執筆・講演

2007-05-26(Sat): 図書館流通センター(TRC)主催「ライブラリー・アカデミー」で講師を務めます

まだ先の話になりますが、株式会社図書館流通センター(TRC)が新たに開講する「ライブラリー・アカデミー」で講師を務めることになりました。

・「「ライブラリー・アカデミー」開講のお知らせ」(図書館流通センター(TRC)、2007-05-16)

http://www.trc.co.jp/top_info/070516_academy.html

「法情報提供のプロを目指す」「MARCを使いこなす」など、様々なテーマで学習コースが開講されますが、私は「インターネット時代のライブラリアン」というテーマを担当します。時期は2007年9月から12月まで隔週水曜日全8回の予定(9/5、9/19、10/3、10/17、10/31、11/14、11/28、12/12)。

現時点では各回の構成を以下のように考えています。

2007-05-24(Thu): 6月8日(金)、国立情報学研究所オープンハウスに参加

6月7日(木)と6月8日(金)の2日間に渡って、国立情報学研究所オープンハウスが開催されます。その2日目の6月8日(金)の10:00?12:00に催されるCSIワークショップ「図書館目録の将来:ユーザの視点から、図書館の視点から」に講演者兼パネリストとして参加します。よろしければご参加ください。

2007-06-07(Thu)?2007-06-08(Fri):

国立情報学研究所オープンハウス

(於・東京都/学術総合センター)

http://www.nii.ac.jp/openhouse/

ワークショップ「図書館目録の将来:ユーザの視点から、図書館の視点から」には、他にウェブの造詣が深い大学図書館員の片岡真さん(九州大学附属図書館)とユーザビリティの第一人者である篠原稔和さん(ソシオメディア)が講演者とパネリストとして参加します。実はこの3人はごく最近、国立国会図書館の「カレントアウェアネス」に記事を書いています。

2007-05-17(Thu): 5月25日(金)、情報知識学会のシンポジウム「Web2.0時代の情報システム」に参加

直前のご案内で恐縮ですが、5月25日(金)に情報知識学会のシンポジウム「Web2.0時代の情報システム」にパネリストとして参加します。もう一人のパネリストは、以前

・対談「新着だけではもったいない ?学術分野でのRSS普及に向けて」(第241号、2006-05-05)

http://blog.mag2.com/m/log/0000005669/107238463.html

http://blog.mag2.com/m/log/0000005669/107238533.html

にご登場いただいた兼宗進さん。司会は宇陀則彦さん。広範なテーマですが、パネリスト間にとどまらず、広く意見交換できればと思います。ぜひご参加ください。

・情報知識学会第15回年次大会(研究報告会・総会)

2007-05-12(Sat): 日本病院ライブラリー協会2007年度第1回研修会で講演

2007-05-11(Fri)?2007-05-12(Sat):

第32回日本病院ライブラリー協会総会および2007年度第1回研修会

(於・東京都/全米販食糧会館)

http://www.jhla.org/study/200701.html

で「病院ライブラリアンにとってのWeb2.0?そのビジョンとミッションを踏まえて」と題して講演。

・「病院ライブラリアンにとってのWeb2.0?そのビジョンとミッションを踏まえて」【PPT】

http://www.ne.jp/asahi/coffee/house/doc/jhla(20070512).ppt

・日本病院ライブラリー協会での講演補足資料

日本病院ライブラリー協会での講演補足資料

2007年5月12日(土)に行われた日本病院ライブラリー協会第32回総会および2007年度第1回研修会での私の講演「病院ライブラリアンにとってのWeb2.0?そのビジョンとミッションを踏まえて」の補足資料です。

【レジュメ】

【サイト】

2007-05-10(Thu): 追加の予定

すでに、

◆2007-05-11(Fri)?2007-05-12(Sat):

第32回日本病院ライブラリー協会総会および2007年度第1回研修会

(於・東京都/全米販食糧会館)

http://www.jhla.org/study/200701.html

◆2007-05-31(Thu)?2007-06-01(Fri):

平成19年度専門図書館協議会総会・全国研究集会

「立ち上がれ!ライブラリアン NEXTステージへ…」

(於・東京都/日本科学未来館)

http://www.jsla.or.jp/1/13/13-2.html

での講演予定はお知らせしていますが、5月、6月の追加予定として以下のものがあります。

2007-05-11(Fri): 日本病院ライブラリー協会第32回総会および2007年度第1回研修会1日目

講師としてお招きいただいた日本病院ライブラリー協会第32回総会および2007年度第1回研修会の1日目。懇親会の運営方法を中心に印象に残ったことをメモとして。

2007-05-06(Sun): 平成19年度専門図書館協議会総会・全国研究集会の内容

すでに何度かお知らせしていますが、

◆2007-05-31(Thu)?2007-06-01(Fri):

平成19年度専門図書館協議会総会・全国研究集会

「立ち上がれ!ライブラリアン NEXTステージへ…」

(於・東京都/日本科学未来館)

http://www.jsla.or.jp/1/13/13-2.html

の第4分科会「図書館とWeb2.0」にスピーカーとして出席します。先日配信の「メールマガジン・SENTOKYO」53号(全国研究集会特集号)に各分科会の内容が掲載されたので、私が参加する第4分科会「図書館とWeb2.0」の内容を転載します。

・「メールマガジン・SENTOKYO」53号(全国研究集会特集号)(2007-05-03)

2007-04-08(Sun): 「図書館サイトの現状」がCurrent Awareness Portalの月間アクセスランキングにランクイン

国立国会図書館が運営するCurrent Awareness Portalの3月分の月間アクセスランキングが公開されている。

・よく読まれた『カレントアウェアネス(-E、R)』の記事(2007年3月期)

http://www.dap.ndl.go.jp/ca/modules/car0/index.php?p=34

おかげさまで、

・「図書館サイトの現状?再点検の必要性と危機感の欠如?」CA1622(「カレントアウェアネス」第291号、2007-03-20)

http://www.dap.ndl.go.jp/ca/modules/ca/item.php?itemid=1060

2007-04-04(Wed): 小著『これからホームページをつくる研究者のために』への感想

・『これからホームページをつくる研究者のために』サポートブログ

http://d.hatena.ne.jp/arg_book/

を更新する余裕がないので、まとめてここで。

・「これからホームページをつくる研究者のために」(Life of Joy、2006-12-02)

http://rasain.blogspot.com/2006/12/blog-post.html

研究者は自分のために実名でホームページに情報を公開しましょうと説く本。

そうまとめられてしまうか……。


・「『これからホームページをつくる研究者のために』を読んで」(清水屋軍団、2006-12-17)

コンテンツ配信