図書館見学

2010-02-28(Sun): 引き続き、情報信憑性検証技術プロジェクトの第4回進捗報告に参加し、洲本市立洲本図書館を見学

前日に引き続き昼まで、

・情報通信研究機構 委託研究「電気通信サービスにおける情報信憑性検証技術に関する研究開発」「課題ア Webコンテンツ分析技術」プロジェクト

http://www.dl.kuis.kyoto-u.ac.jp/i-believe/

に参加。その後は路線バスに揺られること1時間。淡路島の中央部にある洲本市へ。前から気になっていた洲本市立洲本図書館を訪れた。

・洲本市立洲本図書館

http://www.library.city.sumoto.hyogo.jp/index2.html

・洲本市立図書館

2010-02-27(Sat): 淡路市立図書館東浦図書館を訪れ、情報信憑性検証技術プロジェクトの第4回進捗報告に参加

f:id:arg:20100228084112j:image:w300

前日の豪雨はどこへいったのやらと思う快晴の下、浜松を出て一路淡路島へ。基本的な目的は、京都大学情報学研究科の非常勤研究員として参加している

・情報通信研究機構 委託研究「電気通信サービスにおける情報信憑性検証技術に関する研究開発」「課題ア Webコンテンツ分析技術」プロジェクト

2009-12-25(Fri): LASDEC共同調査研究「デジタル時代における住民参加型の検索システムの設計に関する調査研究」に参加し、吹田市立中央図書館を見学

・地方自治情報センター(LASDEC)

http://www.lasdec.nippon-net.ne.jp/

の共同調査研究として、吹田市、豊中市、池田市、高槻市が取り組む「デジタル時代における住民参加型の検索システムの設計に関する調査研究」にお招きいただき大阪に日帰り出張。

・共同調査研究「デジタル時代における住民参加型の検索システムの設計に関する調査研究」

http://www.lasdec.nippon-net.ne.jp/cms/9,11808,25.html

今年度いっぱいの共同調査研究ということだが、年明け以降も予定が調整できる限り参加する見込みだ。

さて、この会の始る前に、例によって図書館アポなし見学ということで、吹田市立中央図書館に行ってみた。

・吹田市立図書館

2009-12-01(Tue): 地域資料が充実した下田市立図書館

所用で一昨日から下田市を訪れている。今日は電車待ちの短時間ではあるが、下田市立図書館を見学してきた。

2009-11-29(Sun): 浜松市立中央図書館、静岡大学附属図書館浜松分館、浜松市立城北図書館、浜松市立中央図書館駅前分室を見学

前夜に浜松に着き、今日は朝から浜松市内で主に図書館巡り。

今回訪れたのは、訪問順で言うと、

・浜松市立中央図書館

http://www.city.hamamatsu.shizuoka.jp/lifeindex/study/library/access/chuo.htm

・静岡大学附属図書館浜松分館

http://www.lib.shizuoka.ac.jp/riyo/?kannnai_bunkan

・浜松市立城北図書館

2009-11-28(Sat): 京都産業大学図書館を見学し、情報信憑性検証技術プロジェクトの進捗報告会に参加

大阪を発ち、次は京都へ。紅葉見物の観光客でごった返す京都駅を早々に脱出して、一路北山の京都産業大学へ。

時間に余裕があったので、京都産業大学図書館を見学してみた。

f:id:arg:20091128123914j:image:w300

・京都産業大学図書館

http://www.kyoto-su.ac.jp/lib/

印象的だったのは3点。

1つは学習環境が非常に整っていること。

2009-11-26(Thu): 万博記念公園に大阪府立国際児童文学館を訪問

京都で行われる予定だった会議が一日順延になったので、今日はオフといえばオフな一日。せっかく大阪に来ているので、念願だった大阪府立国際児童文学館を訪ねてみた。

f:id:arg:20091126111447j:image:w300

まずは、

・万博公園

http://park.expo70.or.jp/

で、岡本太郎の太陽の塔を拝見。

2009-10-08(Thu): インフォ・スペシャリスト交流会第59回研究会での講演と、岡山市デジタルミュージアム、岡山市立幸町図書館の見学

もう昨日のことだが、大阪科学技術センタービルで開催されたIS Forum インフォ・スペシャリスト交流会第59回研究会で、「リアルネットワーキング時代のソーシャル系サービス活用法?ソーシャルグラフとリアルタイムコミュニケーション」と題して講演させていただいた。

・IS Forum インフォ・スペシャリスト交流会

http://www.isforum.jp/

・「リアルネットワーキング時代のソーシャル系サービス活用法?ソーシャルグラフとリアルタイムコミュニケーション」

http://www.slideshare.net/arg_editor/isforum59th20091007

この会は関西地域の情報職にある方で構成されており、実は2年半前の第52回研究会でも「Web2.0時代の「情報検索」?Web2.0が投げかける課題と可能性」と題して話させていただいている。