執筆・講演

2018-07-12(Thu): 京都女子大学図書館司書・学校図書館学講座「図書館情報技術論」でゲスト講義

桂まに子さんにお声がけいただき、京都女子大学図書館司書・学校図書館学講座「図書館情報技術論」でゲスト講義をしました。

・biblog.net
http://biblog.net/

実はこの講義、先日の大阪地震の日に行う予定だったのですが、あの状況のため大学全体で休講になったため、科目と曜日、そして内容を少し変えての実施となりました。

本当は一泊したいところですが、明日は明日で都内の某区でサービスデザイン研修の初回があり、泣く泣く日帰りです。

★アカデミック・リソース・ガイド株式会社の新たなコーポレートサイト誕生★
-私たちが考える未来の図書館とは?“OUR LIFE LIBRARY“を体感しよう
http://arg-corp.jp/

LRG

★-図書館の未来がわかる、新しいライブラリーマガジン!

・[特集]「図書館100連発 第5弾!」(ふじたまさえ)

・[連載]猪谷千香の図書館エスノグラフィー 第9回「気仙沼図書館 震災前の歴史を大切にした、みんなの居場所」

・[連載]伊藤大貴の視点・論点 第1回「テクノロジーが推進する地方分権、鍵は教育環境」

・[司書名鑑]有山裕美子(工学院大学附属中学校・高等学校 国語科教諭・司書教諭)

・[連載]「かたつむりは電子図書館の夢をみるか LRG編-「図書館の中で、人は書架のどこをよく見るのか?」(佐藤翔)

・[連載]「島ではじめる未来の図書館-西ノ島・新図書館建設プロジェクト-『人』という資源」(田中輝美)

-販売ページ: https://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/
-公式Facebook: https://www.facebook.com/LRGjp

2018-06-24(Sun): saveMLAK報告会2018~社会教育・文化施設の救援・復興支援~で話す

朝から企画書関係を2本。しかし、まだ追いつかないですね。ちょっとどこで巻き返すかを考えないといけません。

午後は

・saveMLAK報告会2018~社会教育・文化施設の救援・復興支援~
http://savemlak.jp/wiki/saveMLAK:Event/20180624
https://www.facebook.com/events/1998148050513291/

に参加し、「東北各地の『いま』-図書館復興を中心に」というテーマで少し話しました。

公私両面にさまざまな活動がありますが、この取り組みは息長く続けていこうと思っています。そして、いずれかのタイミングで来し方を本にまとめたいですね。

*

LRG

★-図書館の未来がわかる、新しいライブラリーマガジン!

・[特集]「図書館100連発 第5弾!」(ふじたまさえ)

・[連載]猪谷千香の図書館エスノグラフィー 第9回「気仙沼図書館 震災前の歴史を大切にした、みんなの居場所」

・[連載]伊藤大貴の視点・論点 第1回「テクノロジーが推進する地方分権、鍵は教育環境」

・[司書名鑑]有山裕美子(工学院大学附属中学校・高等学校 国語科教諭・司書教諭)

・[連載]「かたつむりは電子図書館の夢をみるか LRG編-「図書館の中で、人は書架のどこをよく見るのか?」(佐藤翔)

・[連載]「島ではじめる未来の図書館-西ノ島・新図書館建設プロジェクト-『人』という資源」(田中輝美)

-販売ページ: https://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/
-公式Facebook: https://www.facebook.com/LRGjp

2018-06-22(Fri): すかがわtalk vol.8「tetteと須賀川のこれからを考える」で話す

帰ってきたばかりですが、出張が続きます。今日は福島・須賀川へ。別件の会議をいくつかした後、

・すかがわtalk vol.8「tetteと須賀川のこれからを考える」
https://www.facebook.com/events/1784484554965649/

で話しました。竣工・落成も近づいてきています。

話しながら考えたことのメモ。

・「施設の融合には、関わる人々の心が融合しないと起こらない。そして、心の融合は本音のやりとりを経ない限り、起こらない」。

・「多様性は融合しなければ多様性ではない」。

*

LRG

★-図書館の未来がわかる、新しいライブラリーマガジン!

