新刊紹介

2010-09-03(Fri): 『図書館・博物館・文書館の連携』、間もなく刊行

図書館・博物館・文書館の連携 (図書館情報学のフロンティア10) ISBN:4585200024:image

また勉誠出版の話題で恐縮だが、筆者に加わっている本が刊行されるので紹介。

・水谷長志編『MLA連携の現状・課題・将来』(勉誠出版、2010年、3675円)

2010-08-02(Mon): 中西秀彦著『我、電子書籍の抵抗勢力たらんと欲す』(印刷学会出版部、2010年、1680円)

我、電子書籍の抵抗勢力たらんと欲す

編集者時代から一方的に存じ上げていたのだが、今年になってようやくご本人にお目にかかれた中西秀彦さんから新著をいただいた。

・中西秀彦著『我、電子書籍の抵抗勢力たらんと欲す』(印刷学会出版部、2010年、1680円)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4870852004/arg-22/

主な内容は以下の通り。

2010-05-31(Mon): 大串夏身、高野洋平、高木万貴子、 鳴海雅人著『触発する図書館?空間が創造力を育てる』(青弓社、2010年、2100円)

触発する図書館―空間が創造力を育てる

・大串夏身、高野洋平、高木万貴子、 鳴海雅人著『触発する図書館?空間が創造力を育てる』(青弓社、2010年、2100円)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4787200453/arg-22/

2010-04-17(Sat): 畏友の単著が相次いで刊行?内田麻理香著『科学との正しい付き合い方』、長神風二著『予定不調和』

科学との正しい付き合い方 (DIS+COVERサイエンス) 予定不調和 (DIS+COVERサイエンス)

何かと話題の出版社ディスカヴァー・トゥエンティワンが創刊した「DIS+COVERサイエンスシリーズ」の最初のラインナップとして、畏友の単著が相次いで刊行された。

・DIS+COVERサイエンスシリーズ

2010-04-15(Thu): 小林哲郎著『寛容な社会を支える情報通信技術』

寛容な社会を支える情報通信技術 (ソシオネットワーク戦略研究叢書)

旧知の小林哲郎さん(国立情報学研究所)からご著書をいただいた。

・小林哲郎著『寛容な社会を支える情報通信技術』(多賀出版、2010年、4200円)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4811575512/arg-22/

2010-02-24(Wed): 池田謙一編『クチコミとネットワークの社会心理?消費と普及のサービスイノベーション研究』(東京大学出版会、2010年、3360円)

クチコミとネットワークの社会心理―消費と普及のサービスイノベーション研究

これまでも何度かご著書を紹介してきているが、

・「『政治のリアリティと社会心理?平成小泉政治のダイナミックス』」(編集日誌、2007-02-18)

http://d.hatena.ne.jp/arg/20070218/1171807928

・「宮田加久子・池田謙一編『ネットが変える消費者行動?クチコミの影響力の実証分析』(NTT出版、2008年、2520円)」(編集日誌、2008-04-14)

2010-02-22(Mon): 柳与志夫著『千代田図書館とは何か?新しい公共空間の形成』(ポット出版、2010年、2310円)

千代田図書館とは何か─新しい公共空間の形成

現在は国立国会図書館に戻っているが、千代田区立千代田図書館のリニューアルの立役者である柳与志夫さんの新著『千代田図書館とは何か?新しい公共空間の形成』を頂戴した。

・柳与志夫著『千代田図書館とは何か?新しい公共空間の形成』(ポット出版、2010年、2310円)

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4780801427/arg-22/

コンテンツ配信