メールマガジン

実業史研究情報センター、メールマガジン「ビジネス・アーカイブズ通信」(BA通信)の創刊を発表

screenshot

渋沢栄一記念財団の実業史研究情報センターがメールマガジン「ビジネス・アーカイブズ通信」(BA通信)の創刊を発表した(2008-02-04)。

・ビジネス・アーカイブズ通信(BA通信)

http://www.shibusawa.or.jp/center/ba/

・実業史研究情報センター

2008-01-30(Wed): 笠間書院のメールマガジンが創刊1周年

1月29日発行の第24号で笠間書院のメールマガジンが創刊1周年を迎えた。出版社のメールマガジンは数多くあるが、笠間書院のメールマガジンは他と一線を画している。自社の出版物のアピールは最小限にし、同社の出版分野である日本語・日本文学に関するイベント情報を多数掲載しているため、非常に役に立つ。ぜひ多くの方々に読んでほしい。

・笠間書院のメールマガジン

http://archive.mag2.com/0000222327/

・笠間書院

http://www.kasamashoin.jp/

・岡田圭介「学術出版社とインターネット」(第284号、2007-07-07)

メールマガジン労働情報、第400号に到達(2008-01-09)

screenshot

労働政策研究・研修機構(JILPT)が発行する「メールマガジン労働情報」が第400号に到達した(2008-01-09)。

・「メールマガジン労働情報」400号(2008-01-09)

http://www.jil.go.jp/kokunai/mm/bn/mm400.htm

これまでの達成ペースは以下の通り。

2008-01-18(Fri): 国立科学博物館サイトの利用状況

・「科博メールマガジン」第239号(2008-01-10)

http://www.kahaku.go.jp/magazine/backnumber/backnumber.php?id=495

で佐々木正峰さん(国立科学博物館長)が同館サイトの利用状況を紹介している。


当館のホームページの平成18年度の利用状況は、トップページへのアクセス数が193万件、各ページへの総アクセス数が3億1,461万件であり、年々大幅に増加しています。当館が行っている入館者満足度調査によれば、「来館の主なきっかけ」におけるホームページの割合は、平成16年度末の5.9%から平成18年度末には8.4%になっています。ホームページの影響力は、確実に増大しているのです。

2007-10-25(Thu): 奈良女子大学メールマガジンのメルマガ読者1000人キャンペーン

奈良女子大学メールマガジンがメルマガ読者1000人キャンペーンを続けている。

「メルマガ読者1000人キャンペーン」中です。みなさんのお友達で、年賀状にメールアドレスがあれば、是非このマガジンを教えてあげてください!!

2007年10月23日現在は 561人 2グループです。

1000人に到達しましたら、オリジナルグッズ抽選を行います。

最近のメールマガジン事情で1000部到達はかなり高いハードルと思いつつも、応援したい取り組みではある。特に奈良女子大学メールマガジンは、受験生だけを意識した内容に終わっておらず、大学の日常の様子が伝わってくる。大学関係者には他の大学の事情を知り、視野を広げるためにも講読を勧めたい。

・奈良女子大学メールマガジン

http://www.nara-wu.ac.jp/kenkyou/e-magazine/mail_magazine.html

・奈良女子大学

慶應義塾大学、「学問のすゝめ21 メルマガ」を創刊

screenshot

慶應義塾大学が「学問のすゝめ21 メルマガ」を創刊した(2007-09-27)。2008年に創立150年を迎える慶應義塾の記念事業を中心にニュースやインタビューを掲載している。

・「学問のすゝめ21 メルマガ」

http://keio150.jp/mm/

・慶應義塾創立150年記念事業室

http://keio150.jp/

東京都立図書館、メールマガジン「都立図書館通信」を創刊(創刊日不明)

screenshot

東京都立図書館がメールマガジン「都立図書館通信」を創刊したようだ(創刊日不明)。毎月15日に発行する月刊となるようだ。メールマガジンの配信は外部業者に委託しているが、その旨をわかりやすく明記している。

「都立図書館通信」は、プライバシーマーク制度、ISMS認証、国際基準ISO27001等の認証を受けている外部業者の配信システムを使用しております。

2007-08-18(Sat): 欠かさず目を通すメールマガジン?新書ファン

screenshot

出版各社が相次いで新書を刊行しているが、とても新刊情報を追い切れない。そんなときに役立つのが、この「新書ファン」というメールマガジン。

佐賀大学、佐賀大学メールマガジンを創刊(2007-05-10)

screenshot

佐賀大学が佐賀大学メールマガジンを創刊している(2007-05-10)。メールアドレスを登録するだけで誰でも無料で配信を受けられる。

・佐賀大学メールマガジン

http://www.saga-u.ac.jp/mailma/

・佐賀大学メールマガジン創刊号(2007-05-10)

コンテンツ配信