・[特集]「図書館100連発 第5弾!」(ふじたまさえ)

・[連載]猪谷千香の図書館エスノグラフィー 第9回「気仙沼図書館 震災前の歴史を大切にした、みんなの居場所」

・[連載]伊藤大貴の視点・論点 第1回「テクノロジーが推進する地方分権、鍵は教育環境」

・[司書名鑑]有山裕美子(工学院大学附属中学校・高等学校 国語科教諭・司書教諭)

・[連載]「かたつむりは電子図書館の夢をみるか LRG編-「図書館の中で、人は書架のどこをよく見るのか?」(佐藤翔)

・[連載]「島ではじめる未来の図書館-西ノ島・新図書館建設プロジェクト-『人』という資源」(田中輝美)

-販売ページ: https://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/
-公式Facebook: https://www.facebook.com/LRGjp

2018-06-17(Sun): 新図書館オープン記念・県立川崎図書館の未来シンポジウム「県立川崎図書館をものづくり・科学人材の育成拠点に」を開催

神奈川の県立図書館を考える会として、

・新図書館オープン記念・県立川崎図書館の未来シンポジウム「県立川崎図書館をものづくり・科学人材の育成拠点に」
https://www.facebook.com/events/1862514920490609/

を開催しました。今回はイベントの企画・実施では大して貢献しておらず、第2部のパネルディスカッション「図書館の未来と県立川崎図書館」で進行を担当しました。

私自身、この機会にこそ言っておかなければいけないということをはっきりと言葉にできてなによりでした。ご登壇・ご参加のみなさま、そして開催事務にあたってくださった方々に感謝。

さて、残念ながら神奈川県立図書館の現職者でFacebookをやっている方はいなさそうなので、ここにFacebookに書いたことを転記しておきます。

>>
1.組織自体の存亡の危機や自身の職の安定性に立たされても、外に顔が見えない状態の県の専門職司書はさすがに見放されてもいいレベルである

2.次に同じことが起きたとき、また周辺が立ち上がってくれるとは限らない。正直、今回は運がよかった。関係者のタイミングがたまたまあった(ただ、そのタイミングを生み出したのは、日ごろからのネットワーキング)

3.ここで一新して「平時からの備え」に強くなるよう個人的にも・組織的にも本気で努力してほしい。できない言い訳を探すより「できる」と思って一歩踏み出そう。結局、「やるやつはすぐにやる」ということ。

正直、私自身の場合、神奈川の県立図書館を考える会の活動はたまたまできたとしか言いようがない。もちろん意思はあった。が、仮にいま同じことが起きた場合、私はこれ以上、市民活動にわが身を避けないのだな。私一人であればどうということもないはずだし、そういう組織の力をつくってきたつもりだけれど、他の方々もなんらかの理由で同様に動けないかもしれない。できる限り尽力するけれど、最後は「なかのひと」の意志と行動がすべてなんですな。

しかし、それにつけても県立図書館の現職者が挨拶・登壇等があった幹部の一部を除けば、一人も会場に姿を現さなかったことは残念(県立高校図書室の司書は別格)。
<<

★アカデミック・リソース・ガイド株式会社の新たなコーポレートサイト誕生★
-私たちが考える未来の図書館とは?“OUR LIFE LIBRARY“を体感しよう
http://arg-corp.jp/

1281695255_p

★-図書館の未来がわかる、新しいライブラリーマガジン!

[特集]「図書館とコミュニティ」
 ・はじめに「これからの図書館を、未来から構想するために」(平賀研也)
 ・特別収録 長野県図書館大会第一分科会「公共図書館の可能性~図書館を通した公共圏・コミュニティづくり~」(鈴木均×嶋田学×手塚美希×平賀研也)
 ・往復書簡「図書館の中の物語」(嶋田学)、「私たちの図書館とものがたり」(鈴木均)
 ・おわりに「図書館とコミュニティを再度問う」(鈴木均)

・[特別寄稿]「未来の図書館、はじめませんか?基礎実践編β」【後編】(岡本真)

・[司書名鑑]岡部晋典(博士(図書館情報学))

・[連載]音声データぶん取り合戦「主役が大きく交代したCESに見るIoT時代のこれから」(伊東大貴)

・[連載]「かたつむりは電子図書館の夢をみるか LRG編-「条例Webアーカイブデータベースを使って「図書館」について調べてみよう」」(佐藤翔)

・[連載]「島ではじめる未来の図書館-西ノ島・新図書館建設プロジェクト-「コレクションづくり」」(田中輝美)

-販売ページ: https://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/
-公式Facebook: https://www.facebook.com/LRGjp

