国立公文書館

国立公文書館アジア歴史資料センター、インターネット特別展「『写真週報』にみる昭和の世相」を一部公開

国立公文書館が運営するアジア歴史資料センターがインターネット特別展「『写真週報』にみる昭和の世相」を一部公開した(2007-03-19)。アジア歴史資料センターによるインターネット特別展は、

  1. 日露戦争特別展 ?公文書に見る日露戦争(2004-02-09?)
  2. 公文書に見る岩倉使節団 ?智識ヲ世界ニ求メ(2004-12-23?)
  3. 公文書に見る日米交渉 ?開戦への経緯(2005-12-08?)

に次いで4つ目となる。今回の特別展では1938年から1945年まで発行された週刊グラフ誌「写真週報」が特集される。370冊発行された「写真週報」のうち国立公文書館が所蔵する351冊は、すでにアジア歴史資料センターのサイトで閲覧できるようになっている。「写真週報」は内閣情報部(後に内閣情報局)が刊行したもので、政府の広報宣伝媒体の一つという性格を持っており、今回の特別展では、このような媒体の性格を踏まえたうえで、

2007-03-27(Tue): 国立公文書館がリニューアル予定を事前告知

国立公文書館がリニューアル予定を事前告知している。主な変更点を挙げ、新たなトップページのデザインが公開されている。事前のリニューアル告知は珍しい。

ところで、国立公文書館はこれまで何度かサイトのリニューアルを行っているが、過去のサイトを保存してきていない。国立公文書館は保存を旨としたアーカイブである。ぜひ、今回こそ過去のサイトを保存し、利用できるようにしてほしい。

・国立公文書館 - ホームページリニューアルのご案内

http://www.archives.go.jp/news/hp_renewal.html

・国立公文書館

http://www.archives.go.jp/

・過去の国立公文書館サイト

国立公文書館、歴史公文書探究サイト「ぶん蔵」を公開

国立公文書館が歴史公文書に関する啓発や知識の普及を目的とした歴史公文書探究サイト「ぶん蔵」を公開した(2006-07-03)。キャラクターとの対話をふんだんにとりいれるなど、子ども向けサイトという印象を持つが、国立公文書館としては歴史公文書になじみのない一般層も対象に含めている。同館が掲げるサイトの目的は以下の通り。

「歴史公文書」を知らない一般の利用者のかたがたの関心を引くサイト

「歴史公文書」についてのあらゆる情報や知識を得ることが出来るサイト

一般利用者が楽しみながら「歴史公文書」や所蔵機関について学ぶことが出来るサイト

なお、このサイトの公開は同館をはじめ複数の機関で構成する歴史公文書等所在情報ネットワーク検討連絡会議によって進められている。近年、アーカイブスの重要性が認識されつつあるが、「ぶん蔵」の登場はその流れの一環であり、同時にその流れを補うものといえるだろう。

・ぶん蔵

http://www.bunzo.jp/

国立公文書館、アジア歴史資料センター・モニターアンケートの集計結果を公開

国立公文書館アジア歴史資料センターが2005年度のモニターアンケートの集計結果を公開した(2006-05-09)。集計概要と集計グラフが公開されている。アンケートは同センターにモニター登録している304人を対象にして2月に行われ、163人からの回答を得ている(回収率53.6%)。回答のなかで印象的なのは、キーワード検索の充実を求める声だろうか。ちなみに、この調査は2001年度から続けられており、6年間継続していることになる。アンケートの分析には過去6年間での評価の推移がわかるよう、経年的な観点を盛り込んでほしい。

・モニターアンケート集計結果概要(平成17年度)

http://www.jacar.go.jp/monitor/17a.html

・モニターアンケートモニターアンケート集計グラフ

http://www.jacar.go.jp/monitor/17b.html

東京学芸大学附属図書館、貴重資料約130点の画像を追加

東京学芸大学附属図書館は「望月文庫」や「日本近代教育史資料」の往来物(平安末期から明治初期にかけての一種の教科書)の電子化を進めているが、今回ここに約130点の画像を追加した(2006-04-19)。今回の新規追加によって、電子化されている貴重資料は約1400点(モノクロ約900点、カラー約500点)になったという。

