学協会

公立大学協会図書館協議会、平成18年度学術情報基盤実態調査表 公立大学コンピュータ・ネットワーク編を公開(2008-03-05)

screenshot

公立大学協会図書館協議会が平成18年度学術情報基盤実態調査表 公立大学コンピュータ・ネットワーク編を公開した(2008-03-05)。

・平成18年度学術情報基盤実態調査表 公立大学コンピュータ・ネットワーク編

http://wwwsoc.nii.ac.jp/pula/proc.html

・公立大学協会図書館協議会

和歌文学会、お知らせブログを公開(2008-02-01)

screenshot

和歌文学会がお知らせブログを公開した(2008-02-01)。

・和歌文学会・お知らせ

http://wakabun.blog10.fc2.com/

・「はじめにお読み下さい」(和歌文学会・お知らせ、2008-02-01)

中唐文学会、サイトを公開(2008-01-01)

screenshot

中唐文学会がサイトを公開した(2008-01-01)。

・中唐文学会

http://wwwsoc.nii.ac.jp/mt/

1994年の創刊以来の「中唐文学会報」の目次を掲載している。

サイコアナリティカル英文学会、サイトを公開(2007-12-**)

screenshot

サイコアナリティカル英文学会がサイトを公開した(2007-12-**)。

・サイコアナリティカル英文学会

http://wwwsoc.nii.ac.jp/psell/

日本ユダヤ学会、サイトを公開(2008-01-18)

screenshot

日本ユダヤ学会がサイトを公開した(2008-01-18)。会誌「ユダヤ・イスラエル研究」の最新号の目次を公開している。

・日本ユダヤ学会

http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsjs/

日本健康教育学会、サイトをリニューアル(2007-12-04)

screenshot

日本健康教育学会がサイトをリニューアルした(2007-12-04)。学会誌の目次が公開されている。

・日本健康教育学会

http://www.eiyo.ac.jp/jshep/

・日本健康教育学会の過去のサイト

日本内部統制研究学会、サイトを公開

screenshot

2007年12月に設立された日本内部統制研究学会がサイトを公開している(公開日不明)。

・日本内部統制研究学会

http://www.jica-net.org/

正確な公開日は不明だが、学会が設立された2007年12月から年明けの間に公開されたようだ。

・「日本内部統制研究学会のウェブページ」(まるちゃんの情報セキュリティ気まぐれ日記、2008-01-09)

大阪大学古代中世文学研究会、大阪大学古代中世文学研究会ブログを公開

screenshot

大阪大学古代中世文学研究会が大阪大学古代中世文学研究会ブログを公開した(2007-12-31)。同会のイベント情報を発信している。

・大阪大学古代中世文学研究会ブログ

http://kodaichusei.blog31.fc2.com/

・大阪大学古代中世文学研究会

2007-02-13(Tue): 名刺に学会名を書こう ?3学会連携キャンペーン

朝日新聞夕刊で仕入れた情報。電気学会、電子情報通信学会、情報処理学会の3学会が「名刺に学会名を書こう ?3学会連携キャンペーン」という試みを始めている。意外なことにサイトが充実している情報処理学会には情報がないが、電気学会と電子情報通信学会はサイトで詳細な情報を公開している。

・電気学会 - 名刺に学会名を書こう ?3学会連携キャンペーン

http://www.iee.or.jp/honbu/card/card_campain.html

・電子情報通信学会 - 名刺に学会名を書こう ?3学会連携キャンペーン

http://www.ieice.org/jpn/meishi_campain.html

2006-09-18(Mon): 日本社会心理学会2日目@東北大学

参加している共同研究のポスター発表に参加。明らかに会場内で一番盛況だったように思える。関心を持っていただけてよかった。発表を共同研究を進める先生方が行ったが、背景となる情報のフォローを適宜行えたので、やはり参加してよかった。

その後は他のポスター発表や口頭発表を聞く。ポスター発表では東京経済大学の川浦康至さんが指導する大学院生の方々の取り組みがいずれも興味深かった。また、口頭発表では杉谷陽子さん、星本麻亜沙さんの取り組みに関心を惹かれた。いずれの方も修士課程で本格的に研究に取り組み始めたばかりであるだけに、今後どのように研究が進んでいくのか、大いに楽しみ。日本社会心理学会は大学院生に積極的に発表の機会を与えているようで、好印象。

コンテンツ配信