2018-06-10(Sun): 信州発・これからの図書館フォーラム第16弾で小諸へ

信州発・これからの図書館フォーラム第16弾 in 小諸「“わたしたちの図書館”をめざして」第1回「今だからこそ、図書館運営のあり方を考えよう-全国の事例を知り、ジブンゴトに置きかえてみる-」
(於・長野県/小諸市市民交流センター)
http://www.library.pref.nagano.jp/futurelibnagano_180610

で講演しました。自分自身でも気になっている「市民営」を軸とした公民連携について話ができてなによりでした。夜は長野の方々と楽しいひととき。

★アカデミック・リソース・ガイド株式会社の新たなコーポレートサイト誕生★
-私たちが考える未来の図書館とは?“OUR LIFE LIBRARY“を体感しよう
http://arg-corp.jp/

1281695255_p

★-図書館の未来がわかる、新しいライブラリーマガジン!

[特集]「図書館とコミュニティ」
 ・はじめに「これからの図書館を、未来から構想するために」(平賀研也)
 ・特別収録 長野県図書館大会第一分科会「公共図書館の可能性~図書館を通した公共圏・コミュニティづくり~」(鈴木均×嶋田学×手塚美希×平賀研也)
 ・往復書簡「図書館の中の物語」(嶋田学)、「私たちの図書館とものがたり」(鈴木均)
 ・おわりに「図書館とコミュニティを再度問う」(鈴木均)

・[特別寄稿]「未来の図書館、はじめませんか?基礎実践編β」【後編】(岡本真)

・[司書名鑑]岡部晋典(博士(図書館情報学))

・[連載]音声データぶん取り合戦「主役が大きく交代したCESに見るIoT時代のこれから」(伊東大貴)

・[連載]「かたつむりは電子図書館の夢をみるか LRG編-「条例Webアーカイブデータベースを使って「図書館」について調べてみよう」」(佐藤翔)

・[連載]「島ではじめる未来の図書館-西ノ島・新図書館建設プロジェクト-「コレクションづくり」」(田中輝美)

-販売ページ: https://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/
-公式Facebook: https://www.facebook.com/LRGjp

2018-06-07(Thu): 柴田町で講演

既存の図書館の移転・建て替えを検討しているという宮城県の柴田町へ。ご縁でお呼ばれし、新図書館に向けて「未来の図書館、はじめませんか?-町の図書館のはじめ方」と題して講演をしました。いい方向に進むよう願っています。

★アカデミック・リソース・ガイド株式会社の新たなコーポレートサイト誕生★
-私たちが考える未来の図書館とは?“OUR LIFE LIBRARY“を体感しよう
http://arg-corp.jp/

1281695255_p

★-図書館の未来がわかる、新しいライブラリーマガジン!

[特集]「図書館とコミュニティ」
 ・はじめに「これからの図書館を、未来から構想するために」(平賀研也)
 ・特別収録 長野県図書館大会第一分科会「公共図書館の可能性~図書館を通した公共圏・コミュニティづくり~」(鈴木均×嶋田学×手塚美希×平賀研也)
 ・往復書簡「図書館の中の物語」(嶋田学)、「私たちの図書館とものがたり」(鈴木均)
 ・おわりに「図書館とコミュニティを再度問う」(鈴木均)

・[特別寄稿]「未来の図書館、はじめませんか?基礎実践編β」【後編】(岡本真)

・[司書名鑑]岡部晋典(博士(図書館情報学))

・[連載]音声データぶん取り合戦「主役が大きく交代したCESに見るIoT時代のこれから」(伊東大貴)

・[連載]「かたつむりは電子図書館の夢をみるか LRG編-「条例Webアーカイブデータベースを使って「図書館」について調べてみよう」」(佐藤翔)

・[連載]「島ではじめる未来の図書館-西ノ島・新図書館建設プロジェクト-「コレクションづくり」」(田中輝美)

-販売ページ: https://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/
-公式Facebook: https://www.facebook.com/LRGjp

2018-05-29(Tue): 日芸で授業、某設計JV勉強会に参加し、夜は楽しい宴

昨日の某プロポーザルは早々に残念なお知らせがありました。思うところは多々あれど、まあもういいやと思うしかありません。

さて、気を取り直して、日本大学芸術学部文芸学科の「文芸特殊講義VII-図書館・書店・文化施設企画プロデュース演習」へ。本日が中間発表でした。企画内容は秋の図書館総合展で披露します。

