究所、「e-Life Blog」を公開

経済産業研究所が経済産業省商務情報政策局と共同で「e-Life Blog」を公開した(2004-10-01)。「ウェブログ技術を用いた産業界及び有識者、一般ユーザとの対話実験」と銘打っている。やや専門的な話になるが、コメント機能、トラックバック機能を実装し、Creative Commonsライセンスを適用するなど、政府系サイトとしては画期的な試みとなっている。今回の試みの意義については、「特別インタビュー e-Life Blog キーマンに聞く」で経済産業省商務情報政策局情報政策課の村上敬亮課長補佐、森川毅係長自らが語っている。

経済産業研究所の通例通り、「当サイト内の署名記事は、執筆者個人の責任で発表するものであり、経済産業省または経済産業研究所としての見解を示すものではありません」との但し書きがある。この方針に真っ向から異を唱える気はない。だが、政府系サイトからの発信である以上、「執筆者個人の責任」を盾にした個人の言いたい放題の場にならないようにじゅうぶんに注意するべきだろう。また読み手の側もこの点には十分に緊張感を持っておきたい。

・e-Life Blog

山下清美さん、PROJECT WEBLOG「授業支援ブログを作ろう」を公開

山下清美さんがPROJECT WEBLOG「授業支援ブログを作ろう」というサイトを公開している。このプロジェクトとは、「専修大学ネットワーク情報学部3年次科目のひとつで、他学部、他大学の「ゼミナール」にあた」るとのこと。

・PROJECT WEBLOG「授業支援ブログを作ろう」

http://www.ne.senshu-u.ac.jp/~proj16-24/

・山下清美の場所

http://kujira.psy.senshu-u.ac.jp/~yamasita/

野村一夫さん、ソキウス・ブログを開始

野村一夫さんがソキウス公開9周年を記念して、ソキウス・ブログを開始した(2004-08-13)。

・ソキウス・ブログ

 http://www.socius.jp/blog/

コンテンツ配信