ライブラリー・アカデミー

2009-03-31(Tue): ライブラリー・アカデミー「インターネット時代のライブラリアン2008」の修了者

先日、受講生の満足度調査の結果をお伝えしたが、

後日、前回の2007年度ライブラリー・アカデミーと同様、ご本人の同意が得られた受講生の氏名・所属を明らかにする予定だ。

・「第6回講義?「レファレンス再考」演習」(編集日誌、2009-02-18)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20090220/1235056339

と述べていたように、最後に昨年と同様、ライブラリー・アカデミー「インターネット時代のライブラリアン2008」の修了者を紹介したい。

・「2007年度ライブラリー・アカデミー「インターネット時代のライブラリアン」の修了者」(編集日誌、2008-03-31)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20080331/1206968815

2009-02-18(Wed): 第6回講義?「レファレンス再考」演習

最終回の今回は、

・「ライブラリー・アカデミー第5回講義?「レファレンス再考」」(編集日誌、2009-02-04)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20090205/1233786588

と、その後の課題である

  1. 日々の疑問(知りたくなったこと)を書きとめる。
  2. 他の参加者の疑問(複数が望ましい)に対して、以下の両方から、回答にふさわしいデータを探し、リンク集をつくる。
    1. レファレンス協同データベース
  3. その上で、あなたが考える「これからのレファレンスのあり方」を具体的に述べる。
  4. 上記はいずれも自分のブログで公開する。

を受けての討論。

なお、資料は以下の通り。

・ライブラリー・アカデミー「インターネット時代のライブラリアン2008」第6回「レファレンス再考」演習【PPT】

2009-02-17(Tue): 最終回を控えて?学びの共同体の可能性

約3ヶ月に及ぶライブラリー・アカデミー「インターネット時代のライブラリアン2008」が明日で終わる。

・「ライブラリー・アカデミー「インターネット時代のライブラリアン2008」開講」(編集日誌、2008-12-03)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20081203/1228302837

・「ライブラリー・アカデミー2回目講義」(編集日誌、2008-12-17)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20081218/1229528732

・「ライブラリー・アカデミー3回目講義」(編集日誌、2009-01-07)

2009-02-04(Wed): ライブラリー・アカデミー第5回講義?「レファレンス再考」

f:id:arg:20090205073026j:image:w300

・ライブラリー・アカデミー「インターネット時代のライブラリアン2008」第5回「レファレンス再考」【PPT】

http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/doc/library_academy_5th(20090204).ppt

2009-01-21(Wed): ライブラリー・アカデミー4回目講義「OPAC再考」演習

前回の講義「OPAC再考」を踏まえた討論を実施。

・ライブラリー・アカデミー「インターネット時代のライブラリアン2008」第4回「OPAC再考」演習【PPT】

http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/doc/library_academy_4th(20090121).ppt

なお、ゲストとして、

・Next-L

http://www.next-l.jp/

でご一緒している

2009-01-07(Wed): ライブラリー・アカデミー3回目講義

・「一工夫あるOPAC一覧?ライブラリー・アカデミー第3回の準備を兼ねて」(編集日誌、2009-01-04)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20090104/1231074244

・「一工夫あるOPAC一覧(2)」(編集日誌、2009-01-06)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20090108/1231368480

といった準備と協力を経つつ、第3回の講義を実施。

・ライブラリー・アカデミー「インターネット時代のライブラリアン2008」第3回「OPAC再考」講義【PPT】

2009-01-04(Sun): 一工夫あるOPAC一覧?ライブラリー・アカデミー第3回の準備を兼ねて

今日で年末年始のお休みも終わりという事実に現実感を持てないでいるが、ライブラリー・アカデミー「インターネット時代のライブラリアン2008」の準備。第3回「OPAC再考」は1月7日に実施予定。

さて、「OPAC再考」というテーマなので、一歩でも二歩でも先進的な取り組みをしているOPACを多数紹介したいと思い、以下をリストアップしてみた。なお、リンク先は各図書館サイトのトップにしてある。

・神戸市図書館情報ネットワーク蔵書検索システム - 書影を表示

https://www.lib.city.kobe.jp/opac/

・尚絅学園図書館 - 学生コメントを表示

http://www.shokei-gakuen.ac.jp/library/

・創価大学中央図書館 - 書影、目次へのリンクを設置

2008-12-19(Fri): ライブラリー・アカデミー受講生ブログへの反応

・「ライブラリー・アカデミー2回目講義」(編集日誌、2008-12-17)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20081218/1229528732

で受講生18名のブログを紹介したが、早速いろいろな反応をいただいている。

さて、私はブログの巡回をRSSリーダーで行っているのですが、18件のブログをリーダーに登録するのは手間がかかります。他にもRSSリーダーで巡回されている方は沢山いると思うので、この手間を省くのはブログの講読者数を増やすのに必要だと思います。

そこで、受講生ブログ18件を一度に登録できるように、OPMLファイルを独自に作成してみました。

・「ライブラリー・アカデミー受講生ブログのOPMLを作りました」(図書館情報学を学ぶ、2008-12-19)

2008-12-17(Wed): ライブラリー・アカデミー2回目講義

f:id:arg:20081218003436j:image:w200

開講から2週間を経ての第2回。今回は若干の補講の後、「Web2.0は図書館/ライブラリアンに、どのようなインパクトを与えるのか?」を巡る討論。

・ライブラリー・アカデミー「インターネット時代のライブラリアン2008」第2回「Web2.0再考」演習【PPT】

2008-12-05(Fri): 受講生のブログが続々オープン

12月3日(水)から始まったライブラリー・アカデミー「インターネット時代のライブラリアン2008」だが、受講生にブログ開設の課題を出している。難航するかと思ったが、想像以上に早いペースで続々とブログが開設されている。

受講生のほとんどの方がブログ開設は初めてのはずだが、この迅速さは大したものだと思う。受講生の方々がブログになれてきたところで、ここでまとめて紹介したい。

・「ライブラリー・アカデミー「インターネット時代のライブラリアン2008」開講」(編集日誌、2008-12-03)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20081203/1228302837

コンテンツ配信