学協会

教育に関する著作権協議会、サイトを公開

教育に関する著作権協議会のサイトが公開された(2005-08-03)。同協議会は今年設立され(2005-06-01)、教育、特にeラーニングなどのIT教育の普及をみすえた著作権や著作権制度に関する議論を行うという。委員長は独立行政法人メディア教育開発センター理事長の清水康敬さんが務めている。

・教育に関する著作権協議会

http://www.nime.ac.jp/tyosakuken/

・清水康敬さん

http://www.nier.go.jp/yasu/

2005-07-05(Tue):

経営情報学会のディジタル組織化WG報告をみつけ読む。これまでは2年間に一回150万円をかけて会員名簿を発行してきたのに対し、2005年度はディジタル組織化推進費として、約260万円を計上する予定とのこと。以上、メモとして。しかし、経営情報学会ほどの学会でも、電子化の進捗は進んでいないものだ。

・ディジタル組織化WG報告

http://www.jasmin.jp/news/2005digital_wgrep.pdf

・経営情報学会

http://www.jasmin.jp/

国立大学マネジメント研究会、サイトを公開

国立大学マネジメント研究会の設立にあわせ、同研究会のサイトが公開された(2005-05-25)。同研究会は国立大学の法人化を受けて、大学マネジメントに関わる教職員の資質・能力の向上に寄与する活動を行っていくという。会誌「国立大学マネジメント」の発行や会員へのアンケート実施や個別の研究会活動を予定しているようだ。設立記念シンポジウム「法人化後の国立大学の経営課題・現状と展望」が今月末に東京で開催される(2005-07-30)。

・国立大学マネジメント研究会

http://www2.nbsol.com/anum/

ハンセン病市民学会、サイトを公開

ハンセン病市民学会が設立され、これに先立ってサイトが公開されている(公開日不明)。

・ハンセン病市民学会

http://www.shimingakkai.com/

コンピュータ将棋協会、コンピュータ将棋関係の文献リストを公開

コンピュータ将棋協会が、コンピュータ将棋関係の文献リストを公開している(公開日不明)。これはコンピュータ将棋に関する文献を一覧にしたもので、雑誌記事、新聞記事、論文、単行書籍の4つのリストに分かれている。

・コンピュータ将棋関係の文献リスト

http://www.computer-shogi.org/reference/

・コンピュータ将棋協会

http://www.computer-shogi.org/

社会政策学会、社会政策学会年譜(1896?1924年)を公開(2005-04-03)

社会政策学会が社会政策学会年譜(1896?1924年)を公開した(2005-04-03)。創立以来の出来事がまとめられている。またあわせてサイトに学会史のコーナーが設けられ、高野岩三郎「〈社会政策学会〉創立のころ」 、山崎覚次郎「〈社会政策学会〉及び〈経済学攻究会〉の濫觴」が公開された。

・社会政策学会年譜(1896?1924年)

http://oohara.mt.tama.hosei.ac.jp/sssp/nenpu.html

・高野岩三郎「〈社会政策学会〉創立のころ」

http://oohara.mt.tama.hosei.ac.jp/sssp/gakkaishi-takano.html

・山崎覚次郎「〈社会政策学会〉及び〈経済学攻究会〉の濫觴」

国立教育系大学図書館協議会、サイトを公開(2005-03-28)

国立教育系大学図書館協議会のサイトが公開された(2005-03-28)。「教科書標準分類法」などの資料を公開している。

・国立教育系大学図書館協議会

http://wwwsoc.nii.ac.jp/januel/main.html

北東アジア・データベース研究会、戦前期東アジア絵はがきデータベースを公開

北東アジア・データベース研究会(代表:貴志俊彦さん)が、戦前期東アジア絵はがきデータベースを公開した(公開日不明)。戦前の「日本内地」「朝鮮」「台湾」「樺太」「満洲」「中国」「南洋」「極東シベリア」を題材にした絵葉書約2000点を収録している。地図、時系列、キーワードと、三通りの方法で絵葉書にたどりつけるよう工夫されている。だが、全般的にサイト制作に用いられている技術が高度すぎ、データベースとしては扱いづらい印象を受ける。電子化された絵葉書がすばらしいだけに残念。

・戦前期東アジア絵はがきデータベース

http://gsv.u-shimane.ac.jp/t-kishi/postcards/

・貴志俊彦研究室

http://www.u-shimane.ac.jp/t/t-kishi/

2005-02-11(Fri):

日本パーソナリティ心理学会がインターネット関連規約という文書を一式公開している。そのうち、

・日本パーソナリティ心理学会インターネット資源運用ガイドライン

・日本パーソナリティ心理学会インターネットライブラリ利用心得

・インターネットライブラリデータ・プログラム投稿者のページ(投稿規定)

・心理学研究者による検証用ファイルの利用について

・日本パーソナリティ心理学会「メールニュース」利用心得

が昨年12月に改訂されている。

こういう規約がつくられるようになったことが感慨深い。

・日本パーソナリティ心理学会インターネット関連規約

http://wwwsoc.nii.ac.jp/jspp/about/abo_inter_guid_00.html

日本近代文学会、機関誌「日本近代文学」の総目次を公開

日本近代文学会が、機関誌「日本近代文学」の総目次を公開した(2005-02-08)。1964年の第1集から、2004年の第71集までの掲載論文のタイトルが一覧できる。

・「日本近代文学」総目次

http://wwwsoc.nii.ac.jp/amjls/mkj_indx.htm

・「日本近代文学」

http://wwwsoc.nii.ac.jp/amjls/zasshi.html

・日本近代文学会

http://wwwsoc.nii.ac.jp/amjls/

コンテンツ配信