・「日芸で「図書館・書店・文化施設企画プロデュース演習」の非常勤講師」(編集日誌、2018-04-17)
http://www.arg.ne.jp/node/9308

その後、某設計プロジェクトのJVにお招きいただき、勉強会の講師を務めました。こちらにも刺激の多い勉強会でした。

その後、岩手の紫波町からお越しの友人と一献。慌ただしくも充実の一日でした。

★アカデミック・リソース・ガイド株式会社の新たなコーポレートサイト誕生★
-私たちが考える未来の図書館とは?“OUR LIFE LIBRARY“を体感しよう
http://arg-corp.jp/

1281695255_p

★-図書館の未来がわかる、新しいライブラリーマガジン!

[特集]「図書館とコミュニティ」
 ・はじめに「これからの図書館を、未来から構想するために」(平賀研也)
 ・特別収録 長野県図書館大会第一分科会「公共図書館の可能性~図書館を通した公共圏・コミュニティづくり~」(鈴木均×嶋田学×手塚美希×平賀研也)
 ・往復書簡「図書館の中の物語」(嶋田学)、「私たちの図書館とものがたり」(鈴木均)
 ・おわりに「図書館とコミュニティを再度問う」(鈴木均)

・[特別寄稿]「未来の図書館、はじめませんか?基礎実践編β」【後編】(岡本真)

・[司書名鑑]岡部晋典(博士(図書館情報学))

・[連載]音声データぶん取り合戦「主役が大きく交代したCESに見るIoT時代のこれから」(伊東大貴)

・[連載]「かたつむりは電子図書館の夢をみるか LRG編-「条例Webアーカイブデータベースを使って「図書館」について調べてみよう」」(佐藤翔)

・[連載]「島ではじめる未来の図書館-西ノ島・新図書館建設プロジェクト-「コレクションづくり」」(田中輝美)

-販売ページ: https://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/
-公式Facebook: https://www.facebook.com/LRGjp

2018-04-17(Tue): 日芸で「図書館・書店・文化施設企画プロデュース演習」の非常勤講師

数年ぶりの通期の非常勤講師を拝命しました。この5年ほどは大学での講義は単発のもののみに限り、通期での非常勤講師委嘱はお断りしていたのですが、今回は内容が非常に刺激的であったのです。

ということで、本日はその初回で、日本大学芸術学部文芸学科の「文芸特殊講義VII-図書館・書店・文化施設企画プロデュース演習」で講師を務めました。

この講義は主担当である小野永貴さんが構想を進めてきたもので、小野さんと私、そしてnumabooksの内沼晋太郎さんの3名で分担しています。

・numabooks
http://numabooks.com/

「図書館・書店・文化施設企画プロデュース演習」とあるように、実際にプロデュースする演習です。秋口に開催される

・第20回図書館総合展
https://www.libraryfair.jp/

に実際に出展することまでを視野に入れています。ご期待ください。

なお、コーポレートサイトに記事を出していますが、2018年度は私を含め3名のスタッフが各大学で非常勤講師を拝命しています。諸先輩方があればこそ自分たちがあるわけで、このような「恩送り」にも可能な限り取り組んでいきます。

・「2018年度、4大学で非常勤講師として講義を担当」
http://arg-corp.jp/2018/04/20/university-2/

★アカデミック・リソース・ガイド株式会社の新たなコーポレートサイト誕生★
-私たちが考える未来の図書館とは?“OUR LIFE LIBRARY“を体感しよう
http://arg-corp.jp/

1281695255_p

★-図書館の未来がわかる、新しいライブラリーマガジン!

[特集]「図書館とコミュニティ」
 ・はじめに「これからの図書館を、未来から構想するために」(平賀研也)
 ・特別収録 長野県図書館大会第一分科会「公共図書館の可能性~図書館を通した公共圏・コミュニティづくり~」(鈴木均×嶋田学×手塚美希×平賀研也)
 ・往復書簡「図書館の中の物語」(嶋田学)、「私たちの図書館とものがたり」(鈴木均)
 ・おわりに「図書館とコミュニティを再度問う」(鈴木均)

・[特別寄稿]「未来の図書館、はじめませんか?基礎実践編β」【後編】(岡本真)

・[司書名鑑]岡部晋典(博士(図書館情報学))

・[連載]音声データぶん取り合戦「主役が大きく交代したCESに見るIoT時代のこれから」(伊東大貴)

