国立国語研究所

国立国語研究所、KOTONOHA「現代日本語書き言葉均衡コーパス」検索デモンストレーションを拡張(2008-03-14)

screenshot

国立国語研究所がKOTONOHA「現代日本語書き言葉均衡コーパス」検索デモンストレーションを従来の1000万語から2200万語へと大幅に拡張した(2008-03-14)。

・KOTONOHA「現代日本語書き言葉均衡コーパス」検索デモンストレーション

http://www.kotonoha.gr.jp/demo/

・国立国語研究所

独立行政法人国立国語研究所、「日本語書き言葉コーパスの構築」の研究補佐員を募集

独立行政法人国立国語研究所が「日本語書き言葉コーパスの構築」の研究補佐員を募集している。

職務内容は、

「代表性を有する大規模日本語書き言葉コーパスの構築」事業において、コーパス採録データの著作権処理に関する研究補助作業。具体的には、著作権者の調査・特定,著作権者への連絡(電話連絡含む)、パソコン操作(WORD、EXCEL、ACCESS、インターネット検索等)、資料作成・整理等。

とある。

雇用形態は1年契約の任期制職員。締切は7月20日。

・国立国語研究所 - 非正規職員(研究職)の募集

http://www.kokken.go.jp/katsudo/recruit/

・「国立国語研究所、代表性を有する大規模日本語書き言葉コーパスの構築:21世紀の日本語研究の基盤整備(日本語コーパス)を公開」(新着・新発見リソース、2006-10-17)

国立国語研究所、「公共媒体の外来語?「外来語」言い換え提案を支える調査研究?」を公開(2007-06-13)

国立国語研究所が「公共媒体の外来語?「外来語」言い換え提案を支える調査研究?」を公開(国立国語研究所報告126)を公開した(2007-06-13)。これは話題と論議を呼んだ「外来語」言い換え提案の基盤となった研究をまとめたもので、2007年3月31日に刊行された研究報告を電子化している。目次は以下の通り。

国立国語研究所、KOTONOHA「現代日本語書き言葉均衡コーパス」検索デモンストレーションを公開(2007-05-28)

国立国語研究所がKOTONOHA「現代日本語書き言葉均衡コーパス」検索デモンストレーションを公開した(2007-05-28)。これは国立国語研究所による言語コーパス整備計画KOTONOHAと、特定領域研究「代表性を有する大規模日本語書き言葉コーパスの構築:21世紀の日本語研究の基盤整備」(「日本語コーパス」)が共同で開発している「現代日本語書き言葉均衡コーパス」のデモンストレーション版で、政府刊行白書とYahoo! JAPANが提供する知識検索サービス「Yahoo!知恵袋」から無作為抽出されたそれぞれ500万語、合計1000万語を検索できる。

・KOTONOHA「現代日本語書き言葉均衡コーパス」検索デモンストレーション

http://www.kotonoha.gr.jp/demo/

・「「大規模書き言葉コーパスのオンライン試験公開?KOTONOHA「現代日本語書き言葉均衡コーパス」?」(国立国語研究所、2007-05-28)

国立国語研究所、サイトをリニューアル

国立国語研究所がサイトをリニューアルした(2007-05-07)。リニューアルにあたっては、

  • 利用しやすさ,使い勝手のよさの向上
  • Web標準規格への対応:Webアクセシビリティ(利用しやすさ)に留意
  • 探しやすい情報の提示:コンテンツ(情報内容)の再構成とメニュー表示
  • 提供するコンテンツの拡充

を考慮したという。文字サイズの切り替えやRSSの配信が追加されているほか、国立国語研究所情報セキュリティポリシーの公開が目新しい。

・国立国語研究所

http://www.kokken.go.jp/

・国立国語研究所の過去のサイト

http://web.archive.org/web/*/http://www.kokken.go.jp/

・国立国語研究所 - ヘルプ

国立国語研究所、ことばに関する新聞記事見出しデータベースにデータを追加(2007-03-27)

国立国語研究所が「ことばに関する新聞記事見出しデータベース」に2005年のデータを追加した(2007-03-27)。このデータベースの詳細検索機能で2005年の記事を探してみると3813件の記事がみつかる。今回追加されたのは、約4000件に及ぶこれらのデータのようだ。

・ことばに関する新聞記事見出しデータベース

http://www.kokken.go.jp/katsudo/kenkyu_jyo/sinbun/

・国立国語研究所

http://www.kokken.go.jp/

国立国語研究所、「日本語ブックレット2005」を公開(2007-03-28)

国立国語研究所が「日本語ブックレット2005」を公開した(2007-03-28)。「日本語ブックレット」は一年分の日本語の動向を書籍や雑誌、新聞記事等に基づいてまとめたもので、2003年度から始まっている。内容は二部構成となっており、第一部は各メディアにおける日本語の動向をまとめ、第二部は文献目録を収めている。参照しやすいhtml形式で公開されているのが好印象だが、印刷やデータ処理といった利用方法を考慮して、ブックレットをまるごとPDF版でも提供しているほか、第二部の文献目録はタブ区切りテキスト(TSV)やエクセルの形式でも提供されている。

・日本語ブックレット2005

http://www.kokken.go.jp/katsudo/kanko/nihongo_bt/

・国立国語研究所

http://www.kokken.go.jp/

国立国語研究所、教科書コーパスの作成を担う研究補佐員を募集

国立国語研究所が文部科学省特定領域研究「代表性を有する大規模日本語書き言葉コーパスの構築:21世紀の日本語研究の基盤整備」の一環として教科書コーパスの作成を担う研究補佐員を募集している。任期は約1年。応募締切は2007年4月25日。

・国立国語研究所研究補佐員の募集について

http://www.kokken.go.jp/oshirase/kenkyuin/070330hosa.html

・国立国語研究所

http://www.kokken.go.jp/

・文部科学省特定領域研究「代表性を有する大規模日本語書き言葉コーパスの構築:21世紀の日本語研究の基盤整備」

http://www.tokuteicorpus.jp/

国立国語研究所、代表性を有する大規模日本語書き言葉コーパスの構築:21世紀の日本語研究の基盤整備(日本語コーパス)を公開(2006-09-01)

国立国語研究所が代表性を有する大規模日本語書き言葉コーパスの構築:21世紀の日本語研究の基盤整備(日本語コーパス)を公開した(2006-09-01)。科学研究費補助金の特定領域研究として行われるこの事業は2006年度から2010年度までの5年間を目途としており、

  1. 現代日本語のコーパス言語学的研究の基盤を整備するために、大規模な現代日本語書き言葉コーパスを構築すること
  2. 構築途上のコーパスを様々な領域で利用することによってコーパス日本語学の可能性を探り、同時に構築中のコーパスを評価すること

「本領域のめざすもの」

http://www.tokuteicorpus.jp/outline/index.html#01

を目標としている。かつてない大規模なプロジェクトであり、実に様々な分野の研究者が集っている。

国立国語研究所、近代女性雑誌コーパスのページを公開

国立国語研究所が「言語データベースとソフトウェア」で近代女性雑誌コーパスのページを公開した(2006-07-07)。近代女性雑誌コーパスは、明治・大正年間に発行された女性誌である「女学雑誌」(女学雑誌社)、「女学世界」(博文館)、「婦人倶楽部」(講談社)を素材にしたもので、約210万字で構成されている。

コンテンツ配信