団体

8月15日と南原繁を語る会、サイトを公開

8月15日と南原繁を語る会のサイトが公開された(2006-07-21)。8月15日に東京大学で開催される同会の参加者を募集しているほか、立花隆ら、会の参加者のメッセージを掲載している。

・8月15日と南原繁を語る会

http://www.nanbara.net/

国立大学法人博物館等協議会、サイトを公開

国立大学法人博物館等協議会がサイトを公開している(公開日不明)。同協議会はその名の通り、国立大学法人が持つ博物館系の施設で組織されているようで、現在オブザーバーを含め37施設が加盟している。

・国立大学法人博物館等協議会

http://museum-sv.museum.hokudai.ac.jp/kyougikai/index.html

大学図書館近畿イニシアティブ、サイトを公開

大学図書館近畿イニシアティブ(近畿イニシア)がサイトを公開した(2005-11-01)。大学図書館近畿イニシアティブは近畿地方の大学図書館の協力組織として設立され(2005-06-21)、国立大学図書館協会近畿地区協会、公立大学協会図書館協議会近畿地区協議会、私立大学図書館協会西地区部会阪神地区協議会、私立大学図書館協会西地区部会京都地区協議会の4つの組織によって構成されている。すでに図書館職員の初任者研修を実施するなど、相互協力に力を発揮しつつあるようだ。大学間での協力体制を築きつつ、同時に大学外の意見に耳を傾け、日々の業務に反映していく開かれた組織へと育っていってほしい。

・大学図書館近畿イニシアティブ

http://wwwsoc.nii.ac.jp/initia/

丸山眞男手帖の会、サイトを公開

丸山眞男手帖の会のサイトが公開された(2005-08-01)。同会は、丸山眞男の没後まもなく設立され、1997年4月に季刊誌「丸山眞男手帖」を創刊し、以来発行を継続している。サイトでは、年譜や「丸山眞男手帖」の総目次、同誌に掲載された没後文献資料目録を公開している。

・丸山眞男手帖の会

http://members3.jcom.home.ne.jp/mm-techo.no_kai/

京都・宗教系大学院連合、サイトを公開

京都・宗教系大学院連合が設立され(2005-07-31)、サイトが公開された(2005-09-06)。同連合は、大谷大学大学院文学研究科、高野山大学大学院文学研究科、種智院大学仏教学部、同志社大学大学院神学研究科、佛教大学大学院文学研究科、龍谷大学大学院文学研究科で構成されている。

・京都・宗教系大学院連合

http://www.kgurs.jp/

東京MOT6大学連合、サイトを公開

東京MOT6大学連合のサイトが公開された(2005-08-19)。MOTは、Management of Technologyを略したもので、一般には技術経営と訳されることが多く、財団法人社会経済生産性本部技術経営研究センター(TiM Japan)によれば、「技術を事業の核とする企業・組織が次世代の事業を継続的に創出し、持続的発展をするための経営」とされる。近年、日本では経済産業省や文部科学省を普及に取り組んでいる。今回、設立された連合は、MOTの普及と教育プログラムの開発を目的としたもので、技術経営の専門職養成大学院を抱える芝浦工業大学、東京工業大学、東京農工大学、東京理科大学、日本工業大学、早稲田大学の計6校で構成している。なお、同種の大学院は関東以外でも立命館大学や北陸先端科学技術大学院大学、山口大学が開設しており、全国的な広がりを見せている。

・東京MOT6大学連合

http://motjapan.org/

・東京MOT6大学連合大学紹介

デジタルアーカイブ推進協議会(JDAA)、解散

デジタルアーカイブ推進協議会(JDAA)が解散し、サイトも閉鎖された(2005-06-30)。ただし、同協議会のサイトの一部はデジタルコンテンツ協会のサイト内で、デジタルアーカイブ推進協議会(JDAA)関連情報として引き続き公開されている。今回の対応は、すべてのデータがなくなるよりはましだ。しかし、デジタルアーカイブの推進団体としては、一部の情報を残すだけでよかっただろうか。協議会のサイトのすべてを保存すべきではなかったか。

・デジタルアーカイブ推進協議会

http://www.jdaa.gr.jp/

・デジタルアーカイブ推進協議会(JDAA)関連情報

http://www.dcaj.org/jdaa/

・デジタルコンテンツ協会

http://www.dcaj.org/

日韓文化交流基金が、日韓歴史共同研究報告書を公開

財団法人日韓文化交流基金が、日韓歴史共同研究報告書を公開した(2005-06-10)。これは、日韓歴史共同研究委員会が2002年5月から3年間に渡って行った共同研究の成果で、研究委員名簿を含め、すべての資料が日韓両語で公開されている。なお、報告書としての刊行も準備されているという。

・日韓歴史共同研究報告書

http://www.jkcf.or.jp/history/

・財団法人日韓文化交流基金

http://www.jkcf.or.jp/

ハンセン病図書館友の会サイトを公開

ハンセン病図書館友の会のサイトが公開されている(公開日不明)。友の会は、国立療養所多磨全生園にあるハンセン病図書館の活動を支援する組織で、このサイトでは、全国のハンセン病患者・元患者の作品集の書誌を検索できる。

・ハンセン病図書館友の会

http://www.tenro.net/lib_hansen/

・国立療養所多磨全生園

http://www.hosp.go.jp/~zenshoen/

2005-06-27(Mon):

日本教育大学協会という組織を発見。教員養成系学部を持つ国立の総合大学と単科大学で構成しているようだ。大学院での教員養成構想が語られているだけに、今後注目されていくのだろう。

・日本教育大学協会

http://www.u-gakugei.ac.jp/~jaue/

コンテンツ配信