・[連載]「かたつむりは電子図書館の夢をみるか LRG編-「条例Webアーカイブデータベースを使って「図書館」について調べてみよう」」(佐藤翔)

・[連載]「島ではじめる未来の図書館-西ノ島・新図書館建設プロジェクト-「コレクションづくり」」(田中輝美)

-販売ページ: https://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/
-公式Facebook: https://www.facebook.com/LRGjp

2018-03-19(Mon): KURA HOUR拡大版:ウェブと研究者のつきあい方で講演

久しぶりにこのテーマでお声がけいただき、これまた久しぶりに京都大学へ。

考えてみると、ほぼ1年ぶりでした。前回に京都大学に来たのは田中克己先生の最終講義のときでした。

・「田中克己先生の最終講義へ」(編集日誌、2017-03-10)
http://www.arg.ne.jp/node/8846

さて、京都大学では、

・KURA HOUR拡大版:ウェブと研究者のつきあい方
https://www.kura.kyoto-u.ac.jp/event/112

で、「『これからホームページをつくる研究者のために』からの12年が刻んだモノとコト」と題して講演しました。

同じくスピーカーを務めた山本祐輔さん(静岡大学情報学部)のお話が研究者としての本音に満ちた発言で非常に印象的でした。

・Y.Yamamoto’s Website
http://hontolab.org/

★アカデミック・リソース・ガイド株式会社の新たなコーポレートサイト誕生★
-私たちが考える未来の図書館とは?“OUR LIFE LIBRARY“を体感しよう
http://arg-corp.jp/

1281695255_p

★-図書館の未来がわかる、新しいライブラリーマガジン!
・[特集]「メディアとしての図書館」(野原海明)

・[特別寄稿]「未来の図書館、はじめませんか?基礎実践編β」【前編】(岡本真)

・[司書名鑑]手塚美希(岩手県 紫波町図書館 主任司書)

・[連載]「政策提案型議員から見た図書館」(伊東大貴)
     「かたつむりは電子図書館の夢をみるか LRG編
                 -インスタ映えする図書館を求めて」(佐藤翔)
・[連載]「島ではじめる未来の図書館-西ノ島・新図書館建設プロジェクト
             -前例なきコミュニティ図書館のデザイン」(田中輝美)

-販売ページ: https://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/
-公式Facebook: https://www.facebook.com/LRGjp

2018-03-15(Thu): ペチャクチャナイト横浜vol.9「1階づくりはまちづくり!」でぺちゃくちゃ

実はこのスタイルの催しへの参加は初めてだったのですが、

ペチャクチャナイト横浜vol.9「1階づくりはまちづくり!」
(於・神奈川県/横浜アイランドタワー)
https://www.pechakucha.org/cities/yokohama/events/5a56c6a53c70ef7cfa0002b9

に参加し、20スライドを各20秒で話すというスピーチをしてきました。

「1階づくりはまちづくり!」という全体テーマだったので、持論である図書館における「にぎわい」や「つながり」は比ゆ的には2階部分であり、1階部分の「情報」や「知識」の充実と活用こそが、集った参加者のみなさんのさまざまな取り組みに有効ではないかという問題提起をさせてもらいました。

まずます好評だったようでなによりです。この次の展開につなげていかなくてはいけませんね。ともあれ、開催に尽力された方々に感謝です。

★アカデミック・リソース・ガイド株式会社の新たなコーポレートサイト誕生★
-私たちが考える未来の図書館とは?“OUR LIFE LIBRARY“を体感しよう
http://arg-corp.jp/

1281695255_p

★-図書館の未来がわかる、新しいライブラリーマガジン!
・[特集]「メディアとしての図書館」(野原海明)

・[特別寄稿]「未来の図書館、はじめませんか?基礎実践編β」【前編】(岡本真)

・[司書名鑑]手塚美希(岩手県 紫波町図書館 主任司書)

・[連載]「政策提案型議員から見た図書館」(伊東大貴)
     「かたつむりは電子図書館の夢をみるか LRG編
                 -インスタ映えする図書館を求めて」(佐藤翔)
・[連載]「島ではじめる未来の図書館-西ノ島・新図書館建設プロジェクト
             -前例なきコミュニティ図書館のデザイン」(田中輝美)

-販売ページ: https://www.fujisan.co.jp/product/1281695255/
-公式Facebook: https://www.facebook.com/LRGjp

コンテンツ配信