ライブラリー・アカデミー

2007-10-05(Fri): 求む、レビューを希望する図書館サイト

・「ライブラリー・アカデミー「インターネット時代のライブラリアン」第3回」(編集日誌、2007-10-03)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20071003/1191367041

でふれたが、10月17日(水)のライブラリー・アカデミーの第4回では「図書館サイトの評価」と題して演習を行う。20名弱の受講生の方々にグループに分かれて、公共図書館、大学図書館、専門図書館のサイトについてレビューをしてもらう予定だ。そのとき、どの図書館サイトを取り上げるかを考えている。さて、もし自館のサイトを取り上げてほしいというご要望があれば、お知らせいただけないだろうか。必ずレビューの対象とするとは約束できないが、お知らせいただいた場合は最善を尽くしたいと思う。

2007-10-03(Wed): ライブラリー・アカデミー「インターネット時代のライブラリアン」第3回

ライブラリー・アカデミーでの連続講義「インターネット時代のライブラリアン」の第3回。今回は「代替される図書館サービス?ウェブの拡張」。

・ライブラリー・アカデミー「インターネット時代のライブラリアン」第3回「代替される図書館サービス?ウェブの拡張」【PPT】

http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/doc/library_academy_3rd(20071003).ppt

過去2回については以下の日誌を参照。

・「ライブラリー・アカデミー「インターネット時代のライブラリアン」第2回」(編集日誌、2007-09-19)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20070919/1190133686

2007-09-20(Thu): ライブラリー・アカデミーの第1回課題から

昨日のライブラリー・アカデミー第2回では、前回課題とした「勤務している図書館、または関わりの深い図書館の図書館サイトの紹介文を200字以内でまとめる」レポートを受講生の方々に提出していただいた。レポートを拝見するに際して、当然扱われている図書館サイトをすべて訪れたのだが、その際に気づいたことやレポートから教えられたことを記しておこう。

・お茶の水女子大学附属図書館

http://www.lib.ocha.ac.jp/

トップページに新着情報を掲載しているが、そこに

  • 2007/08/28 平成19年度私立大学図書館協会東地区部会企画広報研究分科会の研修会で本学職員が講師を担当
  • 2007/08/22 平成19年度学術ポータル担当者研修で本学職員が講師を担当

といった記事がある。新着情報に図書館員の活動記録が掲載されているのは珍しい。図書館員の活動の可視化という観点でみると、優れたアピールの仕方に思える。

また、

2007-09-19(Wed): ライブラリー・アカデミー「インターネット時代のライブラリアン」第2回

ライブラリー・アカデミーでの連続講義「インターネット時代のライブラリアン」の第2回。今回は「インターネット上の図書館サービス?その実像と課題」。

・ライブラリー・アカデミー「インターネット時代のライブラリアン」第2回「インターネット上の図書館サービス?その実像と課題」【PPT】

http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/doc/library_academy_2nd(20070919).ppt

今回は第1回の課題とした「勤務している図書館、または関わりの深い図書館の図書館サイトの紹介文を200字以内でまとめる」を提出していただいた。当然、紹介対象となった図書館サイトをすべてみたのだが、あらためての発見が数多くあった。むしろ、自分のほうが教わることが多くうれしい。受講生の方々のレポートによって気付かされた点は追って紹介していきたい。

2007-09-05(Wed): ライブラリー・アカデミー「インターネット時代のライブラリアン」第1回

ライブラリー・アカデミー「インターネット時代のライブラリアン」が始まった。第1回は「インターネット時代のライブラリアン?その条件と可能性」。

・ライブラリー・アカデミー「インターネット時代のライブラリアン」第1回「インターネット時代のライブラリアン?その条件と可能性」【PPT】

http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/doc/library_academy_1st(20070905).ppt

受講者は20名。今年度から始まったライブラリー・アカデミーの中でも一番最初の講座ということで主催者である図書館流通センター(TRC)の社長である谷一文子さんからもご挨拶をいただいた。これまでの単発の講演と異なり、三か月の長丁場となる。2万円の受講料を支払い、隔週で水曜日の夜を費やしてくれる受講生の方々の期待に応えたい。

・「ライブラリー・アカデミー」開講のお知らせ(図書館流通センター)

2007-08-03(Fri): 平成19年度公立大学協会図書館協議会研修会で講演

平成19年度公立大学協会図書館協議会研修会で、「公立大学図書館サイト診断?理想の図書館サイトを求めて 地域内連携の視点から」と題して講演。会場は名古屋市立大学附属病院。

・「公立大学図書館サイト診断?理想の図書館サイトを求めて 地域内連携の視点から」【PPT】

http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/doc/pula(20070803).pptx

講演の中で、「地域内連携」という視点でみたときのベストサイトとして、

・都留文科大学附属図書館

http://www.tsuru.ac.jp/~library/lib.htm

・都留市立図書館

2007-07-08(Sun): ライブラリー・アカデミーの受講申し込み開始

・「図書館流通センター(TRC)主催「ライブラリー・アカデミー」で講師を務めます」(編集日誌、2007-05-26)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20070526/1180169143

でご案内した図書館流通センター(TRC)主催「ライブラリー・アカデミー」の受講申し込みが始まりました。

・「ライブラリー・アカデミー」受講申込み受付を開始します

http://www.trc.co.jp/top_info/academy_application.html

私も「インターネット時代のライブラリアン」の講師を担当します。少人数でのセミナー形式で互いに刺激を受けながら進めていきたいと思っています。なお、各回の構成は以下の通りです(予定)。

2007-05-26(Sat): 図書館流通センター(TRC)主催「ライブラリー・アカデミー」で講師を務めます

まだ先の話になりますが、株式会社図書館流通センター(TRC)が新たに開講する「ライブラリー・アカデミー」で講師を務めることになりました。

・「「ライブラリー・アカデミー」開講のお知らせ」(図書館流通センター(TRC)、2007-05-16)

http://www.trc.co.jp/top_info/070516_academy.html

「法情報提供のプロを目指す」「MARCを使いこなす」など、様々なテーマで学習コースが開講されますが、私は「インターネット時代のライブラリアン」というテーマを担当します。時期は2007年9月から12月まで隔週水曜日全8回の予定(9/5、9/19、10/3、10/17、10/31、11/14、11/28、12/12)。

現時点では各回の構成を以下のように考えています。

コンテンツ配信