さて、このニュースで特にすばらしいのが、同図書館が「追加分一覧」として、新たに公開した資料を逐一紹介していることだ。「貴重資料約130点の全文画像を追加しました!」というページをみるとわかるように、130点すべてについて、その書誌と画像へのリンクを提供している。この一工夫を心から讃えたい。

国立公文書館、デジタルアーカイブに新たな資料を追加(2006-04-01)

国立公文書館がデジタルアーカイブに新たな資料を追加した(2006-04-01)。

・国立公文書館デジタルアーカイブ

・国立公文書館

http://www.digital.archives.go.jp/news/

国立公文書館、国際公文書館会議「アーカイブズの観点から見る電子記録管理ガイド」(ICA報告書8)の日本語版を公開

国立公文書館が国際公文書館会議「アーカイブズの観点から見る電子記録管理ガイド」(ICA報告書8)の日本語版を公開した(公開日不明)。

・「アーカイブズの観点から見る電子記録管理ガイド」(ICA報告書8)日本語版

http://www.archives.go.jp/news/060130.html

・国立公文書館

http://www.archives.go.jp/

アジア歴史資料センター、「公文書に見る日米交渉?開戦への経緯?」特別展を公開

国立公文書館が運営するアジア歴史資料センターが「公文書に見る日米交渉?開戦への経緯?」特別展を公開した(2005-12-08)。1941年12月8日の日米開戦に至るまでの日米両国の外交努力の足跡を史料とともに紹介している。交渉にあたった日米両国の主要人物の紹介や開戦までの詳細な年表がまとめられている。年表からは関連史料へのリンクが設けられており、同センターが所蔵する史料を閲覧できる。特に対米戦争を決定した1941年12月1日の第8回御前会議の記録は、この特別展ならではの貴重な史料である。なお、史料の閲覧には、DjVuブラウザプラグインが必要となる。アジア歴史資料センターの特別展は、これまでも未完成のままであっても先行して公開した後に徐々に完成形態に近づける、あるいは利用者のアンケートを熱心に行なうなど、公共の機関としては非常にフットワークがよく、今回の特別展もその流れを受け継いでいる。さらに今回はサイトの文字の大きさを変更できる仕組みを取り入れており、様々な年代の利用者への配慮を徹底していることがうかがえる。

・「公文書に見る日米交渉?開戦への経緯?」特別展

アジア歴史資料センター、横断検索(Z39.50)テスト版を公開

アジア歴史資料センターが、横断検索(Z39.50)テスト版を公開した(2005-09-06)。アジア歴史資料センターと国立公文書館の資料検索、国立情報学研究所のNACSIS-CATを横断して検索できる。

・横断検索(Z39.50)テスト版

http://www.jacar.go.jp/operate/japanese/search_z3950.html

・アジア歴史資料センター

http://www.jacar.go.jp/

アジア歴史資料センター、「戦後60年にあたって ?終戦に関する当センター公開資料の一部参考例のご紹介?」を公開

国立公文書館のアジア歴史資料センターが、「戦後60年にあたって ?終戦に関する当センター公開資料の一部参考例のご紹介?」を公開した(2005-08-15)。今回、新たに公開された資料はなく、あくまですでに公開されている資料を「終戦」という観点でピックアップしたようだ。ポツダム宣言や降伏文書、終戦の詔書や、いわゆる天皇の「人間宣言」の詔書といった政治・外交史上の重要資料と、「隣組」等に関する資料や戦時中の食糧問題に関する資料といった当時の国民生活を伝える重要資料がバランスよく紹介されている。新たな資料の公開も重要だが、すでにある資料をあらためて紹介することも同じくらい、いやそれ以上に重要である。終戦記念日という話題性を意識し、「終戦」という観点からの資料閲覧を勧める非常に優れた提案といえるだろう。

・戦後60年にあたって ?終戦に関する当センター公開資料の一部参考例のご紹介?

http://www.jacar.go.jp/shusen/shusen.htm

・アジア歴史資料センター

コンテンツ配信