ライブラリー・アカデミー

2008-12-03(Wed): ライブラリー・アカデミー「インターネット時代のライブラリアン2008」開講

・「TRCライブラリー・アカデミー第3学期の受講生募集を開始?岡本は「インターネット時代のライブラリアン2008」を担当」(編集日誌、2008-10-18)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20081018/1224290228

で受講生の募集を告げたが、先日募集を〆切り、集まった18名の受講生とのライブラリー・アカデミー「インターネット時代のライブラリアン2008」が開講した。初回第1回のテーマは「Web2.0再考」。以下が講義資料となる。

・ライブラリー・アカデミー「インターネット時代のライブラリアン2008」第1回「Web2.0再考」【PPT】

http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/doc/library_academy_1st(20081203).ppt

2008-10-18(Sat): TRCライブラリー・アカデミー第3学期の受講生募集を開始?岡本は「インターネット時代のライブラリアン2008」を担当

screenshot

図書館流通センター(TRC)が主催するライブラリー・アカデミーの第3学期受講生募集が始ましました。私は「インターネット時代のライブラリアン2008」を担当します。

・「ライブラリー・アカデミー」2008開講のお知らせ

http://www.trc.co.jp/top_info/academy.html

2008-07-28(Mon): TRCライブラリー・アカデミーの第2学期の申し込み始まる

screenshot

・「「スーパー司書」認定も 文科省有識者会議、新資格など提言」(日本経済新聞、2008-07-27)

http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20080727AT1G2504J26072008.html

2008-03-31(Mon): 2007年度ライブラリー・アカデミー「インターネット時代のライブラリアン」の修了者

2007年9月から2007年12月にかけて行った2007年度ライブラリー・アカデミー「インターネット時代のライブラリアン」の修了者18名のうち、ご本人の了解が得られた方々のお名前を紹介したい(敬称略、50音順、括弧内は所属)。

  • 井上梨恵子(お茶の水女子大学図書・情報チーム)
  • 遠藤祐子(越谷市役所)
  • 大場康智(荒川区立尾久図書館)
  • 荻野真理(品川区立品川図書館)
  • 高橋光子
  • 新沼久美
  • 河昶碩(朝鮮大学校)
  • 安竹希光恵

ここにお名前がある方々以外にも11名の修了者がいる。この日誌でも全8回の様子を紹介してきたが、相当ハードな内容だったはずだ。私自身、従来の司書講習や一回限りの研修とは一線を画したかったので、かなり高度な要求をしたと思う。隔週の講義に参加するだけでなく、毎回週末を一回はつぶす必要がある課題をこなし、講義の場でのその内容をコンパクトに発表することを求められる。普段の仕事をしつつ、これだけのリクエストに応えて見事修了した方々を心から讃えたい。

2008-03-13(Thu): 2008年度のTRCライブラリー・アカデミー

screenshot

2007年度に始まった図書館流通センター(TRC)主催のライブラリー・アカデミーが2008年度も開講される。初年度となる2007年度の講師を担当した身としては、継続が決まり一安心。

さて、2008年度は3学期制で各学期4コース、合計12コースが開講される。私自身は第3学期に昨年同様「インターネット時代のライブラリアン」コースを担当させていただく予定だ。なお、第1学期は5月から7月にかけて開講され、すでにコース内容が公開されている。

・2008年度「ライブラリー・アカデミー」開講第1学期受講者募集のお知らせ

2007-12-12(Wed): ライブラリー・アカデミー「インターネット時代のライブラリアン」第8回

最終回の今回は「理想の図書館サイト?その企画とデザイン、そして運営」。

・ライブラリー・アカデミー「インターネット時代のライブラリアン」第8回「理想の図書館サイト?その企画とデザイン、そして運営」【PPT】

http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/doc/library_academy_8th(20071212).ppt

ところで、前回の第7回講義にふれた編集日誌で、

受講生の方々には次回までの課題として、

・「探索:大学図書館の銘」(編集日誌、2007-11-18)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20071120/1195490783

2007-11-28(Wed): ライブラリー・アカデミー「インターネット時代のライブラリアン」第7回

今回は「ウェブリソースの評価(演習)」。

・ライブラリー・アカデミー「インターネット時代のライブラリアン」第7回「ウェブリソースの評価(演習)」【PPT】

http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/doc/library_academy_7th(20071128).ppt

全8回構成のライブラリー・アカデミー「インターネット時代のライブラリアン」も残すところ次回のみとなった。録音テープを残しておくべきだったといまになって思う。

ところで、受講生の方々には次回までの課題として、

・「探索:大学図書館の銘」(編集日誌、2007-11-18)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20071120/1195490783

2007-11-14(Wed): ライブラリー・アカデミー「インターネット時代のライブラリアン」第6回

今回は「インターネットによる情報探索?コミュニティーの活用」。

・ライブラリー・アカデミー「インターネット時代のライブラリアン」第6回「インターネットによる情報探索?コミュニティーの活用」【PPT】

http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/doc/library_academy_6th(20071114).ppt

コミュニティーサイトをみる視角として、

2007-10-31(Wed): ライブラリー・アカデミー「インターネット時代のライブラリアン」第5回

今回は「インターネットによる情報探索?サーチエンジンの利用」。

・ライブラリー・アカデミー「インターネット時代のライブラリアン」第5回「インターネットによる情報探索?サーチエンジンの利用」【PPT】

http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/doc/library_academy_5th(20071031).ppt

検索エンジンの使い方に関する内容だが、技巧的なテクニックの解説にとどめず、獲得すべき考え方を中心にしてみた。また、実際にパッと開いたニュース記事に着想した疑問から、答えを実演式で検索してみた。自信はあったが、当然仕込みなしなので、内心ヒヤヒヤもしつつ……。実演で用いたニュースは、

・「東電、今期最終赤字950億円に・中越沖地震響く」(日本経済新聞、2007-10-31)

2007-10-17(Wed): ライブラリー・アカデミー「インターネット時代のライブラリアン」第4回

ライブラリー・アカデミーでの連続講義「インターネット時代のライブラリアン」の第4回。今回は「図書館サイトの評価(演習)」。

・ライブラリー・アカデミー「インターネット時代のライブラリアン」第4回「図書館サイトの評価(演習)」【PPT】

http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/doc/library_academy_4th(20071017).ppt

過去3回については以下の日誌を参照。

・「ライブラリー・アカデミー「インターネット時代のライブラリアン」第3回」(編集日誌、2007-10-03)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20071003/1191367041

コンテンツ配信