NHK

2010-01-21(Thu): 久しぶりにNHKへ

・「NHKアーカイブスの担当者に聞きたいこと」(編集日誌、2010-01-12)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20100117/1263701809

で書いた用件で、ずいぶんと久しぶりに、おそらくは大学4年の就職活動のとき以来となるだろうが、東京・渋谷のNHKへ。オフレコ条件なので、詳細は控えるが、

・NHKアーカイブス トライアル研究提案募集

http://www.nhk.or.jp/archives/academic/

・NHKクリエイティブ・ライブラリー

http://www.nhk.or.jp/creative/

2010-01-12(Tue): NHKアーカイブスの担当者に聞きたいこと

1ヶ月ほど前に、

・「日本放送協会(NHK)、NHKアーカイブスのトライアル研究提案募集を開始(2009-11-24)」(新着・新発見リソース、2009-12-14)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20091214/1260721819

を紹介したが、知人の紹介で、NHKアーカイブスの担当者にお目にかかれることになった。

・NHKアーカイブス トライアル研究提案募集

http://www.nhk.or.jp/archives/academic/

・NHKアーカイブス

http://www.nhk.or.jp/archives/

日本放送協会(NHK)、NHKアーカイブスのトライアル研究提案募集を開始(2009-11-24)

screenshot

日本放送協会(NHK)がNHKアーカイブスのトライアル研究提案募集を開始した(2009-11-24)。

・NHKアーカイブス トライアル研究提案募集

http://www.nhk.or.jp/archives/academic/

・「NHKアーカイブス トライアル研究提案募集 掲載しました」(アカイさんノート、2009-11)

NHK、NHKアーカイブスカタログを公開(2008-04-01)

screenshot

NHKがNHKアーカイブスカタログを公開した(2008-04-01)。

・NHKアーカイブスカタログ

http://www.nhk.or.jp/archives/archives-catalogue/

・「NHKテレビの55年がわかる新サイト オープン」(アカイさんノート、2008-04-01)

NHK、NHKアーカイブス保存番組検索システムを公開

screenshot

NHKがNHKアーカイブス保存番組検索システムを公開している(2007-02-01)。NHKが過去に放送した37万番組を番組タイトル、放送日、放送チャンネル、主な出演者、内容紹介から検索できる。

・NHKアーカイブス保存番組検索システム

http://archives.nhk.or.jp/chronicle/

2007-05-29(Tue): NHK、アーカイブス・オンデマンド推進室の設立を発表

・「NHK、番組ネット配信へ新組織」(日本経済新聞、2007-05-25)

http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20070525AT1G2503S25052007.html

NHKは6月4日付で過去の放送番組をネット配信するための専門組織「アーカイブス・オンデマンド推進室」を設ける

・放送ライブラリー

http://www.bpcj.or.jp/

・NHKアーカイブス

http://www.nhk.or.jp/archives/

・番組公開ライブラリー

NHK、NHK環境アーカイブスを公開

NHKがNHK環境アーカイブスを公開した(2006-01-10)。NHKが制作してきた環境問題に関する番組情報や環境問題の歴史をまとめている。

・NHK環境アーカイブス

http://www.nhk.or.jp/nhk-archives/kankyo/

・NHK

http://www.nhk.or.jp/

NHK放送技術研究所、メタデータ制作フレームワーク(Metadata Production Framework)を公開

NHK放送技術研究所がメタデータ制作フレームワーク(Metadata Production Framework:MPF)を公開した(2006-05-11)。MPFの仕様書とメタデータエディタをダウンロードできる。

・メタデータ制作フレームワーク(Metadata Production Framework)

http://www.nhk.or.jp/strl/mpf/

・NHK放送技術研究所

http://www.nhk.or.jp/strl/

2006-02-17(Fri): NHK放送技術研究所の存続問題

読売新聞の記事「技研は今後も必要…NHKデジ懇、与党改革論議けん制」(2006-02-17)で知ったが、「放送技術の開発を技研が中心となって担う現状に再考を促す政府・与党の改革論議」があるという。なお、技研とはNHK放送技術研究所のことである。過去の報道を調べてみると、「NHK技研の分離も」(デイリースポーツ、2006-02-09)が詳しく紹介しているように、竹中平蔵総務相の私的懇談会である通信・放送の在り方に関する懇談会(座長・松原聡さん)で、そのような議論が起きているという。冒頭の読売新聞の記事は、こうした流れを受けてのもので、デジタル時代のNHK懇談会の最近の会合での反発を紹介している。なにがよく、なにが悪いのか、簡単にわかるものでもないが、ここ数ヶ月から数年のスパンで巻き起こっているNHK批判とは区別した形で、慎重に議論が進んでほしい。

・「技研は今後も必要…NHKデジ懇、与党改革論議けん制」(読売新聞、2006-02-17)

日本放送協会(NHK)、NHKオンライン「この10年」1995-2005を公開

日本放送協会(NHK)が「NHKオンライン「この10年」1995-2005」を公開した(公開日不明)。1995年末からこれまでの間、NHKがどのようにインターネットを利用してきたのか、その軌跡が年表形式でまとめられている。一般社会の出来事やインターネットの出来事が併記されており、みて楽しめる年表となっている。

ただし、全面的にFlashで作成されているため、サイトの動作が遅く使いやすいとはいえない。同内容の年表がPDF形式で公開されてはいるが、これがFlash版の代わりということでもないだろう。誰もが使いやすいサイトでないことは非常に残念。特に公共放送というNHKの性格を考えれば、なおさらである。

また、10年という過去の回顧にとどまらず、これからの10年への展望を語ってほしい。近年は、NHKのインターネット事業への進出は民業圧迫であるとの指摘を民放各局が出している。このような指摘に対して、NHKはどのような見解を持ち、今後どのような事業を展開していこうとしているのか、この機会に明示すべきではなかっただろうか。

・NHKオンライン「この10年」1995-2005

コンテンツ配信